われもこう
音楽の道へ進みたいと勉強してきたが苦手だった専門科目の一つが全く分からなくて無理だと言い出したため専門の指導者数人に確かめたところそれがわからないのは将来にも致命的であることを指摘され諦めることになった。直前まで教本を購入したり学校の安い入門用バイオリンでは受験すらおぼつかないと購入を検討し見に行ったりもしていたが買わないでいた。本気度がいまいち不明に見えたので購入はためらって受験は先生からお借りしようという線で進めていた。入門用も譲ってもらえたから助かったもの。
他にやりたいことがあるとそちらへ勉強を進めて行ったはずがやってる振りだけで実はやってなかった。これも苦手科目があってまるっきり意味がわからずどう勉強したらいいのかすらわからずやってこなかったと進路決定の最後になって白状した。これ以上お金をかけて受験をしても低いレベルの学校でも絶対に受かることは無いほどのレベルであることがはっきりとして本来4年制の高校なので次年度4年次に進級することにした。本人も入れたとしても勉強に絶対ついて行くことができない自覚を持っていた。勉強はしていた振りで英語の本を見てると思わせて内側に小説を挟んでそれを読んでいたとかどこかで通信機器をこっそり手に入れた様子があり本とは違う位置に視線を落としにま〜っとしてることがよくある。学校から勉強のためとPCの持ち帰り許可をもらっていた期間に勉強をしてる振りでメールやSNS三昧だったようで画面を見ながらにま〜っとしていることがよくあったし学校の休み中に誰がどこに行ってるとか動向をよく知っていた。通信機器は布団の中やトイレに隠れてやってる様子がある。どう手に入れたのかやお金の出所を言えないから隠すのに必死だけどとにかくやりたいから家に中でもばれるような行動をとる。オーラが不当な手段でお金を持っているとき独特のものを発している。通信機器を手にしてる現場を2度押さえたがすぐに服に隠され現物を押さえてないからしれっとしている。いつそんな自分から脱するのか。
2020 01/31 23:59:59 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー

この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
URL:
セキュリティコード  
※セキュリティコードとは不正アクセスを防ぐためのものです。
画像を読み取り、入力して下さい。

コメント:
タグ挿入

サイズ
タグ一覧
Smile挿入 Smile一覧