われもこう

2018年 09月 30日 の記事 (1件)


春休みと夏休みにアルバイトを少しやった。春休みは親の仕事に一緒に行った。夏休みは学校のいろいろな係や付合いの無い日だけでそれはわずかしかないという働き方ができる仕事を探してくれと言うのでそんな傲慢な条件なら自分でどうにかするように仕向けた。結局知合いに頼み込んでその代わり知合いも忙しいからと強引に来てくれと突っ込まれていた。

新学期はクラス替えは無いから今までのメンバーで担任も変わらない。1学期は登山があった。ピクニックではないので以前一足だけ買ってやった登山用のウールの靴下をもう一足買い足してやった。あまりお金は掛けられないのでピンポイントでだけ。

体育祭は生徒会が企画実行するが案内を持ち帰ったことが無い。それを言うとどうせこないでしょと言うので行かなかった。保護者も先生も家族も遊べる時間と高校生だけのハードなスポーツの時間があるそうだ。

数学のレポートの成績がだいぶ悪かった。数学はずっと苦手で昨年ブックオフでこれならわかりやすいという参考書を見つけて(たまには)勉強している。
普段はレポートやノートの提出がある。いつも忙しくも楽しいぬるま湯の高校生活があり提出がギリギリになる。つい最近までは提出日を過ぎても出さないと保護者会のたびに担任から言われていたのがようやく何とか出してるようだ。細かなうっかりミスをして減点される。しっかり求められた答えを出す、細かいミスの無いよう点検する、わからないことは期限前に聞きに行くなどをしない。できた!間違いはない!というタイプらしい。自分ではよく確認してるとのこと。
楽器の練習も先生からはちゃんと音が出せる速度で練習をするように注意される。しかし始めからチャカチャカやってできなくてだんだん遅くなっていくといった順でその順は間違えを体に覚えさせてるから一番いけない方法だと言われてしまうのに抜け出せないでいる。周囲の子たちが同じように勉強が苦手であり楽器が上手い子が少ないため意識の変革にはなかなか及ばない様子が見える。自分よりも上の子は遅くまでやってるからだとかすごく実力が違うから仕方ないで終わり。

職業体験の授業があった。興味のあるところを選ぶのだが受け入れしてもらえるかは交渉による。行きたかった業種はいろいろ聞いてもらったが都内では行ける所が無かった。もう時間も無いから過去に行ったことがあって再訪を歓迎してくれる中から選ぶように言われ様々な業種があったが環境に取り組んでいるところへ行ってきた。楽しく興味深く面白かったと過ごしてきた。小学生に教えに行くこともあったそうだ。授業でなくてもまた行くことが出来そうで興味もあるというので機会があったら行くといいと思うが子ども的にはそうでもないらしい。学校が楽しくて忙しくてそれどころではないといったところ。社会だとつながりは大事だが子どもにはその辺はまだわからない。選ぶにあたり手助けを求めいろいろとサポートしてくれた幼小中で一緒だった家庭や先生方も年賀状やらお付合いを細々でも持っていたからこそ。

家で本棚の入れ替えをした。数年前に安く譲ってもらった本棚がどうも使い勝手が悪い。三段棚の買ったけど今は使ってなかった物や貰い物を出してきてそのほうがA4のファイルを入れられるから使い勝手がいいそう。家が狭いから一旦出して移動して次に入れるができない。その他にも物が多い。物への執着がかなりあるのは小さい頃から。本は段ボールに入れて棚を移動してまた段ボールから出して入れるという面倒なことをやってのけた。卒業生からもらった参考書や捨ててあった本でも新しいのを見つけたりいつの間にかいろいろな科目の参考書が入ってる。整理のできる人ではないからよく困る事態になるけど以前の本棚よりは整理しやすいようで今までよりも収まっている。

蚊の羽音で夜中に目覚めるということがあった。つぶさないと羽音がいつまでもして刺されるし眠れないから電気を付けて探す。
2018 09/30 23:00:00 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー