そんなこと

2017年 02月 02日 の記事 (2件)


政府が来年度のこども手当支給について方針を決定しました。


3歳未満限定で現行1万3千円から2万円に増額するというのです。


配偶者控除見直し、所得制限については引き続き検討する
らしいですがネ・・(*^_^*)


(結局、政府民主党は財源や野党からの総攻撃に屈した形となった)


ちょっとなんか国民をバカにし過ぎじゃありませんかコレ。


鳩山さんの時からボタン掛け違えているのをもう修正
すべきですよネ。


財源をひねり出せなかったどころか、事業仕分けで隠れ
借金まで出てきてしまったこの状況でまだこども手当続
けるというのは、どうなんしょうか〜?


財源はあるあると言っていたのに、無かったわけですから
謝罪して方針転換するのはあたりまえじゃないですか?


じゃあどうするのか?


この財政状況で、結局、お金に○○用という印は無いんで
すから、所得制限するのは当然。


さらに、少子化に歯止めをかけるために第二子からの支給
にする。


正・非正規社員の格差問題を全員でシェアする、ワーキング
シェア、以上の3点を実施すれば、必ず少子化は止まり、
支出も大幅に抑えることができると思います。
2017 02/02 13:01:19 | none
Powerd by バンコム ブログ バニー
日焼け止めクリームや、その他の化粧品はメイクアップの他に
プラスイオンの酸化から肌を守るというコーティングの機能が
あります。


肌にコーティングすることはプラスイオンによる酸化を肌の
代わりにしてもらうことですが、やり過ぎますと、皮膚呼吸量
が減少しますので、皮膚細胞の代謝が悪くなります。


サプリメントや機能食品で中からケアする方法は、もちろん効果
ありますが、プラスイオン環境にいて、体が酸性に傾いて代謝が
悪いと、焼け石に水です。


運動(ジョギング、ヨガなど)で新陳代謝を上げる方法も身体の
細胞が正常で基礎代謝が高い場合は非常に効果あります。


しかし、上記と同様に、酸化した細胞が多く、代謝が低い場合は、
疲労物質の乳酸や活性酸素、フリーラジカルが多量に生産され、
余計に酸化を促進してしまいます。


したがって、まず、自宅やオフィスなど長時間過ごす場所の空気
環境をマイナスイオン環境にすることが先決です。


長時間外に出る時は紫外線対策として帽子やスキンケアをすること、
洗顔や入浴に使う水もアルカリイオン水にするのがベストですが、
できない場合はアフターケアをすれば充分でしょう。


基本は酸化の原因となるプラスイオンに肌や髪触れさせないよう
にすることと、サプリメントや運動を効果的にするために、
マイナスイオンで基礎代謝をあげることです。
2017 02/02 12:56:33 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー