かつて題名のなかったBLOG
< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >
遅くなりました。
発売日に忘れていることに気付いたので、
どーせなら大晦日に更新したろ!
と、敢えて放置してましたw すみません。

「パクロス」最新2月号が発売されております。
年に1回の特別号ということで、問題も大増量。
私が作ったパズルも、いつもより多く
掲載されております。
みなさま何卒、よろしくお願いいたします。

今年はいろいろありまして、
この年末年始はほぼほぼ仕事に費やさないと
間に合わなくなってしまいそうになったので、
例会のレポートの一気更新とかは
ちょっとできそうにない状況です…申し訳ない。

来年以降に時間を見つけつつ、
少しずつ更新していきたいと思います。

…なんだろう、年のせいもあるんだろうね。
昔だったら寝る前に時間が有れば少しでも、とか
1日でも空いたら集中して、とか
何とか月1で作業ができたもんですが、
そういう「切り替え」がなかなかできなくなっている
今日この頃ですw

そして上の「今日この頃」が最初「響子のゴロ」と
変換されたのが妙にツボに入って
吹き出したことをお伝えして、
今年の更新は最後にしたいと思いますw


本年も私に関わって下さった全ての方々へ、
ありがとうございました。
来年も、よろしくお願いします!
2019 12/31 17:41:45 | 近況報告 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
おっさんホイホイ通り越してじいさんホイホイ…から。


前→第3回|最初から→第1回

さて、休憩をはさんでレンさんの2つ目の企画です。
ボードゲームをモチーフにした企画だそうです。
(すみません、ググったけど元ネタが
見つかりませんでした…)


ルールを説明します。
出題されるのは一問多答クイズです。
制限時間2分以内に、できるだけたくさん
答えを書きます。

制限時間が終わったら、もう1枚のボードに
自分の答えたい解答数を書きます。

全員が書き終ったら一斉にその解答数の
ボードの方だけを開け、数字が少ない人から順に
解答権が回ってくることになります。
(同点の場合は“スタートプレイヤー”から
右回りで近い順)

解答権が来た人は答えを口頭で発表します。
その際、カウントされる正解数の数は
さきほど自分がボードに書いた数字の数だけです。

誤答はどれだけしてもお咎めなしで
続けて言い直すことができます。

ボードと同じ数の正解が出たら
その人の解答権は終わり。
正解数×1Pが加算されて、解答権は
次の人に移りますが、それ以降の人は、
前の人が言った解答が使えなくなります。

そして、もし、
自分が書いた数と同じ正解数を言えなかった場合は、
0ポイントとなってしまいます。

要するに、大きい数字を書けば
一度にたくさんのポイントを手にするチャンスだけど、
解答権が回ってくるのが後ろになればなるほど、
他の人に正解を先に言われてしまい、
ノルマを達成できなくなるリスクが高くなる、と。
こういうわけですね。

なるべく多く正解を出すのはもちろんですが、
他の人に自分の書いた正解をどのぐらい消されるか、
駆け引きが重要な感じですね。


1問目は先ほどの企画で優勝した原さんが
「スタートプレイヤー」ということになりました。

有効正解数はあらかじめ発表されていて、
1問目は73の正解がある問題です。

【問題】
名古屋市営地下鉄の駅のうち、
地下鉄の複数路線の乗り入れが無い駅

要するに、例えば「栄」みたいな
他の路線への乗換えが出来る駅“以外”を書けばいい
ということになります。

これは自分がよく使う東山線だけでも
10個以上はあるはずなので、
合計15〜20個ぐらいは書けそうですが、
そのうちいくつ潰されるかですよね…。
他の人がいくつって書いてくるかも
探らないといけないから、難しいなこれwww

解答タイム2分が終了し、ボードに数字を書いて
一斉にオープン。
一番小さい数字は「1」を書いた人が複数いましたが、
先ほどのルールにより、スタープレイヤーにより近い
辻さんが最初に発表。

辻さんは「築地口」と
会場の最寄駅を答えて正解しました。
ボードは「1」なので、これで終了。
+1Pが入ります。

次も「1」と書いたapeironさんですが、
普段名古屋の地下鉄には乗らないらしく、
誤答で終了。

次は「4」と書いた李寉さん。
「港区役所」「平針」「名古屋港」「赤池」
の4つが潰れました。李寉さんは+4P。

次も同じく「4」と書いたルドルフさん。
「名城公園」「黒川」「市役所」「大曽根」
が潰れました。

次は「5」の佐竹さん。
「大須観音」「浄心」「いりなか」「植田」「藤が丘」
が潰れました。

次は「6」の原さん。
「原」「塩釜口」「六番町」「東海通」
「ナゴヤドーム前矢田」「覚王山」
が潰れました。

次も「6」であっきーさん。
「岩塚」「池下」「自由が丘」「茶屋ヶ坂」
「新栄町」「上社」

次も「6」の私です。
ややチキン気味かなと思ったんですが、
みなさんがそれ以上に慎重でしたw
まあ、1問目だし、みんな様子を見ながらですよねw
東山線がほぼほぼ残ってくれたので、
「高畑」「八田」「中村公園」「中村日赤」
「東山公園」「一社」と並べて+6P獲得です。

次も「6」のしょーせーさんですが、
「徳重」「東別院」「矢場町」「本陣」「星が丘」
までは良かったのですが、
「浅間町」を「あさまちょう」と言ってしまい、×。
正しくは「せんげんちょう」なんですよね、これ。
これ以上正解はできず、0Pに終わってしまいました。

最後に「8」のあいんすくん。
8個残っているでしょうか。
「庄内通」「国際センター」「川名」「名古屋大学」
「荒畑」「瑞穂運動場西」と6つまでは
正解できましたが、そこで力尽きました。
こちらも0Pです。

(※なお、当日「亀島」の正解が「かめしま」、
「日比野」の正解が「ひびや」と発表されていましたが、
正しくは「かめじま」と「ひびの」ですね。
いずれも名古屋市営地下鉄のHPで確認できます。

あと、あいんすくんが「瑞穂運動場東」と言って
不正解の扱いになっていましたが、
「瑞穂運動場東」は名城線に存在しています。
この駅ができたことで、桜通線の「瑞穂運動場」が
「瑞穂運動場西」に改名されたそうです。

前者は他の正解を言い直すことができたのでセーフ、
あいんすくんはこれが正解できていたとしても
正解数7つで足りていないのでどのみちアウト、
ということでポイントに影響はありませんが
念のため訂正しておきます)


そして、あいんすくんはこの後
別の用事があるということでここで早退となり、
なぜか拍手に見送られて退室していきましたw

とまあ、1問目は「6」と書いた
私、あっきーさん、はらさんがトップ、
0Pだったのはしょーせーさんとapeironさんでした。

こんな感じで進んで行きます。
やはり駆け引きが超重要ですね。
特に、他の人が回答数をいくつと書いてくるか、
かなり難しい読み合いですw


さて、あいんすくんが抜けて9人になった
2問目はこんな問題。

【問題】
日本の国立公園

有効正解数は34の問題です。

これは、先ほどとは逆に全く自信ないです。
クイズプレイヤーとしては覚えなきゃいかんだろうと
思ってはいるのですが…思っているだけw

ただ、他の人も同様のようで、
私を含めて「1」を上げた人が多いwww

まずはあっきーさん。
「屋久島」を正解。+1Pで終了。

続けて李寉さんが
「小笠原」を正解。

次は私ですが、
「阿蘇くじゅう」「大雪山」
のいずれも正確に言えなかったため、0Pで終了。

さらにしょーせーさんが
「瀬戸内海」を正解。

佐竹さんは地元枠で「足摺宇和海」を正解w

ルドルフさんが「やんばる」を正解。

ここまでが全員「1」と書いた方々です。

次は辻さんの「2」で、
「阿蘇くじゅう」と「南アルプス」を正解。

次はapeironさんの「5」。
「霧島錦江湾」「慶良間諸島」「利尻礼文サロベツ」
「妙高戸隠連山」「大雪山」
と答えてクリア。

次は原さんでしたが…。
「西海」「奄美群島」は出ましたが、
「阿寒」は「阿寒摩周」、「西表」は「西表石垣」など、
正確なものが答えられず、0Pになってしまいました。

そう、正確な名前って
なかなか覚えられないんですよね…。
by すでに2つ外した人


3問目は「全天88星座のうち、
濁点か半濁点を含む星座(ただし「座」の部分は
除く)」という問題。

最少は「2」最大は「6」でしたが、
私は「5」でセーフ。
同じく「5」でしたが、順番が後ろだった原さん、
「6」を書いたapeironさんとあっきーさんは
0Pになってしまいました。


4問目は「アフリカの国のうち
国際連合に加盟している国」

最少は「3」最大は「8」でした。
私は「4」でセーフでした。
apeironさんはここで一気に7Pを獲得しました。


5問目は「映画『007シリーズ』
正式ナンバリングタイトルの邦題」

映画見ないから全然分かりませんw
何か早押しの問題としては何回か作った気もするけど、
ほとんど思い出せませんでしたw

しかし、他の人もだいたい同様だったようで、
ほぼ全員が「1」をあげましたが、
その「1」すら答えられない人もちらほら。
辻さんが唯一「2」でしたが、1つしか正解できず0P。
うちのサークルの「ジャニーズ」に次ぐ苦手ジャンル
「007」が爆誕しましたwww


6問目は「ランタノイドおよびアクチノイドに
分類される元素名」

理系は苦手だw
そりゃ、バリバリ理系のapeironさんは
「14」も行くよねw

私が「1」も答えられないのに対し、
apeironさんは「14」を完答。
これは、さっきのアフリカと合わせて、
完全にぶっちぎりましたね…。


7問目は「名探偵コナンの劇場版のタイトル」

コナンの映画なんて一作も見てないから知らんwww
しかも「標的」と書いて「ターゲット」みたいな
中二病臭くて覚えにくいタイトルばっかりだから
まったく書けませんでしたw
諦めて「未来少年コナン」とかボケまくりw

全部見ているというapeironさんが
「9」を正解しました。
もう優勝は決まりですな、こりゃw


8問目は「ニコニコ動画で選択できる
動画のカテゴリー」

ニコニコ動画はよく利用してますが、
そんなの把握してないですw

今はまたちょっと改変されちゃってますが、
例えば「東方」っていうのがただのタグなのか、
「カテゴリー」に含まれるものなのか、
正直よく知らないものw
本当なら勝負に行った方がいいんでしょうが…。

ちょっと控え目に「5」と書きましたが、それでも
私がトップの数字。
しかし、「東方」「ボカロ」「アイマス」の
御三家含め、「例のアレ」や「歌ってみた」など、
書いたものが結構消されてしまって
3つしか正解できませんでしたw


次が最後の問題。
「リオ五輪で行われた28競技」

ポイントはapeironさんがブッチギリトップ。
自分はダブルスコアに近いぐらいに離されてますが、
2位争いが熾烈な感じです。
まあ、スポーツの競技名なんて
当てずっぽうでもいろいろ出てくるだろうし、
大きい数を書いてもムダに終わりそうですなw

結局、みんな3〜6ぐらいに収まりましたが、
正解がつぶされて、
解答順が後ろの方の人たちは0Pに。

優勝は、37ポイントのapeironさん。
21ポイントのしょーせーさんが2位でした。


これは面白い企画でしたね。
誰がいくつ正解を出してくるかを読んで
自分の解答数を決める駆け引きは、
シンプルながら面白い心理戦となりました。

ただ、最後の問題もそうですが、
各問題における難易度や正解数の設定が
難しい所ですね。

最後の問題のように、正解が簡単、かつ少なすぎると
最初っから大きい数字を書きづらくなっちゃうし、
かといって、あんまり正解数が多すぎて
一人に無双されちゃってもアレですし。

でもまあ、少なくとも
正解数の少ない問題から順番に並べて、
最後まで逆転のチャンスが残るような形に
した方がよかったかなと。

しかし、それ以外のルールは完ぺきでした。
また別の問題、メンバーでもやってみたい
良企画だったと思います。


残りは来月の遠足に向けてのミーティングを
しましたが、
(※先にお断りしておきますが、この年の遠足は
台風直撃により中止となってしまいましたので、
ここでやっていたミーティングは
いろいろムダになってしまいましたw
一応、遠足の代わりとして
急遽フリバ会が行われたのですが、
私はそっちには行かなかったのでレポートはできません。
恐れ入りますがご了承願います)


それでも少し余ったので、
しょーせーさんのお試し企画で、
3人×3のチーム戦。
なんと、某セルフのうどん屋で思いついたという、
うどん屋リレークイズですw

チームの3人は、「製麺」「麺茹で」「トッピング」の
3つの役割を担当することになります。

やるのは早押しクイズですが、
製麺担当者が正解をすると、作った麺を10玉
麺茹で担当者に渡すことが出来ます。

麺が手元にある状態で「麺茹で」担当者が正解すれば、
それを10玉ずつトッピング担当者に渡すことができ、
トッピング担当者は、正解すると1問につき1杯ずつ
うどんを完成させられます。
1杯完成するごとに、チームに+1Pとなります。

チーム内の担当の割り振りは
ゲーム中でも好きに変更できます。

つまり、「製麺」「麺茹で」「トッピング」を
1人ずつで担当して、
まんべんなく作業を進めても良いし、
「製麺」に3人固めてひたすら麺を作り、
良きところで「麺茹で」「トッピング」と
移行していっても良いというわけですね。
ただし、1人で2つの作業を兼任することは
できません。

また、製麺は連続して行っても良いですが、
全部で30玉、つまり3回正解するまでで
そこから先は、10玉分がはけないと新たには作れません。

それから、チーム内でポジション移動を行う際は、
「手を洗ってから」ということで、
(個人で)2問休みをはさまないといけません。

最も多くのうどんを完成させたチームが優勝です。

誤答は、製麺担当者の場合はチーム全体で2休、
麺茹でとトッピング担当者の場合は、
その場にあるうどん全てが廃棄処分となります。


なお、本来は「製麺から麺茹でに送られた麺は、
15問以内に正解してトッピングに回さないと、
茹ですぎてグズグズになって廃棄処分」
などとというルールもあったのですが、
問題数の管理が面倒臭く、
残りの短い時間でやるものでもないということで、
シンプルルールになりましたw


結局、遠足の雨天時の会場を押さえるために
電話したところから折り返しがかかってきたりして、
時間が10分ほどしかなくなってしまったため、
ちょっと不完全燃焼でした。

その割に、ルールが複雑で
ポジション移動に伴う休みなどの管理が煩雑で、
最初のうちは混乱しましたしねw

一応、優勝は8杯作った、
辻・佐竹・私のチームでした。

「麺茹でから15問で廃棄」のルールも、
管理は面倒そうですが、実現できたら面白そうですし、
また、ルールを整理したうえで
じっくりとやってみたいですね。


というわけで、本日は2か月連続で
ミニ企画の集合となりましたが
いつも通り楽しく過ごすことが出来ました。

また、空いた時間を見つけて
頑張って更新していきますのでw
よろしくお願いします。
2019 11/25 22:19:08 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
両利きの人がいたらさらに複雑なことに…から。

前→第2回|最初から→第1回


では、休憩をはさみまして
レンさん司会の企画になります。

独立した2つの企画を用意してこられました。

1つ目の企画は「趣味丸出し」だそうですが、
イントロクイズと作者名当てクイズの
2段構えのクイズです。

1段階目は1人1回エンドレスチャンスの
イントロクイズです。
レンさんの好きなビジュアル系バンドの曲が流れますが、
全て有名曲をカバーしたものになっています。

正解すると作者名当てクイズにチャレンジできます。
ここでの誤答は−1Pです。

作者名当てクイズの方は、あらかじめ
前のホワイトボードに何らかの
文学作品名が貼り出されているので、
その中から好きな物をチョイスして
その作者名を答えます。

ここで正解できれば+1Pが入ります。
誤答はペナルティなしです。

ただし、こちらのタイトル名も全て
ビジュアル系バンドの曲名と
一致するものになっており、
レンさんが最も好きな「cali≠gari」の曲を
当てることができたら+3Pが入り、
しかも、さらにもう1問答えることができます。
確かに、完全に趣味ですねwww

まあ、少なくとも今日の参加者の中に
cali≠gari を含むV系バンドに詳しい
という人はいないので、
完全に「うんのよさ」のパラメータ次第ですがw


そんなわけで1問目。
イントロでは
Plastic tree の「もしもピアノが弾けたなら
が流れました。

Aメロがしばらく流れたところで
複数人が押しましたが、原さんが解答権を取り、
正解しました。

続けて、ボードから「人形の家」を選んで
作者であるイプセンを正解。

しかも、これがいきなり cali≠gari の曲ということで
+3Pが入って、原さんは続けて別の問題を
チョイスできます。

原さんは「赤と黒」の作者スタンダールも正解。
これは違うバンドの曲ということで、ここで終了。
この1問で+4Pを稼ぎました。


2曲目は
ムックの「およげ!たいやきくん」でした。
こちらも原さんが正解。

「走れメロス」→太宰治を正解。
さらに+1Pを加算しました。


…これ、原曲とは全然違う感じにアレンジされてるから
イントロだけじゃ全然分からんぞ…w

しかもなるべく早く正解しないと、
作者名当ての方が自分の分かる物を
ドンドン取られてしまって、悲惨なことになるヤツや!
しんどいwww


3曲目の「浪漫飛行」を当てたあいんすくんが
「狂人日記」→魯迅を正解しましたが、
これが cali≠gari 案件で+3Pをゲット。
「悪魔の手毬唄」→横溝正史を当てて
さらに+1P。

4曲目は「セーラー服と機関銃(夢の途中)」で
私が正解しました。
「羅生門」→芥川龍之介を当てて+1P。
とりあえず焼き鳥は回避できたので一安心w

5曲目は「心の旅」、李寉さんが正解。
…は、いいんだけどそれを聞いて悔しがっている
あいんすくんは何者なんでしょうかwww

6曲目は「薔薇は美しく散る」で私が正解。
割とすぐ分かったんだけどタイトルが出てこなかったw

ここからはダイジェストでw

7問目、8問目と佐竹さんがイントロで押したものの
曲名が出てこず、続けて誤答していますw

そう、アレンジされているせいもあるのか、
押しても曲名がパッと浮かばないんですよねwww
頭の中でもう1段階変換させないといけなくて…。


9曲目はここまでノータッチだったapeironさんが
押しましたが結局曲名が出てこず。
正解は「タッチ」でした。
ノータッチだっただけに…すんません。

10曲目以降も押した人が
曲名が出てこないってことがたびたびあります。
私も曲は分かったけど曲名が出ないってことが何回か。

イントロの方は、李寉さん、原さん、佐竹さん
そして私が主に正解を出していました。

そうこうしているうちに自分が分かる作者名当てが
どんどん少なくなっていきます。

そんな中、なんとか19曲目を正解して、
あてずっぽうで「江戸川乱歩」と言ったら
当たったwww

その後、どうも人間椅子の曲に江戸川乱歩の作品から
とったものが多いらしいということで、
正解したら何でも「江戸川乱歩」と言うことで
何ポイントか稼ぐことに成功w

佐竹さんも同じ作戦で何問か正解w

それにしても、曲が
「私だけの十字架(『特捜最前線』主題歌)とか、
「学生街の喫茶店(ガロ)」とか
「お世話になりました(井上順)」とか、
70年代の懐メロ中心で、
若い人は完全に置いてけぼりですw

言っとくけど、私だって
リアルタイムで聞いてたわけじゃないからね?www

ってか、「東京の花売娘(岡晴夫)」
なんて、1940年代の曲を出されても
さすがに誰も答えられんじゃろwww

さて、27問目以降は、イントロに正解でも
+1Pが入るようになりまして、
何曲か正解は出せてポイントを取れましたが、
「江戸川乱歩」は不発に終わりましたw


結局、最終結果は「cali≠gari 案件」の正解数の差で、
唯一ポイントが二ケタに達している原さんの優勝でした。

おめでとうございま〜す!


私も懐メロのイントロがたくさんできたので
非常に楽しかったのですが…
まあ、最初から「趣味丸出し」と断っていたとはいえ
半数以上の人が「置いてけぼり」だったので
正直、何らかの工夫は欲しかったかなと思います。

前に佐竹さんが洋楽中心のイントロで
苦戦したことなんかもありましたが、
イントロの問題のチョイスって
非常に難しいんですよねぇw

分かりやすい対策といえば、
もう少し「タッチ」のようなメジャーな曲を増やすとか、
イントロで正解が出なかった場合は、
普通の早押し問題か何かに移行するとか、
そのあたりですかね〜。

逆に、ここをもっとオリジナルの工夫ができれば
まったく新しい企画が1つ生まれそうです。
色々な意味で期待しておきたいと思いますw


ということで今回はここまで。
次回はレンさんの持ってきたもう一つの企画です。
2019 11/23 18:35:16 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
ほんと、ウチのサークルはカードやサイコロに
神が宿りますなあ…から。

前→第1回


さて、そんなこんなで休憩をはさんで
次は決勝戦ですが、決勝戦は2組に分かれての
戦いとなります。

現在の1位である辻さんがAブロック、
2位のapeironさんがBブロックに入り、
3位以下の人はどちらのブロックに入るかを
上位から順番に選んでいきます。
同点のところは「当サークルの参加歴が浅い方が先」
というルールがあって、
先に掲載した途中経過の順になっております。

結果、
Aブロックは辻さんがリーダーで
佐竹さん、しょーせーさん、レンさん、李寉さん。
Bブロックはapeironさんがリーダーで
ヤーロウ、あいんすくん、ルドルフさん、あっきーさん
という体制になりました。


で、まずはAブロックからということで、
Aブロックの人が早押し席につくのですが…
1人が早押しボタンを2つ占有して、
ボタンとボタンの間に座るようにとのこと。
これは一体…?

ではルール説明。
30問限定のシングルチャンスの早押しクイズです。
プレイヤーは
左右両方の手に1つずつ早押しボタンを持ち、
解答します。

ただし、利き腕の方のボタンは正解+1P
利き腕じゃない方での正解は+2Pになりますw

誤答は押した方の手にポイントがあれば
利き腕は−1、逆は−2P。
0Pだった場合は両手とも2休となります。

Aブロック、Bブロックそれぞれ、
左右両方のポイントの合計が高い方から
2位までが大決勝に進出、
3位同士も1○1×で1人が大決勝に進出して、
合計5人で最終決戦となります。

ポイントが同点の場合は
非利き腕のポイントが高い方が勝ち、
それも同じ場合は1○1×で決めます。

ということで、決勝戦のタイトルは
「両利早押」なのでしたw

「決勝戦でお試し企画とは」とおっしゃってましたが
ミニ企画ですし、全然ありです。
私なんて事前にリハーサルしてくれる友達がいないので
毎回お試しのようなもの…ゲフンゲフン。


そんなことはさておき、クイズスタートですw

一応、問読みの最中は必ず早押しボタンに
両手ともをかけていないといけません。
片方を机の下などにしまったりしていては
ダメということです。

1問目はしょーせーさんが正解しました。
右手で押しましたが、しょーせーさんは左利きなので
右が非利き腕です。よって、+2Pとなります。
なお、他の人は全員右利きです。

2問目もしょーせーさんが正解。
今度は利き腕である左手で押しました。
こっちは+1Pです。

これは何か作戦なのか、
それとも単に押しやすい方で押しただけなのか…。


さて、これ以降は誰がどちらの手で押しているのか
音声では分からないのでダイジェストですw

5問目まではしょーせーさんと辻さんの2人が
正解を重ねて走る展開。
しかし6・7問目をレンさんが連答。
この3人が激しい争いを演じます。

半分の15問目が終わったところで、
辻さんが6問正解、レンさんが4問正解、
しょーせーさんが3問正解。
それぞれ何問が利き腕で何問が非利き腕かは
分からないので、ポイントは再現できませんが、
きっと辻さんがトップですw


最終的に、辻さんが11問正解の+21P、
レンさんが6問正解の+12P、
しょーせーさんが5問正解の+9P、
佐竹さんが3問正解で+5P、
李寉さんが2問正解の+2P

ということで、辻さんとレンさんの
大決勝進出が確定しました。
3位のしょーせーさんはプレーオフ進出です。

全員のポイントを見れば分かりますが、
ほとんどは非利き手での正解です。

個人差はあるのかもしれませんが、
「ボタンを押す」というのはそんなに複雑な行為でも
ないので、利き手じゃなくても大してスピードは
変わらないと思います。

「左手で文字を書いて解答」とかだったら
だいぶ違うんでしょうけどねw

ってことで、私が参加するBブロックですが、
私はAブロックの様子を見る前から
全部左で押せばええやん、と思ってましたw

ただ、こっちはapeironさんとあいんすくんが
えげつなくて、そんな作戦は全く関係ありませんでしたw

7問目まで2人だけで正解を重ねましたが、
ほとんどの問題は前フリだけで瞬殺ですからねw
左手だったから押し負けたとかじゃなくて、
「私はそんなとこじゃ押せまへんw」っての
ばっかりで…手も足も出ないとはこのことです。

特にapeironさんが止まりません。
15問目を終わったところで9問正解とブッチギリw
後半の方で誤答もありましたが、もはや関係なし。

そのまま最後まで突っ切って、
apeironさんが15○2×の+17Pでフィニッシュ。
全30問の半分を1人で答えてしまいましたw

2位は5○で+8Pのあいんすくん、
3位は2○の+4Pで私とルドルフさんが並びましたが、
3位決定戦の1○1×で勝ったルドルフさんが3位で
プレーオフ進出です。
5位のあっきーさんは1○の+2Pでした。

しょーせーさんとルドルフさんのプレーオフは
非利き手で押さなくてはならない
というルールでしたが、
ルドルフさんが勝って大決勝進出となりました。


ということで、辻さん、レンさん、apeironさん、
あいんすくん、ルドルフさんの5人で最終決戦です。

最終戦も、基本ルールは先ほどと同じですが、
問題数が少し減って25問になり、
非利き手のポイントが+3P(誤答−3P)になります。

今までほとんどの人が非利き手で押しているのですが、
唯一、スピード重視で利き手で正解を重ねたのが
apeironさんでした。
先ほどは他を圧倒する正解数で楽勝でしたが、
1○のポイントが3倍違うとどうなりますか…。


それでは最終戦スタート。
1問目はあいんすくんが取りました。
やっぱりどっちの手で押したのかは分かりませんw

10問目まではレンさんが3問正解でリードする展開。
中盤からapeironさんが追い上げます。
しかし、レンさんも途中で1問誤答があったものの
負けじと正解を出し、
ほぼこの2人のデッドヒートになります。

結局、二人とも8○でフィニッシュ。
apeironさんが+16Pで優勝でした。

おめでとうございます!

レンさんは+13Pで2位、
4問正解で全て3Pの辻さんが+12Pの3位、
あいんすくんが+4Pで4位、
ルドルフさんが+3Pで5位
という結果に終わりました。


ということで、原さんのミニ企画でした。

いや、面白かったですね。
しょーせーさんから、決勝戦のルールについて
「誤答のペナルティが軽すぎるのではないか」
という意見があったのですが、
それは確かにそうかもしれないと思います。

ただ、“バラエティ班”としましてはw
誤答のペナというよりは、
「非利き手で押すことのリスク」
が少ないのではないかと感じました。

既に述べましたが、
ボタンを押すのは指の動きも単純で、
利き手と比べてそこまで動かしにくい
というわけでも無いと思うので、
基本、非利き手で押してた方が有利だと思うのですよ。

スピード重視・リスク低の利き手と
パワー重視・リスク高の非利き手
みたいな明確な対立構造になっていると
もっと面白くなるのではと思いました。

例えば、
「押した後、○秒以内にボードに書いて解答」
だったら、左手で文字を書くのはタイヘンですし、
「漢字で答えろ」とか「日本一長い駅名」とかの
問題を混ぜておくと鬼畜だなとかwww
いろいろ考えちゃいますね。

