ひたすらまったりマイペース生活

2018年 07月 31日 の記事 (1件)


hpqu6wzkxzuebzn.jpg

大好きな愛兎、おっぽこ。
真っ黒の垂れ耳うさぎさん。
私にとって最初のうさぎ、そしてたぶん
最後のうさぎさん。

私をうさぎ好きにしてくれた子。
うさぎのイメージを大きく覆した。
本当に大好きだった、今も変わらず大好き。

うさぎはこの世を去ると、その魂は
月へ帰って行くのだと言い伝えられている。
そのせいか、死んだのではなくて
月へ引っ越して、そこで幸せに暮らしているのだと
そんな風に思えてくる。だから少しだけ
寂しさも和らいだよ。

もう3年も経ったんだ。なんだか早いねぇ。
おっぽこの後に、プレーリードッグの檸檬も
天国へ行ってしまったよ。

今、我が家の動物は犬一匹と猫二匹。
草食さんがいないのは、たぶん20年ぶりだ。
彼等に必須な干し草を買わない暮らしにも
いつの間にか慣れたよ。

ndcb1us742txgp1.jpg

去年の秋に天国へ行った檸檬。
君が私にとって、最後のプレーリードッグだ。

草食さんは可愛いけど、何故か世間では
飼いやすいように言われてるけど
とんでもないです。犬猫よりもずっと
神経を使って管理しなければならないんだよ。
食欲が落ちたらそれは既に命に関わるサイン。
ちゃんと診察してくれる病院も少ないし
簡単な治療なら犬猫よりは費用も安く済むけど
これが特殊な病気になると、何故か保険が
効かなくなって、高度医療の部類になっちゃって
ひと月に100万なんて軽く飛んだわ。

たぶん歴代プレたちの医療費を全部合算したら
高級車を買えちゃう金額だろうね。
でも大好きな家族だったから、気にならんかったわ。

通院するにも、病院まで遠くて。
タクシー代もやばかったなぁ。
うさぎさんなんて、様子がおかしいと気付いたら
即連れて行かないと手遅れになるケースが多くて。
うさもぷれも、晩年はこんなんばかりで
お金がどうのより、メンタルがきつかった。

草食さんたち、可愛いし今も大好きだけど
今また彼らと本気で向き合えるか、となると
正直、自信がない。

気温が1度下がるのも、湿度が数%上がるのにも
ヒヤヒヤしながらこの夏を過ごしていた。
ウンチが少しでも柔らかかったり
形が小さかったりで一喜一憂。

可愛くて可愛くて大好きで
毎日いとおしくて幸せだったけど
大変でした。疲れた。

彼等との思い出は間違いなく
かけがえのない宝物ですが
また新たにうさぎやプレさんを
お迎えしたいか、と訊かれればそれは
まだ考えられない。

っていうかさ、ショップやブリーダーさんから
買うという出会い方は、もうどんな種類の
動物であっても金輪際あり得ないだろうな。

もしこれから先、新たにペットを
迎え入れるとしたら、それは
行き場を失くしてしまい、もう私にしか
救えないだろうと直感した子だけ。

第一、私や夫ももう若くないし
自分たちの健康管理も重要だものね。
そしていつか災害が起こったと想定して
私たち夫婦二人が同時に連れて逃げられる頭数、
片手にペットキャリーを一台持つとしたら
全部で4頭。だから我が家のペット数の
限界は4頭までだと決めております。


bk7sg3xvvrmdcg4.jpg

qxeaznktevrye8e.jpg

6cmpcbuvww4asyn.jpg

現在、3頭。
ということは、あと1頭か。
出会いたいような、そうならないで欲しいような。

2018 07/31 04:21:40 | 日記よ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー