気ままに気の向くままに
さて、いよいよ中世の町・トレドへ。





高台から、タホ川を隔てて眼下に1500年の歴史がある中性の世界が見えています。
そこはイスラム教、ユダヤ教、キリスト教が混在する世界遺産の町・トレドです。
16世紀に首都がマドリッドに移るまで政治、経済の重要な拠点として繁栄した町です。





タホ川に架かる橋。





迷路の様な細い道に古を感じながらカテドラルへ。





この大聖堂は芸術性の高い様々な様式が混在しており、イスラム時代にはメスキータでした。





鉄柵の向こうは金で装飾された華麗なマヨール礼拝堂です。
あまりの豪華さに驚きました。
写真では迫力が感じられませんが、薄暗い中に偉大な祭壇が輝いており、荘厳な感じでした。







こんなお顔のマリア様の像がありました。





トレド製の刀が日本に輸入されており、時代劇で使われているそうです。

2007 10/07 18:12:44 | スペイン | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー

この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
URL:
セキュリティコード  
※セキュリティコードとは不正アクセスを防ぐためのものです。
画像を読み取り、入力して下さい。

コメント:
タグ挿入

サイズ
タグ一覧
Smile挿入 Smile一覧

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.