あるいは、今回はシングルチャンスでしたが
あえてダブチャンかエンチャンにして、
同時に付いた場合、利き手と非利き手だったら
利き手の方が先に解答できるとか?w
…複雑すぎるかな?www

まあ、「お試し企画」とのことなので、
いずれこれをパワーアップしたのが出てくると
期待しておきます。


ということで今回はここまで。
次回はレンさんの企画で遊ばせてもらいます。
お楽しみに!
2019 11/22 19:50:13 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
お待たせいたしました。
突然しれっと更新しますw
2017年9月例会の模様をレポートしていきます。

参加者はレンさん、あいんすさん、ルドルフさん、
李寉稚然さん、原さん、apeironさん、佐竹さん、
しょーせーさん、辻さん、そして私ヤーロウと、
初参加のあっきーさんです。

ここ最近からすると少し人数は少なめですかね。
それでも初参加の方がいらっしゃって
嬉しい限りです。
これからもよろしくお願いしますね。


さて、本日は誰もメイン企画を担当できる人が
いなかったんですよねw
いわゆる「ローテの谷間」ってやつでして。

ということで、今回も先月と同じように
何人かがミニ企画を複数やることになりました。


まずは原さんが作って来られたお試し企画です。
タイトルは「奇貨可居」
ということで、こういうときでも常に四字熟語な
原さんのこだわりでございますw

予選1・2R+決勝の3Rで行われます。
トータルでポイントが最も多い人が優勝です。

さっそく予選1R参りましょう。
タイトルは「自縄自縛」

おや? なんか聞いたことがあるwww

ということで、予選の2つのラウンドは、
以前にやった企画の焼き直しの企画だそうです。

今回のは原さんが初めて1日企画をやった際の
一番最初のラウンドの企画ですね。懐かしいw

ルールを改めて説明しますと、
シングルチャンスの早押しクイズです。
特定の正解数で勝ち抜け、
また特定の誤答数で失格となりますが、
まだ具体的にいくつかは決まっていない状態ですw

その状態でとりあえず早押しがスタートし、
自身の初正解、および初不正解のときに
トランプを1枚引きます。
そのトランプの数によって、
勝ち抜け・失格のポイントが確定するのです。

不正解の場合は1・2・3・ジョーカーの
4枚から1枚引き、引いた数が
そこからの×失格カウントになります。
例えば「2」なら、ここからあと2×目で失格です。
ただし、ジョーカーは「0」の扱いとなり、
引いた瞬間に即死ですwww

今回は正解の場合のトランプの構成が変わっており、
前回は1〜4の4枚だったものが、
不正解と同じく1・2・3・ジョーカーの4枚に
なっていて、ジョーカーを引いた場合は、
「連答できれば勝ち抜け」となります。
連答でない正解は何問しようが勝ち抜けられませんw

ちなみに、自身の誤答、他者の正解で連答権が消え、
問題スルーでは連答権は消えません。


このラウンドでは、勝ち抜け・負け抜け順に、
1位…6P、2位…5P、3位…4P、4位…3P、
5位…2P、6位…1P
が順位点として入ります。


では、クイズスタートです。

1問目は佐竹さんが正解。
トランプを引きますが、
いきなりジョーカーを出しましたwww

やっぱウチのサークルはこうじゃなくちゃね、
うんうんwww

ってことで、佐竹さんは今後、
どこかで2連答ができれば勝ち抜けとなりますw

2問目は辻さんが正解。
こちらは「」で、次に1問正解すれば勝ち抜けです。

3問目はしょーせーさんが正解。
こちらも「」でした。
みんな極端だなあw

そして、4問目をしょーせーさんが連答して
1抜けしていきましたw 早いwww

5問目は佐竹さんが正解。
次の6問目も佐竹さんが正解できれば勝ち抜けですが…

1問スルーを挟みましたが、
正解したのはapeironさんでした。佐竹さんは残念w 
そして、apeironさんの引いたカードはまたも「」!
なんでぇ!?

こんな感じで進んでいきます。
カードの引きの「運」が非常に重要な感じですが、
以降、ダイジェストでお伝えすると、
2抜けは最初に「1」を引いていた辻さん。
3抜けもやはり「1」を引いていたapeironさんでしたw

