2013年 03月 の記事 (7件)

ウルトラセブン第二十八話「700キロを突っ走れ!!」です。

地球防衛軍はニトログリセリンの数百倍の威力を持つ高性能火薬スパイナーを開発しました。

だがこのスパイナーは地下実験場に空輸中に何者かによって襲撃されてしまいました。

そこでウルトラ警備隊にスパイナー運搬の命令が下りました。

ウルトラ警備隊は海路とモロボシ・ダンの意見で陸路をラリーに紛れ込んで運ぶ二つの作戦をとることになりました。
そしてその作戦には発案者のダンとアマギがラリー車に乗ることになったのです。

ラリーが開始されましたが、人間爆弾の攻撃。
あるいは追い抜いていった車が地雷で爆破されます。

これらはキル星人の妨害工作だったのです。
何とかこの攻撃はかわしましたが、アマギのようすが変です。
このアマギは小学生の頃近所で花火工場の爆発事故があり、その惨状を経験したために、爆発にトラウマがあったのでした。

アマギはキリヤマを疑いますが、ダンが励まし再び任務に戻りました。

いつしか太陽は沈み夜道を走っていくと前方に一号車が止まっています。
またさらに怪しい人間が逃げていくのが確認されました。

二人はそれを追跡するのでした。

そしてキリヤマ以下ウルトラ警備隊の隊員達がキャンパーに変装して、たき火を囲んでいるのに遭遇しました。
キリヤマはダンとアマギがラリー車を離れたことを叱責します。

ウルトラ警備隊員は車のところまで戻ります。
ソガの攻撃で一号車のドライバーに化けたキル星人は倒されますが、スパイナーのカプセルんは時限爆弾が仕掛けれてしまいました。

キリヤマはアマギにこれを外すように命令しました。
アマギは拒否するのですが、キリヤマの態度は厳しく、アマギに平手打ちを加え許しませんでした。

ダンが再び励まして、アマギは爆弾の取り外しに成功。
ついに爆発のトラウマを克服するのでした。

翌朝さらにキリ星人のヘリコプターが、ダン達のラリー車を襲ってきますが、この攻撃にも耐え、ついに二人はスパイナー運搬の任務を達成するのでした。

ただしこのカプセルは実はニセ物で、本物は別ルートですでに運ばれていたのでした。

アマギは自分の爆発に対するトラウマを克服させてくれたキリヤマの親心に深く感謝するのでした。

そしていよいよスパイナーの実験が行われようとしたその時。
突如地中から戦車に乗った恐竜が現れました。

恐竜はスパイナーの実験用カプセルを咥えています。
また爆発実験に携わっていた二人の地球防衛軍の隊員が気絶していて、うかつに攻撃できませんでした。

ダンがこの恐竜戦車の攻撃に翻弄されながらも、何とか二人を救出し、ウルトラセブンに変身しました。

ウルトラセブンと恐竜戦車の対決になりました。

ウルトラセブンは長い尻尾とミサイル攻撃に苦戦です。

しかし恐竜が咥えていたスパイナーのカプセルを放し、その上を通過する直前にウルトラセブンはフィンガーショットを放ち、これを大爆発させ何とか倒すのでした。

ダンは
「ウルトラ警備隊の任務は厳しい。
 大きな勇気とたゆまぬ努力が必要だ。
 アマギ隊員も立派に任務を遂行した。
 これからも恐ろしい敵は次々と現れるだろう。
 だが我々がウルトラ警備隊魂を持ち続ける限り、地球の平和は守られるに違いない」
と改めて思うのでした。

今回のお話は何といっても、アマギ隊員の恐怖心の克服でしょう。
こちらにかなりスポットが当てられていましたね。

ウルトラセブンはともかくダンは脇役でした。

それからこの物語の初めにダンがアンヌとデート中でしょうか、映画館で大きなおせんべいを齧りながらラリー(車)の映像を夢中で見ている場面があります。
本来宇宙人の彼が、超能力を持っているウルトラセブンが地球の車に惹きつけられるというのは本来おかしいのですがね(笑)。

地球人に同化されてきたのか、当時の若者そのままでしたので、ちょっと面白かったです。

恐竜戦車・・・まあサイボーグかロボットなのでしょうけど、得体がしれない恐ろしい奴ですね。
ミサイルの他両眼からレーザー光線を出すこともできます。

そして今回の敵、キル星人も得体も正体もわからない恐ろしい敵でしたね。

脚本   上原正三
監督   満田かずほ
特殊技術 高野宏一
美術   成田亨・岩崎致躬
特殊撮影 鈴木清
2013 03/28 20:02:39 | none | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
いつの間にか、3月も22日で、御彼岸も過ぎました・・・。

