坂本龍馬と高知が こじゃんと好きながやき!!
ギラファノコギリクワガタ (Prosopocoilus giraffa)



インドネシア・ロンボック島産
(Prosopocoilus giraffa ssp. keisukei)


ギラファノコギリクワガタは、言わずと知れた世界最大(体長)のクワガタムシです。
東南アジアに広く分布していますが、とりわけフローレス島に生息する亜種は最大118mmに達し、特に人気があります。

ロンボック島産は、このフローレス島と同じ亜種に分類され、学名も「Prosopocoilus giraffa」の後に「ssp. keisukei」が付きます。

パラワンを菌糸ボトルに投入したついでに、ギラファノコギリの幼虫のボトル交換をしました。

  

1100ccの菌糸ボトルに2令で投入してから1ヶ月半、ほとんど食べきったので交換することに...。

体重は25g30g、もう少し大きくなって欲しかったな!

もう一つ、ミンダナオオオヒラタ(Dorcus titanus titanus)のボトルも交換しました。

    

パラワンオオヒラタによく似ていますが、パラワンに比べて相対的に大型化しにくいミンダナオは、同サイズで比べるとパラワンよりも前胸板や腹部がよりガッシリしています。

標準的なサイズで比べると、パラワン(96〜99mm)よりもミンダナオ(90mm前後)が購入するのには安価です。
100mmアップも時々存在するパラワンに比べて大型が出にくいミンダナオは、100mmに近いサイズになると急激に高価になります。

こちらは45g50g、ボトル1本ではまずまずです。

次は、ムシモンオオクワガタの菌糸カップへ投入と、タランドゥスのボトル交換かぁ!?

←PUSH!押してね♪

←PUSH!こちらも♪
2007 09/21 21:22:06 | 昆虫・ペット | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー

この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
URL:
セキュリティコード  
※セキュリティコードとは不正アクセスを防ぐためのものです。
画像を読み取り、入力して下さい。

コメント:
タグ挿入

サイズ
タグ一覧
Smile挿入 Smile一覧