その直後、私が正解を出しましたが、
引いたのはまたしても「」でしたwww
そのカード、何か憑いてるんじゃないんですか?w

その後、私が正解を出して4抜けしました。

残っているのは、連答勝ち抜けの佐竹さん、
「3」を引いたあいんすくん、「2」を引いたレンさん、
他はまだ正解無しという状態ですが、

あいんすくんが1○した後、
ルドルフさんが正解。
しかし引いたのはジョーカーでしたw

佐竹さんも単発で正解しますが連答ができず、
そうこうしている間にあいんすくんが3○達成で5抜け。

その後、レンさんが誤答して
ジョーカーを引いてしまい、初の失格に。

そして李寉さんが正解しましたが、
こちらもジョーカーで、戦いがますます泥沼化w

最後は、ルドルフさんが連答を達成して6抜けでした。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

_1:しょ:6P
_2:辻_:5P
_3:ap:4P
_4:ヤー:3P
_5:あい:2P
_6:ルド:1P
_7:あき:0P
_7:レン:0P
_7:李寉:0P
_7:佐竹:0P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

続けて第2ラウンドです。
タイトルは「金字塔式」ということで、
こちらも以前にあった企画ですね。

こちらもルールを改めて説明しますと、
シングルチャンスの早押しクイズです。

1問正解すると下のようなピラミッド型のマスを
1段上がることができます。

     □
    □ □
   □ □ □
  □ □ □ □


マスに空きがあれば、すんなりそこに入れるのですが、
埋まっている場合は、誰か1人を指名して、
1○1×の対決クイズを行うことになります。

対決クイズで上にいる人が勝てば位置はそのまま、
下の人が勝てば2人の位置が入れ替わります。

また、誤答した場合は1段落ちるのですが、
空いているマスがない場合は、
空いているマスまで一気に落ちてしまいますw
最下段での誤答は2休になります。

問題限定数は対決クイズを除いて40問で、
40問が終わった段階で、どの段にいるかで
ポイントが変わります。

最上段…10P、2段目…6P、3段目…3P
4段目…1P、最下段…0P


前回はピラミッドの段数が多すぎて
なかなか対決クイズが発生しなかったのですが、
今回はプレイヤー10人に対して、
1〜4段の10マスなので、
ぶつかり合いは必至となりますw


それではクイズスタートです。

1問目はレンさんが正解。

     □
    □ □
   □ □ □
  レ □ □ □



19問目終了までは、全員が上手いこと
空きがあるマスにのみ進んで行って、
対決が発生しませんでした
で、ついに辻さんが最初に最上段に到達。

     辻
    a □
   □ あ 佐
  □ し □ ヤ


ここから40問終了まで辻さんが耐えられるか!?

…その後、30問目で下の形になりました。

     辻
    a 佐
   し あ ヤ
  ル □ □ □


未だに対決は1度も起こっておりませんwww
ホント、みんな間を縫うように上下運動するんだもん。
「ぶつかり合いは必至」って書いたのにさwww
ウチのサークルは天邪鬼ばっかりか!www


ここで、3段目のあいんすくんが正解して
ようやく初の直接対決。
あいんすくんは佐竹さんを指名しましたが、
返り討ちで配置は変わらずw

続く問題をあいんすくんが連答し、
再度佐竹さんに挑戦。
しかし、やはり再度返り討ちw

が、1問挟んで三度あいんすくんが正解。
今度はapeironさんを選び、
三度目の正直で、見事に下剋上を果たしました。


36問目、今度はapeironさんが正解して
あいんすくんを指名、あいんすくんのお手つきにより
apeironさんがリベンジを果たしました。

39問目、またまたあいんすくんが正解して
apeironさんを指名、しかし今度は返り討ち。

最後の問題はしょーせーさんが誤答してしまって
最下段に落ち、ここで終了となりました。

     辻
    a 佐
   □ あ ヤ
  □ □ レ □


最上段を守りきった辻さんが10P獲得、
apeironさんと佐竹さんが6P、
あいんすくんと私が3P、
レンさんが1Pという結果でした。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

_1:↑:辻_:15P
_2:↑:ap:10P
_3:↑:佐竹:6P
_3:↓:しょ:6P
_3:↑:ヤー:6P
_6:↓:あい:5P
_7:↓:ルド:1P
_7:→:レン:1P
_9:↓:あき:0P
_9:↓:李寉:0P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それにしても、序盤から全然直接対決が全く起きず、
起きても、あいんすくんがらみの2段目⇔3段目だけ
っていうのは、なんなんでしょうw
さっきのトランプといい、今日の部屋は
何か呪われてるんでしょうかwww

個人的には、この企画の場合
マスの数≒プレイヤー人数ぐらいが
ちょうどいいと思います。
3段目までにして6マスにしちゃうと、
10問〜15問目ぐらいからは
ほぼ毎回直接対決ってな感じになっちゃいそうで、
それはそれで何というか…と思いますし。

ただ、誤答でゴッソリ段が下がるルールがあるために
ある程度上段まで上がると誤答を恐れて
早押しを押さなくなる傾向があるのかもしれない、
と今思いました。

バランス調整ってむつかしいですなw


…ってなところで今日はここまで。
次回もお楽しみに。
2019 11/21 00:01:55 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >