今年度の年末年始のテレビ番組はイマイチでしたね。

これは観たいなという番組が少なかったです。

ただ年末はプロ野球80年ということでいろいろな放送がありこれは興味深いものや懐かしい映像が観られました。

元旦は「相棒」で楽しめました。
エンドロールで「アッ」と言わされるのもまあ相変らずでした。

ただし毎年の物語に比べるとやや大人しかったかな、などと考えております。

1月3日は「長島茂雄氏とお嬢さんの三奈さんとの闘病記」でこれはかなり惹き込まれました。

こちらも懐かしい映像があったりしたのですが、やはり病気の重さと御本人、御家族の闘病の姿に感動させられました。

本当に一時期に比べるとかなり回復されましたね。

あの右手も映像に映し出されてました。

以前、アンチ巨人の水島新司氏がご自身の御作品「野球狂の歌」の中でミスターのことを「燃える心とたゆまぬ努力」という言葉で著していらっしましたが、今回の闘病記もまさにそのとおりでしょう。

昨夜は「鉄道員(ぽっぽや)」を観ました。

この映画はまだ未見だったのですが、以前観た人が
「実によかった・・・」と絶賛していました。

なるほど・・・ああいった内容でしたか・・・。

途中からある疑惑が・・・。
そしてやはりね・・・。

悲しいような嬉しいような・・・。

建さんの広末さんもいい演技でしたね。

そして意外なラスト、でもあれでよかったのかもしれませんね。
2015 01/06 22:03:19 | none | Comment(1)
Powerd by バンコム ブログ バニー

この記事へのコメント

A Replica Rolex Wall Clock is replica watches really a cool thing to hang in your home in the Rolex replica bedroom, kitchen or even the living room. Also, if you have a home office a Rolex Wall Clock would really adorn the replica Rolex watches wall. I especially like the models Daytona wall clock in black and red and also the classic Submariner replica watches sale wall clock in black and gold. I’m also really hooked on the Hublot wall clock in black and grey.
Posted by elress at 2017-03-29 18:05:08

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
URL:
セキュリティコード  
※セキュリティコードとは不正アクセスを防ぐためのものです。
画像を読み取り、入力して下さい。

コメント:
タグ挿入

サイズ
タグ一覧
Smile挿入 Smile一覧