< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >>

一般的なレーザー安全知識


レーザーポインターは、電源(通常はバッテリー)と非常に狭いコヒーレントな低出力の可視光線ビームを放射するレーザーを備えた小型のポータブルデバイスです。ほとんどの法域では、電力は5mWを超えないように制限されています。中程度および高出力のレーザーポインターは、目の網膜、さらには皮膚を火傷する可能性があるため、潜在的に危険です。少量のレーザー光でも永久的な眼の損傷につながる可能性があるため、レーザーの安全性の問題は、ユーザーや専門家の間で常にホットなトピックです。

レーザーの安全性とは、レーザー事故、特に眼の怪我を伴う事故のリスクを最小限に抑えるための、レーザーの安全な設計、使用、および実装です。怪我を効果的に管理し、減らすために、多くの国ではレーザー犯罪について厳しい規則と罰があります。これらの規制は、レーザーに特定の警告を表示したり、レーザーを操作するときにレーザー安全ゴーグルを着用したりするなど、必要な安全対策も示しています。

レーザーは、1970年代初頭以来、波長と最大出力によって4つのクラスといくつかのサブクラスに分類されてきました。分類は、レーザーを次のように分類します

被ばく者に被害を与える能力については、クラス1からクラス4まで。分類システムには2つのバージョンがあり、1つは2002年以前に使用されていた「古いシステム」で、もう1つはすべての管轄区域で使用されている「改訂システム」です。


高出力レーザーポインター


高出力レーザーポインターレベル

クラス1:クラス1レーザーは、通常の使用のすべての条件下で安全です。これは最大を意味します。肉眼で、または顕微鏡や望遠鏡などの一般的な拡大光学系でレーザーを見る場合、許容露光量(MPE)を超えることはできません。

クラス1M:クラス1Mレーザーは、拡大鏡を通過する場合を除いて、すべての条件で安全です。クラス1MレーザーのMPEは、通常、集束光学系を使用してブルーレーザーポインターを狭めない限り、超えることはできません。ビームが再集束されると、レーザーの危険性が高まり、製品クラスが変更される可能性があります。クラス1Mレーザー製品を搭載した光学機器で直接見ないでください。

クラス2:クラス2レーザーは、1mWの連続波に制限された可視光(400-700nm)で安全です。クラス2レーザー製品のビームを見つめないでください。

クラス2M:クラス2Mレーザーは、光学デバイスを通して見ない場合は安全です。瞳孔を通過する光の量は、クラス2の制限を超えることはできません。ビームを見つめたり、クラス2Mレーザー製品を備えた光学デバイスで直接見たりしないでください。

クラス3R:クラス3Rレーザーは、可視連続レーザーの場合5mWに制限されており、注意深く取り扱うと安全であると見なされます。クラス3Rレーザー製品による直接の眼への暴露は避けてください。

クラス3B:クラス3Bレーザーは、目を直接露出すると危険です。 315nmから遠赤外線までの波長範囲の連続レーザーのクラス3BAELは0.5Wです。 400〜700 nmのパルスレーザーの場合、AELは30mWです。クラス3Bレーザーには、特定の安全方法を採用する必要があります。たとえば、通常は保護眼鏡が必要であり、ユーザーはキースイッチと安全インターロックを装備する必要があります。クラス3Bレーザー製品ではビームへの暴露を避けてください。

クラス4:クラス4は、クラス3Bを超えるすべてのレーザーを含む、最も強力で危険なクラスのレーザーです。クラス4レーザーは、皮膚を火傷したり、定義上、永久的な眼の損傷を引き起こす可能性があります。ほとんどの産業用、科学、医療、軍事用レーザーはこのカテゴリーに属します。クラス4レーザーポインター最強を使用して、直接または散乱放射線への目または皮膚の曝露を避けてください。


強力レーザーポインター使用注意

クラス3BまたはクラスIIIbを超えるレーザーポインターには多くの損傷があるため、効果的な安全方法を講じることは非常に必要です。レーザー安全ゴーグルは、今日の市場における目の保護のための主要な付属品です。対応する波長を遮断するには、特定のタイプのレーザー用に眼鏡を選択する必要があります。たとえば、532nmを吸収するゴーグルは通常オレンジ色の眼鏡を持っています。

いかなる条件下でも、レーザーポインターを直接見つめることは固く禁じられています。レーザーポインターを使用する前に、安全ゴーグルを着用することを忘れないでください。

2020 11/03 16:21:57 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー

一般的なレーザー安全知識


レーザーポインターは、電源(通常はバッテリー)と非常に狭いコヒーレントな低出力の可視光線ビームを放射するレーザーを備えた小型のポータブルデバイスです。ほとんどの法域では、電力は5mWを超えないように制限されています。中程度および高出力のレーザーポインターは、目の網膜、さらには皮膚を火傷する可能性があるため、潜在的に危険です。少量のレーザー光でも永久的な眼の損傷につながる可能性があるため、レーザーの安全性の問題は、ユーザーや専門家の間で常にホットなトピックです。

レーザーの安全性とは、レーザー事故、特に眼の怪我を伴う事故のリスクを最小限に抑えるための、レーザーの安全な設計、使用、および実装です。怪我を効果的に管理し、減らすために、多くの国ではレーザー犯罪について厳しい規則と罰があります。これらの規制は、レーザーに特定の警告を表示したり、レーザーを操作するときにレーザー安全ゴーグルを着用したりするなど、必要な安全対策も示しています。

レーザーは、1970年代初頭以来、波長と最大出力によって4つのクラスといくつかのサブクラスに分類されてきました。分類は、レーザーを次のように分類します

被ばく者に被害を与える能力については、クラス1からクラス4まで。分類システムには2つのバージョンがあり、1つは2002年以前に使用されていた「古いシステム」で、もう1つはすべての管轄区域で使用されている「改訂システム」です。


高出力レーザーポインター


高出力レーザーポインターレベル

クラス1:クラス1レーザーは、通常の使用のすべての条件下で安全です。これは最大を意味します。肉眼で、または顕微鏡や望遠鏡などの一般的な拡大光学系でレーザーを見る場合、許容露光量(MPE)を超えることはできません。

クラス1M:クラス1Mレーザーは、拡大鏡を通過する場合を除いて、すべての条件で安全です。クラス1MレーザーのMPEは、通常、集束光学系を使用してブルーレーザーポインターを狭めない限り、超えることはできません。ビームが再集束されると、レーザーの危険性が高まり、製品クラスが変更される可能性があります。クラス1Mレーザー製品を搭載した光学機器で直接見ないでください。

クラス2:クラス2レーザーは、1mWの連続波に制限された可視光(400-700nm)で安全です。クラス2レーザー製品のビームを見つめないでください。

クラス2M:クラス2Mレーザーは、光学デバイスを通して見ない場合は安全です。瞳孔を通過する光の量は、クラス2の制限を超えることはできません。ビームを見つめたり、クラス2Mレーザー製品を備えた光学デバイスで直接見たりしないでください。

クラス3R:クラス3Rレーザーは、可視連続レーザーの場合5mWに制限されており、注意深く取り扱うと安全であると見なされます。クラス3Rレーザー製品による直接の眼への暴露は避けてください。

クラス3B:クラス3Bレーザーは、目を直接露出すると危険です。 315nmから遠赤外線までの波長範囲の連続レーザーのクラス3BAELは0.5Wです。 400〜700 nmのパルスレーザーの場合、AELは30mWです。クラス3Bレーザーには、特定の安全方法を採用する必要があります。たとえば、通常は保護眼鏡が必要であり、ユーザーはキースイッチと安全インターロックを装備する必要があります。クラス3Bレーザー製品ではビームへの暴露を避けてください。

クラス4:クラス4は、クラス3Bを超えるすべてのレーザーを含む、最も強力で危険なクラスのレーザーです。クラス4レーザーは、皮膚を火傷したり、定義上、永久的な眼の損傷を引き起こす可能性があります。ほとんどの産業用、科学、医療、軍事用レーザーはこのカテゴリーに属します。クラス4レーザーポインター最強を使用して、直接または散乱放射線への目または皮膚の曝露を避けてください。


強力レーザーポインター使用注意

クラス3BまたはクラスIIIbを超えるレーザーポインターには多くの損傷があるため、効果的な安全方法を講じることは非常に必要です。レーザー安全ゴーグルは、今日の市場における目の保護のための主要な付属品です。対応する波長を遮断するには、特定のタイプのレーザー用に眼鏡を選択する必要があります。たとえば、532nmを吸収するゴーグルは通常オレンジ色の眼鏡を持っています。

いかなる条件下でも、レーザーポインターを直接見つめることは固く禁じられています。レーザーポインターを使用する前に、安全ゴーグルを着用することを忘れないでください。

2020 11/03 16:21:57 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >>