わたしにも一言いわせて

以前、「日銀が国債を買えば」と述べたが、日銀はその一線を越えたくないようだ。

今の、『円高批判』には「為替介入」、「日銀批判」が大勢を占めている。

EPA を問題にすると、必ず『農業問題』が浮上してくる。

はたして、日本の農業はそれほど弱いものなのか?
もちろん、弱い部分には補助が必要かもしれないが、「MADE IN JAPAN」は駄目なのか?

資本主義の世界では、ある程度危険を冒しつつ、もちろん食料自給率の問題もあろうが、『農業』を神聖、絶対的なものから グローバルの波に揉まれる時代に変化させていく必要なのではなかろうか。

そこで、どうしても駄目ならあきらめることもあろうが、『やってもいない段階』で いつまでも日本の政策に『農業保護』という壁を立てているのは、間違っていると思う。

確かに、政治家になるために『農業 票』は、大事であろう。

デフレ、産業空洞化、政府の大小、地方主権…

関税を下げる方向に、走り出す時期ではないか。


2010 09/13 22:45:43 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー

この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
URL:
セキュリティコード  
※セキュリティコードとは不正アクセスを防ぐためのものです。
画像を読み取り、入力して下さい。

コメント:
タグ挿入

サイズ
タグ一覧
Smile挿入 Smile一覧

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.