凸凹評論
< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >
「日中関係悪化は中国に全責任」とワシントン・ポストの社説で述べられています。
ワシントンポストという新聞は、部数は日本の新聞ほど多くありませんが、あのウオーターゲート事件でニクソンを辞任に追い込んだ際の報道の中心になった新聞です。
当時のキャサリンとかいう女性社主の肝っ玉母さんぶりが話題になったものでした。
このように権威あるメデイアが事態を冷静に評論してくれるようになったのは非常に好ましいことです。
このまま日本悪玉論が国際的に一人歩きするようですと、現在は冷静を保っている日本人、特に戦争を知らず、当然罪の意識もない若者達がどこかで切れてしまうのではないかと心配でした。
もう少しだけ我慢をして様子を見ましょう。


2005 04/25 16:08:17 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >

この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
URL:
セキュリティコード  
※セキュリティコードとは不正アクセスを防ぐためのものです。
画像を読み取り、入力して下さい。

コメント:
タグ挿入

サイズ
タグ一覧
Smile挿入 Smile一覧