本当に早いものです。

お正月、節分、雛祭りといった季節関係のものも次々と終わっていきます。

そして大相撲の大阪場所ももう13日目で、本日早くも白鵬が優勝を決めたみたいですね・・・。

そしてまたいつもの通りですね。

WBCは残念な結果で日本は終わりましたが、本日から甲子園では高校野球、選抜大会が開幕です。

毎日寒い日と暖かい日がころころと変りながら過ぎていきます。

着る物にも気をつけなければいけないです。

花粉はまだ多いみたいだし、最近は黄砂とやらの影響もあるようで、鼻の方はかなり悪いです。

トクタサツオの会社では、ほぼ半分の方達がマスクをかけています。

みんなかなり鼻と喉の調子が悪いみたいです。

そして年度末・・

まだまだ不景気で大変ですね。

ただし円安傾向で株価も上がり気味で、景気は立ち直りそうな気配もあります。

早く本当に立ち直って、いい意味で忙しくなってもらいたいですね。

製造業各社の賃上げ交渉も割りといい話が多いですね。

気候がもっとよくなって、景気の方もまたよくなっていっていただきたいものですが・・・。

それからネットのスポーツ関係の記事では、毎日のように北海道日本ハム大谷翔平の二刀流記事が見られますが、本気なのですかね・・・。

トクタサツオは基本的に無理だと考えております。
2013 03/22 21:01:47 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
WBC残念な敗戦後、選手のみなさんは帰ってきました。

一般のファンはもちろん全般に暖かなムードかなとも思っていたのですが、違ったみたいですけどね・・・。

何やらだんだん雲行きも怪しくなり、変な話題も出てきています。

今回のチームは、やや規律が緩く(悪い意味で・・・)まとまりもなかったというのです。

典型的な例が杉内投手のグラウンド外でのずっこけ話。

本来なら、辞退かチームからも退いていただくということなのです。

また、田中まーさんとかトレーニングを行っている最中に、山本浩二監督が映画を見ていたらしいのです。

これはでも、それほど問題視するべきではないかもしれないですね。

その他にも東尾コーチの、WBC以外での侍ジャパンのジャケット着用とかもういろいろと言われています。

まあ全般に乱れているという程ではなかったのでしょうけれど全般に緩めであったとか・・・。

そしてこのようなことが囁かれるのもやはり負けたからでしょうね・・・。

本当、あちらこちらから声があがってきていますがね、

またあまり妥当ではないかもしれませんが、「勝てば官軍・・・」でしょうか。

確かに例のスチールも、やや中途半端な作戦であったかもしれないですね。

内川はかなり好スタートでまともに行けば、二塁は取れていたのではないですかね・・・。

もちろんモリーナ捕手は三塁に投げていたかもしれませんが、さすがの彼も驚いていたようにみえましたから。

と言ってもマスコミはいろいろ言っていますけど、多くのファンは侍を誉めていますから、まあいいでしょう。

内川も元気にプレーしているようですし・・・。

今季もまた大活躍することでしょうし、Fsなどは要注意ですね。
2013 03/21 21:23:06 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
WBCは残念な結果に終わってしまいましたが、国内の野球はこれからが本番です。

甲子園では、選抜高校野球大会が22日から開幕です。

そしてプロ野球も29日から今年のペナントレースが、セ・パ両リーグで開幕ですね。

いよいよ待っていた球春が到来というところです。

WBCはいつもこれですから、ある意味いいですね。

全日程とか大会が終わった後の、日本シリーズのような、一抹の寂寥感がないのです。

さてこの野球ですが、サッカーやバレーボールに比較するとまだまだというか、かなり行われている国は少ないみたいですね。

昨日もちらりと申し上げたとおり、アフリカ、西アジア(中東)、東ヨーロッパなどでは、もちろんイギリス、ドイツなどでは全然やっていないみたいです。

そういえば元阪神監督の吉田義男さんが、フランスに野球を指導にいらっしゃっていたようですが、その後どうなったのでしょうね。

だいたいロシアなどは元々気候の関係か、フィールドスポーツはあまり得意ではないようですけどね。

野球はルールが難しいということもあります。

それぞれ各国の言語に翻訳するのも大変です。

それから道具を揃えなければならないですね。

またボールが家屋や人に当たらないような注意とか防御なども他の競技に比べて考えなければなりません。

ガラスを割らないような、かなり広い運動場が必要です。

それから肘とか肩に負担がかかることもあり、医学がけっこう進歩していないといけないでしょう。

このように見ていくとある程度豊かな先進国でないと、普及は難しいかもしれないですね・・・。

まあでもこれからもっと数多くの国に野球をやってもらいたいですね。
2013 03/20 22:56:22 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
WBC今大会は侍ジャパンは準決勝で敗北となりました・・・。

題名には無念と書きましたが、けっこう面白い、充実した大会参加となったのではないでしょうか・・・。

各国力をつけてきているし、本気モードも高まってきている感じです。

侍の強敵となると思われた、韓国、キューバ、アメリカも意外な敗退でした・・・。

イタリア、オランダもがんばりました。

もちろんサッカーもワールドカップやオリンピックのバレーボールも域にはまだまだ行っていませんが、これからますます各国力をつけていっていただきたいし、この大会に参加する国も増えてほしいものです。

さすがに三連覇は厳しくそれほど世界は甘くなかったわけですね。

そして昨日の準決勝の問題の8回では、これからも論議を呼びそうですが、内川ばかりを責める事もないと考えています。

ちょっとミスというか勘違いが、重なったかな・・・。

また打てなかったですけどね・・・。

プエルトリコの投手陣もけっこう調子がよかった。

山本監督が昨日の試合後おっしゃっていたように、
「胸をはって帰ろう!」

そのとおりです。

もちろん男子バレーのように、ミュンヘンオリンピック金メダル後に世界のレベルでは、低迷するようにはなってもらいたくありません。

野球はプロの選手が行きますから、そこまでは行かないかもしれませんが、これからもがんばっていただきたいものです。

野球はアフリカ、西アジア(中東)、東ヨーロッパなどでは、ほとんど行われていないようですが、この辺りは難しいですか。

WBCの大会参加の国も増やしたいところです。
2013 03/19 21:14:06 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
大震災の日からもう2年ですか・・・。

ここで改めて犠牲になった方々の御冥福を慎んでお祈り致します。

全然終わっていない、復興も進んでいないという気がしてならないです。

そして地球が、人間の歴史が続く限り、悲しみや傷が癒えることはないでしょう。

それほど大きな大災害であったと思います。

そしてまた今まで申し上げた言葉では、本当は言い表せないかもしれませんね。

本当に「がんばろう日本」であり、日本全国民でがんばって乗り切りたいものですね・・・。

みなさん、がんばってまいりましょう。

そしてWBCの侍ジャパン。

昨夜は決して弱いとはいえないオランダに本塁打攻勢で大勝でした。

これでアメリカに行けることになりました。

昨夜のオランダ戦はさておき、これまでは苦戦の連続でした。

ブラジル戦も中国戦も楽な戦いではありませんでした。

そして優勝候補の一角で、強敵のキューバには完敗でした。

そしてあの・・・特に台湾戦は大苦戦でしたね・・・。

割合にあきらめのいい方のトクタサツオなどは、早々に敗戦を覚悟してしまったほどです。

そしてその後は完敗したキューバ戦ですから、非常に苦しくなるわけです。

今回のWBCはもうこれで終わりかな、などと最悪のシナリオも頭の中に描いてしまったりしました。

でもあの奇跡的な同点、そして逆転勝利です。

いや〜感激、感動、そして両チームに大感謝ですね。

台湾チームも最後まで、正々堂々と戦いました。

いいスタイルの野球であったと思います。

さあこちらもまた、がんばっていきましょう!
2013 03/11 21:17:01 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
昨夜は、ネット仲間のいとま様が上京されるということで、アジタイでお会いさせていただくことになりました。

火曜日なので当然ウィークデーです。

埼玉県にある会社を、定時の5時半にすぐ飛び出しました。

待ち合わせをさせていただきます調布のアジアン・タイペイには7時半に到着です。

だいたいこれぐらいだとお話していたので、約束の時間通りに着けてよかったです。

そしていとま様と、オーナーのひし美ゆり子様はもういらっしゃっていました。

いとま様とは昨年の3月、やはりこちらのアジタイにてお会いしておりますので、1年ぶりでした。

ひし美ゆり子様とは、今年の1月オフ会に不参加となってしまいましたので、やはり1年ぶりです。

その後マイミクのアントン@様がおみえになりました。

アントン@様もいとま様とお会いした日から、1年ぶりです。

生ビールで乾杯でした。

mixiのことや、ブログのことなどお話をさせていただきました。

またいつ会ったかとかのお話も致しました。

昨年のオフ会でお会いさせていただいた時もそうでしたが、いつも美しくて、また可愛いくて明るくてほがらかで、またお元気なひし美ゆり子様でいらっしゃいました。

いとま様もアントン@様もお元気そうでした。

またみなさまお記憶も正確で素晴らしかったです。

野球の話題では、ひし美ゆり子様はやはりWBCは、楽しみで侍ジャパンを大いに応援していただけるそうです。

やや変な話題では、トクタサツオがAKB48を1人も知らないというと、ひし美様もやはり同じでいらっしゃいました。

そして楽しい時間は、あっと言う間に過ぎました・・・。

いつもそうですが・・・。
2013 03/06 16:35:27 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.