1972年作品。もうゴジラ作品は翳りが見られていた頃だ。
ただみなさま御存知のとおりひし美ゆり子様ヒロインの作品である。

前年があの「ゴジラ対ヘドラ」である。このヘドラは公害の
申し子、そしてゴジラが大自然の代表といったところである。このヘドラのキャラがあまり気持ちよくなかった。
そして当然のごとく暗い作品だった。
「メカゴジラの逆襲」の暗さは何となく好きだったがこちらの暗さはただ嫌につきる。

個人的には私はこの頃精神がかなりすさんでいた。もちろん非行というほどではなかったが。そしてこの後三年間何もやる気のない時代をすごすのである。

さてこの「ゴジラ対ガイガン」であるが、こちらも汚染とか公害がベースになっている。
また機械文明への軽い風刺も入っている。

テーマとしては、悪くないが、あのゴジラとアンギラスがふきだしで会話をする場面。
あそこでずっこけたファンも多いだろう。

ただガイガンこちらは人気があるらしい。
まあでもこの作品、観ても悪くはないかもしれない。
2006 09/29 21:10:03 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー

この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
URL:
セキュリティコード  
※セキュリティコードとは不正アクセスを防ぐためのものです。
画像を読み取り、入力して下さい。

コメント:
タグ挿入

サイズ
タグ一覧
Smile挿入 Smile一覧

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.