かつて題名のなかったBLOG

2017年 08月 18日 の記事 (1件)


結局MY箸持参者が誰もいなくてちょっと悲しいw
から。

前→第3回 | 最初から→第1回


では、予選最後の第6ラウンドです。

50Pを争うことになったのはこちら!

警 VS 泥
仲間を助けろ、ツーショットクイズ


全員参加の早押しクイズです。
問題は普通ですが、正解は「○○と××」とか
「○○の××」といった具合に、
必ず前半と後半に分けられるようになっています。

そこで、押した人は答える前に、
自分の味方メンバーを誰か1人指名します。
押した人が答えの前半部分、
選ばれた人が答えの後半部分を
ボードに書いて解答します。

両方が合っていて初めて正解となります。
正解したら押した人は「勝ち抜け」となって
以降の解答権を失います。

どっちかが誤答した場合、
押した人(前半を書いた人)が誤答の場合は
後半の人が何を書いていても、
押した人だけが2休。
前半が合ってたのに後半が間違っていた場合は、
前半・後半の人両方が1休になります。

これを繰り返して、全員が抜けたら
1度目は全員が解答席に戻って、
2度全員が抜けたら、そのチームの勝ちとなります。
(1チーム4人と5人なので、
1周では早く終わりすぎるのでねw)

ただし、そのままだと最後は1人だけになって
指名する味方がいない状態になるので、
人数が多い小ちゃんズは、
残り2人の状態で正解したら2人とも勝ち抜け
という扱いになります。

人数が少ない大ちゃんズは、
残り3人の状態で正解しても
その人は勝ち抜けにならずに席に残り、
そこからさらに正解すると、残り2人になり、
その状態で正解すると、全員が勝ち抜けた
という扱いになります。

(※最初は、人数が少ないチームは
最後の1人は抜けた人から誰かを指名する
ということにしていたのですが、
参加者から、それだと人数が多いチームは
最後の一人を選べないのに、少ないチームは
最後の一人を選ぶことができるので有利不利が生じる、
という指摘があったため、ルールをその場で
修正させていただきました。)


素点は、今回は1人抜けるごとに+2Pです。


では、第1問です。
「リベリアのエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領や
リトアニアのダリア・グリバウスカイテ大統領も
こう呼ばれている、元々はイギリスの首相、
マーガレット・サッチャーが/」
ここであおえりさんが押し、
みっくさんを指名しました。

あおえりさんが前半、みっくさんが後半を書きまして、
あおえりさんの解答は「鉄の」
みっくさんの解答は「女」

ということで、見事正解。
押したあおえりさんは勝ち抜けとなります。

…と、このように続けていきます。


第2問です。
「江戸いろはがるたの「に」は
『憎まれっ子世にはばかる』ですが、京都/」
今度はみっくさんが押し、
ルドルフさんを指名しましたが、
みっくさんが「二階から」
ルドルフさんが「世にはばかる」

二階から世にはばかる
三階以上に住んでいる人に対しては
はばかれないでしょうかwww

みっくさん、ルドルフさんともに1休となります。


第3問はあいんすくんが押して原さんを指名して正解。
第4問はスルー。

第5問は佐竹さんが押して辻さんを指名しましたが
辻さんが誤答。

次の問題、大ちゃんズはこの時点で
残っているのが3人で、そのうち2人が休みなので、
残った1人は何もできないため、
実質3人とも休みになってしまいました。

…このへん、もうちょっと誤答のペナルティを
練るべきでしたね。

次の第6問目はスルーになったのですが、
正解が「勇者ヨシヒコと魔王の城」で、
よく考えたら助詞が2つ入っているから
どっちで切ればいいのか分かりづらい問題でした。

どうも、このラウンドに限っては
シミュレーションや見直しが足らなかったようです。
参加者の皆様にはご迷惑をおかけしました…。


その後、14問目で小ちゃんズが1周目勝ち抜け。

大ちゃんズはリーチの状態で長らく足踏みし、
22問目でようやく1周目終了。
しかし、その時はすでに小ちゃんズが
2周目終了のリーチをかけており、
24問目で小ちゃんズの勝利となりました。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:186P(+66)
大ちゃんズ:126P(+10)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということで、小ちゃんズがリードしたところで、
いよいよラスト、決勝ラウンドとなります。

紅 VS 白
紅白ビンゴ合戦


最後に行いますのは、
ジャンル別、シングルチャンスの早押しクイズです。

正解すると、正解したジャンルと同じ色のパネルを
1枚取ることができます。
パネルは誰が答えてもチームで共通です。
タテ・ヨコ・ナナメに一定数自チームの色を並べると
ポイントが入ります。

これを100問限定で行います。
ジャンルは5ジャンルなので、
各ジャンルで20問ずつあることになります。

ただし、最後に最大5問のエクストラ問題があります。
こちらは、正解すると、
誤答やスルーで空いているパネルがあれば、
ジャンルを問わずどこでも好きなパネルを取れる
逆転チャンスになっております。

エクストラ5問を含めた105問終了時に、
ポイントが高い方が優勝チーム、
ということになります。


で、出題されるジャンルとパネルの方ですが、
実は、今日の企画のタイトル「組」に合わせて、
ジャンルは、宝塚歌劇団の組である
の5つになっておりますw

パネルには10×10にこの5つが20個ずつ
ランダムに配置されています。
ただし、パネルは5×5のサイズに4分割されており、
両チームのキャプテンのお2人に
正方形になるように自由に組み合わせていただきます。


『月』が並んでてツキがありますね」などと
意味不明な供述をしていた
あいんすくんのことは放っておいてw

最後に、入るポイントを説明いたしますと、
自チームのパネルがタテ・ヨコ・ナナメに
5つ並んだら+20P、6つで+30P、
7つで+50P、8つで+80P、9つで+120P
そして、一列全て10個並べて
強烈なラインを形成された場合は+200P
なりますwww

まあ、こんな感じなので現在の+60P差なんて
そんなにキツイ差ではないはずですw

それから誤答のペナルティは、
誤答した人だけが休みになるんですが、
人数が少ない大ちゃんズは2休、
人数の多い小ちゃんズは3休になります。

(※実は、人数のハンデについては、
あらかじめ「人数の多いチームはローテーションで
1人抜ける」と決めておいたはずなんですが、
“台本”に清書したときにそれを
書き漏らしてしまったようで、当日に急遽
このような形に決めました。
それによる有利不利が出た…のかどうかは
正直分かりませんが、もし出たと感じた方が
いらっしゃったら申し訳ございませんでした)



では、いよいよ決勝企画スタートです。

第1問は「宙」の問題ということで、
問題文に「宇刑事ギャバン」が入っている
青い問題が出ました。

一応、私のいつものやり方を紹介しておくと、
まず必要と思われる問題数を全部作って
Excelに問題文と答えを入力、
その後、関数を使って全てをランダムで並び替えて
それをWordにコピペするのですが、その際、
紙を節約するために、ムダな余白が出ないよう
適宜問題文の行数が多いものと少ない物を
入れ換えたりして調整、
それを最終版として印刷して、当日に臨んでいます。

だから、今回も
出される問題の順番はあらかじめ決まっており、
その場でシャッフルしたわけではないですが、
一応、ランダムな順番で出ると思ってくださいw


この問題は大ちゃんズの原さんが取りました。
「宙」と書いてあるパネルなら
どこに置いても結構です。

別にアタック25じゃないんですが、
原さんは角に配置されていた「宙」をチョイスして
いきなり角からスタートしましたw


第2問は「星」の問題。
といいつつ、「レッツゴー陰陽師」という
またも青い問題で、これはスルーw

第3問目は「月」の問題で、
小ちゃんズのあおえりさんが正解。
こっちは普通に(?)、真ん中に配置された「月」を
取りました。

第4問は「花」の問題で、
大ちゃんズが正解、先ほどの角の「宙」の隣に
「花」があったため、そこに置きました。
4つまではいくら置いても、1Pも入りません。
このまま順調に5つまで伸ばせるかどうか。

…と、こんな感じで進んでいきます。


第8問を正解した小ちゃんズは、
ここで大ちゃんズが伸ばそうとしていたラインを
邪魔するように置くことを選択。
5つ以上伸ばせないパネルは完全な「死に石」に
なってしまうので、効果的にやられると厳しいですねw

最も、大ちゃんズも次に正解を出したときに
同じことができればいいんですが…。


第10問を小ちゃんズが正解。
小ちゃんズは、パネルのど真ん中にあたる4つを全て
制覇することを選択しました。

そう、こうして小ちゃんズは
全方向に布石を置いたので、
例え1方向ぐらい止められても
全然他の方向に伸ばして行けるんですよねw


第13問目〜16問目は
小ちゃんズのメンバーで3連答。
五目並べでいう、いわゆる「飛び四」の形ですが、
とうとうポイントが入る5つの並びに
リーチがかかりました。
大ちゃんズは何としても止めたい。

そして、次の問題はおあつらえ向きに、
そのリーチ状態のパネルを埋められる「」の問題!

しかし、これを答えたのは大ちゃんズの辻さん。
見事、相手のポイントを阻止しました。

しかし、現状で60P負けていることを考えると
大ちゃんズは相手の阻止よりも
自分のパネルを伸ばすことも考えないといけません。

ということで、今度は
第18〜21問目を3連答して
大ちゃんズも1ラインリーチをかけました。

そして、次の問題はやはりリーチの的になっている
「花」の問題w
うん、別に仕込んでないからねwww

そして、この問題は原さんが正解!!
これでようやく初めてのポイント、
20Pが大ちゃんズに入りました。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:186P
大ちゃんズ:146P(+20)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なお、今回のルールは、
「いたスト方式」になっておりますので、
すでに5つ並んだところから6つに伸ばした場合は、
5つのときにとった+20に加えて
さらに+30Pが入るということになっておりますw

なので、もし10個順番に並べたら
単に200Pというだけでなく、
20+30+50+80+120+200=
500Pがトータルで入ってしまうのですよwww

さあ、大ちゃんズはこのまま、
並べまくって逆転勝利なるか?
それとも小ちゃんズが阻止するのか?


…と、白熱したゲームの途中ですが、
長くなってきたので今回はここまで。
次回、完全決着です。お楽しみに!
2017 08/18 18:17:11 | クイズ | Comment(3)
Powerd by バンコム ブログ バニー