かつて題名のなかったBLOG

カテゴリ[ クイズ ]の記事 (395件)

< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >
妖怪「よんたりない」が出没!…から。

前→第5回 | 最初から→第1回


…ということで、
私の初めてのチーム戦企画が終わりました。
ここからは一人反省会ということで
いろいろ書いて終わろうと思います。


今日の最大の反省点は
「参加者が奇数人で、チーム人数に差が出たときの
ハンデのつけ方
」です。

ここは、私が「チーム戦企画を作ったことがない」
という経験値不足がモロに出てしまいました。

特に、ツーショットクイズは
ルールがワチャワチャしすぎて
意味不明になってしまいました。
押した人が勝ち抜けという形にしない方が
良かったですね。

勝ち抜けにした理由は
同じ人ばかりが押して同じ人ばかりに振って答える
というのが無いように、と
考えてのことだったんですが、
それにしても、例えば常に解答席は2人にして、
ローテーションでグルグル回ってもらうとか、
他にやり方があっただろうと、今になって思います。

次回がもしあれば、今回の経験を活かせるように
頑張りたいと思います。


さて、後はこの企画を作ったときの
経緯でもお話しておきましょう。
他の方の参考になれば幸いです。

今回は、チーム戦がコンセプトということで、
とにかく「チーム戦でやる意義のある企画」
を作ることだけを目標にしました。

せっかくのチーム戦なのに、
個人戦で早押しをやるのと対して変わらん、
なんてルールにならないように、
そこだけは気を付けようと。

しかし、最初に申し上げたように
私はチーム戦の企画を作ったことがないので、
どんなのを作ればいいか、とっかかりがないw

ってことで、まずは
グーグル先生に「チーム戦」とか「団体戦」という
キーワードで教えてもらうことから始めましたw

その中で、ボードゲームと、
レクリエーション系のゲームを紹介するページが
いくつか引っかかったので、
まずはこれを採用することに。


2ラウンド目にやったお絵描きクイズは
ピクショナリー」というボードゲームが元ネタです。

絵を描いて、チームの人に当ててもらう
ということで、クイズにしやすかったですw

お題を考えるのが難しかったんですが、
困ったときは私の好きな「東方Project」からw
ってことで、各東方キャラから連想される単語を
1つずつバーッと書いていって、
そこから選んでいきました。

反省点は…。
例えば本編では引かれず、オマケでも
写真を撮り損ねて記事には書かなかったんですが、
難易度高に「トランペット」っていうのを
入れていたんですね?

前述したように、難易度高は
「自分が描けって言われても難しいもの」なので、
自分的にはトランペットを描けって言われても、
サックスとか他の管楽器と区別して描くのが
難しいだろうと思って「高」に入れたんですが、
今回は、「とりあえずラッパっぽい絵」を描いて、
当てる方がラッパっぽい楽器を片っ端から言う
という方法で当てられてました。

他、「(動物の)バク」っていう
お題を入れたんですが、
普通に「夢」を使った絵を描かれてしまったり
(これも記事には書きませんでしたが、
ノーカウントでやり直しとしました)、
難易度高に選別した問題に微妙なのが多くて、
もっと想像力を働かせないとと思いました。


次に、第3ラウンドの「ぴったしカンカン」は
クイズ いいセンいきまSHOW」という
ゲームが元ネタです。

ただ、元ネタは「正解がない」問題に対し、
「真ん中の数字を書いた人が勝ち」というルールなので
「数字で解答」というところだけもらって改変したら
もはや別ゲーとなりましたw

問題の難易度調整が難しかったです。
例えば、歴史年号みたいなのを出しちゃうと
絶対「1」〜「2016」の間になっちゃって
解答にバラツキが出にくいから面白くないし、
とか、予想以上に考えるのが大変でした。

結果、せっかくの「一枚の写真」が
ほとんど無意味になっちゃったんで(特に
サラダ記念日あたりw)
これも次回の反省点としたいです。


それからラストのパネル取り合戦は
シークエンス」というゲームが元ネタです。

シンプルなルールだったので、
こちらもクイズ企画に落とし込みやすかったです。

ジャックについてのルールは
最後5問のエクストラ問題に変化しました。

元ネタ通り、10×10、全100問でやったら
ちょっと長丁場になりすぎましたかね。

あとは記事中にも書きましたが、
人数差を埋めるためのルールを書き忘れたのが
反省点ですね。

私の場合、アイデアの段階では全て
パソコンの「メモ帳」に殴り書きみたいな感じで
バーッと書いておくんですよ。

それを後から整理しつつまとめて、見直しながら
「清書」するって感じなんですが、
そのときに見落してしまったというわけなんです。

ただこれ、また同じミスをやらかす可能性が
大いにあるので、何か対策を考えないといけないかも。
今はパッと思いつかないので、
次に作るときはもう忘れてそうですが…。


それから、レクリエーション系のゲームからは
第5ラウンドの「輪ゴムリレー」ですw

これはもう、単にみなさんにバカみたいなことを
やってもらいたかっただけですwww

ウルトラクイズや高校生クイズでよくこういう
解答権取るのに変なことさせるクイズが
あったじゃないですかw

輪ゴムリレーだけを5回もやると
飽きると思って、箸でチップをつまむのも入れましたw

こんなアホなクイズサークル、一つぐらいあっても
いいですよね?wwww


残り、第6ラウンドのツーショットクイズは
クイズ界におけるチーム戦の定番
って感じで入れました。

ただ、最初は第4ラウンドでやった「ムダ長文」を
ツーショットクイズとからめてやろうと
考えていたんですよねw

供養の時に出された「金太の大冒険」の問題は
その名残だったりしますw

何で変えたかというと、「ムダ長文」は
他の人が「???」ってなっている中、
押して正解するっていうのが
最高に気持ちいいと思うんですよwww

それをツーショットにしちゃうと、
自分だけが分かっても、他の人が分かりそうな
ポイントまで押すのを躊躇しちゃうことになりそうで、
それじゃ、せっかくの「ムダ長文」の面白さを
消しちゃうな、と思って普通の問題に変更しました。

この、企画の中でどういう点が一番面白いか
(面白いと思ってもらいたいか)をキチンと考えて、
それに向けて最高の味付になるように
周りのルールを考える
というのは
企画を作る上で結構重要なポイントだと思います。

そこを外しちゃうと、誤答ペナルティや
正解ポイントのバランスがおかしくなったり、
制作者の意図とプレイヤーの選択が
噛み合わなくなったりと、
イマイチな企画ができあがる原因になりかねないんで。


ただ、今回はその変更のおかげで、
問題を用意する時間が少なくて
「勇者ヨシヒコと魔王の城」なんていう
別のダメな点が生まれる原因にも
なってしまったんですがねw

ここは反省点というか、もっと
問題の見直しに時間をかけられるように
早めに準備しないといけませんでした。


で、そうはいっても「ムダ長文」もやりたかったし
(当ブログで鰤さんにリクエストされたんでw)、
問題も作りかけてはいたので、急遽考えたのが
第4ラウンドの「クイズオールスター」です。

チームオーダーを決めるということで、
一応、チーム戦にする意義はギリギリ残しつつ、
これも前からやってみたかった「消える魔球」を
入れることができたので、
自分の中ではもの凄くナイスアイデアでしたw


ってな感じで、全部で7つ企画を考えました。
ちなみに「男VS女」とか「セVSパ」とかの
チーム戦っぽいサブタイトルは全部後付けですw

「セVSパ」と「警VS泥」あたりは
非常にこじつけ臭くてよろしいですなwww


途中でボツにしたのもいくつかありました。
特に途中まではやるつもりで作っていたけど、
先に書いたように、ムダ長文と消える魔球を
活かすためにボツになったのが
「ネプリーグ」の「ファイブリーグ」を
元ネタにした並べ替えクイズでした。

これは、問題を読んだ後、
1人に1枚、1文字だけが書かれたボードを渡し、
他の人のは見ないように本人だけが見て、
自分が正解だと思う順番に並んでもらうという
クイズでした。

まあ、ウチのサークルに限って
やる人もいないだろうとは思うのですが、
他の人のボードをのぞき見たりしないかどうかの
チェックをしようがないのでボツにしたんですよねw


…とまあ、今回はこんな感じで作りました。
いかがだったでしょうか?
参考になったら幸いです。


次回はとうとう2017年になりますwww

なるべく早く更新できるように頑張りますので
よろしくお願いします!
2017 08/20 12:47:03 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
「なぜ角を取った!」から。

前→第4回 | 最初から→第1回


決勝ラウンドの続きです。

第26問目。
小ちゃんズの鰤さんが「宙」を正解。
ここでは、自チームの5つ目をつけて+20Pを
取ることも、大ちゃんズが伸ばしていたラインを
潰すこともできる状況だったのですが、
鰤さんは後者を選択。

この選択は果たして吉と出るか凶とでるか…?

次の問題も同じ「宙」でした。
正解したのは小ちゃんズの海苔さん。
ということで、小ちゃんズも+20Pを獲得です。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:206P(+20)
大ちゃんズ:146P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今度は逆に、大ちゃんズはこれを止めにいかないと
ズルズル点差を広げられてしまいますが…。


32問目、また別のラインが伸びて、
小ちゃんズが20P獲得。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:226P(+20)
大ちゃんズ:146P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このあたりから、大ちゃんズは
防戦一方になってしまいます。


36問目をルドルフさんが正解して、
小ちゃんズがラインを6つに伸ばして30P獲得。

39問目、あおえりさんが正解して、
これをさらに7つに伸ばして50P獲得。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:306P(+80)
大ちゃんズ:146P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このラインはあらかじめ置いてあった大ちゃんズの
パネルに邪魔されて、8つ以上は伸ばせないのですが、
それでも100P稼いだことになるので
だいぶ大ちゃんズを引き離しました。


41問目、しばらくぶりに大ちゃんズの辻さんが
正解して、敵のリーチ目を1本止めました。

次の問題は指の勝負でしたが、鰤さんが押し勝って
またも5つつなげて20P獲得。

さらに、46問目でまた20P追加。
そして、48問目で30P追加。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:376P(+70)
大ちゃんズ:146P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


半分の50問目を終わりましたが、
だいぶ差が開いてしまい、
大ちゃんズは、ほぼ終戦ムードになってしまいましたw

ただし、まだ7つ、8つと並べられる列が
いくつか残っているので、
大ちゃんズはそこに賭けます。

50〜52問目まで原さんが3連答、
誤答を挟んで54問目を辻さんが正解と
頑張りますが、まだリーチどまりです。

この後も数問正解しますが、
リーチが成就できるジャンルのパネルが出ず、
リーチの本数が増えるだけでポイントは入らず…

と、いっている間に60問目で
またも小ちゃんズが20Pを追加。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:396P(+20)
大ちゃんズ:146P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして62問目。
ジャンルはリーチ目の「花」でしたが…
残念ながらあおえりさんに押し負けて
阻止されてしまいました。

しかも、そこは小ちゃんズにとっても
6つ目になるところで、30Pをゲット。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:426P(+30)
大ちゃんズ:146P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次の問題は原さんが正解。

大ちゃんズは50問目を越えたあたりから
正解が増えてきましたが、
ちょっとギアチェンジが遅かったですねぇ。


そんな中、続く64問目も大ちゃんズの
あいんすくんが正解しましたが…。

さあ、どうしましゅ

wwww

お前はおぼっちゃまくんかwwww
今日絶好調だな、テメーwwwww

…当日リクエストがあったので、
赤の大文字で表示してみましたwwww


その後、67問目にまた小ちゃんズが20P追加し…

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:446P(+20)
大ちゃんズ:146P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

続く68問目でようやく大ちゃんズにもポイントが。
飛び石のような並びから6つつなげたので、
5つつなげたときの+20は入りませんが、
30Pをゲットです。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:446P
大ちゃんズ:176P(+30)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


しかし、続く69問目で
小ちゃんズは7つつながるところを埋めて
50Pをゲット。

さらに次の問題でも20Pをゲット。
そして、74問目にまた50Pをゲット。
もうやりたい放題www

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:566P(+120)
大ちゃんズ:176P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キャプテンのみっくさんが、
他のメンバーが気付いていない高得点のパネルを
目ざとく発見してゲットしていますw

もはや、大ちゃんズは1列ラインを作って
500Pを取るしかなくなってしまいましたが…。

78問目で正解した小ちゃんズが
それを阻止するようにパネルを取ったため
完全に終戦となってしまいました。


残念ながら、後は消化試合ですが、
時間も余ってますし、
一応、100問+エクストラ問題までやった結果…

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:996P(+430)
大ちゃんズ:216P(+40)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小ちゃんズは最終的に、
エクストラ問題で9つ並べることにも成功して、
こんなに点数が伸びてしまいましたw

ちなみに、エクストラ問題は5問とも、
「勝ち」「勝利」という言葉に関連した問題でした。
これは、この企画のウイニングアンサーを
ウイニングアンサー」にしたかった
というだけで、大した意味はありませんでしたwww

thum_tcx5kdghz826mpg.jpg
激闘の跡。白が勝った小ちゃんズ。


ということで、
私もここまでの差が付くとは
思いもよりませんでしたが、
小ちゃんズが、本企画の優勝チームとなりました。

おめでとうございまーす!

みっくさん、鰤さん、あおえりさん、ルドルフさん、
海苔さんには、「勝ち組賞」を贈呈。

「勝ち組賞」といったら、
東海地方民的にはアレしかないですよねwww

ということで、ちゃんと敷島パン(Pasco)の
菓子パンをプレゼントいたしましたwww

ちゃんと、朝来る前にコンビニに立ち寄って
買ったものなので、賞味期限とかも大丈夫ですよw

ただ、私が行ったサークルKは
ほとんどヤマザキばっかりで、
Pascoのパンがあまり置いてなかったので、
同じ種類のパンばっかり、しかも
Pascoのじゃないのも混ざってしまいましたw

コンビニじゃなくてスーパーだとかなりの種類が
置いてあるんですが、朝早すぎて
開いてなかったのでしょうがないwww


残りの時間は第6ラウンドのツーショットクイズで
使われなかった問題の供養をして終わりました。


…ということで、私の企画でした。

次回、最後に企画作成時の裏話や反省点などを述べて
終わりたいと思います。
よろしければ最後までお付き合いくださいませ。
2017 08/19 23:09:46 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
結局MY箸持参者が誰もいなくてちょっと悲しいw
から。

前→第3回 | 最初から→第1回


では、予選最後の第6ラウンドです。

50Pを争うことになったのはこちら!

警 VS 泥
仲間を助けろ、ツーショットクイズ


全員参加の早押しクイズです。
問題は普通ですが、正解は「○○と××」とか
「○○の××」といった具合に、
必ず前半と後半に分けられるようになっています。

そこで、押した人は答える前に、
自分の味方メンバーを誰か1人指名します。
押した人が答えの前半部分、
選ばれた人が答えの後半部分を
ボードに書いて解答します。

両方が合っていて初めて正解となります。
正解したら押した人は「勝ち抜け」となって
以降の解答権を失います。

どっちかが誤答した場合、
押した人(前半を書いた人)が誤答の場合は
後半の人が何を書いていても、
押した人だけが2休。
前半が合ってたのに後半が間違っていた場合は、
前半・後半の人両方が1休になります。

これを繰り返して、全員が抜けたら
1度目は全員が解答席に戻って、
2度全員が抜けたら、そのチームの勝ちとなります。
(1チーム4人と5人なので、
1周では早く終わりすぎるのでねw)

ただし、そのままだと最後は1人だけになって
指名する味方がいない状態になるので、
人数が多い小ちゃんズは、
残り2人の状態で正解したら2人とも勝ち抜け
という扱いになります。

人数が少ない大ちゃんズは、
残り3人の状態で正解しても
その人は勝ち抜けにならずに席に残り、
そこからさらに正解すると、残り2人になり、
その状態で正解すると、全員が勝ち抜けた
という扱いになります。

(※最初は、人数が少ないチームは
最後の1人は抜けた人から誰かを指名する
ということにしていたのですが、
参加者から、それだと人数が多いチームは
最後の一人を選べないのに、少ないチームは
最後の一人を選ぶことができるので有利不利が生じる、
という指摘があったため、ルールをその場で
修正させていただきました。)


素点は、今回は1人抜けるごとに+2Pです。


では、第1問です。
「リベリアのエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領や
リトアニアのダリア・グリバウスカイテ大統領も
こう呼ばれている、元々はイギリスの首相、
マーガレット・サッチャーが/」
ここであおえりさんが押し、
みっくさんを指名しました。

あおえりさんが前半、みっくさんが後半を書きまして、
あおえりさんの解答は「鉄の」
みっくさんの解答は「女」

ということで、見事正解。
押したあおえりさんは勝ち抜けとなります。

…と、このように続けていきます。


第2問です。
「江戸いろはがるたの「に」は
『憎まれっ子世にはばかる』ですが、京都/」
今度はみっくさんが押し、
ルドルフさんを指名しましたが、
みっくさんが「二階から」
ルドルフさんが「世にはばかる」

二階から世にはばかる
三階以上に住んでいる人に対しては
はばかれないでしょうかwww

みっくさん、ルドルフさんともに1休となります。


第3問はあいんすくんが押して原さんを指名して正解。
第4問はスルー。

第5問は佐竹さんが押して辻さんを指名しましたが
辻さんが誤答。

次の問題、大ちゃんズはこの時点で
残っているのが3人で、そのうち2人が休みなので、
残った1人は何もできないため、
実質3人とも休みになってしまいました。

…このへん、もうちょっと誤答のペナルティを
練るべきでしたね。

次の第6問目はスルーになったのですが、
正解が「勇者ヨシヒコと魔王の城」で、
よく考えたら助詞が2つ入っているから
どっちで切ればいいのか分かりづらい問題でした。

どうも、このラウンドに限っては
シミュレーションや見直しが足らなかったようです。
参加者の皆様にはご迷惑をおかけしました…。


その後、14問目で小ちゃんズが1周目勝ち抜け。

大ちゃんズはリーチの状態で長らく足踏みし、
22問目でようやく1周目終了。
しかし、その時はすでに小ちゃんズが
2周目終了のリーチをかけており、
24問目で小ちゃんズの勝利となりました。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:186P(+66)
大ちゃんズ:126P(+10)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということで、小ちゃんズがリードしたところで、
いよいよラスト、決勝ラウンドとなります。

紅 VS 白
紅白ビンゴ合戦


最後に行いますのは、
ジャンル別、シングルチャンスの早押しクイズです。

正解すると、正解したジャンルと同じ色のパネルを
1枚取ることができます。
パネルは誰が答えてもチームで共通です。
タテ・ヨコ・ナナメに一定数自チームの色を並べると
ポイントが入ります。

これを100問限定で行います。
ジャンルは5ジャンルなので、
各ジャンルで20問ずつあることになります。

ただし、最後に最大5問のエクストラ問題があります。
こちらは、正解すると、
誤答やスルーで空いているパネルがあれば、
ジャンルを問わずどこでも好きなパネルを取れる
逆転チャンスになっております。

エクストラ5問を含めた105問終了時に、
ポイントが高い方が優勝チーム、
ということになります。


で、出題されるジャンルとパネルの方ですが、
実は、今日の企画のタイトル「組」に合わせて、
ジャンルは、宝塚歌劇団の組である
の5つになっておりますw

パネルには10×10にこの5つが20個ずつ
ランダムに配置されています。
ただし、パネルは5×5のサイズに4分割されており、
両チームのキャプテンのお2人に
正方形になるように自由に組み合わせていただきます。


『月』が並んでてツキがありますね」などと
意味不明な供述をしていた
あいんすくんのことは放っておいてw

最後に、入るポイントを説明いたしますと、
自チームのパネルがタテ・ヨコ・ナナメに
5つ並んだら+20P、6つで+30P、
7つで+50P、8つで+80P、9つで+120P
そして、一列全て10個並べて
強烈なラインを形成された場合は+200P
なりますwww

まあ、こんな感じなので現在の+60P差なんて
そんなにキツイ差ではないはずですw

それから誤答のペナルティは、
誤答した人だけが休みになるんですが、
人数が少ない大ちゃんズは2休、
人数の多い小ちゃんズは3休になります。

(※実は、人数のハンデについては、
あらかじめ「人数の多いチームはローテーションで
1人抜ける」と決めておいたはずなんですが、
“台本”に清書したときにそれを
書き漏らしてしまったようで、当日に急遽
このような形に決めました。
それによる有利不利が出た…のかどうかは
正直分かりませんが、もし出たと感じた方が
いらっしゃったら申し訳ございませんでした)



では、いよいよ決勝企画スタートです。

第1問は「宙」の問題ということで、
問題文に「宇刑事ギャバン」が入っている
青い問題が出ました。

一応、私のいつものやり方を紹介しておくと、
まず必要と思われる問題数を全部作って
Excelに問題文と答えを入力、
その後、関数を使って全てをランダムで並び替えて
それをWordにコピペするのですが、その際、
紙を節約するために、ムダな余白が出ないよう
適宜問題文の行数が多いものと少ない物を
入れ換えたりして調整、
それを最終版として印刷して、当日に臨んでいます。

だから、今回も
出される問題の順番はあらかじめ決まっており、
その場でシャッフルしたわけではないですが、
一応、ランダムな順番で出ると思ってくださいw


この問題は大ちゃんズの原さんが取りました。
「宙」と書いてあるパネルなら
どこに置いても結構です。

別にアタック25じゃないんですが、
原さんは角に配置されていた「宙」をチョイスして
いきなり角からスタートしましたw


第2問は「星」の問題。
といいつつ、「レッツゴー陰陽師」という
またも青い問題で、これはスルーw

第3問目は「月」の問題で、
小ちゃんズのあおえりさんが正解。
こっちは普通に(?)、真ん中に配置された「月」を
取りました。

第4問は「花」の問題で、
大ちゃんズが正解、先ほどの角の「宙」の隣に
「花」があったため、そこに置きました。
4つまではいくら置いても、1Pも入りません。
このまま順調に5つまで伸ばせるかどうか。

…と、こんな感じで進んでいきます。


第8問を正解した小ちゃんズは、
ここで大ちゃんズが伸ばそうとしていたラインを
邪魔するように置くことを選択。
5つ以上伸ばせないパネルは完全な「死に石」に
なってしまうので、効果的にやられると厳しいですねw

最も、大ちゃんズも次に正解を出したときに
同じことができればいいんですが…。


第10問を小ちゃんズが正解。
小ちゃんズは、パネルのど真ん中にあたる4つを全て
制覇することを選択しました。

そう、こうして小ちゃんズは
全方向に布石を置いたので、
例え1方向ぐらい止められても
全然他の方向に伸ばして行けるんですよねw


第13問目〜16問目は
小ちゃんズのメンバーで3連答。
五目並べでいう、いわゆる「飛び四」の形ですが、
とうとうポイントが入る5つの並びに
リーチがかかりました。
大ちゃんズは何としても止めたい。

そして、次の問題はおあつらえ向きに、
そのリーチ状態のパネルを埋められる「」の問題!

しかし、これを答えたのは大ちゃんズの辻さん。
見事、相手のポイントを阻止しました。

しかし、現状で60P負けていることを考えると
大ちゃんズは相手の阻止よりも
自分のパネルを伸ばすことも考えないといけません。

ということで、今度は
第18〜21問目を3連答して
大ちゃんズも1ラインリーチをかけました。

そして、次の問題はやはりリーチの的になっている
「花」の問題w
うん、別に仕込んでないからねwww

そして、この問題は原さんが正解!!
これでようやく初めてのポイント、
20Pが大ちゃんズに入りました。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:186P
大ちゃんズ:146P(+20)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なお、今回のルールは、
「いたスト方式」になっておりますので、
すでに5つ並んだところから6つに伸ばした場合は、
5つのときにとった+20に加えて
さらに+30Pが入るということになっておりますw

なので、もし10個順番に並べたら
単に200Pというだけでなく、
20+30+50+80+120+200=
500Pがトータルで入ってしまうのですよwww

さあ、大ちゃんズはこのまま、
並べまくって逆転勝利なるか?
それとも小ちゃんズが阻止するのか?


…と、白熱したゲームの途中ですが、
長くなってきたので今回はここまで。
次回、完全決着です。お楽しみに!
2017 08/18 18:17:11 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
ジャッキー・チェンは普通に似顔絵的なのに挑戦して
「似てね〜!」ってなるのを期待してたのにwww
から。

前→第2回 | 最初から→第1回


第4ラウンドです。

初めて、大ちゃんズの方が企画を選びます。
原さんはこちらを選びました。

セ VS パ
オーダーが重要、クイズオールスター戦


「ムダ長文」「普通の早押し」「消える魔球」
という3種類の早押しクイズを行い、
トータルでのポイントを競う形式になります。

最初に、誰がどの形式に挑戦するか、
チームオーダーを話し合いで決めていただきます。
ただし、いずれかの形式に
最低1人は配置してくださいw

人数が少ない「大ちゃんズ」は抽選で当たった人が
2回出場することになります。
トランプを引いた結果、辻さんが当たりました。

「ムダ長文」はエンドレスチャンスで全10問、
1問正解で+4P、不正解のペナルティはなし

「普通の早押し」はシングルチャンスで全20問、
1問正解で+2P、不正解は1休

「消える魔球」はシングルチャンスで全40問、
1問正解で+1P、不正解は−1P
となります。

素点は総合計点の1/6です。


ということで、チーム内で相談の上、
オーダーはこうなりました。

ムダ長文
佐竹さんVSあおえりさん、海苔さん

普通
辻さん、あいんすくんVSみっくさん、ルドルフさん

消える魔球
辻さん、原さんVS鰤さん


では、さっそく「ムダ長文」からスタートです。

ムダ長文というのは、例えばこんな感じで、
「作詞・石原和三郎、作曲・田村虎蔵の童謡も良く知られており、日本各地にさまざまな伝説が残っているが、嘉門達夫の「怒りのグルーヴ(おとぎ話編)」では、「ところでお前はどんな話なんじゃボケーッ!」という根本的なツッコミを入れられてしまっている、主人公の名前に「遠山」「大木」「銭形」「サラリーマン」「飴」といった単語をくっつけると、それぞれ、歴史上の人物・実在の人物・過去にあった番組名・実写ドラマ化された漫画・菓子の名前になる、携帯電話会社auのテレビCMでは濱田岳が演じている昔話の主人公といえば誰でしょう?」
やたらムダに長い前フリが続く問題ですw
(実際に出題されたうちの1問です)

ここは人数の差というのも
大きかったかなと思いますが、
小ちゃんズの2人が6問正解、
大ちゃんズの佐竹さんが3問正解で

まずは、

大12−24小

と小ちゃんズのリードとなりました。


続いて、普通の早押し20問です。

大ちゃんズは辻さんとあいんすくん、
小ちゃんズはみっくさんとルドルフさんの戦いです。

ここでは小ちゃんズは
ちょっと誤答が多くて苦戦してしまい、
正解は3問にとどまってしまいました。
一方の大ちゃんズは順調に8問正解。

大28−30小

と、かなりの接戦に。

最後の消える魔球で勝負となりました。


消える魔球というのは、
ウチのサークルでも結構前にやったんですが、
問題文が究極的に短いもので、
例えば「印刷、火薬と何?」といったように
問題として成立するギリギリまで文章を削ったり、
「♪シィ〜〜ドッ」と歌って、
CMのサウンドロゴの続きを答えさせたりするような
察する力」が試される問題ですw

とにかく問題が短く、矢継ぎ早に出題していくので
解答者の方も相当集中しないといけませんw

大ちゃんズは原さんと再登板の辻さん、
小ちゃんズは鰤さんが参加しての戦いです。

ここは、1人での戦いでしたが
鰤さんがやっぱり強かったw
序盤は多少誤答もあったのですが、
中盤からは乗ってきて、最終的には14Pを獲得。

原さん、辻さんも正解は出ていたのですが、
お手つき、誤答もあってポイントは6Pどまり。


ということで、最終結果は

大34−44小

となったため、小ちゃんズが勝利チームポイントの
30Pを獲得となりました。

素点は大ちゃんズが5P、小ちゃんズが7Pです。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:116P(+37)
大ちゃんズ:73P(+5)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ムダ長文も消える魔球も、問題作るの楽しかったから
またどっかでやりたいですwww



さて、続きまして第5ラウンドです。

小ちゃんズが選んだのはこちらでした。

東 VS 西
新春かくし芸 多答リレークイズ


実は、今回の企画、
最初に公式ブログで告知したときに
MY箸がある人は持参してください
と書いておいたのですが、
ここで使いますwww

ただし、箸の使い方はこんな感じですw

全員が箸を口にくわえ、先頭の人はその箸の先に
輪ゴムを1つぶら下げますw
そして、手を使わずに、
箸から箸へと輪ゴムをリレーさせていきますw
先に全員に輪ゴムリレーできたチームに
解答権が与えられますwww

解答権を得たチームは一問多答問題に
一人一つずつ解答をしていきます。
メンバー全員が正解を出せたら1勝になります。

途中で誰かが不正解だった場合は、
その時点で相手チームに解答権が移ります。
こっちはシンキングタイム10秒以内に
チームで相談し、1つだけ解答します。
それが、敵チームが答えられなかった正解のうちに
入っていれば、逆にこちらが1勝になります。
(※オッサンな貴方には「100人に聞きました方式」
といえば分かりやすいでしょうかwww)

相手チームがこれに答えられなかった場合は、
元々輪ゴムリレーで勝ったチームの1勝になります。

これを5問行い、先に3勝したチームの勝ちです。


素点は、多答全員正解の勝ちが+4P、
相手の誤答を拾っての勝ちが+3P、
両チーム不正解でリレーの速さ勝ちの場合は+1P
となっております。


人数が1人多い小ちゃんズは、
ローテーションで常に1人が抜ける形となります。

リレーの並び順は、そのまま多答の解答順でもあるので
オーダーは意外と重要ですw


第1問はこんな問題でした。
「スポーツ関係での国民栄誉賞受賞者」

問題が出されたら輪ゴムリレースタート。

thum_rs6mpzb4snbp49h.jpg

こんな変なことしてるクイズサークル、
全国的にみてもあんまりないでしょうなwww

で、1問目は大ちゃんズが解答権を取りました。
あいんすくんが「衣笠祥雄」、
佐竹さんが「吉田沙保里」、原さんが「大鵬」、
辻さんが「長嶋茂雄」と順調に正解して、
まずは大ちゃんズの1勝となりました。


2問目は
「全天88星座のうち、「こ(コ)」で始まる星座」で、
小ちゃんズがリレーで勝って全員正解。
タイに戻しました。

3問目は
「21世紀以降(2001年以降)の紅白歌合戦で、
紅組のトリを務めたアーティスト」
リレーは小ちゃんズが勝ちましたが、
正解が3人までしか出ず、
解答権が大ちゃんズに移りました。

流石というべきか、隠れ芸能王のあいんすくんが
見事に「いきものがかり」を当てて
大ちゃんズの勝ちとなりました。


さて、4問目ですが、
ここからの2問はまたリレーの方式が変わりますw

今度は箸を割っていただいて(割り箸の場合)w
チップを5枚、1枚ずつ箸でつまんで隣の皿に
移していっていただきますwww

リレーのやり方が変っただけで、
他のルールは全く同じです。


第4問は、いわゆる「現存天守」のある城を
答える問題。

リレーでは、
また両チームに地味な戦いをしていただきwww

thum_pn1dbf558u4qwsu.jpg

小ちゃんズがリレーが早かったのですが、
みっくさんが不正解で解答権は大ちゃんズに。
大ちゃんズが「宇和島城」を答えて勝ちとなりました。

これで大ちゃんズの勝ちが確定しました。


最後の問題は
「EUの加盟国のうち、ユーロを自国の通貨として
採用していない国」

またも小ちゃんズがリレーでは早かったのですが、
海苔さんが不正解で、大ちゃんズが
「スウェーデン」を答えて勝ちになりました。

小ちゃんズはリレーは強かったけど、
問題の相性が悪かったようですねw

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:120P(+4)
大ちゃんズ:116P(+43)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

かなりの接戦でございますw


といったあたりで今回はここまで。
いよいよ終盤戦に突入ですが、
いったいどんな展開が待ち構えているのか!
次回をお楽しみに!
2017 08/17 20:18:06 | クイズ | Comment(7)
Powerd by バンコム ブログ バニー
今回はお絵描きの破壊力が足りなくて残念w
から。

前→第1回


では続きですが、次のラウンドに行く前に、
遅刻中だった海苔さんが途中で到着されていたので、
他の人と同じペーパーを解いてもらいました。

近似値問題の結果、
「小ちゃんズ」に入ることになりました。
ただし、ポイントは入りませんw
よって、海苔さんが
何問正解したかは知りませんwww


それから、この間他の方は休憩タイムだったのですが、
オマケでいくつか絵を描いてもらったので、
それも晒しておきましょうwww

thum_rs94h5vzuq3xyaz.jpg

これは「難易度高」にチャレンジしてみたい、
ということで鰤さんの作品。
佐竹さんが正解しましたが、
正直よく出たと思うwww

正解は「ジャッキー・チェン


thum_58t7bq9hxvggs8w.jpg

これは、駆け付け一杯的なノリで海苔さんが
描き手(ダジャレ)。
…やっぱり地図を描いちゃうんだねwww
(→参考

正解は「赤福


thum_h64cn1xhczmu2ke.jpg

これは正解が「トキ」なんですが、
何でこの絵で正解が出るwww
しかも、鳥の名前を言いまくって当てたとか
じゃなくて一発で当ててましたからねw

そんな感じで、画伯たちの作品でしたw

他、引かれなかったクジの内容を
いくつか紹介しておくと、

難易度高は
「遊☆戯☆王」「嫉妬」「無口」
「男の娘」「甘党」「エスパー魔美」「毛玉」

難易度普は
「牛乳」「グリコ」「かぐや姫」
「教師」「お地蔵様」「絶対領域」

難易度易は
「虹」「スイカ」「雷」「王貞治」
「ドラえもん」「レンコン」「ビール」

なんてのがありましたw
皆さんもお暇なら描いてみてくださいませwww


…最後に、前のラウンドの早押しで、
あいんすくんが「イモ欽トリオ」の問題を正解し、
ノルマを達成したことを追記して、
次のラウンドに行きたいと思いますwwww


第3ラウンドの企画も
前回の勝利チームである「小ちゃんズ」に
選ぶ権利があります。
来たばかりの海苔さんに選択をゆだねた結果、
こちらが選ばれました。

ぴったしVSカンカン
ぴったし当てろ、一枚の写真


と、いうことで、
「ぴったしカンカン」的なことをやる…
と思ったあなたはまだ甘いw

これは、両チーム全員が同時に解答する
近似値クイズなんですwww

全員に一枚の写真を見せた後、
その写真にまつわる近似値問題が出題されます。

まず、全員が一度ボードに書いて解答をし、
メンバー全員の平均値が、
チームとしての解答となります。

もちろん、正解に近い方のチームが勝ちとなり、
全5問中、勝利回数の多いチームが
このラウンドの勝利チームとなります。

ただ、一度解答を出した後、
1分間の作戦タイムがあります。
その後、両チームともどれか1つだけ、
解答を「消す」ことができます。

消した場合は再度、消さなかった解答だけで
平均値を出し直して、これで解答が確定します。
もちろん、消さないでそのまま勝負してもいいです。

素点は、1問ごとに正解にどれだけ近いかで入ります。


こんなルールでクイズ開始。
1問目は、
黒猫のウィズ公式グッズの抱き枕カバー
の写真が出まして、そのお値段を聞く問題でした。

まずファーストアンサーは
「大ちゃんズ」が「3170」
「小ちゃんズ」が「6870」となりました。

小ちゃんズは、一番高い数字を書いていた
鰤さんの解答を消して、「4890」がファイナルアンサー
となりました。

大ちゃんズは、消さずにこのままを選択。

さて、正解は…。

¥7,560

「公式グッズ」なんてのは
何だろうと結構お高いもんなのさw

というわけで、第1問は小ちゃんズの勝ち。
素点は両方とも1Pでした。

と、こんな感じで進行していきます。


第2問は「シン・ゴジラ」の一場面が出まして、
シン・ゴジラの身長が問題。
この問題のみ、
小数点第1位まででお答えいただきます。

まずファーストアンサーは
「大ちゃんズ」が「101.775」
「小ちゃんズ」が「73.8」となりました。

一番低いのを書いたのはルドルフさんで「15.6」。
これだと奈良の大仏とどっこいどっこいですw
一番高いのは原さんの「176」です。
これだと、新しくできた方の大名古屋ビルヂングぐらい
のようです。

「小ちゃんズ」はルドルフさんの解答が消えて「88.4」。
「大ちゃんズ」はまたもそのままで勝負。

正解は「118.5」。

実は鰤さんが「118.5」と
正解を書いていたんですよねw
でも、これはあくまでもチームの平均値での
勝負だから、ボーナスも何もありませんwww
今回の勝ちは、より近い「大ちゃんズ」になります。

素点は大ちゃんズが3P、小ちゃんズが2Pでした。


第3問。
■■■■選手」の高校時代のお写真。
ここちょっと消えてますが、誰なのかは察してねwww
問題は、「この選手のプロ野球での通算三振数」

今回は、
「大ちゃんズ」は「2039.5」
「小ちゃんズ」は「2385」
と両チームとも近い数値になりました。

今回は大ちゃんズも解答を消して、「2132」。
小ちゃんズも「2253.75」と調整しました。

正解は「1955」。
大ちゃんズの連勝となりました。

出題されたときはほぼ全員が「分からーん」
と言っていたのですが、そう言いつつ、両チームとも
良い感じの数字に収まったのは流石ですね。

素点は大ちゃんズが3P、小ちゃんズが2Pでした。


第4問は「サラダ記念日」の写真。
一冊に収録されている短歌の数が問題ですw

今回は、
「大ちゃんズ」が「396.5」
「小ちゃんズ」は「202.4」
と両チームにかなり差が開きましたw

下が「60」上が「400」と解答の幅が広く出たため、
誰を消すか(あるいは消さないか)、という
駆け引きも重要になっていますw

が、両方とも誰も消さないという選択をチョイス。
このままの数字で勝負です。

正解は「434」でした。
大ちゃんズの勝ちでした。

素点は大ちゃんズが+3、小ちゃんズは+1Pでした。


最後は「日光埋蔵金弁当」の値段を当てる問題です。

「大ちゃんズ」が「69945」
「小ちゃんズ」は「11984」と出ました。

一番下が「4500」、一番高い人が「160000」と
こちらも大荒れですwww

両チームとも調整をして
「大ちゃんズ」が「91600」
「小ちゃんズ」は「7980」と出ました。

正解は、まさかの「¥162,000」www

ということで、
最後も「大ちゃんズ」の勝利。
素点は1Pと0Pでした。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:79P(+6)
大ちゃんズ:68P(+31)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大ちゃんズが勝って接戦に戻しました。


というところで今回はここまで。
白熱した試合はいよいよ中盤戦へ。
次回もお楽しみに!
2017 08/16 19:35:01 | クイズ | Comment(9)
Powerd by バンコム ブログ バニー
お久しぶりです。
お待たせして申し訳ございませんでした。
だいぶ間があいてしまいましたが、
2016年12月の例会レポートを始めます。

いや〜、実は私、リアル時間での先月の例会で
自分の企画をした際に「やらかして」しまいまして、
そんな中で、自分が担当した企画の
レポートを書くというのも
なかなかツラいものがあるのですがww

まあ、何とか元気を出して書いていきたいと思います。


ってなわけで、今回の企画者は私です。
企画タイトルは
ヤーロウ流チーム戦クイズ 組 〜KUMI〜
ってことで、見ての通りのチーム戦です。

実は私、長年名心研に参加して、
いくつもの企画、ミニ企画をやってきましたが、
まともなチーム戦を企画するのって、
これがほぼ初めてなんですよねwww

というのも、今までのウチのサークルって
多くても解答者が7人とかぐらいで、
解答者4人とか5人なんて回も珍しくなかったんで、
あんまりチーム戦の必要性を感じなかったというかw
どうしても個人戦ばっかり企画してたんですよ。

ただ、ここ最近はありがたいことに
多くの方にご参加いただけるようになりまして、
7人なんてのは当たり前、多い時は15人てな感じに
なってきたもんですから、
これぐらい人数が多かったらチーム戦ってのも
アリだな、という考えがようやく生まれましてw

それで、自分にとっての初挑戦を
してみたというわけですw


そんな私の冒険につきあって下さった参加者は、
鰤さん、原さん、ルドルフさん、あいんすくん、
辻さん、あおえりさん、みっくさん、佐竹さん
海苔さんの9人ということで、
5人組対4人組の2チームで戦うことになりました。
ただし、海苔さんは遅刻w

さて、では誰がどっちのチームに入るか…
の前に、今日の1Rとして
ペーパークイズをやっていただくことになります。

ま、その結果次第でチーム分けがされるってのは
誰でも想像つきますよねw

全15問+近似値1問で
制限時間は10分です。


15問全て「チーム」に関係する問題になっており、
最後の3問はビジュアルクイズだったりしたのですが、
トップは鰤さんの12P、
あおえりさんが11Pで続き、
以下、あいんすくんが10P、辻さんが8P、
原さんとルドルフさんと佐竹さんが7P、
みっくさんが3Pという結果になりました。

で、チーム分けですが、
実はペーパーの解答用紙の氏名欄の横に
「男・女・その他」で○を付けるところがありましてw
これを使う…

と、見せかけておいて全く使わずwww

単純に近似値クイズで書いた数字の
大きい数字を書いた方と小さい数字を書いた方で
2つに分かれてもらうということでしたw

よって、近似値クイズの正解についても
なんら意味を持たないというwww


これはまあ、単にサプライズがしたかっただけですw
割と、ギャンブルなところもあったんですがね。
高得点を取った人、早押しの強い人が
片側のチームに固まっちゃったりする可能性も
充分あったわけですし。

ただ、クジで決めるのとそんなに変わらないし、
そんなにガチな勝負をする企画でもないしw
何より、他に面白いチーム分けの方法が
思いつかなかったんでwww
こういう形になりました。

そのチーム分けですが、一番小さい数字を書いた
みっくさんをチームキャプテンとして、
あおえりさん、ルドルフさん、鰤さんの4人が
小ちゃんズ

一番大きい数字を書いた
原さんをチームキャプテンとして、
辻さん、佐竹さん、あいんすくんの4人が
大ちゃんズ

ということになりました。

1Rはメンバー4人のペーパーの総合計点が
そのままチームの得点になります。

計算してみると、
小ちゃんズが3+7+12+11=33P
大ちゃんズが7+8+10+7=32P
と、いい感じで接戦になっておりましたw

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:33P
大ちゃんズ:32P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちなみに、遅刻中の海苔さんは、
到着した時点で同じ近似値問題をやってもらって、
その結果でどっちかに入ってもらおうと思います。


では、ここからが本格的なチーム戦のスタートです。

この後、一応2R〜6Rが予選、
7Rが決勝という位置づけになりますが、
2R〜6Rまでは、どの順番で企画を行うかを
前のラウンドの勝利チームのキャプテンに
決めていただきます。

そして、2R〜6Rは、
どの企画をやることになったとしても、
2R・3R=20P、4R・5R=30P
6R=50Pが勝利チームに入ることになります。

ただし、それ以外に企画ごとに「素点」もありますので
敗者チームも、なるべく素点が取れるように
最後まで頑張ってください。


ということで、早速、1Rで1P勝っている
小ちゃんズのキャプテン、みっくさんに
2Rでやる企画を選んでいただき、
こちらが選ばれました。

男VS女
伝えてピカッチ お絵描きクイズ


早押しクイズとお絵描きクイズの複合企画になります。
まずは全体に対するシングルチャンスの
早押しクイズが出されます。
チームで2○以上でお絵描きクイズに挑戦できます。
早押しの誤答は、○が積まれている場合は−1、
0だった場合はチーム全体が1休になります。

で、お絵描きクイズ挑戦権を取ったチームは、
1人が絵を描く係となって、
クジであたった内容を絵に描いていただきます。
他の人は制限時間1分以内に
それを当てる係になります。

1分以内なら描き直し、描き足しも自由ですし、
答える方も、誰が何回解答しても構いません。
とにかく、1分以内に絵だけで伝わればOKです。
「絵だけ」っていうのがポイントなので、
文字を描き込んだり(記号はセーフ)、
ジェスチャーをしたりするのはアウト、
もちろん、描き手が声を発するのもアウトです。

ただし、ジェスチャーは「置いといて」だけ
特別にOKとしますwww


早押しは100問限定です。
それまでに4回先に絵を当てるのに成功した
チームの勝ちとなります。
決着がつかなかった場合は、絵の正解数が多いチーム
→積んでいる○の多いチーム→
1問限定早押しで正解者の所属するチーム
という順で決まります。

ただし、早押しの○は2○以上、3○や4○まで
溜めてからお絵描きに挑戦することもできます。
2○で挑戦した場合は、お絵かきのお題の難易度が高、
3○なら中、4○なら易となるのですが、
敵チームがお絵描きに挑戦することを表明した場合、
相手チームの○は半減(小数点切り捨て)と
なってしまうので、
あんまりのんびり溜めていると、いつまでたっても
お絵描きに挑戦できなくなってしまいます。
逆に、敢えて2○で挑戦して、
相手の○を減らすという作戦もアリかもしれません。

このラウンドでは、お絵描きの正解数×5Pが
素点になります。


では、クイズスタートです。
1問目は「大ちゃんズ」の原さんが正解しましたが、
2問目、3問目は「小ちゃんズ」が正解。
2○積みましたが、お絵描きには挑戦せず。

しかし、
4問目も「小ちゃんズ」のあおえりさんが正解。
ひとまず様子見もかねて、難易度中で
お絵描きに挑戦することとなりました。
よって、「大ちゃんズ」の方は
積んだ○が無くなってしまいます。

最初の描き手はみっくさん。
描いたのはこちらw

thum_xmehb9c6t3uaf4q.jpg

うむ、割と分かりやすく書いていただけましたねw
この絵だけだと「太陽系」なんですが、
ちゃんと解答者から「宇宙」という正解が出たので、
「小ちゃんズ」が一歩リード。
素点を5P確保しました。


次は誤答などがあって一進一退でしたが、
「大ちゃんズ」が2○積んだところで、
こちらは敢えて難易度高に挑戦を表明。

描き手は佐竹さんで絵はこちらw

thum_1mqx169nb2az34f.jpg

頭上が光ってるからハゲで間違いないwww
ってなわけはなく、結局制限時間1分で答えは出ず。

正解は「カリスマ」でしたwww

難易度高は、私自身が描けって言われたとしても
容易に描けない、ってのがお題の選考基準なので
こんな具体的な物じゃないお題も出てきますwww


次は「小ちゃんズ」が先に2○に達しましたが、
先の「カリスマ」を見てしまったために躊躇w
その間に逆に「大ちゃんズ」が3○まで積んで
お絵描きに挑戦を表明しました。

今度の描き手はあいんすくん。
描いたのはこちら。

thum_n8kadz19ee9e1zp.jpg

どことなくピカソっぽくも見えますなwww

今度は「天狗」を見事正解。
「大ちゃんズ」も追いつきました。


お次は「小ちゃんズ」が3○でお絵描きに挑戦。
描き手はルドルフさん。

thum_ee8aepa5y4pww9g.jpg

これは…問題作来ちゃいました?www

難易度中と易は、完全にフィーリングで
特徴が掴みやすそうか否かで分けたのですが、
掴めなかった場合は、こういう風にハマるという、
私としては「してやったり」って感じですwww

しかし、割と時間は使ったものの、
あおえりさんが見事に
アメリカ横断ウルトラクイズ」を正解しました。

ウルトラハットでも描いておけば
もっと簡単だったんでしょうけどねぇwww


続いても「小ちゃんズ」が3○で挑戦。
描き手はあおえりさん。

これもてこずりましたが、残り5秒という
ギリギリで「仙人」を正解!
(※すみません、写真は撮り損ねましたw)

これで「小ちゃんズ」はリーチとなりました。
あと1回絵を当てれば勝ちとなります。


追いつめられた「大ちゃんズ」は、
2○の難易度高でチャレンジ。

描き手は辻さんでしたが…。

thum_n25nvmcwvm76ss9.jpg

結局正解はできず。
答えは「刺客」でしたw
そら、描けんわなあwww

これで焦ったのか、「大ちゃんズ」は
誤答で1問休みがあったりして、
次は「小ちゃんズ」が余裕の4○で、
初めて難易度易に挑戦。

描き手は鰤さん。

thum_y4s4ksusr5vcbrm.jpg

流石に一発で正解「滝」が出ましたwww

ということで、
4−1で小ちゃんズの勝ちとなりました。

小ちゃんズには
勝利チームポイントが20Pと素点が20Pで
合計40Pが入ります。
大ちゃんズには素点の5Pのみが入ります。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

小ちゃんズ:73P(+40)
大ちゃんズ:37P(+5)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということで、長くなったのでまずはここまで。
次回をお楽しみに!
2017 08/15 21:56:06 | クイズ | Comment(6)
Powerd by バンコム ブログ バニー
八橋高校の真と響を思い出しました
(分かる人には分かるw)…から。

前→第3回 | 最初から→第1回


と言うことで、決勝戦の続きです。
鰤さん率いる「おい、誤党」が
原さん率いる「指切っ党」を144対66と逆転し、
いよいよ勝利が確定する270票の
半分を越えたところです。


お次はユタ州の6名でしたが、
これも「おい、誤党」にとられて、
150対66で、とうとう来ました。
アメリカ最大の大票田
カリフォルニア州、選挙人は55名もいますw

まあ、ハッキリ言ってここが取れなかったら
我々「指切っ党」の負けはほぼ確定でしょう。
取れれば、まだ20名以上の大票田も残っているので
少しはチャンスもあるかと。


…といっても
展開はあまり変わりませんでした

今回は我々も少しは頑張って、
スタッフで3○を付けたんですが、
こういう勝負どころでは
無類の強さを発揮する鰤さんが2問正解して
1人で6P稼いでおり、
さらにスタッフが例の戦法で4○4×だったので、
合計10Pを先取して票をゴッソリ持っていきました。


ええ〜、これで完全にトドメを刺されまして、
少し休憩をはさんでから再開されたものの、
「指切っ党」陣営は、もはやお通夜ムード
あとはもう、消化試合のようなものですw

コネチカット&デラウェアの10名、
ジョージアの16名、メーン&メリーランドの14名
コロンビア特別区&バーモント&ウェストバージニアの
11名と連続で取られて、
いよいよ256対66と終わりが見えてきました。

ってか、「おい、誤党」はこれで
サウスダコタ&ウィスコンシンから数えて
13連勝


次はニューヨークの29名。
“クイズ大会の終わりを飾るにはふさわしいやん”
ってことで選ばれましたが、
鰤さんが3問正解後、あおえりさんが正解して
見事に終了。

285対66の圧勝劇で
勝ったのは「おい、誤党」、
そして、鰤さんが大統領に当選
という結果になりました!

鰤さんと「おい、誤党」のスタッフのみなさん、
おめでとうございます!!

これぞまさに、ぐうの音も出ないってやつですねw
完敗でした。


大統領に就任した鰤さんには小物入れ、
敗れた原さんにはタンブラー、
海苔さんの個人的MVPということで
黄銅Pくんにマグネット、
他の「おい、誤党」のスタッフには
アウンサンスーチー女史のステッカーwww
と、海苔さんの東南アジア土産の
バラマキ大会
が行われましたwww

ステッカーなんて、本当にいらねぇwww



というわけで海苔さんの企画でした。

やっぱり、海苔さんの企画はコンセプトが好きですw

いつもそうですが、
「今日の企画の全体のコンセプト」を聞くと、
ワクワクするんですよ、私はw
今回も「大統領選挙」という実にタイムリーなネタで、
「なるほどー!」と感心しました。

これは完全に個人的な趣味の問題ですが、
やっぱり私は、何もなくただ
「5○3×の早押しクイズです」
としてクイズをやるより、
「スパイ大作戦クイーズ!」
とか言ってクイズをやる方が好きなんですw

もちろん、何もなしでやっても
クイズ自体が楽しければまったく問題はないのですが
(フリーバッティングはフリーバッティングで楽しく
参加してますしね)、コンセプトがあると
雰囲気が違うというか。

昔から、「ごっこ遊び」大好きですからねw
今も「シミュレーションゲーム」
特に「箱庭系」のゲームは大好きですし、
そういうのがあった方がヤル気が出るんです。

なので、私個人としては
海苔さんには是非この方向での企画作りを
継続してほしいと切に願っておりますw

ただ、今回に関して言えば、どうせなら
前半戦も選挙っぽいコンセプトをつけて欲しかったw

「演説クイズ」でも「ワイロ受け渡しクイズ」でも
何でもいいし、クイズ内容とそんなに合ってない
こじつけのタイトルで構わないんでwww


また、企画の内容についても、
ちょっと、ゲームバランス的にどうかな
と思うところがありました。

まあ、ここまで読んでいただいた方は
何となく分かるかもしれませんが、
後半戦のルールで、誤答ペナルティが軽すぎたために
起こったことについてですね。

通常州では大統領候補は正解で+2、不正解で−1、
スタッフは正解で+1、不正解で個人が1休
というルールだったのですが、
この「個人が1休」というのが問題でした。

というのも、今回はチーム戦でして、
「スタッフ」は両チームに数人ずついるので、
誰かが誤答して個人が休みになっても、
他に解答権のある味方が全然いて
実質、誤答がノーペナルティに
なってしまっているんですよねw

よって、
「だったら、バカ押ししてでも問題を潰した方が得」
となって、スタッフが全員バンバンダイブするような
展開になってしまいました(実践できてたのは
片側のチームだけだったんですがw)。

いや、「問題」とまでは言えないのかもしれません。
そういう戦術も、ルールや状況によりけりでしょうが、
実際のオープン大会で必要な場合があるでしょう。

それに、確かに早押しはそんな感じになりましたが、
企画自体はきちんと成立していましたし、
最初からそういうデザイン、ゲームバランスを
意図した企画であるのなら全然アリですしね。

ただ、今回は通常の例会ですし、
海苔さんが、そんなガチな作戦が必須となる企画を
意図して入れたとは思えないんですよねぇ…。

なぜかというと、今日は前半戦も、
「上座タイムショック」の誤答ペナが1休だったり、
海苔さんは“全体的に”誤答ペナを
軽くしていたと思うんですよね。

「ローリングクイズ」なんて、
記事本編には書きませんでしたが、
最初は「誤答ペナはありません」なんて言っていて、
参加者から異論が出たので、誤答は最後尾に移動、
とその場で変更したぐらいですし。

ちなみに、もしあのクイズ形式で
誤答ペナがないまま企画を行ったら、
2番席の人は1番席の人を潰すために
問題が読まれた瞬間に押す、ということになり、
それで1人ずれたら、新しく2番席に入った人が
同じように押す…が繰り返されて、
どこまで行っても誰も正解せず、
延々と1文字目でボタンが押される光景が
繰り返される事でしょうwww

誤答ペナを軽くする=誤答を恐れずに押せる
なんですが、軽くし過ぎると、
ペナルティがペナルティにならず、
誤答上等で押す=確定していないポイントで押して
カンで答える or 誤答してでも問題を潰す
になっちゃうんですよねw


これは完全な私の想像ですが、
海苔さんは、参加者に優しいルールにしようとして
誤答ペナを意図的に少なめにしようと
したんじゃないでしょうか。

ただ、結果としては
「確定ポイント前で押す」というような
非常に競技クイズ独特のテクニックが必要な押しを
しなければならなくなり、
初心者お断りの厳しいルールになってしまいました。

先に述べたように、
中級者以上が、大会などのガチな場で
作戦としてやる分には全然アリなんですが、
ウチのように、全くクイズの経験がない人が来る
サークルの例会で、それは…。
と、個人的には疑問に思いました。

いや、決して負けたから
言ってるんじゃなくてですね?www


もちろん、前にあいんすくんの企画のときに
述べたように、誤答ペナが厳しすぎると
また別の理由で初心者に厳しくなってしまうのですが、
次回は、もう少しいい感じのゲームバランスを
追及して欲しいところです。

あと、細かいところですが、
大票田のルールで
正解で自分に+1か相手に−1かを選べるというのが
ありましたけど、これもちょっとアレかなと思います。

前も同じようなことがあったと思うんですが、
自チームに+1でも、相手チームを−1でも、
「1ポイント差がつく」ということには
変わりがないので、この2つが選べることに
あまり意味はないんですよ。

今回は、勝ち抜けポイントが設定されているので、
相手が+9のときに延命するような使い方は
あるかと思うんですが、
正直、あまり必要ではないと思います。

これについても、
実際にどっちを選んだらどうなるかを
シミュレーションしてみるのが大事ですね。

他にも「ローリングクイズ」の
誤答ペナ無しとかもそうですし、
「Qさまのアレ」で最後に残るのが2人だったら
5問もやる意味がない、とか、
今回は、全体的にそういう想像が欠けていたのかなと。


私も、今はもう慣れたのもあるし、
時間があまりないのもあってやっていませんが、
企画を作り始めた最初のうちは、
割と綿密なシミュレーションをしたりしてました。

その当時は解答者が多くても6人ぐらいだったので、
参加者にサイコロの目を割り当てて、
出た目の人が正解したという体で
プラスやマイナスのポイント増減を実際にやってみて、
問題が何問必要か、とかゲームバランスが
妥当かどうかとか調べたりね。

また、今も、そこまでとはいかないまでも、
常に「考えられ得る最低」を想像して、
それでもゲームバランスが崩壊しないように
注意しながら企画を作っています。

特に今回の話でいうと「考えられ得る最低」の想定が
甘かったのだと思います。
もうこれは史上最強に極悪非道な、
勝つためなら何でもやる男、というのを想定して
シミュレーションして下さいwww

それで、自分の思う最高に汚い戦術を使って
自分の企画のルールの穴をついて
無双してやろうとしてみてくださいw

それができちゃうようなら
ルールに不備があるので修正が必須です。
勝てるけど無双とまではいかない、ぐらいなら
戦術がハマったってことでOKでしょう。


まあ、そこまで強制はできませんが、
いずれにしても、事前にあれこれ想像してみる
ということは意外と大事だと思います。

ホラ、偉大なクイズ王も
仰っておられるではありませんか。
クイズは想像力」って…。

え、字が違う?
こりゃまた失礼いたしましたっとwww


と、いい感じにオチがつきました(?)が、
最初にも言ったように、
海苔さんの企画のワクワク度は大好きなので、
今度はどんなコンセプトの企画を作っていただけるか
期待して待ちたいと思います、頑張ってください!



…さて、例会の方は
海苔さんの企画が終わった後
少し多めに時間が余っていたのですが、
ざきおさんが自作問題を作って来られたので、
問読みの練習&問題テストのということで、
5○で勝ち抜け、エンドレスチャンスのルールで
読んでいただきました。

また、それが終わった後は
黄銅Pくんの問読みでフリバと、
さらにしょーせーさんの問読みで、
当時の流行りだった「OMOJAN」を使った
クイズをまたやりましたw

今回は最初に全員が1枚所持した状態でスタートし、
早押しに正解すればカードが1枚もらえ、
面白い組合せができたら、このタイミングで発表。
しょーせーさんのツボにはまり具合によって、
0〜3のいずれかのポイントがもらえる
という形式でやりましたw
早押しの誤答は2休です。

オマケ企画なんで結果は置いといてw
個人的なMVPを書いておきます…。

舌平目の」「おかん

テラシュールwwww



ということで、今日も楽しく過ごせました。
次回は、私が企画者となった例会の
レポートをお届けします。

まあ、こうして他人の企画をズケズケ批評した割に
イマイチな出来だったことは否めませんがw

なるべく早く更新して
みなさんに逆襲してもらおうと思いますのでw
お楽しみに!
2017 05/29 21:48:03 | クイズ | Comment(3)
Powerd by バンコム ブログ バニー
この押しが毎回できればなぁ…と
ベタな感想を述べてみる…から。

前→第2回 | 最初から→第1回


前半戦が終了し、上位2名の鰤さん、原さんが
「大統領候補」に決まりました。

残りの人は、選挙スタッフとして、
大統領候補の下につくわけですが、
鰤さんの下には、
前半戦3位・5位・7位…の奇数順位の人、
原さんの下には4位・6位・8位…の偶数順位の人が
つくことになります。

ただし最後の1人となったかとうさんだけは、
大統領候補同士のジャンケンで勝った方の
陣営に入ります。
結果、勝った鰤さんの政党が1人多くなりました。


ここで、お昼休憩。
その間に両候補は自分の政党の党名を決めました。

鰤さんチームは
おい、誤党!
誤答と後藤を掛けてるわけですね…って、
そのポスター、後藤じゃなくて
小池だったでしょ?www

原さんチームは
指切っ党(ゆびきっとう)」
ええと、この日、
原さんが指を怪我していたからですwww

…うん、9月のときといい、
いつものうちのサークルらしい、
ゆる〜いネーミングですわwww

どっちの政党が勝っても
この国はロクなことにならなそうwww


ということで、休憩明けの後半戦は、
アメリカの大統領選挙をクイズで再現してみよう
という企画です。

アメリカの大統領選は
各州に決まった人数の「選挙人」がいて、
1票でも多くの票を獲得した候補が
その週の票を総取りできる
という方式で行われますので、
このクイズもそれに倣って、
各州の「選挙人」の数と同じポイントを
勝ったチームが総取りする
という形で対決が行われます。

具体的には、以下のようになります。

出題されるのは、基本的に全て
シングルチャンスのノーマルな早押しクイズです。
基本的に両陣営、全員が席に着いて
早押しに参加します。

まず、司会者の海苔さんから、
このセットがどの州の戦いで、
選挙人が何人獲得できるかの発表があります。

ただし、選挙人の数が少ない州の場合は、
時間短縮のために、いくつかの州が
まとめて1セットになっている場合もあります。

そして、選挙人が20名以下の「通常州」と、
それ以上の「大票田州」では
少しルールに違いがあります。

まず前者は、5P先取で勝ちになります。
大統領候補:正解+2P、誤答−1P
スタッフ:正解+1P、誤答(個人で)1休
というポイントの増減で、

後者は、10P先取で勝ちになり、
大統領候補:正解+3P、誤答−2P
スタッフ:正解自チーム+1Pまたは相手を−1P、
誤答(個人で1休)
となります。

さきほど述べたように、勝った方の政党は、
その州の選挙人の人数を全て総取りし、
自チームのポイントとして加えることができます。

全選挙人の過半数である270Pに、
いち早く到達した方の政党が勝ちで、
その政党の候補者が大統領就任
ということになりますw


さて、では早押しスタートです。

まずはアラバマ州と発表されました。
選挙人の数は9名。

20名以下なので「通常州」です。
5P先取の戦いになります。

誤答でマイナスがつく大統領候補はまだしも、
われわれスタッフは休みが1休と軽いので、
ガンガン押していくのがいいですかね(フラグ)。

ただ、1問目は鰤さんが正解しました。
大統領候補の正解なので、+2Pが入ります。

2問目は我が「指切っ党」のみっくさんが正解。
スタッフの正解なので、+1Pです。

3問目はまたも鰤さんが正解。
これで合計+4、早くもリーチ!

鰤さんからはチームメンバーに
作戦「ガンガンいこうぜ」が発令されましたwww

その命令通り、
4問目はしょーせーさんが押して誤答。
5問目は我が党のこーにゅんさんが
正解してくれましたが、
6問目は復帰したしょーせーさんが正解。
これで+5Pになったので、
アラバマ州を制したのは
「おい!誤党」になりました。
この州の選挙人の数9Pが「おい!誤答」に入って
スコアは9対0となります。


続きまして、選挙人6名のアーカンソー州です。
同じく5P先取の戦いです。

またも鰤さんが1問目、2問目とポンポンと取って
「ガンガンいこうぜ」宣言www

またも命令に忠実に、
3問目は黄銅Pが押しましたが誤答。
しかし、4問目を鰤さん自身が答えて勝利でした。
これで15対0。

ヤバい、何もできてないwww

ただな〜、向こうは鰤さんはもちろんだし、
スタッフ陣もしょーせーさんやあおえりさんと
早押しが強い人が揃ってるから
なかなか押してもつかないんだよね…。


続いて、イリノイ州。選挙人はジャスト20名。
ギリギリ「通常州」です。

今度も1問目を鰤さんがゲット、
2問目、原さんが押しましたが誤答。
またもピンチかと思われましたが、
3問目で鰤さんが誤答して、ポイントが減り、
4問目で鰤さんが取りかえしますが、
5問目をみっくさん、6問目を原さん、
7問目をルドルフさん、8問目を原さんと
我が党が4連答して、逆転でこの州を取りました。
これで15対20となります。

ホッと一安心ですね。


続いて、選挙人6名のアイオワ州、
同じく6名のカンザス州、8名のケンタッキー州と、
3連続で「指切っ党」が制して
15対40となります。

まあ、勝利には270が必要なんで、
まだまだこんな差なんて、
あってないようなものですw

次に選挙人8名のルイジアナ州ですが、
今度は「おい、誤党」が制しました。
23対40です。

このあたりから、「おい、誤答」の押しが
明らかに変わってきます。

最初にも言いましたが、
スタッフたちの誤答ペナが軽いので、
例えば「香港とマカオ」まで読まれたら
ポーンと押して、「どっちかな〜、マカオ」などと
とりあえず答えて、
50%の確率で“当たるも八卦当たらぬも八卦”という
いわゆる二択ダイブや、
確定前のポイントで押してそれっぽい答えを言う、
みたいなことをガンガン仕掛けてくるんですよw

特に、
しょーせーさんと黄銅Pくんの押しが速い速いwww
こういう反射神経勝負は大会とかで
鍛えている人が断然有利ですよね…w

黄銅Pくんも中学生とはいえ、
自分の学校のクイ研で、
すでに相当揉まれている人ですからね。
「おい、誤党」という党名の割に
誤答を気にせずガンガン突っ込んできますw

ウチのチームだと
原さんならこの押しに対応できそうなんですが、
残念ながらできないんです。
だって、大統領候補者は誤答ペナが−1なので、
流石にそれをやると壊滅してしまうwww

一応、私も押すことは押すんですが、
全然解答権が取れません。
例えば「香港とマカオ」でも、そこまで聞いて
「あ、二択の問題かな?」って気づいたときには
もう押されているという感じです。

それでも、ここまでは原さんが頑張って
押して答えてくれているので
一応、リードできています。
この後、ミネソタとミシシッピーとミズーリを終えて
33対56となりました。


ここで、
ノースダコタとオクラホマを合わせて10人という
時間短縮のための合体選挙区が出てきました。
合体した場合でも、選挙人の合計が20人以下なら
「通常州」と同じルールで、21人以上なら
「大票田州」と同じルールになりますので、
今回は通常州と同じルールです。

これも「指切っ党」が取って、
33対66としました。

ここで、「おい、誤党」では
スタッフと鰤候補の間で
「もっと行った方がいい?」
「名数系とかは行っちゃって」
「OK、刈るわ
という、不穏当な会話がwww

分かる人には分かると思いますが、
今よりも押しの速度を上げて、
どんどん問題を潰していくぜっていう宣言ですねw

今でさえ、黄銅Pくんあたりは
「幕末から明治にかけて活躍した」
なんてところで押してきてるのに
まだ上げるんすかwww


続けて、サウスダコタとウィスコンシンで
併せて13人の戦いです。

ここではトータルで12問出題されましたが、
「おい、誤党」はスタッフだけが押して5○5×。
「指切っ党」は原さんだけが押して2○2×。

最後も、確定前に黄銅Pくんが押して、
三択を当てて勝利となりました。

と、いうようにスタッフが誤答しまくっても
全然勝てるルールとなっております。
…うーん、分かってても対応できない…。


ここでついに、初めての大票田州である
テキサス州が出ました。選挙人の数は38です。
いきなり上がりましたなあwww

先に説明した通りルールが変わって10P先取となり、
候補者は正解+3、不正解−2、
スタッフは正解で自チームに+1か
相手チームに−1かを選ぶ、
不正解で1休となります。

が、戦い方はあんまり変わりませんでした
「おい、誤党」は五分の押しで
○と×を同数ずつ付けながら点を伸ばし、
ここぞというときは鰤さんが押してフィニッシュする
という戦法で、この戦いを制し、
84対66と逆転しました。


その後、アリゾナ11名、
ハワイ&アラスカ&アイダホでの11名、
コロラドの9名、モンタナ&ネブラスカの8名、
ネバダ&ニューメキシコの11名、
オレゴン&ワイオミングの10名と
6連続で「おい、誤党」がとって、
とうとう144対66と、
勝利確定の270の半分を越えてきました。

「おい、誤党」はスタッフが良い感じで
大統領候補に貢献できています。
それに引き替え我々は
原さんが孤軍奮闘といった感じ…。

本当、ふがいないスタッフで申し訳ない…。


というところで、
記事が長くなりましたので一旦終わりです。
次回、当選確実がつくのはどちらの候補か?
お楽しみに!
2017 05/28 10:17:23 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
文句のつけようがないデキです
これで負けたらしょうがありませんね
…から。

前→第1回


では続けて第3ラウンドです。
「ローリングクイズ」

解答可能な人数が決まっている早押しクイズです。

またまた最初にトランプで席順を決めます。
解答ができるのは、前から2名のみです。

正解すれば+1、
誤答は席を抜けて最後尾に並び直しになります。

そして、正解しても誤答してもスルーしても、
1問ごとに1人分ずれて、先頭の人が最後尾に回り、
2番目の人が先頭に、3番目の人が2番目に…と
グルグル回ります。

これを繰り返し行い、
合計3P取ったら勝ち抜けになり、
勝ち抜けが早い順に順位が決まっていきます。

10位以下は1点なので、
9位が決まるまで行います。
問題数の限定等は特になしです。

ここもすみません、トランプの結果が
音声に残っていなかったので、
席順の再現はできませんでしたw

以下ダイジェストでお送りします。

一応、スタート時に解答権があったのは
1番席が鰤さん、2番席が黄銅Pくんでしたが、
1問目は黄銅Pくんが
「ななわたし」の5文字で正解!
やるな、中学生!www

これによって、鰤さんは何もできずに最後尾へ。
黄銅Pくんは1番席へ、3番席の誰かが2番席へ。

2問目はスルーでしたが、スルーでも回るので、
黄銅Pくんは最後尾へ、2番席の人が1番席へ…
と、1問ごとにせわしなく動いていきます。

誤答ペナが最後尾に回る、だけなので、
1番席の人は正解しようが何しようが
その問題で強制的に抜けさせられることになるので、
バンバン押さなきゃ損ですね。

10問目、原さんが解答席にきました。
そして、原さんは2連答して一気にリーチ!
逆に言うと、+3で勝ち抜けなので、
どう頑張っても2周はしないと勝ち抜けることは
できないということですねw

その後、13問目で一周して
鰤さんが早押し席に戻ってきましたが、
鰤さんはここで2連答してこちらもリーチ。

1周目ですでに1○をつけていた
黄銅Pくん、ざきおさん、佐竹さんも
相次いでリーチ。
しかし、いずれも連答はできず、
勝ち抜けはおあずけw

23問目で原さんが再び解答席に戻ってきました。
1問はもう一人が正解、もう1問は2番席が誤答で、
3問目を正解して、1抜けとなりました。

27問目で鰤さんが解答席に戻り、正解して2抜け。

31問目にざきおさんが3抜け。

33問目で、ここまで1○だったこーにゅんさんが
2連答して4抜け。

続けてあおえりさんが5抜け。
6抜けは佐竹さん、7抜けは黄銅Pくん、
8抜けがみっくさん、9抜けがルドルフさんでした。

私は…席についたときに限って
分かる問題が来ないという
いつものアレで、唯一0Pでしたw


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:22P(+9)
あお:19P(+6)
原_:19P(+10)
ざき:17P(+8)
あい:13P(+1)
佐竹:12P(+5)
こー:10P(+7)
ヤー:9P(+1)
しょ:7P(+1)
ルド:7P(+2)
黄銅:6P(+4)
みっ:5P(+3)
かと:3P(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



では休憩をはさんで第4ラウンドです。
「『Qさま!!』の脱落クイズ」

タイトルでパクリであることを
堂々と発表していくスタイルwww

またまた上座クイズ的な形式ですね。
全体に対する早押しクイズが行われます。

これは元ネタとは違って、
問題はごく普通の早押しクイズです。
正解で2段階席順がアップ、
誤答で2段階ダウンです。
最下位席での誤答は1休となります。

それから、元ネタの
「下剋上チャンス」的なものはないとのことですが、
「落第」のルールはあるようで、
1回目は20問目の段階で、上位5名だけが残り、
6位以下13位までがバッサリ落ちますwww

しかも、ここで落ちた人は順位に関わらず、
全員が0点となります。

ひえ〜っwww きびすぃwww


2回目は30問目の段階で、下位3名が脱落。
ここでの脱落は、その時点の席順で、
順位点の+8、+7、+6が入ります。

最後は2名で5問を戦い、
勝った方が+10、負けた方が+9となります。


初期配置はやはり先ほどと同じく
トランプで決めることとなりました。
これ、このルールだと、
初期配置で下の方を引いたら、かなり厳しい戦いを
強いられることになりますねぇ…。

ってなわけで、何気に重要なトランプの結果、
1番席はあいんすくん、以下
ざきおさん、原さん、鰤さん、みっくさん、
ヤーロウ、佐竹さん、こーにゅんさん、
あおえりさん、ルドルフさん、かとうさん、
黄銅Pくん、しょーせーさん
という順番になりました。


それでは、クイズスタートです。

1問目は1番席のあいんすくんが正解。
席は動かず。

2問目は最下位席のしょーせーさんが正解。
2つアップして11番手に上がり、
11番手のかとうさんが12番手に、
12番手の黄銅Pくんが最下位になります。

3問目は9番手のあおえりさんが誤答。
2ダウンなので11番手に下がります。
代わりに10番手のルドルフさんが9番手に、
11番手のしょーせーさんが10番手にあがります。

ルール的に、最下位席は、20問中で最低4問、
他の人に1つでも落とされたら
5問以上正解しないと落第になってしてしまうので、
自然と気合が入りますよね。

というか、それは下位の人みんなにあてはまるので、
とにかく下位の人の押しが早くなる傾向にあります。

15問目まで終わったところで、
最下位席だったしょーせーさんが3○で8番席、
12番手だった黄銅Pくんが2○で9番席、
9番手だったあおえりさんが2○2×で11番席と、
この3名がとにかく張り切って押していて、
このあたりの順位が目まぐるしく動いております。

これに巻き込まれた佐竹さんは最初7番手だったのが
いつの間にか12番手にw

その他、ルドルフさん、こーにゅんさん、
原さん、ざきおさんが1○ずつ。

このまま落第圏内の下位グループが
バタバタ動いただけで上位陣に動きはなく、
とうとう20問目。

私はここまで地蔵で、
こーにゅんさんに抜かれて7番手です。
一応、ここで答えれば5番手に上がれて、
大逆転でステップ2に進めるのですが…。

まあ、いつも私のブログを読んでいる方なら
わかるでしょうwww


…なんと、正解しちゃったんだな、
これが
www


本当に今日は好調らしいですよ、ええ。
滑り込みセーフで私が5番席に上がり、
上位5名はあいんすくん、ざきおさん、原さん、
鰤さん、私となりました。

ちなみに、6番手以下は
みっくさん、こーにゅんさん、しょーせーさん、
黄銅Pくん、ルドルフさん、あおえりさん、
佐竹さん、かとうさんの順番でしたが、
この8名は、このラウンド0点となってしまいます。


ここから10問は5人で戦います。

好調な私は4問目に正解して3番手に上がり、
5問目で鰤さんに抜かれますが、
6問目も正解して、2番手に上がります。

うひょ〜う、このメンツで普通の早押しで
この位置にこれるとは、夢のようだwww

残りはあと4問。
7問目は4番手のあいんすくんが誤答で
5番手のざきおさんと入れ替わり、
8問目は逆にざきおさんが誤答して、
また2人の間で入れ替わり。
9問目は鰤さんが正解して1番席に。

この時点で鰤さんが1番手、
原さんが2番手、私が3番手。

また最後の最後に答えれば逆転で勝ちあがり
というチャンスが…。
でも、今日は数年に一度あるかないか
ぐらいの絶好調だし、さきほどの再現が…

ありませんでしたーwww

最後の問題は4番手のあいんすくんが正解。
逆転のミラクルはこっちが持っていったようですw


というわけで、3番手の原さんが8点、
4番手の私が7点、5番手のざきおさんが6点で
フィニッシュです。


最後の5問は鰤さんとあいんすくんの対決です。
2人しかいないので、ハッキリ言って
最後の問題をどちらが取るかの勝負ですwww

1問目から鰤さんが3連答、
4問目をあいんすくんが答えましたが、
結局最後は鰤さんが正解して、
順位点10点を獲得となりましたw

ザ・茶番!www


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:32P(+10)
原_:27P(+8)
ざき:23P(+6)
あい:22P(+9)
あお:19P(+0)
ヤー:16P(+7)
佐竹:12P(+0)
こー:10P(+0)
しょ:7P(+0)
ルド:7P(+0)
黄銅:6P(+0)
みっ:5P(+0)
かと:3P(+0)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということで前半戦が終わったのですが、
下位の順位も確定しないといけないということで、
7Pで同点のしょーせーさんとルドルフさんに
関しては1○1休を行って、
しょーせーさんが9位、
ルドルフさんが10位になりました。


ということで、ここで前半戦が終了です。

…さて、見ての通り、
トップは鰤さん、2位は原さん
ということになりました。

従って、この2名が
「大統領候補」ということになります!



というところで、今回はここまで。
この「大統領候補」とその他の人が
どんな戦いを繰り広げるか、次回をお楽しみに!
2017 05/26 22:26:17 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
お待たせしております。
2016年11月の例会の模様をお送りいたします。

ようやく年越しが見えてきましたw
このペースなら間違いなく年内に年は越せそうです。
日本語オカシクナイデスヨ?

まずは、今回の参加者の紹介から。
海苔さん、しょーせーさん、ルドルフさん、
あいんすくん、ざきおさん、原さん、鰤さん、
あおえりさん、佐竹さん、みっくさん。
そして私、ヤーロウ。
中学生の黄銅Pくんは先月に引き続きのご参加。
そして、今回も初参加で
かとうさん、こーにゅんさんの
お二人に来ていただきました。

総勢14人ですね。
もうそろそろ参加者が多い少ないの話はいいかなw

企画者は海苔さんです。
企画タイトルは
スーパーのりタル 2丁! (M風味)
とのことで。

「1丁!」は昔ありましたねw

ちなみに「M風味」とは
ミャンマー風味」の略
ということですwww
範囲が狭いなあwww


さて、今日の企画の概要ですが、
前半戦は個人戦で、いつものような
ごった煮アラカルト企画を都合4ラウンド行います。

そこで、上位2名を「大統領候補」に選出し、
他の人は候補を支えるブレインになって、
後半戦は、2大政党に分かれて戦うチーム戦になる
とのことですw

大統領選挙、今回の例会が行われたのは、
まさに投票結果が出た直後だったんですよねー。
テレビ報道なんかでも大騒ぎしていた時期でしたw

私も当時は「さすがに選ばれんやろ〜」
なんて高をくくってたんですが、
まさか勝つとはねwww


では、いよいよ前半戦スタートです。
先ほども書いたように、前半戦は個人戦です。
各ラウンドごとでポイントが入り、
トータルのポイントを競います。

ポイント増減のルールは
ラウンドの内容により様々ですが、
「順位点」が入る場合は、基本的には
1位=10点、2位=9点、3位=8点…が入り、
10位以下は全て1点となります。


まずは第1ラウンド。
「アタック風サバイバルクイズ」

全員、20点の持ち点を持った状態でスタートです。

シングルチャンスの早押しクイズ。
早押しで正解すると、
正解者以外の全員のポイントが−1点されます。
誤答した場合は、誤答者のみポイントが−1点です。

0点になったら脱落、下から順位が決定していき、
順位によって、上記の「順位点」が入ります。

同時に複数人が0点になった場合は、
該当者のみ参加の1○1休で順位を決定します。


1問目は原さんが正解、他の人は1点マイナスです。
2問目はあおえりさんが正解。
原さんとあおえりさんは19点、
他の人は18点になりました。

この形式は、一発逆転の要素もないですし、
地蔵では座して死を待つだけになるのですが、
なんせ参加人数が13人もいるので、
かなり頑張らないと…キッツいwww

早押しが苦手な人間を
確実に、しかもじわじわとなぶり殺していく、
悪魔のような形式ですw


4問目〜6問目はあおえりさんが3連答。
前月に引き続き、基本的には好調を
キープしているようですね。

10問目に、たまたま私が正解できました。
そんなにすごく早く押したわけでもないし、
問題の難易度も高かったわけではないので、
本当にたまたまですw

12問目も私が正解。何かしらんが私も好調…?

13問目はみっくさんが誤答。
全体を通して初の誤答でした。
みっくさんだけが1点減点、他の人はステイです。

少し飛ばして22問目。
ざきおさんが正解したことにより、
ここまで0○2×だった
みっくさんとしょーせーさんが
同時に0点となって敗退が決定しました。
12位と13位ですので、
どのみち順位点は1点ということで
1○1休は行いませんw

23問目に「ひだまりスケッチ」問題という
鰤さんへの露骨な差し込みがあったことは
置いといてw

次の24問目も同じく鰤さんが正解して、
ここまで地蔵だった、
かとうさん、こーにゅんさん、黄銅Pくんの3名が
脱落となりました。

ここは、9位、10位、11位の争いとなるため、
この3人で順位決め1○1休が勃発です。

ここはこーにゅんさんが正解して、順位点を2点獲得。
他のお二人は1点となりました。

次の問題でルドルフさんとざきおさんが0点に。
1○1休の結果はざきおさんの勝利でした。

続きまして、私が誤答で1人だけ飛びました。
これで私は順位点5点を獲得です。
まあ、苦手な形式にしては頑張った方だと思うw

次の問題はあおえりさんが正解。
佐竹さんのみが飛びで、順位点6点を獲得。

次の問題はあいんすくんが正解。
その次を鰤さんが正解したことにより、
原さんとあいんすくんが飛びました。
1○1休であいんすくんが勝ちました。

次の問題で鰤さんが誤答して飛びまして、
最後まで残ったあおえりさんに順位点10点
ということになりました。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

あお:10P
鰤_:9P
あい:8P
原_:7P
佐竹:6P
ヤー:5P
ざき:4P
ルド:3P
こー:2P
かと:1P
黄銅:1P
みっ:1P
しょ:1P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まあ、まだ始まったばかりなので、
どうなるかは全く分かりません。


続けて、第2ラウンドいってみましょう。
「上座タイムショック」

このラウンドは、抽選で
全体を2組に分けて行われます。

解答者は上座から下座まで一列に並びます。
早押しに正解すると、自分の1つ上の席の人と
席が入れ替わり、1つ上に上がります。
誤答の場合は逆に、1つ下の人と入れ替わりで
下がります。
最下位での誤答は1休です。

「タイムショック」ですので、
これを一定時間ずっと行い、時間切れとなったときの
席順がそのまま順位になるのですが、
今回、その制限時間は
最上位の人がトランプを引いて決めます。
具体的には、5分、7分、10分のいずれかが
選ばれます。

また、2組に分かれているので順位点も半分で、
1位が5点、2位が4点、3位が3点…
となります。


さて、それではまず組分けのトランプを引いて、
赤を引いた組から行うことになりました。

席順の初期配置は、先の1ラウンドの結果の上位順
(同点のところはジャンケン)とのことで、
あおえりさん、あいんすくん、原さん、佐竹さん、
ざきおさん、こーにゅんさん、みっくさんの順が
初期配置になりました。

…で、ここはちょっとごめんなさい、
タイムショックということで、全員がテンポよく
ポンポンポンポン答えていたのもあって、
誰が答えていたかの判別が難しくてですね…w

ちょっと詳細な状況の再現は諦めましたw
決して手抜きではないんだ、手抜きでは…
…ごめんなさい

一応、あおえりさんが引いたのは「5」だった
ということだけお伝えして、
後は結果だけを書きますと、
赤組の1位はざきおさんでした。
ざきおさんには5点入ります。

2位はあいんすくん、3位はあおえりさん、
4位は原さん、5位以下は…
まあ、どのみち1点なんでw


同じく黒組は、
鰤さん、ヤーロウ、ルドルフさん、黄銅Pくん、
しょーせーさん、かとうさんという初期配置で
(1Pで同点の3人の順番はジャンケンの結果)、
制限時間はまたも5分。

結果は1位がしょーせーさん、2位が鰤さん、
3位が私、4位がルドルフさんでした。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

あお:13P(+3)
鰤_:13P(+4)
あい:12P(+4)
原_:9P(+2)
ざき:9P(+5)
ヤー:8P(+3)
佐竹:7P(+1)
しょ:6P(+5)
ルド:5P(+2)
こー:3P(+1)
かと:2P(+1)
黄銅:2P(+1)
みっ:2P(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

終わったときに海苔さんが
「5分じゃ短かったかな」
なんて言ってましたが、
あなた、かなりのハイペースで5分間、
問題を読み続け
てましたよね?

両方の組とも5分で30問以上読んでましたけど、
あのペースの問読みで、その2倍を2回とかやったら
メチャクチャしんどいと思うよ!?
どうなっても知らんぞーッ!!!


…ということで、少し短いかもですが今回はここまで。
次回、大統領選挙を戦う候補者が決定します。
お楽しみに!
2017 05/25 20:56:36 | クイズ | Comment(3)
Powerd by バンコム ブログ バニー
山口勝平と関俊彦じゃ全然違うよなぁ…。
なんで間違えたのか…から。

前→第4回 | 最初から→第1回


それでは、いよいよ決勝戦です!
あおえりさん、しょーせーさん、原さん、コンくんの
4名で争われます。

決勝戦は2ステップで行われます。
ステップ1は
「マイノリティ優遇:1問2答早押しボード」

問題は全て1問2答です。
早押しボタンは、決勝進出者の4名だけが持ち、
ボタンを押してボードで解答するのですが、
2つの答えのうち、どちらか片方だけを書きます。

また、ボードでの解答は
早押しの権利が無い敗者の5人も含めて、
9人全員が行います。

ボードで正解すると、
自分の解答と違う答えを書いた人の
人数×1Pがプラスされます。
「自分と違う答え」なので、
誤答している人も含めます

早押しで押して正解した場合は、それにくわえて
+2Pのボーナスがもらえます。
ただし、押して誤答すると−5Pです。
ボードでの不正解は
特にポイントの増減はありません。

敗者5名は、少数派の判断となるだけで、
ポイントの増減等は特にありませんが、
一応、トップには敗者用の賞品があるらしいので、
頑張って正解しましょうw
分からなかったら全力でボケろwww

問題数は限定10問。
ここで得たポイントを持って、ステップ2を
戦うことになりますが、もしこのステップ1で
0Pのままフィニッシュとなってしまった場合は、
そこで敗退となってしまいますw


では、決勝戦スタートです。

1問目は
「1998年の『日中共同宣言』の際の両国の首脳」
という問題でしたが、いきなりスルーボード。
正解は小渕恵三と江沢民だったのですが、
『日中共同声明』と間違えて田中角栄と
書いた人が多く(私もそのうちの一人w)、
ポイントは誰にも入りませんでした。

2問目は
「新潟県の旧国名(大意)」
で、あおえりさんが押しました。
正解は「越後」と「佐渡」。
「越後」は5人が書いたので+4P。
「佐渡」を書いたのは2人なので+7P。
押して正解のあおえりさんは、
これにさらに+2Pです。

3問目は
「ゲスの極み乙女。“じゃない方”」を
答えられた人が誰もおらずw
押した原さんが+4P、後の人は+2P。

4問目もスルーボード。
正解者もなしw

5問目もスルーボード。
恥ずかしながら「破瓜の年」なんて言葉は
初耳でしたが、「瓜」は「八」を
二つ合わせたように…
なんて見えるか?www
しょーせーさんが単独正解で+8P。
これはでかいw

6問目は青問。
けど「ラブライブ」は守備範囲外でしたw
これは誰が正解したか分からなかったのですが、
単独正解者がいましたw

7問目。
「藤前干潟」「東海丘陵湧水湿地群」が
正解でしたが、後者が書ける人はいないよwww
「藤前干潟」の人が+5Pを獲得。

8問目。
コマネチが10点満点をとった種目
という問題でしたが、
「段違い平行棒」を書いた人は誰もいなかった。

9問目。
問題は「テレビ愛知を合弁で設立した
2つの新聞社」。分からなかったので
名古屋タイムズ」とボケてみましたw
なんか一時期、父親が知り合いに頼まれたかなんかで、
家で取ってたことがあるんですよねw
アレまともに読んだことなかったなあ…。
ちなみに正解は「中日新聞」と「日本経済新聞」で、
正解者はどちらも3人ずつ、+6Pを獲得。

10問目
中国の歴史問題。
全く分からないのでてけとーに
中国人っぽい名前を書きましたw


ということでステップ1が終了。

得点は、原さんとあおえりさんが28P、
しょーせーさんが23P、コンくんが16Pでした。

ちなみに、敗者組は24Pで辻さんがトップ。
賞品は今日問題で出た「ルヴァン」でしたw


では、上記のポイントを持ってステップ2です。
「スルー後が大事!トランプサバイバルクイズ」

正解、誤答、スルーの際のポイントの増減が
トランプによって左右されるクイズです。

問題はシングルチャンスの早押しクイズ。
正解した場合、赤のカードを引いた場合は
その数だけ自分のポイントにプラス、
黒を引いた場合は、自分以外の全員のポイントが、
その数だけマイナスされます。
ジョーカーを引いた場合は、全員のポイントを
平均値で均一にならします(端数切捨て)。
ただし、そこに自分を含めるか否かを
選ぶことができます。

誤答の場合は逆で、赤を引くと
自分以外の全員にその数をプラス、
黒を引くと自分のポイントが
その数だけマイナスで、
ジョーカーの場合は自分のポイントが半減され、
その数を全員で均等に分配します(端数切捨て)。

そして、「スルー後が大事」というタイトル通り、
問題スルーが発生した場合、
カードはめくらずに場にプールされます。
次に正解、誤答した場合に、
その処理が一気に行われますw

0Pになった人は失格となります。
最後の1人まで生き残る、先に100Pに到達する、
もしくはトランプ54枚が全てめくられた場合に
ポイントが最も多い人
このいずれかが本日の優勝者となります。


ではステップ2スタートです。
ここまで「ダイジェスト」ばっかりだったので、
ここぐらいは気合を入れて、
詳細を全てお伝えすることとしますw

1問目はコンくんがいきなり誤答。
引いたのは「赤の11」ということで、
他全員のポイントが+11Pアップします。

2問目は原さんが正解。
「赤の10」を引いたので、
今度は原さんだけが+10P。

3問目は原さんが連答。
「黒の7」を引いたので、
原さん以外の全員が−7P。

と、こんな感じで進んでいきます。
ちなみにこの時点で原さんが+49Pでトップ。
勝ち抜けまであと半分ですが、
トランプ次第なので、どうなることやら。

5問目で初のスルー発生。
伏せカードが場に置かれましたw
これを取るのは果たして誰か?

6問目。あおえりさんが正解。
まずは、伏せられていたカードから
オープンしますが、これが何とジョーカー

しょーせーさんが27P、原さんが49P、
コンくんが9Pだったので、この3人を平均化すると
28.3333…なので切り捨てで28Pですw

あおえりさんは自分を含めない選択をしたので、
他の3人が28Pで並ぶ形になりました。
原さんはガッカリ、コンくんは大幅に助かったw
(※当日は計算間違いをしていたようで、
3人が25Pになってました。後述しますが、
一応結果としては優勝者に変わりはなかった
模様です。)


もう1枚は「赤の3」であおえりさんが+3P。
これであおえりさんは+44Pとなりました。

7問目もスルー。
続く8問目、またも押したのは
あおえりさんでしたが、今度は誤答w

1枚目が「赤の4」、2枚目が「赤の10」で、
他3人が+14P。
あおえりさんが+44、他3人が+42で
ほとんど並んでしまいましたw

9問目は原さんが正解で「赤の8」。
…ってか、ここまで異様に赤が多くない?www
トランプ切ったの私だけど、
ちゃんと鰤さんがルール説明してる間中
ずっとシャッフルしてたよ?www

10問目はあおえりさんが正解で「黒の11」
コンくんは、ジョーカー引く前にこれが出てたら
終わってましたねw

11問目はあおえりさんが連答で「赤の2」。
12問目は原さんが正解で「黒の1」。
13問目はコンくんが正解で、また「赤の2」。
こういう少ない数字だと実に平和ですねw

14問目はあおえりさんが誤答。「黒の10」
これでまた4人が平均的になってきましたw
この調子で失格者でるのかな?www

15問目。コンくんが正解。
引いたカードは「赤の13」で一気にトップに。

16問目がスルーで、
17問目はまたまたあおえりさんが正解。
さっきからスルーの次の問題は
必ずあおえりさんが
押してますねw
やはり狙ってるんでしょうか。

出したカードは1枚目が「黒の12」。
そして、2枚目がまたジョーカー!www
早い段階で2枚とも出てしまいましたw

またあおえりさん以外の3人のポイントが
平均化され、26Pで揃えられました。
(当日は先の計算間違いのままで計算されたので、
1人23Pになっていました)


18問目、しょーせーさんが初日。
引いたカードは「黒の12」。
徐々に全員のポイントが少なくなってきました。

19問目もしょーせーさんが連答しましたが、
今度は「黒の2」と小さい数字w
しかし、これで原さんとコンさんは持ち点が
12Pになったので、ここで、黒の12か13が
出たら失格になってしまいます。

20問目はあおえりさんが正解で「黒の4」。
原さんとコンくんはますますピンチw

しかもここで、21問目、22問目と連続でスルー。
23問目、押したのはあおえりさん!
ここで勝負を決めに来たか!

しかし、なんと痛恨の誤答
1枚目は「赤の1」、2枚目は「黒の3」、
そして3枚目は「黒の6」

黒の絵札とかを引かなかっただけましですが、
それでも、これであおえりさんは12Pまで減少。
しょーせーさんが23P、
原さんとコンくんが9Pです。
しょーせーさんが正解して、黒の12とか13を出せば
一発で優勝が決まりますが…!?

24問目はコンくんが正解して「赤の5」を引きます。
これで一撃死圏内からは脱出w

25問目、しょーせーさんが正解!
引いたのは黒でしたが数字は4で削りきれずw

26問目、原さんが押しましたが誤答
「黒の11」を引いてしまいましたので、
ポイントがマイナスとなり、ここで敗退決定です。
最後まで運の悪さが出てしまいましたねw
お疲れ様でした。

さあ、残りは3人。

27問目、再びしょーせーさんが正解しましたが、
出たのは「赤の6」。
もう決めてしまいたいところですが、
こちらも運が悪い

28問目はスルー。
29問目、押したのはまたまた
あおえりさんでしたが、またまた誤答w
1枚目が「赤の9」、2枚目が「赤の4」で、
あおえりさんも命拾いしたけど、コンくんも大助かりw

30問目はそのコンくんが正解。
引いたのは「赤の11」。
これで合計+34Pになったのでもう安泰。
トップの+42Pの逆転すらも見えてきました。

31問目、コンくんが連答。
引いたのは「黒の7」!
あおえりさんは残り1P、まさに首の皮一枚状態!
しょーせーさんも35Pに下がって、
コンくんと1P差!

32問目はコンくんが誤答しましたが、
「赤の1」だったので体制に大きな変化はナシw

33問目、あおえりさんが意地を見せて正解。
しかし、引いたのは「黒の6」。
ここは赤が欲しかったw

34問目もあおえりさんが正解しましたが、
引いたのは「黒の2」w

35問目はスルー。
36問目はしょーせーさんが正解。
何気にスルー後にあおえりさん以外の人が
ボタンつけるのは初めてになりますw

黒を引いて、そのあおえりさんに
トドメをさしたいところでしたが、引いたのは
「赤の6」と「赤の7」w
お互いが引きたいのが逆に来てますwww

37問目はあおえりさんが正解。
引いたのは「黒の3」www
あんたらさぁwwww

38問目がスルー。
39問目はまたもあおえりさん、今度は正解。
しかも1枚目で「赤の12」を引いて生き返るw

現在のポイントは、あおえりさんが+14、
しょーせーさんが+33、コンくんが+18。
思ったより長い戦いになっておりますw

40問目はスルー。
41問目を正解したのは、コンくん!
1枚目がいきなり「黒の13」!
あおえりさんがまた瀕死に!
そして2枚目が「黒の9」!
これであおえりさんも失格です!

予選は4回1位、ここまで絶好調できましたが、
なんと最後の最後に
原さん以上の運のなさを発揮www
お疲れ様でした。

さあ、一騎打ちです。
しょーせーさんが+11P、
コンくんが+18Pです。
コンくんが次の問題も取って、
再び黒の11以上を出せば優勝が決定します!

42問目、コンくんが誤答しましたが、
引いたのは「黒の1」でほぼ影響なしw

43問目はスルー。
44問目、これを正解したのはコンくん!
これは大チャンス!!
1枚目は…「黒の9」!

本当はしょーせーさんのポイントは
まだ2P残っているのですが、先の計算間違いが
あったため、当日はここで−1Pということになり、
コンくんの優勝が決定いたしました!

ただ、一応当日も、残っていた2枚目を
試しに引いてみたところ黒だったようなので、
おそらく結果は変わっていないと思われます。
(2枚目の数字が何だったかは音声に
入っていませんでしたが、2枚目を引いてみて、
「どっちみちダメでしたね」という音声は残っていて、
しかも黒の1〜4が全て潰れているので、
最低でも黒の5以上、2枚目でしょーせーさんの
ポイントがマイナスになっていたハズです。)


ということで、
コンくん、
おめでとうございま〜す!!!

タイトル通り、スルー後の問題で決めましたね!


優勝賞品はなぜだか分からないですが、
以前と同じくミニ四駆でしたw
今回は問題にはなってなかったのにwww
しかもハイラックスサーフだから
「ダッシュ四駆郎」とも関係なくなっとるwww

決勝進出の他3名にも
しょーせーさんが「カシミヤティッシュ」
あおえりさんが「君の名は。」の文庫本、
原さんは、雑音でハッキリ聞き取れなかったんですがw
それぞれ賞品が贈呈されました。

時間的には少し早めに終わったので、
いくつかの問題をその場で供養して終わりました。



…というわけで、鰤さん、遠足の企画お疲れ様でした。

実は解答者人数が10人以上だったら
「Bリーグ」として色々企画内容等が
変わっていたようなんですが、
巡り合わせが悪かったのか、1人足りませんでしたw
用意してあった企画のうちいくつかは
できなくなってしまったようで、ちょっと残念でした。

でも、それはまた次回の遠足を
企画するときに回していただいて…
何年後かは知りませんけどw

…ただ、毎度同じことを言ってますが、
9人も集まってもらっていて1人足りないなんて
言うことができる状況がくるなんて、
数年前には全く思ってませんでしたw

いつも参加して下さるみなさんに
改めて感謝の意を述べておきたいと思います。
本当にありがとうございます。


企画の内容ですが、とにかく予選第1ラウンドから
いきなりバラマキというサプライズと、
本当に草原に封筒をばらまくという
本家の完全再現ができたのが良かったですw

あと、ルールや勝利条件が複数あって、
当日になってからそれを解答者が自ら選んだり
トランプを引いたりして決めるっていう形式は、
もはや鰤さんの専売特許みたいに
なってきていますねw

それも含めて、今日は鰤さんらしい企画が
盛りだくさんで非常に良かったと思います。
また、遠足じゃない通常の例会の企画でも
面白いものを作ってきてくれると期待しております。


そんなわけで、楽しい遠足が終わりました。
これを読んだみなさんで、参加してみたいという方が
いらっしゃいましたら、
ぜひ「名古屋初心者クイズサークル」の
公式ブログにて参加表明のコメントを
してやってください。

それでは、次回もなるべく早く更新できるよう
頑張ります。次回の更新をお楽しみに!
2017 05/18 23:55:53 | クイズ | Comment(6)
Powerd by バンコム ブログ バニー
ジャンケン大会、ちょっとやってみたかった…w
…から。

前→第3回 | 最初から→第1回


では、予選最後のラウンドです。
「空席待ちタイムレース風クイズ」

ノーマルな早押しクイズなのですが、
有効な早押し席は3つしかありません。
他の人はスーパーのレジを待つように、
その席の後ろに一列に並んで、
早押し席が開くのを待ちます。

早押しに正解すれば+1P。
その際、正解した人以外は
自分の列の後ろに並び直しとなり、
後ろで待機していた人がそのまま前に出て
早押し席につきます。

問題がスルーになった場合は
席に着いている全員が入れ替わり、
誤答をした場合は、その人だけが、
少し離れた所にある遊具のところまで
走って行って、帰ってきてから
最後尾に並び直さなければなりませんw

やっぱり、遠足で走るのは
1回2回だけではすまなかったw

トータル+5Pで勝ち抜けです。

早押しは60問限定です。

ちなみに「タイムレース“風”」とあるのは、
参加人数の問題等で、本来やりたかった形式と少し
変更せざるを得なかったからだそうです…。
まあ、仕方ないですね。


では、まず最初に近似値で
スタート時の配列を決めてから、クイズスタート。

またしても、誰がどの列で何番目かが
音声に残っていなかったので
やっぱりダイジェストですが、

1問目はいきなりスルーで全員が入れ替わりw
2問目はあおえりさんが正解。
3問目はあおえりさんが誤答で走るw
4問目は辻さんが正解、
5問目はスルー…と続いていきます。

やってる本人たちは走ったり入れ替わったり
大変なんですが、音声を聞く限りでは
特に何事もなく、普通に早押しクイズが
行われているかのように聞こえますw

途中、何人か走ったりしてもいるのですが、
その間も休みなくクイズは続いていきます。

そんなこんなで26問目までかかって
あおえりさんが4○目をつけてリーチ!

他は原さんが3○してる以外は、全員1○か0○です。
が、あおえりさんもここから2巡ぐらいして
ようやく39問目で勝ち抜けました。

43問目で原さんもリーチ。
しかし、連答はできず、また列の後ろからやり直しw

空席待ちは、自分が席についたときに
分かる問題が来てくれるかどうか
という運もあるのでねー。
しょーせーさんが自分に権利がないときに、
公営ギャンブルの問題がでて悶えてたりねwww

ここからだいぶスルーが多くなるのですが、
53問目にようやく原さんが2抜け達成。

58問目に私が誤答をして、
走っている間にタイムアップになってましたw

ここからはその時点のポイント差で、
4○の辻さんが3位、3○のUFOさんが4位、
2○と1○は同点の人同士の
ジャンケンで決定でした。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

あお(4):15P(+1)
原_(1):31P(+2)
辻_(0):31P(+3)
コン(1):34P(+7)
しょ(1):35P(+8)
UF(0):38P(+4)
みっ(0):41P(+5)
ヤー(0):43.5P(+6)
黄銅(0):46.5P(+9)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということで、予選はこれで終わりです。
最初に説明したように、
1位の獲得回数分、÷2されるので、こうなります。

〜〜〜〜予選 結果〜〜〜〜

あお:15/16(=0.9375)
原_:31/2(=15.531)
コン:34/2(=17)
しょ:35/2(=17.5)
辻_:31
UF:38
みっ:41
ヤー:43.5
黄銅:46.5

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということで、結局予選で1位を取った
4人全員が準決勝進出!
残り5人は敗者復活戦に回ります。


準決勝と敗者復活戦は、同時に行われます。
「アウトソーシング通過クイズ」

まずは、準決勝組だけがボタンを持ち、
シングルチャンスの早押し通過クイズに挑戦です。

正解で+1P、誤答は2休で、+2Pで通過席です。
ただし、通過席にきても自分のボタンはありません。

通過席に来た人は、
敗者復活組の5人のうち2人を指名して、
その2人が代わりに通過席として
他の準決勝組と戦うことになりますw

通過席に来た人は、指名した2人のうちどちらかが
早押しに正解すれば、決勝進出となります。
また、早押しに正解した敗者復活組の人も、
勝ち抜けで敗者復活戦2への進出となります。

誤答は、誤答した人の解答権がなくなり、
次の問題に移ります。

通過失敗の場合は、ポイントが0Pにリセットされ、
元の席に戻ってやり直しとなります。


準決勝組は2名が決勝戦に進出、
敗者復活組の勝者2名と、準決勝組の敗者2名は
両方とも敗者復活戦2に参加します。
敗者復活組の敗者3名は、そこで終戦です。

なお、問題数は通過席での問題も含めて
60問で終了です。
それまでに勝ち抜け者が決まらなかった場合は
通過席着席回数の多い人が上で、
それでも同点なら1○1×サドンデスで決めます。


では、クイズスタート。
8問目で絶好調のあおえりさんが
2回目の正解を出し、通過席に来ました。
あおえりさんは、辻さんとUFOさんを指名。

確かに、早押しに強い人を召喚すれば、
自分が勝ち抜けられる確率も上がるわけですが、
その人が後々自分の強敵となる可能性もあるわけで…。
とはいえ、あおえりさんは
自分が勝ち抜けることを優先した模様。

その思惑がまんまと成功し、
通過席問題はUFOさんが正解!

あおえりさんは決勝進出、
UFOさんは敗者復活戦2への進出が決まりました。
何ともアッサリwww

さあ、これで残る席はあと1つずつです。

ここから難問が続いて
連続で何問かスルーが出ますが、
15問目にしょーせーさんが2○目の正解。
黄銅Pくんと私を指名しました。

通過席での1問目、
準決勝組のコンくんが押しましたが誤答。
2問目、今度は敗者復活組の私が誤答。
声優問題だったのですが、押して答えを言いながら
あ、この人じゃない!」って思いましたw
やっぱり早押しは苦手だw

これで、原さんと黄銅Pくんの
一騎打ちになりました。

その次の問題はスルーになったのですが、
私は途中で正解が分かってました…。
今日は、どうにも問題の巡り合わせが悪いようですw

そこからさらに1問スルーとなり、
続く通過席での5問目。
なんと原さんが誤答してしまいました。

この場合、準決勝組で解答権を持っている人が
誰もいなくなってしまっているので、
しょーせーさんの勝ち抜けとなりますw
そして、何もしていなかった黄銅Pくんの
敗者復活2への進出も決まりましたw

何と言うかwww


ここで敗退となった私、みっくさん、辻さんの3名が
鰤さんのアシスタントに任命されましたw

残った原さん、コンくん、UFOさん、黄銅Pくんの
4名はトランプで2チームに分かれ、
2対2で敗者復活戦2を戦うこととなります。
結果、「原・コン」の元準決勝組と
「UFO・黄銅P」の元敗復組に
キレイに分かれましたw

敗者復活2は、勝った方のチーム2名が
両方とも決勝進出です。
行われますクイズは…。
「リレークイズ」

チームの2名のうち、
片方は早押し機のある鰤さんのすぐそば、
もう片方は、そこから遠く離れた位置で待機します。

まず鰤さんが普通に問題を読みます。
当然、近くにいる方には聞こえますが、
遠くにいる相方には何も聞こえませんw

そこで、問題を聞いた方は、
遠くにいる自分の相方に走って伝えに行きますwww

もちろん、聞いた人が正解が分かった場合は
一から問題を全部言わなくても
答えだけ教えればいいです。
そうでない場合は問題を相方に教えます。
それを聞いた相方は早押し機のところまで
走って戻ってきてボタンを押して、解答。
正解なら+1Pですw

チームで+3Pをとったら勝利です。

誤答のペナルティは
特にありませんが、疲れます
問題はダブルチャンスなので、
先に着いたチームが誤答したら
後のチームにチャンスがあります。

一応、問題は25問限定です。
でも、25回も走ったら大変だ


それでは敗者復活戦2、スタート!

1問目。
問題を聞いて両者ダーッと走り出します。
流石に若いUFOくんは、全力で走って行きます。
それを遠い目で見守る我らオッサン…w

先に戻ってきたのはコンくん、しかし誤答。
が、後から戻ってきた黄銅Pくんも誤答でした。

2問目。
1問目で問題を聞く方だった2人は
走った先に留まって、戻ってきた2人が
問題を聞く役に入れ替わります。
なお、問題が難しくて相方が答えられなさそうだ
と思ったら走らずに体力を温存するのもアリですw

問題は省きますが、いわゆる二択の問題。
なので両者ともダッシュwww

先に帰ってきたのは原さんでしたが、ハズレw
後から帰ってきたUFOさんが正解を出しましたw
UFO・黄銅Pチームに+1Pです。

3問目。
両者とも走らずにスルーしましたw
走っていって「無限ループ!」とか
嘘を教えてボケさせたら面白いのにwww
いや、それは鬼畜すぎるかwww

4問目。
プロ野球の、ややカルト問題なだったのですが、
またスルー。

5問目。
走りだしたのは黄銅Pくんが先だったけど、
コンくんが途中で抜いた!www
コンくんが正解して+1P。同点です。

6問目もスルー。
何の問題だったかは言わないwww

7問目。
先に戻ってきたUFOくんは誤答。
後から来た原さんも誤答w
この4人、あと何回走ることになるのだろうかwww

8問目。
コンくんが戻ってきましたが誤答w
正解は「パリミュチュエル方式」だったのですが、
パルミジャーノ方式
と答えて撃沈www
それはチーズやwww
どうやら伝言がうまくいかなかったっぽいwww

9問目。
黄銅Pくんが返ってきましたが誤答。
原さんも誤答でまた決着つかずw

10問目。
問題を聞いている途中で原さんが走った。
これは完全に分かっている状態!
ってことで、コンくんが帰ってきて見事正解しました。
これでようやくリーチ!

ですが、さすがに体力的にもきつそうなのでw
ここで2人の位置を少し狭めることに。

11問目。
問題を聞いて両者とも走りましたが、
原さんが先に戻ってきて、見事正解!
敗者復活を制して決勝戦に進んだのは、
原さん、コンくんの2名ということになりました〜!

4人とも本当にお疲れ様でしたw
(敗者復活できなくてよかった)なんて、
思っちゃダメなことをつい思ってしまいましたw


ってなところで今回は終わりです。
次回はいよいよ決勝戦!
お楽しみに!
2017 05/17 20:34:44 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
そういえば、長いこと在籍してるけど、
「ペーパー1位」って初めて取るんじゃない?
…から。

前→第2回 | 最初から→第1回

昼休憩をはさんで第5ラウンドです。
行われますのは「上座早ボ」

上座から順番に全員が一列に並びます。
早押しの問題が出ますので、
押さなかった人も含めて
全員がボードに答えを書きます。

ボードで正解しても、押して正解しても
+1Pですが、
押して正解の場合は、自分より上座の
ボード正解者との間にいるボード不正解者を
全員抜いて上位に上がり、さらに
抜いた人数分のポイントがボーナスで入ります。

例えば、5番手の人が押して正解したとして、
4番手、3番手がボード不正解で、
2番手がボード正解、1番手がボード不正解
という状況なら、
4番手、3番手を抜いて、自分が3番手に上がります。
2番手のところで止まるので、
1番手は不正解でも下がらなくてすみます。

そして、この場合は2人抜いているので、
早押しの1Pと合わせて
+3Pが入るというわけです。

押して不正解の場合は、
−3Pで最下位席に落っこちます。
ボードでの不正解は
特にポイントのマイナスはなしです。

また、最上位の席で押して正解した場合は、
即勝ち抜けになります。

問題は全部で20問。
終了時に、自分より下座にいる人数×1.1を
ポイントにさらにプラスし、
勝ち抜けの早さ>ポイントの多さで順位が決まります。


誰も答えられないような早いポイントで押せば、
最下位から一気に1番手に上がって大量得点
なんて可能性もあります。

普通に押した場合は、すぐ上が正解していたら
+1にしかならないので、
そのへんは運も絡むかなという、
なかなか面白い形式です。


それではクイズスタート、の前に、
まず近似値を1問出して
並び順の初期配置を決めます。

この並び順が音声に残っておらず、
だれが正解、不正解でどう入れ替わったかも
分からないので、やっぱりダイジェストで
お届けします(いい加減、ビデオカメラとか
導入した方がいいのだろうか…)。


1問目はUFOさんが押して正解したのですが、
すぐ上もボード正解していたので動けずw

2問目もUFOさんが押したのですが、
今度は誤答。−3Pの上、最下位に転落です。
1問目がほぼ全員正解だったため、
少し早いタイミングで押しましたが、
ちょっと失敗でしたね。

押すタイミングがかなり重要ですね…。

4問目、1位席にいたあおえりさんが押し、
ボードも正解して1抜けとなりました。

9問目、私が押して答えたのですが、
押すタイミングが遅かったので、
すぐ上の人に正解されて、
上座にはあがれませんでしたw
この問題だったら「杏里のデビューシングル、」
ぐらいで押さないと大量得点は
できないのかもしれないw
けど、そんなに早く押せないwww
早押し苦手なんや…。

13問目、問題が全部読まれても
誰も押さなそうなのをみて、
原さんが押しましたが、不正解。
スルーになりそう=誰も正解できなさそうなので、
自分が正解できれば、1位まで上がれる
シチュエーション。
だから勝負にいくのも当然なのですが…
惜しかったですね。

14問目、私が押しましたが、
「たけし軍団」が正解のところ、
「たけし軍団セピア」と
余計な物をつけてしまったために不正解w
押すタイミングは完璧で、
みんな分かってなさそうだったから
チャンスだったのに…もったいないwww

今、調べ直してて知ったんですが、
私、たけし軍団の若手ってみんな「セピア」に
一度は所属するものなんかと思ってたんですが、
Wikipediaを見る限り、
そういうことではなかったんですね…。

これでまた一つ賢くなったぞwww
いつ使える知識なのかはしらんけどwww


そして、勝ち抜ける人の出ないまま20問が終了。

ポイント差で、2位がしょーせーさん、以下、
辻さん、みっくさん、原さん、ヤーロウ、
UFOさん、コンくん、黄銅Pくんの順となりました。

いや〜、つくづく
「たけし軍団」がもったいなかった…w

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

あお(2):13P(+1)
原_(1):20P(+5)
コン(1):22P(+8)
しょ(1):24P(+2)
辻_(0):24P(+3)
みっ(0):28P(+4)
黄銅(0):30.5P(+9)
ヤー(0):31.5P(+6)
UF(0):32P(+7)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1位回数のこともあるので、こりゃ完全に
あおえりさんが独走態勢に入りましたねえ。



続けて第6ラウンドです。
このラウンドで行われるのは…
まだ決まってませ〜ん

なんじゃそりゃwww

まず、とにかくルール不確定のまま、
ノーマルな早押しクイズを32問行い、
正解と誤答だけをチェックしておきます。

そして、問題が全て終了した後に
トランプを引いて
ルールを後付けで決めますwwww

なんというwww

選ばれる可能性があるのは以下の10個です。

1:
ボタンがつけば正誤に関係なく○がつく。
5○で勝ち抜け。

2:
2○1×で勝ち抜け。だれかが勝ち抜けたら
ポイントをリセットして繰り返す。

3:
3のつく数字と3の倍数問目だけ有効で
3○3×。

4:
4○2休。
休み中に正解していてもノーカウント。
休み中に再度誤答していた場合は即失格。

5:
通算5○目、10○目、15○目…を
正解した人が勝ち抜け。
(勝ち抜け済みの人の正解は通算に含めない)

6:
ジャンケントーナメント大会で決着。
トーナメントは○の数の多い方、×の数の少ない方、
トランプを引いて数が多い方、の優先順位で
仮順位をつけて、
それを元にシードなどが決まる。

7:
7○7×。
ただし、7のつく数字と7の倍数問目は
正解で即勝ち抜け、誤答で即失格となる。

8:
5○5×。
ただし、正誤の処理を32問目から逆順で行う。

9:
正解1ランクUP、誤答2ランクDOWNの
上座クイズに当てはめて処理。
初期位置は全員がトランプを引いて
数の少ない方が上座。

10:
クイズの結果はまったく関係なく、全員が1位扱い。


以上!

何が出てもひでえなあ、これwww

一瞬、1が出ることを期待して1〜5問目を
アホみたいに即押ししようかとも思ったのですが、
それやって3だったり4だったりが出たら
即失格になるのでやめましたw


ここは、せっかくなんで全問の正解、不正解者を
順番に全部記載しておきましょうw

01:あお○ 02:あお○ 03:スルー
04:原_× 05:しょ○ 06:黄銅×
07:スルー 08:UF○ 09:黄銅×
10:辻_○ 11:スルー 12:コン○
13:UF○ 14:黄銅× 15:あお○
16:スルー 17:UF× 18:しょ○
19:黄銅× 20:原_○ 21:あお○
22:原_× 23:しょ○ 24:辻_○
25:あお○ 26:辻_○ 27:しょ○
28:辻_○ 29:コン○ 30:原_○
31:ヤー○ 32:スルー

以上になります。

まあ、分かってたことですが、
私は1○しか正解できませんでした。

しかも31問目だったので、こうなると
6でジャンケンに賭けるか、
10で平和な世界になるのを
祈るしかないですね、これはwww

運命のトランプは、
初参加の黄銅Pくんが引くことになりましたw

引いたカードは「2」!
2○1×で1人抜け!

…ってことは、まずあおえりさんが
1問目と2問目を連答してるので、
あっという間に1抜け

そのまま見ていくと、13問目にUFOさんが
2○目を取っているので、2抜け。

その次が23問目、しょーせーさんが3抜け。
26問目に辻さんが4抜けで、
そこから先は勝ち抜けはおらず、
コンくんと原さんと私が1○ずつの状態で
終了となっております。

この場合、1問目に戻って
2周目(勝ち抜け済みの人を飛ばす)に
突入するのですが、
4問目で原さんが×なのでトビw
12問目のコンくんの正解が
1周目の最後と合わせて2○目なので勝ち抜けw

そして、私の唯一の正解がもう一度拾われて、
私が6抜けw マジかwwww

で、他の人は、このルールで行くと
誰も勝ち抜けられないので、トランプを引いて、
黄銅Pくん、みっくさん、原さんの順で
決まりましたw

原さんは○→×→○→×だから
どうしても抜けられないんだけど
一応2○はしてるのに、
地蔵のみっくさん、4×の黄銅Pくんより
下になっちゃうんだwww
バラマキのハズレ率といい、
久々に薄幸ぶりが返ってきましたなあwww

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

あお(3):14P(+1)
コン(1):27P(+5)
しょ(1):27P(+3)
辻_(0):28P(+4)
原_(1):29P(+9)
UF(0):34P(+2)
みっ(0):36P(+8)
黄銅(0):37.5P(+7)
ヤー(0):37.5P(+6)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あらら、これはあおえりさんの準決勝進出は
確定ですかね。
他は残り3席ですが、1位を取れば
得点が半減するんで、まだ全員に
準決勝進出のチャンスありですね。


ということで、今回はここまで。
次回で予選は終了し、準決勝進出者が決まります。
次回もお楽しみに!
2017 05/16 22:22:14 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
最下位が決定した時に、
なぜか高校生クイズに参加して○×で間違って
地面に大の字に寝転がったことを思い出した…から。

前→第1回


それでは第2ラウンドです。
「普通の早押し」

3○2×のノーマルな早押しです。
ただし2×しても、さきほどの
バラマキのポイントまで走って戻ってくれば、
○と×が全てリセットされた状態で
再スタートできますw

問題は40問限定、
勝ち抜け順、○の多い順、×の少ない順で
順位がつきます。


それで、このコーナーはごめんなさい、
ボイスレコーダーを
さっきのバラマキの場所に置き忘れてて、
鰤さんの問読みは何とか聞こえるものの、
解答者の声が全く聞こえませんでした。
よって、誰が正解しているか全然分かりませんw

風の音もガンガン入ってたし、
残念ながら諦めるしかありませんでしたw
一応、このラウンドが終わった後で気づいて
手元近くに戻したんで、
次のラウンドからは大丈夫なはずです。

というわけで、ここはサラッと流して書きますと、
まず、バラマキで苦労したあおえりさんが1抜け。

さらに、同じくバラマキで下位だった
辻さんが2抜け。

その後、誰かが走るハメになったのですが、
誰なんだか分からんwww

その誰かさんが走っている間にコンくんが3抜け。
そしてUFOさんが4抜け。

その後、しょーせーさんも2×して走るハメにw
走っている間に原さんが5抜けした後、数問で終了。
しょーせーさんはせっかく走ったのに
復帰できずに終わってしまいましたw

若干問題の難易度が高かったせいか
誤答やスルーが多くて、4人残ってしまいましたが、
2○0×で同点だった私と黄銅Pくんが
6.5点ずつ、
1○のみっくさんが8位で8点、
リセットされて0○0×状態のしょーせーさんが
9位でした。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

コン(1):4P(+3)
あお(1):7P(+1)
黄銅(0):8.5P(+6.5)
原_(0):9P(+5)
UF(0):9P(+4)
辻_(0):9P(+2)
みっ(0):11P(+8)
ヤー(0):15.5P(+6.5)
しょ(0):17P(+9)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


それでは続けて第3ラウンド。
「ペーパークイズ」

屋外でペーパー、引きこもり者にとっては
白い紙の光の反射が地味に目にダメージwww

ペーパーは全部で30問。
制限時間は12分。30問にしては長い…?

と思ったら、もう1枚、
何も書いていない色紙が配られましたw

これで時間内に紙ヒコーキを折れとwww

ペーパークイズの得点(Q点)は、
満点の30から自身の正解数を引いた数、
紙ヒコーキの得点(K点)は、
良く飛んだ人から順に
2P、4P、6P、8P…(以下略)の点数、
これを両方足した数の、
少ない方から順位点がもらえます。
同点だった場合はK点の少ない方が上ですw

しかし、何度かこのブログでも
言ったと思いますが、私は幼稚園の頃に
折り紙を放棄した人間ですよ?www
紙ヒコーキなんて
まともに折ったこともないですよwww

その代わりペーパーで頑張ろう…なんて思っても
超難問ばかりで6点しか取れなかったんですが、
なぜか他全員5点以下で、
これでもトップだったらしいwww

メジロマックイーンのおかげかな?
あとカンで書いた「点と線」と「龍笛」が
どっちも当たってたのがよかったw

とはいえ、この低レベルで団子状態だと
もはやペーパーの得点は意味をなしません

紙ヒコーキの飛び具合が最も重要…
なんですが、
形こそそれっぽいのができましたが
やっぱり少し飛んですぐ失速
K点では上から7番目の成績でした。

K点は、やはり過去に同じく紙ヒコーキを
飛ばすクイズをやったことがある
しょーせーさんが1位。
その時は、翌月のダーツクイズの布石みたいな感じの
単発企画でしたけどw

他もほぼ紙ヒコーキの順位そのままで、
2位以下は、コンくん、あおえりさん、黄銅Pくん、
原さん、辻さん、ヤーロウ、みっくさん、UFOさん
となりました。

みっくさんとUFOさんは、2人とも
紙ヒコーキがほぼ真下に落ちて、
プレーオフで投げ直した結果でしたw
どうも、私以外にも紙ヒコーキを
投げたことない人が複数いたらしいw
特にUFOさんのは、写真に撮っとけばよかった
って思うぐらい独創的な形だったからなぁw
とても飛行機には見えない、
まさに「UFO」といったフォルムだったんでwww


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

コン(1):6P(+2)
あお(1):10P(+3)
黄銅(0):12.5P(+4)
原_(0):14P(+5)
辻_(0):15P(+6)
UF(0):18P(+9)
しょ(1):18P(+1)
みっ(0):19P(+8)
ヤー(0):22.5P(+7)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さらに続けて第4ラウンドです。

タイトルは…言ってなかったと思うんで
「数字ボードクイズ」でw

答えが全て、1〜99の間の数字になるような
問題が出ます。
正解すると、その数字がそのまま
自分のポイントとして加算されます。
誤答の場合は、正解と自分の解答との差が
マイナスポイントになります。

なので、分からない場合はパスすることもできます。
もちろん、その場合は正解ポイントは入りませんが、
ポイントが減るになることもありません。

ただし、ポイントが0より下になることはない、
とのことなので、少なくとも1問目は
何か書いた方が得ですね。

問題は30問限定、
+100Pに達したら勝ち抜けです。
複数人が同時に+100を越えた場合は、
プラスの大きい順に順位がつきます。
また、30問終わって
勝ち抜けていなかった場合も同様に
100に近い順に順位がつきます。


第1問はこんな問題。
「華氏温度で、水の氷点は何度?」

正解は「32」

正解者は+32P、不正解者は自分の書いた答えと
「32」の差がマイナスとなります。

が、1問目で全員0Pなので、0からは減りません。
よかったね、1〜99という前提を無視して
3ケタを書いてるコンくんwww


相変わらずボードクイズについては
誰が正解で誰が誤答かが分かりませんので、
以下、ダイジェストでお届けします。

2問目、3問目は正解者なし。

4問目はカンでも答えられる問題ではありましたが、
正解が「3」なので、ほとんど意味はなしw

5問目は「今年は“ディエゴ暦”で何年?」
と言う問題。
全員がパスする中、みっくさんだけが
「99」と書いて狙いに行きましたが、
そう甘くはなかったwww
正解は「57」。理由はググれwww

その後、原さんが前半の10問で86まで到達。
そして、次の11問目で
正解が「13」になる問題を正解w

出た、妖怪いちたりないwwww

しかし、その次の問題をしっかり正解して、
圧倒的な強さで1抜けでしたw

その後、19問目で、
正解が「50」になる問題を正解して、
あおえりさんと私が同時に100以上に到達。
あおえりさんの方が数字が大きかったので、
先に説明したルール通り、
あおえりさんが2位、私が3位です。

厄年の問題なんて、厄年に近い人が正解するに
決まってるじゃないですかwww

23問目でしょーせーさんが競馬問題(といっても、
ベタ問)を答えて勝ち抜け。

26問目でみっくさんが5抜け。

もうこの辺まで来ると、黄銅Pくんあたりは、
ギャンブル気味に「自分の願望を書いては、
0に戻る」みたいなことを繰り返していますw

29問目はやや救済的な問題で、
「ジャッキー・ロビンソン以外で、
ニューヨーク・ヤンキースが永久欠番にしている
背番号のうち、1つをお書きください」
という、正解が複数ある問題。

実は、ジャッキー・ロビンソンの42ですが、
ヤンキースとしてはマリアノ・リベラの
永久欠番でもあるので、
「42」は正解になるんですよねw
ただ、それに気づく人は誰もいなかったw


結局最後の問題も正解者は出ず、
この時点でのポイントで、
辻さん、UFOさん、コンくん、黄銅Pくん
という順位になりました。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

あお(1):12P(+2)
コン(1):14P(+8)
原_(1):15P(+1)
辻_(0):21P(+6)
黄銅(0):21.5P(+9)
しょ(1):22P(+4)
みっ(0):24P(+5)
UF(0):25P(+7)
ヤー(0):25.5P(+3)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんか、上位3人と下位6人で
それぞれダンゴになってますねw

ここからどういう展開になるのか…。
それは次回のお楽しみ!
それではまた!
2017 05/15 20:11:01 | クイズ | Comment(3)
Powerd by バンコム ブログ バニー
それじゃ、もう一丁行ってみましょう!
2016年10月例会の模様をお届けしてまいります。

まずは参加者の紹介から。
鰤さん、原さん、辻さん、コンくん、
あっUFOがいるさん、あおえりさん、みっくさん、
しょーせーさん、そして私ヤーロウと、
初参加、黄銅Pさんにお越しいただきました。

黄銅Pさんはなんと中学生!!!
とのことで、ヘタをしなくても
私とは親子ほど年が離れておるんですが…

なんというか、
自分もそんな年になってしまったんだなあ
と、何だか微妙な気分になりつつw
本日は年に一度の遠足ですので、
無理やりにでもテンションを上げていきましょうw


遠足。
それは我が「名古屋初心者クイズサークル」の
一番の名物企画。


普通、よほど何もなければ
室内で行われるクイズ大会を、わざわざ外、
しかも普通の公園等でやることにより、
一般人から奇異の目を向けられに行く、
超ドM企画です!

嘘です

広い所に封筒をばらまく、本格的なバラマキクイズが
やりたかった人が企画したのが、いつの間にか
年に一度の恒例行事になったという企画ですw

一般人に変な目で見られるのは
嘘じゃないけどな!www


てなわけで、今回の企画者は
鰤さんが担当となりました。

昨年のしょーせーさんだったのに引き続き、
遠足の企画としては初めてとなる鰤さん。
やはり昨年と同じく、遠足の会場に
毎年おなじみだった庄内緑地公園ではない、
別の公園を指定されています。

そのおかげで若干迷子者が出ましたが(私も、
公園に到着した時にメンバー誰も見当たらなくって
園内をグルッと一周してしまったw)、
この時点でワクワク感はハンパないですw


そんな迷子の辻さんがようやく会場に到着してw
少し休憩を入れたところで、いよいよ企画開始です。

今回の遠足、企画タイトルは
「Bカップ」

私はCぐらいが一番好きですけどね…。
ってそうではなくwww

本来「Bリーグ」というタイトルが
発表されていたのですが、
参加人数の関係でリーグ戦ではなくカップ戦に
変更されたとのことです。

今日は
予選→準決勝→敗者復活→決勝戦
という流れで戦います。

予選は各ラウンドごとに
1位=1点、2位=2点…9位=9点の
順位点が入ります(いつもと逆で順位が高いほど
点数が少ないです)。

予選で点数が少ない順に4名が準決勝進出ですが、
ポイントは、合計から1位を取った回数分、
「÷2」されたもので争います。

例えば、合計が20Pで、2回1位を取っていれば、
20÷2÷2=5Pが最終的なポイント
ということになります。

ずっと中位をキープするよりも、
1位かドベかという極端な方が
最終的なポイントでは上
ということになりそうですね。

“2位じゃダメなんですか!?”とか言ってた
どっかの党首に聞かせたいですなwww


で、いきなり…

走れーッ!!

ええーっ!?www

なんと、予選1ラウンド目が
いきなりバラマキwwwこれは予想外www

しかも、庄内緑地公園でやっていた頃は
園内に他のお客さんも多くて
迷惑になるといけないので、
バラマキといいつつ、問題を入れた封筒は
自分たちの手元の方に置いて、走って戻ってきて取る
という形式だったのですが、
今回の会場は、広い割にあまり他の客がいないので、
本当に遠くに問題をばらまいて、
それを取りに走るという、本来やりたかった
バラマキクイズがとうとう実現!www


今回は封筒の色によって、
問題の難易度、正解時のポイント、
ハズレ率が変わります。

白は正解で1P、ハズレ率は2/7
黄は正解で2P、その代わりハズレは85%www
青は正解で2P、ハズレも無い代わりに、
問題が超難問です。

2Pで勝ち抜けです。

上手いこと黄色や青で正解できれば
1撃で勝ち抜けですが、
私は、堅実に白を2回正解するのが良いと判断し、
白を持って走ります。

その間に、どうやらコンくんは黄色の封筒、
一発目でハズレを回避し、
問題にも正解して勝ち抜けた模様。
運がええなあw

私は普段の運動不足がたたって、
戻ってきたのは全体の最後w
問題はあったのですが、全く分からず、また走ります。
おかしいな、ちゃんと白を持って来たのにw

次に抜けたのは黄銅Pくん。
白封筒の1Pを2回確実に正解して勝ち抜けでした。

ただ、他の人も白が多いのですが、
どうにも問題がかみ合わず、
スポーツ問題や青い問題などで撃沈している模様。

頑張れば上位抜けもできるかも!
…と、思ったのですが体力が追いつかんwww

そりゃ「運動」といえば、年に1回
こうして遠足で走るだけという私に、
そんな体力あるわけがないwww

そうして必死に走っている間にみっくさんが3抜け。
こちらも白2回。

原さんは本来の運の悪さを取り戻したのか、
白なのに何回も連続でハズレを引いています。

私も、白でハズレを引いたので、
あっさりと方針を変更して
まずは黄色を持参しますが、当然のごとくハズレ。
次に青を持参しますが、当然のごとく不正解w
何やってんだか…。

で、また白に戻して、
せっかく問題があって青問を引いているのに、
声優さんの名前が思い出せずにまた走る…。

こうして音声を聞いていると、逆に
他の人が間違っている問題で私が答えられる問題が
結構あるのに、なぜそれを引けないのかw

そのうち、原さんが勝ち抜け。
トータルで5回もハズレを引いたらしいですが、
それでも4抜けってことで、
いかに私も含めて他の人が苦戦しているかが伺えますw

と、ここで救済措置。
鰤さんが若干封筒のばらまかれている位置まで
近づいてきて、走る距離が短くなりましたw
だからってハズレを引かなくてもいいのにな、
私www

次に白をもってきてようやく正解できました。
この時点でまだ辻さん、UFOさん、あおえりさん、
しょーせーさんが残っています。
あおえりさん以外は全員1Pかな?
風の音がうるさかったりして、
ときどき誰の声か判別できないことがあるので、
あんまり自信ないですw

そんな中からUFOさんが5抜けしました。

あおえりさんはまたハズレ。
あおえりさんもハズレが多くて苦戦中です。
原さん以上ではなかろうかw

しかし、あおえりさんは
この後、運よく得意な競馬問題とスポーツ問題を
引いて6抜け。

この競馬問題の正解だったメジロパーマーが勝った
有馬記念の年が、私が本格的に競馬に興味を
持ち始めた年ですねぇ。懐かしいなw

さすがに馬券は買える年齢じゃなかったですが、
この年の秋天で、トウカイテイオーが失速して
レッツゴーターキンが勝ったときの実況、
未だに覚えてますもんw

と、それはどうでも良くw
これで残りは辻さんとしょーせーさんと私。

辻さんは誤答が多く、
しょーせーさんはハズレが多いw
私も誤答ばっかりしいてます。
ってか、とにかく問題が噛み合わないw
「落差日本一の滝」とか、スケルトンで作ったのに
名前が出て来ないw

そのうち、辻さんが勝ち抜け。
しょーせーさんも黄色で当たりを引いて勝ち抜け、
と、一気に抜けられて終わってしまいましたw

残っていた封筒を片づけて帰りましたとさ…とほほw


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

コン(1):1P
黄銅(0):2P
みっ(0):3P
原_(0):4P
UF(0):5P
あお(0):6P
辻_(0):7P
しょ(0):8P
ヤー(0):9P

※( )内の数字は予選1位の獲得回数

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


何と言うか、9人でのバラマキで
63枚も消化するとはw
久々にきっついバラマキでした…。


ということで今回はここまで。
まだ始まったばかりですが、いったいどんな展開が
待ちうけているのか!?
次回を、乞うご期待!!
2017 05/14 19:48:23 | クイズ | Comment(5)
Powerd by バンコム ブログ バニー
正直、タイマンで負けたことより
ファミコンの問題を間違えたことの方が悔しい…からw

前→第3回 | 最初から→第1回


では決勝戦ですが、その前に
各チームが予選で獲得したチップの枚数をおさらい。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

個包装:9・4・
名無し:3・6・
何だろ:6・2・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このチップがどのように使われるのか!?
では決勝戦、行ってみましょう!
「チップ付与ボードクイズ」

タイトル通りのボードクイズです。
問題数は全部で20問です。

チームのうち1人だけが「メイン解答者」となります。
それ以外の人は、「控え」として
メイン解答者の後ろでひとまず待機します。
今までと同じように、この役割は1問ごとに
ローテーションでグルグル交代します。

問題が出題されたら、メイン解答者、
控えメンバーともにボードに答えを書くのですが、
その際、メイン解答者は
チームが持つチップを1枚使って後ろの控えの
誰かを指名し、「サブ解答者」としての解答権を
付与することができます。

このメイン解答者とサブ解答者の正誤、
および、出題前に提示するチップの色で
ポイントの増減が変わってくるというわけなんです。

チップを使わなかった場合は、
メイン解答者が正解していれば+2、
不正解なら−2です。

チップを使った場合、
メイン解答者が正解で、且つ
サブ解答者も正解だった場合、
赤なら+6、黄なら+4、青なら+3Pが入ります。

メイン解答者が不正解で
サブ解答者が正解だった場合は
赤なら±0、黄なら−0.5、青なら−1Pに
マイナスが軽減されます。

サブ解答者が不正解だった場合は、
チップを使わなかったのと同じになってしまうので
チップの使い損になってしまいます。

これを20問繰り返して、
ポイントの最も多いチームが優勝です。
同点の場合はもうジャンケンということで、
チップが余っていたりしても関係ありません。


…と、いうようにチップの使い方が
非常に重要な形式なのですが、
チップを使う場合、メイン解答者は
サブ解答者が正解しているかどうかはもちろん、
自信がありそうかどうかすら確認しないで、
指名しないといけません。

だから、控えメンバーは
全員メイン解答者の後ろに並び、
メイン解答者は後ろを振り向いたりすることが
禁じられますw
当然、解答時はメンバー同士での相談はナシですし、
通し」もナシですよwww

後ろのメンバーの実力や得意ジャンルを
いかに予測するか、
予選でやった二人羽織クイズと同じような
推察力が求められるクイズというわけですね。


なお、チップは1問につき1枚だけしか
使うことができません。

また、サブ解答者には、同じ人を連続して
指名することはできません。これは
チップを使わない問題を挟んだとしても同様です。


では、まず1問目をやってみましょう。

ウチのチームは私が最初に席につきます。
他のチームは、「個包装」がしおりんさん、
「名無し」が原さんでした。

問題はこちら。
「日本の交通標識で、
形が逆三角形のものは何と何?」

少し迷ったんですが、
自分がほぼ確実に正解できていない上に
後ろの人の誰が正解できそうかが読めなかったので
チップは使わないこととしました。

一方、「個包装」チームは
しょーせーさんを指名して青チップを、
「名無し」チームはあおえりさんを指名して
黄チップを使いました。

そして、全員の解答を一斉にオープン!

正解は「『止まれ』と『徐行』」
ということで、
「個包装」はメインのしおりんさん、
サブのしょーせーさんともに不正解だったため、
チップとは関係なくメイン解答者の誤答で、−2P。
「名無し」はメイン、サブともに正解だったので、
黄チップの効果により+4P。
「何だろ」はチップを使わないでメインが誤答なので、
やはり−2Pと、こういう結果に終わりました。

ウチのチーム、この時、後ろの人で
正解者いなかったんじゃなかったでしたっけ?
音声に入ってなかったんで記憶だけでしたが、
もしそうだったとしたら、
我ながらナイス判断でしたね。
(5/13追記:コメントで指摘があったので修正。
後ろであいんすくんが正解を書いていたそうです。
全然ナイスな判断じゃありませんでしたw)


問題は20問、チップは15枚なので、
どうやっても計5問はチップを使えないわけですが、
こういう「サブに誰を選んでも正解できてなさそう」
な問題に充てるのが一番賢いかと。


では、メイン解答者をローテーションで
交代して2問目です(交代で誰が入ったかは
音声に残っていなかったので今後は省略しますw)。

「スイスとスウェーデンを漢字表記した時に
共通する漢字一文字は何?」

「個包装」はチップを使わず、
「名無し」は原さんに青を、
「何だろ」はあいんすさんに青を使いました。

正解は、漢字にすると「瑞西」「瑞典」なので
「瑞」です。

ここちょっと音声が聞き取れなかったのですが、
ウチのチームは、メインの佐竹さんは
誤答だったものの、サブのあいんすくんが
正解していたため、−1Pに軽減となりました。


…とまあ、こんな感じでやっていきます。

いつものように、ボードクイズということもあって
得点の詳細が追えないので、
決勝戦なのにダイジェスト気味のレポートに
なってしまうことをご了承くださいwww

第3問は、スポーツ(バスケ)の問題だったのですが、
ウチのチームは誰もバスケに詳しそうな人が
いないってことで安定のチップ不使用w
案の定、メインもサブも誰も正解できておらず、
チップをムダにせずに済みました。

それにしても、−2Pなのにホッとするってのも
何か不思議な感じだw
(5/13追記:コメントで指摘があったので修正。
この時は後ろは全員不正解でしたが、
メインのあいんすさんが正解していたそうで、
ウチのチームは+2が正解だったようです。)


第4問は、全チームが赤チップを使用。
それぞれ、しょーせーさん、みっくさん、佐竹さんに
チームの命運が託されましたが…。
全チームが、メイン・サブともに正解w

選ばれなかった後ろの人も含めて
ほとんどの人が正解できていた易問だったので、
まあ、そうなるよねって感じでしたw

第5問。再び私がメインでしたが、
また私には分からない問題…。
ただ、1問目と違って後ろの人なら
答えてくれそうなレベルかな?
と思ったので、青チップをざきおさんに使いました。
ざきおさんが見事正解してくれたので、
−1Pで済みました。

今のところ、ウチのチームのチップの使い方は
パーフェクトだと思うのですが、
なぜか、ポイントが±0Pですね…バグかな?

第6問、佐竹さんが赤チップを使って
私を指名しました…。
度胸ありますねwww
でも、運よく私にもピンとくる問題でした。
メイン、サブともに正解で+6Pを獲得!
他の2チームは青で−1Pだったのでこれは美味しい!


少し飛ばして第9問目、フィギュアスケートの問題で、
私は黄チップをあいんすくんに使いました。
思惑通り正解…と思ったのですが、
あいんすくんに文字の書き間違いがあって、
チップがムダになっちゃいましたw
まあ、私が正解できたので+2Pにはなったし、
赤じゃなかったから良しとしますかw


半分の第10問、ウチのチームは
佐竹さんがメイン解答者だったのですが、
なんと、全チームが一斉に使うチップを提示する際に
提示をし忘れてチップを使えないというハメにw

しかし、佐竹さんは自分が不正解を書いており、
結果的にはセーフだったのかアウトだったのか
よく分からん
ことにwww

一方「個包装」チームは赤で確実に6Pをゲット。
「名無し」チームも赤を出したのですが、
メインが間違えてサブが正解のため±0Pに。
赤チップが少ない「名無し」チームとしてはやや痛いか。


半分が終わったところで、各チームのポイントは、
全く自信はないのですが、
「個包装」が+15P、「名無し」が+17P、
「何だろ」が+10Pじゃないかなと思います。

いずれにしても、7ポイント差までなら
1問で逆転する可能性があるので、
まだまだ接戦と言ってもいいと思います。


…さて、この辺からますます
ポイントの推移が分からなくなっていきましたw
どのチームが誰にチップを使ったかは、
声に発するので分かるんですが、
どのチームの誰が正解かが分からないので、
プラスなのかマイナスなのかも分からないんですねw

写真は撮ったんですが、
最終結果しか撮らなかったからなあw

ってことで、
一気に最終問題まで飛ばしてしまいますw

19問目が終わった時点で
「個包装」チームが21P、
「名無し」チームが22.5P、
「何だろ」チームが27.5P
となっております(多分)。

「個包装」と「何だろ」は
最後に残ったのは赤チップ、
「名無し」は黄チップですから、
「個包装」チームも「名無し」チームも、
自チームだけがプラスで他の2チームが
マイナスになるような展開なら
逆転優勝の可能性が残されています。


では20問目。
「ネイルアートの用語で、ネイルカラーを塗る前に
爪に塗る保護液をベースコートと言うのに対し、
ネイルカラーを塗った後に塗る保護液を何という?」

「個包装」はメインが辻さんで
サブはしおりんさんを指名、
「名無し」はメインがルドルフさんで、
サブはあおえりさん、
「何だろ」はメインがざきおさんで、
サブにあいんすくん
と、こういう指名になりました。

正解は…「トップコート」!

「個包装」はメイン、サブ両者とも正解で+6P、
「名無し」はサブは正解でしたが、
メインが正解できず、−0.5P、
そして「何だろ」は、見事メイン、サブ両者とも正解

ということで、今回の企画、優勝は
チーム 何だろうね
(メンバー:あいんす、ざきお、佐竹、ヤーロウ)
となりました〜!!

やった〜!

チーム戦とはいえ久々の「優勝」www
途中、ちょっとやらかして
ご迷惑をおかけしたりしましたが、
結果は素直に喜んでおこうと思います。
∩(・ω・)∩ばんじゃーい


優勝チームには
いつものように「リアル脱出ゲーム」のグッズなどが
贈呈されました。ありがとうございますw

thum_dank8u3cq26ygvb.jpg
けっかはっぴょー!!(浜ちゃん風に)

ということで、なかなか面白い形式でした。

普通、予選→決勝という流れの場合、
「ポイント」を争奪していって、
そのポイントの多い、少ないで
決勝戦でのハンデ等が決まる
というのが多いのですが、
こういうふうに、ポイント以外のもので
有利不利をつけるというのはいいですね。

結構難しいんですよ、そういうのって。
ゲームバランスのとり方とかw

でも、今回は上手いこと最後の問題まで
全チームにチャンスがある
という状態になっていましたし、
なかなかいい感じだったのではないでしょうか。


予選から順番に振り返っていくと、
第1〜3ラウンドは以心伝心、二人羽織、
そして決勝戦の形式と、
「チームのメンバーが正解できるかどうかを読む」
という形式が多かったですね。

これはやはり「駆け引き」「読み合い」が重要になる
形式が得意な文月さんならではの企画ですね。
今後も、文月さんにはこういう
人の心理をえぐる企画を期待したいですw

ただ、強いて一つだけ難点を言うと、
こういう形式は「今日が初めての参加」
という方にはちょっと厳しいかな…
というところですかね。

誰が「強い」人かぐらいは、
途中で何となく分かるかもしれませんが、
誰がどのジャンルに強いのかは
最低でも数回は例会に参加しないと
分からないですからねぇ…。

とはいえ、自分の企画のときに
新人さんが来るか来ないかっていうのは、
直前になってみないと分からないので、
事前にどうこうするのは難しいですしね。

悩ましい問題ですが、
ちょっと頭の片隅にでも置いておいて
いいのかもしれないと思います。


それから、第5ラウンドの「漢字連想」は
チームメンバーがヒントを考えて味方に答えさせる
という形式でしたけれど、
先の以心伝心や二人羽織も含めて、
チーム戦ということを大いに意識した形式に
なっているのがよかったです。

やっぱり、せっかくチーム戦でやるんですから、
個人戦では味わえない、
「チームメンバーがお互いに協力して勝利を目指す」
というのを堪能したいじゃないですかw

普段はいがみ合っている(?)、プレイヤーが
力を合わせて、目標に向けて頑張るって…
素敵やん?紳助感

今回の企画では、
それがきちんと実現できていたと思います。
私も今後チーム戦での企画を考える場合は
是非参考にさせていただこうと思います。


残り、結構時間があったのですが、
フリーバッティングで
「ルー語」の問題を読んで爆笑したり、
あいんすくんが翌月、大会に出るということで、
練習がてら、オーソドックスな7○3×のルールで
ノーマルな問題の早押しをしたりして終わりました。

ということで、今月はこれにて終わりです。
来月は、年に一度の遠足!
これから音声を聞きますが、
上手く録れているかどうかは…神のみぞ知るw

お楽しみに!
2017 05/12 20:23:12 | クイズ | Comment(5)
Powerd by バンコム ブログ バニー
そうだ、本当に「二人羽織」をする
早押しクイズというのはどうだろう?
後ろの人が手さぐりでボタンを押すのwww
…ないか。

前→第2回 | 最初から→第1回


またまた休憩をはさみまして、
次は第5ラウンドです。
「漢字一文字連想クイズ」

ボードクイズです。
チームごと順番に1問ずつ
連想クイズを出していきますが、
このクイズでは問題を出題するのも、
解答中のチーム以外の別のチームが担当します。

まず、解答するチームは、
解答係を1名決め、それ以外はヒント係になります。
そして、解答者は問題を見ないように
部屋の外へ退出します。

その間に、出題チームは、
「(文月さん判定で)普通に書ける漢字」を
一つ決めます。

そして、解答チームのヒント係は、
その漢字が導き出せるようなヒントとなる漢字を
1文字ずつ3つボードに書きます。

で、解答チームでも出題チームでもない
もう1つのチームは、ヒントを出す順番を
決定します。

これらが全て決まったら解答者を部屋に呼び戻し、
チームメイトのヒントを見て、
出題チームがどの漢字を答えに設定したかを
当てます。

これが1問の流れです。
例えば、出題チームが
「謎」というお題を出したとします。
解答チームは
「問」「解」「推」といったヒントを書き、
順番決めチームが
「推」「問」「解」の順に出すと決め、
最後に解答者が、
その順番に出されていくヒントを見て
お題を当てるわけです。

1つ目のヒントで当てられれば+5P、
2つ目なら+3P、3つ目なら+1Pです。

これを、各チーム3回行います。
全て終了した時点で、
ポイントの多い順に順位がつきます。


出題チーム、解答チーム、ヒント順決めチームの
割り当てに付いては、
1問目、4問目、7問目は
出題が「何だろ」、ヒント順が「個包装」、
解答が「名無し」
2問目、5問目、8問目は
出題が「名無し」、ヒント順が「何だろ」、
解答が「個包装」
3問目、6問目、9問目は
出題が「個包装」、ヒント順が「名無し」、
解答が「何だろ」
で固定となります。

出題は3問なので、
各チーム解答者にならない人も出ますが、
そこはまたローテーションでということになります。

なお、ヒントを書く際、
答えに使われているパーツ(部首)を
そのまま書いてはいけません。
例えば、「鰤」がお題のときに
「魚」をヒントにすることはできない、
ということですね。


さて、1問目。
解答するのは「名無し」チーム。
解答者はルドルフさんに決まりました。
ルドルフさんは一旦部屋の外に。

出題は我が「何だろ」チームです。
まあ、なるべく難しい漢字を考えるわけですが、
ヒントが出しにくいと思われるのは、
具体的な物を指す言葉よりも
概念のようなものを指す言葉ですよね。

ってことで、全員で色々考えたのですが、
まずは様子見…と言いつつ「町」にしました。
「町」って具体的に説明しようとすると
一言でいうのは難しいかなと思って。

で、これに対し、
「名無し」チームのヒント作成係が
「谷」「村」「市」というヒントを書きました。
順番決めチームは、順番を上記の通りだと
決めまして、これでようやくルドルフさんは
部屋に招き入れられます。

1つめのヒント「谷」に対し、
ルドルフさんは「山」と解答しましたが×。
2つめのヒント「村」が出て、
「谷」「村」「新」「司」で「司」が答えだ!
なんて笑いも出ましたがwww

結局ルドルフさんは分からないと言いつつも
見事「町」を正解しました。

2つ目のヒントで出たので+3Pになります。

これはやられましたねー。
直接的な答えの説明になっていなくても、
カテゴリーが同じになるような文字を並べて行けば
なんとなく出てくるものなんですねw


2問目。
出題が「名無し」チーム、ヒント順が「何だろ」、
解答が「個包装」チームに変わります。

解答者はしおりんさんでしたが、
3つ目のヒントで正解、+1Pとなりました。
(ごめんなさい、これ以降、問題もヒントも
音声に残ってない場合が多くて全然再現できませんw
問題やヒントを考えている間は、
部屋の外にいる解答者に聞こえないように、
なるべく声に出さなかったのはもちろんなんですが、
なぜか出題する時も誰も声を発しなかったのでwww)



3問目。
出題は「個包装」、ヒント順は「名無し」、
解答は「何だろ」です。

解答者はあいんすくんでしたが、
結局3つとも開いても正解できませんでした。
ってことはかなりいい問題だったはずなんだけど、
再現できないのが惜しいわぁw
誰か覚えている方、いらっしゃいません?www


で、問題の4問目。
出題がウチのチームだったんですが、
2問目、3問目の間にも出題する漢字の候補を
いろいろ考えていたんですよね。
そのとき、思いついてしまったんだ…私が。
」という鬼畜な漢字をwww

念のために言うとのぎへんの左の部分です。
漢和辞典を引くと「人名用漢字」ってことで
載っていると思います。

以前に、
やはり文月さんの「ダークサイドエンペラー」で、
のぎへんの漢字を書けってお題のときに
正解の中にあった記憶がありまして、
それが蘇ってしまったんですねw

一応、文月さんに見せて確認したところ、
「“普通に書ける漢字”ではあるので、
認めざるを得ない」との返答を得たので、
前の問題が2ヒント目で当てられ、
自分たちは不正解で0Pだったのもあって、
これで行こう、ということになってしまいました。

そりゃ、こんなの当てられるわけはないですわなw

ヒント順を出題するチームが、
「あまりに可愛そうだから
当てやすそうなヒントから
先に出すようにしてあげよう」

って配慮するぐらいなんだもんw

ちょっとやり過ぎました。申し訳ない。
考えた私が全て悪いです。
あいんすくん、ざきおさん、佐竹さんは
無実です。


ただ、その私が言うのは本当にアレなのですが、
ルールとして「普通に書ける漢字」だけじゃなくて
「教育漢字(ないし常用漢字)に限る」というのを
足しておいたらよかったかもしれませんね。

もしくは手間かもしれませんが、
あらかじめ出題する漢字を決めておいて
くじ引きで決めるとか。
一応、今回のルール的には
違反ってわけではないので…。

何はともあれ、「名無し」チームは0Pで
次の問題に移ります。


5問目は
3つ目のヒントで正解して、
「個包装」チームに+1。

6問目は
解答者は私です。

が、結局最後まで答えられませんでした。
出題されたヒントは忘れてしまいましたが…
確か正解は「」だったかな…?
う〜ん、見事にリベンジされてしまいましたねw


7問目。
先ほどよりはもう少しマイルドに「六」を出題w
これもヒントを出すのは難しかろうw

ヒントの漢字は忘れてしまいましたが、
3ヒント目でも答えられず、
「名無し」チームは0Pでした。


8問目。
3つ目のヒントで答えたため、
「個包装」チームに+1P。
これで「名無し」チームと「個包装」チームが
3Pで並びました。
本ラウンドでは同点の場合の上位、下位はないので、
両チームに同じ色のチップが渡されます。

では運命のラスト問題。
解答者は我がチームのざきおさんです。
1つ目のヒントで当てられれば
+5Pでウチが逆転1位、
2つ目で当てれば全チームが3Pで並んで、
全チーム1位、
2つ目で当てられなければ
ウチが単独最下位となります。

が、残念ながら2つ目では出て来ず、
3つ目でも答えられませんでした。
問題が上手かったから仕方ないね。

どんな問題だったかは分からないけどwww


…ということで、「個包装」と「名無し」が
同率1位で赤チップを3枚、
「何だろ」が青チップ3枚という結果になりました。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

個包装:5・4・
名無し:3・2・
何だろ:6・2・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「名無し」チームは
初めての赤チップゲットになりました。
最後は4枚なので、最後も「名無し」が1位なら
赤チップの数は逆転しますね。
それがどう有利不利になるかは分かりませんがw


では、予選最後の6ラウンド目です。
「タイマン指名クイズ」

チーム内で2名だけが席につく、
ノーマルな早押しクイズです。
席につく2名は例によってローテーションです。

まずは席についている解答者全体に対しての
早押しが出題されます。
ここでの誤答はチームで2休です。

正解できた場合、その人は
他のチームの誰か1人を指名して
タイマン勝負を仕掛けます。
この際、席についていない人を指名しても
かまいません。ただし、直前に選ばれていた人を
連続で指名するのはNGです。
それ以外なら休み中の人でも指名できます(その場合、
タイマン問題での休みの消化はされません)。

ただ、「個包装」チームはメンバーが1人多いので、
しおりんさんにはプロテクトをかけて
タイマンでの指名を不可にする
ということになりました。
全体早押しのローテーションについては
普通に5人で回します。

それでタイマン勝負ですが、
これは1問だけの勝負です。
仕掛けた側が正解の場合は、仕掛けた側に+3P、
仕掛けられた側が正解の場合は、
仕掛けられた側が自チームに+1Pするか、
仕掛けた側のチームを−2Pするかを
選ぶことができます(ただし、ポイントが0を
下回ることはありません)。

タイマンでの誤答は、問題を読み切った上で
相手チームに解答権となります。

また、タイマンは完全に1問だけの勝負ですので、
両者誤答、または問題スルーになった場合は、
そこでタイマンは終わり、
何事もなく全体早押しに戻りますw

問題はタイマン勝負での出題も含めて40問限定。
よって、ラストの40問目が全体での正解の場合は、
タイマン勝負が41問目になってしまうので行わず、
代わりに正解者に+1Pが入ります。

なお、同点だった場合は
タイマン勝負での返り討ち回数が
多い方が上位となります。


では、クイズスタート。
1問目は全体に対する早押し。
原さんが正解しました。
原さんは私を指名。
ということで私と原さんのタイマン勝負。
この問題も2問目とカウントされます。

で、まんまと原さんが正解しまして、
原さんに+3Pが入りました。

各チーム、早押し席につく人が
ローテーションで入れ替わって、
次の問題はまた全体に対する早押し…

と、こんな感じで進んでいきます。
文字で書くと、凄く慌ただしそうに
見えるかもしれませんが、
実際はそんなでもないですw


3問目は佐竹さんが正解。
佐竹さんはタイマン相手に鰤さんを指名。
佐竹さんつよきす、否、強気すぎwww

結局、鰤さんが正解しました。
返り討ちですが、元々0Pのチームを
マイナスにはできないので
自チームに+1Pしました。

5問目はその鰤さんが正解。
「お返しで」と佐竹さんを指名w
自分が返り討ちしたんだから
「お返し」はおかしいでしょw
で、結果はきっちり鰤さんが勝って+3Pもゲット。

7問目はあいんすくんが取りましたが
みっくさんを指名して返り討ち、
9問目の辻さんは私を指名して勝利、
11問目のあおえりさんは
ざきおさんを指名して勝利と、
なぜだかウチのチームだけが
フルボッコにされておりますw

13問目はルドルフさんが正解。
タイマンの相手にはレンさんを指名しましたが、
返り討ち。ようやくポイントを持ったチームへの
返り討ちとなりましたねwww
ってことで、「名無し」チームのポイントが
2P減りました。

20問目、全体問題を佐竹さんが正解。
しょーせーさんを指名しましたが、返り討ち
…ってか、半分終わってまだ0Pなんですけど、
ウチのチームw
前のラウンドでやらかしたのが
そんなにダメだったの!?www

しかし、23問目
鰤さんから指名された佐竹さんが返り討ちを果たし、
ようやく我がチームにも1Pが入ったのでした。
めでたし、めでたし。

と、終わるわけにはいかない…はずなんですが、
ウチのチームはどうにも噛み合わないw
私もファミコンの問題で誤答してしまいましたし…。
おかしいな、確か前に同じ問題が出たときは
正解した
記憶があったんだけどw

一方、「個包装」チームが強い。
鰤さんに加えて辻さんが絶好調で、
タイマンで勝って+3Pを
どんどん積み重ねていきます。

最後、39問目にあいんすくんが正解して
ルドルフさんを指名しましたが、返り討ちにされ、
残った+1もきっちり減らされて
0Pでフィニッシュという
オチまでついてしまいましたw
これで本当のめでたし、めでたしとwww

「個包装」チームが+22Pで断トツの1位、
「名無し」チームが+7Pで2位でした。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

個包装:9・4・
名無し:3・6・
何だろ:6・2・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということで、これで予選は終わりです。
ここで獲得したチップがどう使われるかは…
次回の決勝戦をお楽しみに!
2017 05/11 20:06:59 | クイズ | Comment(5)
Powerd by バンコム ブログ バニー
今、改めて聞いたときに、干したスイカの皮を
再度つなぎ合わせてビーチボールを作るなんて
イミフな発想が頭に浮かんだwww…から。

前→第1回


それでは、休憩をはさんで第3ラウンドです。
「二人羽織クイズ」

おー、これも定番っちゃ定番ですなw

ボタンを押す人と解答する人が別々になる、
というのがミソの、
シングルチャンスの早押しクイズです。

今回は押す人も答える人も1人ずつで、
押す人はとにかく押すだけで答えられず、
答える人は、分かっていても押してもらえないと
解答はできません。

押す人が、いかに答える人の実力や
得意ジャンルを推測し、適切なポイントで押して
ボタンをつけられるかが勝負になります。

正解すれば+1P、誤答は−2Pと若干厳しめ。

押す人と答える人は前ラウンドまでと同じように
ローテーションで交代していかなくてはなりません。

問題数は30問限定。30問終了時点で、
ポイントが多い順に順位が決まります。

ただし、同点の場合は
不正解が多い方が上になります。
要するに、「ナイスチャレンジ」ってことですねw


1問目。
「会社を興すのに必要な費用を
イニシャルコストと言う…」

「名無し」チームがここでボタンをつけました。
誰が座っていたかは音声に入っていませんでしたが、
解答者だったみっくさんは、正解できず。
いきなり−2Pスタートになってしまいました。

2問目。
「ガラス板2枚で観察対象を挟みあわせ…」

「何だろ」チームがボタンを押しました。
解答者は佐竹さん。
一瞬「ん?」と戸惑ったものの、
「プレパラート」を正解しました。
これで+1Pです。

こんな感じで進んでいきます。

しかし、これが全チームどうにも噛み合いませんw
押した人を含め、多くの人が分かっている問題で
肝心の答える人が分かっていなかったり、
押す人が自分が分かるってだけで押してしまって、
答える人にとってはサッパリだったり
ということが多くて、全チーム
順調にマイナス点がかさんでいっておりますw

半分の15問が終わったところで、
なんと全チームがマイナスwww

これで、「名無し」チームは焦ったのか、
17問目〜19問目の3問を連続で誤答し、
−6Pとなって、ほぼ終戦

「個包装」と「何だろ」は接戦を繰り広げて
28問目の時点で−1Pで並んだのですが、
「個包装」は29問目で痛恨の誤答

最後の問題は鰤さんが正解したのですが、
惜しくも届かずということで、
「何だろうね」チームが−1Pで1位、
「個包装」チームが−2Pで2位、
「名前はまだない」チームが−10Pで
3位となりました。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

個包装:2・4・
名無し:0・0・
何だろ:4・2・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ん〜、以前に文月さんが同じ形式をやったときは
ここまで誤答連発って感じでも
なかったと思うんですが…。
新しい方が増えたために実力や得意ジャンルを
まだ把握しきれていなかった、ということなのかな?
それともたまたま?w


第4ラウンドはこれです。
「行列早抜けリレークイズ」

どっかで聞いたことあるwww

ノーマルなシングルチャンスの早押しクイズです。
解答席は各チームに2席あります。
正解は+1Pですが、そのポイントは個人に入り、
+2Pとなったら抜けて、後ろの席の人が
代わりに席につきます。
先に全員が抜けたチームから順位がつきます。

ただし、「個包装」チームは1人多いので、
他の2チームは、ラストとその前の人のノルマが
+3に上がります。

解答席につく順番は、元ネタ通り
最初にやったペーパーの得点が高かった順
になります。すなわち、
「個包装」チームは鰤さん・しょーせーさんが
最初に席に着き、以下、辻さん、レンさん、
しおりんさんという順で登場。
「名無し」チームは原さん・みっくさんが板付きで、
あおえりさん、ルドルフさんはノルマが+3P。
「何だろ」チームはあいんすくん・ざきおさんが
板付きで、佐竹さんと私はノルマが+3Pとなります。

問題数は40問限定で、
その時点で全員が抜けられていないチームが
複数あった場合は、残っている総ノルマ数が
少ない方が上になります。

それから、早押しのお手つき・誤答は
“チームで”2休になります。

…また誤答ペナが厳しめですねw
こりゃ何も考えずにバカバカ押せませんな。


ということでクイズスタート。

誤答ペナが厳しめなせいもあってか、
1問目からいきなりスルーになってしまいました。
青がからんだ問題だったので私は分かっていたw

2問目は「名無し」チームの原さんが正解。

3問目はウチのあいんすくんが押しましたが誤答。
これで4問目と5問目はあいんすくん、
ざきおさん共に押せなくなってしまいました。
序盤だからまだいいけど、終盤にやると
よりキツそうですね…。

5問目、原さんが2回目の正解で抜けました。
代わりにあおえりさんが入りますが、
あおえりさんのノルマは3となります。

9問目であいんすくんが遅れを取り戻して抜けました。
ノルマ3の佐竹さんが入ります。

12問目でみっくさんが抜け、「名無し」チームは
アンカーのルドルフさんが登場です。
「個包装」チームは意外にも
鰤さんがまだ抜けていないですし、
しょーせーさんも1○です。

14問目で、ようやく鰤さんが抜け。
辻さんが入ります。

その、入ったばかりの辻さんは続く15問目の
最初の9文字ぐらいが読まれたところで
押して正解!w
キレてるキレてるぅ〜www

16問目、ざきおさんが抜けて、
「何だろ」チームもアンカーの私が入ります。
ただ、今の私にとってノルマ3ってのは
相当頑張らないと…www

17問目でしょーせーさんも抜けて、
「個包装」チームは4人目のレンさんが入ります。
これで最初に座っていた人は全チーム抜けました。
全体の正解数で言えば、
「個包装」が5問、「名無し」が4問、
「何だろ」が5問。
ものすごくいい戦いをしておりますw

25問目で辻さんが抜け、
アンカーのしおりんさんが入ります。
これで「個包装」チームの残りノルマはどちらも2。
「名無し」はあおえりさんが残り1で、
ルドルフさんは3。
「何だろ」も同様に佐竹さんが残り1で私が3です。
数だけ見れば3チームが全く並びましたが、さて…。

26問目であおえりさんが抜けました。
27問目は私が正解。
28問目で佐竹さんも抜けました。
29問目はレンさんが正解。
30問目はスルー

…ということで残り10問になりました。

残りは「個包装」「名無し」が
トータル3問、「何だろ」が2問。
2チーム抜けられるかな?

31問目はルドルフさんが正解。

32問目、33問目は連続でスルー。
どちらもすでに抜けた人には
正解が分かっていたっぽいですが…
仕方ないじゃない、仕方ないじゃない!
早押し苦手なんだもん!
www

元ネタのように、後ろの問題になるほど
難易度が低くなるという仕様は
実装されていないらしいw

34問目、ルドルフさんが正解してリーチ!

35問目、しおりんさんが押しましたが痛恨の誤答!
チーム2休になってしまいました。

その間に36問目、私が正解して追っかけリーチ!

37問目、ルドルフさんが押しましたが、
なんと誤答!
ちょっと引っ掛けっぽい前フリに
まんまと引っかかってしまいましたw

おかげ様で38問目、
私が3つ目の正解をして1抜けとなりました。
いや〜、何とかなってよかったwww

39問目は「個包装」チームオンリーの
問題となってレンさんが正解。
最後の問題、「個包装」のどちらかが正解できれば
同点に追いつく、というところでしたが、
最後は休みから復帰したルドルフさんが正解、
ということで、「名無し」チームが
初めて青以外のチップを手にしましたw

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

個包装:2・4・
名無し:0・2・
何だろ:6・2・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うーん、ここまでチームメイトのおかげもあって
ウチのチームがものすごく好調です。
できればこのままの勢いで優勝といきたいですね。


では、今回はここまでといたします。
次回は…
私がちょっとやらかしちゃいました、てへ☆
な、予選第5・6ラウンドをお送りしますw

あまり楽しみにしないでwww
2017 05/10 20:43:04 | クイズ | Comment(6)
Powerd by バンコム ブログ バニー
お待たせいたしました。
2016年9月例会の模様を
お届けしてまいります。

まずはいつも通り、本日の参加者の紹介から。
文月さん、ルドルフさん、あいんすくん、鰤さん、
原さん、ざきおさん、あおえりさん、
しょーせーさん、辻さん、レンさん、みっくさん、
そして私ヤーロウと、
今月も初参加、しおりんさんにお越しいただきました。
どうぞ楽しんでいって下さいませ。

本日は文月さんが企画者です。
タイトルは「文月流 チーム Battle!!
ということで、今日は予選から決勝までが全て
チーム戦で行われます。

ただ、まずはチーム分け等の前に
ペーパークイズが行われました。
その結果によってチーム分けがされるとのこと。

全20問でしたが、トップは鰤さんと原さんで
15点(近似値問題で鰤さんが上)、
3位はあいんすくんで14点、
以下、ざきおさん、みっくさん、しょーせーさん、
辻さん、あおえりさん、佐竹さん、ヤーロウ、
ルドルフさん、レンさんという順位になりました。

しおりんさんは少し遅れてきて、ペーパーには
間に合いませんでしたので、
最後尾についていただいて、この結果を使って、
「ヘキサゴン」的なジャバラ方式で
3チームのメンバーが決まりました。

すなわち、
Aチーム
鰤さん、しょーせーさん、辻さん、
レンさん、しおりんさん
Bチーム
原さん、みっくさん、あおえりさん、ルドルフさん
Cチーム
あいんすくん、ざきおさん、佐竹さん、ヤーロウ

以降は、この3チームでの戦いとなります。


では、さっそく予選…
の前に、チーム名を“ゆる〜く”決めましたw
どうせ重要じゃないしねwww

ってことで、
Aチームはたまたま鰤さんが買ってきてた
エンゼルパイのパッケージから
チーム 配れるかわいい個包装」www

Bチームは
チーム 名前はまだない

Cチームは、
話し合いが「何だろうね」「何にしようね」っていう
言葉から始まったので、そのまんま
チーム 何だろうね」www

ゆるいwww全体的にゆるすぎるwwww


ということで、あらためて予選のスタートです。
今回の企画では予選が6ラウンド、
その結果をふまえて決勝戦
という構成になっておりまして、
各予選ラウンドでは、
ポイントが入る代わりにチップがもらえます。

予選で1位を取ったチームには
2位は黄色、3位はのチップが、
予選1〜4ラウンドは2枚、5ラウンドは3枚、
6ラウンドは4枚もらえることになっています。

このチップが決勝戦でどう使われるかというと…


そりゃ、もちろん決勝戦までのお楽しみ


ということで、まずは予選第1ラウンドです。
「以心伝心○×クイズ」

各チーム、LIFEポイントを
5P持った状態でスタートです。
問題は15問限定の○×クイズですが、
解答は、チーム内で2人となり、
1問ごとに1人ずつローテーションで
交代していく形となります。

2人の解答が一致していて、
なおかつ正解だった場合のみ正解扱いとなります。

2人の解答が一致したけど不正解だった
という場合は単に不正解なのですが、
2人の答えが○と×に分かれた場合は、
問答無用でLIFEが1減ります。

LIFEが0になると失格となり、
下位で決定となります。

15問完走した場合は、
残りLIFE数×正解数の値が高い方が
より上の順位となります(同点の場合は
LIFEが多い方が勝ち)。
複数チームが同時に失格した場合は
その時点でのポイントの多い方で順位がつきます。


それではクイズスタート!
もちろん、問題ごとにチームで相談して
答えを合わせる、なんてことはルール違反ですが、
事前の作戦タイムぐらいはありました。

…といっても、このルールでは
特に作戦も何もないですかねw
一応、「こういう場合は必ず○を出す」
というような取り決めもできそうですが、
少なくともウチのチームはノープランでしたw

では1問目。
「『こち亀』の主人公、両津勘吉の誕生日は
1月1日である」

1問目から結構ムズイなw
我がチームの先発は私とざきおさんでしたが、
見事に答えが割れましたwww
一応正解は×でしたが、我がチームだけ
早くもライフ減です。

他のチームの状況が音声に入っていないのは
いつものことなのでw
以下はダイジェストです。

序盤は、1問目のような難しい問題が出て
少しライフが減る場合もあったのですが、
中盤は、やや易問が多くなって、
全チーム正解という問題も何問かありました。

特に「個包装」チームが優秀で、
まったくライフを減らさずに8問目まできました。

しかし、10問目で「名前はまだない」チームが
最初にライフ0になり、脱落。

我が「何だろうね」チームもこの時点でライフ1。
が、ここから何とか粘り切り、ライフ1のまま
15問完走を果たすことができました。

が、「個包装」チームは
まだまだ全然ライフが残っており、
実は12問目の時点で勝ちが確定していましたw

そんなわけで、第1ラウンドは
「個包装」チームが1位、赤チップを2枚獲得。
2位の「何だろうね」チームは黄色チップ2枚、
3位の「名前はまだない」チームは青チップ2枚を
ゲットという結果になりました。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

個包装:2・0・
名無し:0・0・
何だろ:0・2・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


続けて第2ラウンドです。
「以心伝心三択クイズ」

またかよwww

全20問の三択クイズですが、
やはり片方が1番、もう片方が2番の札を持ち、
3番を選びたいときは、
両方が上げないといけません。

逆に両方とも上げなかった場合は
0番を選んだ扱いになって問答無用で誤答という…
この形式は、過去に文月さんの遠足なんかでも
何度かやっているので、レギュラー陣には
もはやお馴染みですよねw
正解できれば、+2Pとなります。

ただし、このルールは前半の10問まで。
後半は若干形式が異なり、
前半10問は、第1ラウンドと同じく
2人がローテーションする形ですが、
後半10問は、最低、1人1回出ていれば、
誰がどういう順番で出ても自由となります。

その上、出る人数が3人となり、
それぞれが1・2・3の札を持ってあげます。
すなわち、バッチリ正解の札だけが
上がっている状態でないとポイントにはなりませんw
正解すれば+3Pとなります。

これで合計点の高い方から順位がつきます。
同点の場合は後半戦の正解が多い方が上です。


第1ラウンドと違ってライフが減る
というようなルールはないので、
さっきよりは気楽にあげられますね。

クイズ開始前に佐竹さんが言っていましたが、
前半戦のルールでは、両方が上げなかった場合に
確定で不正解というのがあるので、
分からなかったらとりあえず上げる
というのが確率的には正しいと思われます。


では、第1問。
「『正露丸』の元々の目的は何?(大意)
1:出産 2:戦争 3:睡眠」

まあ、これは有名かなw
全チームが2番の人だけが上げて、正解しました。

2問目。
「トラウマの語源は何語?
1:ポルトガル語 2:フランス語
3:ギリシャ語」

今度は「名前はまだない」チームが不正解。
正解は3番でしたが、
片方しか札が上がってませんでした。

…と、こんな感じで進んでいきます。

第3問
「石川県小松市でスイカの皮が
外に干されている理由は?
1:捨てるため 2:食べるため
3:煮出して飲むため」

急に難易度が上がったwww
何と全チームが不正解。
正解は1番だそうです。う〜ん、良い問題だ。

前半戦、以降も易問と難問が入り混じりつつ
進んでいきますが、どちらかといえば易問が多く、
取りこぼしは少なかったです。

特にウチのチームが絶好調で、
7問目までで、先ほど全チームが間違った
第3問目以外、全部正解を出しています。
が、他のチームもそれほど差が無くついてきています。

8問目でウチのチームだけが間違ったため、
さらに差が縮まり、結局10問目が終わったところで
「個包装」チームが12P、
「名無し」チームが10P、
「何だろ」チームが14Pと接戦でした。

さあ、後半10問です。
ここからはポイントも1問正解で3Pになるので、
まだまだ全然分かりません。

ウチのチームは、早押しと違って三択では
明確に強い人も弱い人もいないだろうってことで、
前半と同じように、そのままローテーションで
人を変えながら戦うこととしました。

他のチームはちょっと分からないので、
覚えている方がいたらフォローよろですwww

後半は、前半のようには
ポイントが増えていきませんw
流石に易問は外さないし、
難問は複数人が札を上げたりして
不正解だしって感じです。

最後まで接戦でしたが、
何とか我が「何だろうね」チームが
2Pのリードを守りきり、1位となりました。
2位は「個包装」チーム、
3位は「名前はまだない」チームでした。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

個包装:2・2・
名無し:0・0・
何だろ:2・2・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


というところで、まずはここまで。
次回は予選3・4ラウンドをお届けする予定です。

それではお楽しみに!
2017 05/09 20:58:02 | クイズ | Comment(5)
Powerd by バンコム ブログ バニー
「ねちょねちょ」は最強カード!
…から。

前→第5回|最初から→第1回


本日最後は、ACEさんが
企画を持ってきてくださいました。

2ラウンドで行われます。
1ラウンドのタイトルは
「直感と連想能力に挑戦する4ヒントクイズ」

年がバレるwww

早押しの答えが連想のキーワードにもなっている
クイズです。

まずは普通に早押しの問題を読み上げます。
1問につき1人1回のエンドレスチャンス。
正解は+1P、誤答は2休ですが、
正解した場合は、さらに、
その答えから連想される言葉を1つ答えます。

タイトルに「4ヒントクイズ」とあることから
分かるように、早押しは4問が1セットになっており、
それぞれが一つの連想クイズの
ヒントワードになっています。

1セットの4問のうち、
1問目で連想クイズに正解できれば+4P、
2問目なら+3P、3問目なら+2P、
4問目なら+1Pがさらにボーナスとして
加点されます。

これを何問か行います。


では、クイズスタート。
1問目は「ブタ」が答えになる問題で、
文月さんが正解。早押し正解で+1Pですが、
これだけでは流石に連想には答えられません。

2問目はあいんすくんが
「夏」が答えになる問題を正解。
連想ワードも「蚊取り線香」と答えて見事に正解!

2問目での連想正解なので、
あいんすくんにはさらに+3Pが加わり、
この1問で計4Pが入りました。

2セット目は、
1問目が「青」、2問目が「戦争」ときて、
この段階ではさっぱりわかりませんでした。
が、3問目で「トゲ」ときて、ここで分かった!
…んですが、
早押しに正解できないと答えられないwww
結局鰤さんが「ベルサイユ宮殿」を正解し、
連想ワードの「薔薇」も正解、
2Pをゲットしました。

…と、このように進んでいきます。

ええと、まずはサクッと飛ばして
結果の方を先に書いちゃいますね。

問題は計10セットやったのですが、
普通に早押しでたくさん正解した鰤さんが
14Pで優勝。
1セット目の連想で+3を取ったあいんすくんと、
6セット目の連想で+3を取った文月さんが
7Pで同点の2位でした。


これ正直、ルール自体は特別珍しくもなく
「良くある」部類だと思います。
ウチのサークルでも過去に誰かが
似たようなのをやったはずです。

しかし、何が凄いって「連想」のレベルですよ。

例えば、
「時計」という答えのヒントが
「美人」「花」「腹」「砂」
だったんですけど、1つ目が「美人」って
ところがニクイw

「銀」「ハープ」「芦田均」「いろは歌」
で答えが「47」とか、ちょっとどういうところから
思いついてるのか想像もできませんw

今日一は最後の10セット目ですかね。
「テレホンショッキング」「サブウェイ」
「アマゾン」「USB」
これで結局、誰も連想クイズの答えは
出せなかったんですが、
正解は「矢印」

それぞれ上記の単語を画像検索して
ロゴを見てもらえば納得すると思いますw

この、1つ目や2つ目のヒントでは
簡単に当てられず、
かといって理不尽になり過ぎず、
答えを聞いたら誰もが「あ〜」と納得できる感じ。
素晴らしい発想力とバランス調整でした。


で、この企画の得点を持ったまま
次の企画に移りました。
「1問多答ハント&トラップ」

これはACEさんが初参加された2月の例会で
鰤さんがやっていた「スナイプ&スナイプ」
オマージュした企画だそうです。

あれですね。私が心理戦の弱さを発揮して
一人だけマイナスポイント
という結果になったヤツwww
こりゃ最初から勝ち目ないわ…。


ルールは以下の通り。
一問多答クイズが出題されますので、
各人ボードに書いて答えます。

答えはいくつ書いても構いません。
誤答は無視して、
正解数と同じポイントが加算されます。

が、司会者のACEさんが指定した
「ハントワード」が含まれていた場合、
どれだけ正解していても0Pになってしまいます。

たくさん書けば書くほど高得点が望めますが、
ハントワードに引っかかる確率も高くなる
というわけですね。

ただし、解答者は自分の解答を1つ、
「トラップワード」に指定することができます。
「ハントワード」と「トラップワード」が
一致した場合、逆に、
正解で入るポイントが2倍になります。

「ハントワード」を読み切ることができれば、
こちらの方が断然有利になりますね。

…たぶんできないけどw


そんなわけで、まずは1問目行ってみましょう。
「一般的な三杯酢を構成する3つの調味料」

正解が3つしかないですw
チキンプレイなら1つだけ解答。
その1つをトラップにするわけなので
少なくとも0点はあり得ません。
男気を見せるなら3つとも解答して、
トラップを当てに行くことですね。
失敗すれば0点ですし、成功すれば
3×2=6Pとなります。

いつものようにボードに書く形式なので、
誰が何を書いたかは分かりませんが、
ACEさんの指定したハントワードは「醤油」

なんと、「醤油」をトラップにした人は
いないということで、
「醤油」にハントされた人は0点、
それ以外に正解を書いた人は
書いた数だけ得点となりました。


2問目は「三本の矢の逸話で知られる毛利三兄弟」
ということで、これも正解数が3でしたが、
今度はトラップも正解して
6ポイントをゲットする人も出ました。

ポイントも追えないので、
残りはダイジェストにしますが、
3・4問目は正解数が4
5・6問目は5…と徐々に
有効回答数が増えていきます。
つまり、後半になればなるほど、
多くの答えを書いて高得点をゲットする
チャンスも生まれる代わりに、その中に
ハントワードが含まれてギャフンとなる可能性も
高くなるということですねw

最後の15問目なんかは
正解数が12ある上、ポイントが2倍ということで、
トラップが成功すれば4倍www

私にとっては、割と得意な方に分類される、
漢字に関する問題だったので、ここで何とか
点数を稼ぎたかったのですが、
見事にハントワードにハントされてしまい
0点でしたw

逆に、最後にトラップを成功させた鰤さんが
トータル70Pで優勝でした。

面白い企画をありがとうございました。


やはり、ボドゲというお手本に
日常的に触れている分、ゲームバランスの
取り方とか、司会者としての場のさばき方とかは
上手いなあと思いました。

特に、企画をやる順番の都合で
時間がケツカッチンになってしまったため、
ちょっと駆け足気味になってしまったのですが、
特別、企画に不備が出ることなく、
つつがなく終わらせられたのが手馴れてる感じがして
ステキでしたw

後半の企画は、
明確なオマージュ元の企画があるため、
やはり新鮮味という点では薄かったものの、
元の企画のルールをシンプルなものにしつつ、
元の企画にあった「駆け引き」の部分を
上手く抽出していて、良アレンジだったと思います。

オマージュ元の企画では、
まず最初に「一般市民」か「スナイパー」かを
解答者が選択する段階で、
ハイリスク・ハイリターンか、
ローリスク・ローリターンかという
ジレンマがあって、
その上でNGワードを読むという
2段階の駆け引きになっていたのですが、
こちらは正解をどれだけ書くか、が既に
リスクとリターンのジレンマになっており、
NGワードの読み合いが毎回発生するという、
1粒で2度美味しい、的な
ゲームデザインになっていました。


以前、確か「ファミ通」に載ってた
コラムか何かだったと思うのですが、
「面白いゲームというのは
ジレンマが上手く表現されている」

という記事を見たことがあります。

例えば、
「敵を倒すためには敵の前に出て
弾を撃たないといけないが、敵に撃たれて
自分がやられる可能性も高くなる」みたいな。

こういう「どっちを取るか悩ましい」というのを
上手くデザインできているゲームが
「面白いゲーム」であるというようなことが
書かれていて、当時の私はそれを読んで
「へぇ〜」といたく感心したものです。

クイズ企画の場合も、形式によっては
「ゲーム」に近いルールになる場合が
多々ありますので、これは是非念頭に
置いておきたい考え方なのではないかと。

もちろん、クイズの実力を重視したい場合や、
何らかのモチーフを再現する場合なんかは
必ずしもジレンマが必要
というわけではないのですが、
上手く使いこなせると「バラエティ」的な企画が
より一層盛り上がること間違いなしです。

ウチのサークルだと、
やっぱり元ボドゲ勢の文月さんが
得意にしてらっしゃいます。

もし、バラエティ的な企画を作りたいけど
上手くいかないと悩んでいるような方が
いらっしゃったら、過去記事で文月さんの企画を
探して読んでみていただくと
大変参考になると思いますよ。


そんなわけで、今回のレポートはこれで終わりです。
今月の例会も、とても楽しく
過ごすことができました。
企画を作ってくださったみなさん、
ありがとうございました。

また次回のレポートもなるべく早めに更新したい
と思いますのでよろしくお願いいたします。
2017 04/16 00:08:54 | クイズ | Comment(3)
Powerd by バンコム ブログ バニー
一六タルト、美味しゅうございました
(↑おすそわけもらった)…から。

前→第4回|最初から→第1回


では、お次はコンくんの企画です。
タイトルは「語彙力争奪!OMOJANクイズ」

「おもしろ言葉ゲーム OMOJAN」という番組を
ご存知でしょうか?
ダウンタウンの松本人志とさまぁ〜ずの二人が
レギュラーで、ごくごく簡単に言うと、
言葉と言葉を合体させて面白いフレーズを
作った人が勝ちとなるゲームなんですが、
それをクイズで再現するという内容です。

早押しクイズと二択クイズの2ラウンドで、
言葉が書かれたカードを獲得、
最後にそのカードを組み合わせて
面白フレーズを発表、という流れです。


それでは、まずは早押しクイズです。
こちらは「『Qさま!』風 早押し辞書クイズ」
ということで、問題のジャンルが
学校の教科で分けられており、
それぞれ、正解の物事に関する辞書風の
説明文が読み上げられるので、
何に関する説明なのかを早押しで当てるクイズに
なっております。

問題は、あらかじめ休憩時間中に
全員に番号を2つ選ぶようなアンケートが
取られていたのですが、
その選ばれた番号の問題が出題されます。

1人1回のエンドレスチャンス、
3問正解で勝ち抜け、お手つき誤答は3問休み。
8人が勝ち抜けた時点で終了となります。

ただ、「最初にこんな傾向の問題が出ます」
と言って、デモ的に5問ほど出題されたのですが、
そこで正解した人はノルマが1減ります
って、それはズルくないかい?www

ともあれ、この早押しクイズの成績によって、
後からもらえる言葉カードの枚数が変わってきます。
カードにはいろいろな言葉やフレーズが
書かれています。
例えば「大学」とか「大御所」とかの
普通の名詞だったり、
「イギリスの」とか「おびただしい数の」とかの
修飾語だったり、場合によっては
「何やゴソゴソすると思ったらパンツの中に」
なんて、文章の一部だったりする場合があります。

このうち2枚を使って、
「何やゴソゴソすると思ったらパンツの中に大学」
とか、笑えるフレーズを作るわけですw


さて、早押しクイズの方ははしょりますが、
1抜けは最初の5問(家庭科)、
得意の日本史、そして地理を取った
海苔さんが1抜け。

2抜けは辻さん、3抜けはあおえりさん、
4抜けはUFOさん、5抜けは鰤さん、
6抜けは原さん、7抜けはあいんすくん、
最後は佐竹さんでした。

普通の早押しクイズのような
「前フリ」がある文章ではなかったためか、
鰤さんや原さんなどの早押し得意なメンバーが
若干苦戦していたのが興味深いですねw

もらえたカードは以下の通りです。
海苔さん:6枚
辻さん:5枚
あおえりさん:4枚
UFOさん、鰤さん、原さん:3枚
あいんすくん、佐竹さん:2枚
その他の人:1枚


続きまして、二択クイズです。
最初に全員に問題と正解が書かれた紙が配られます。
親になった人は、そこに書かれた問題を読み上げ、
子は、それに対して○×とかABとかで解答します。

親は正解者の人数を予想し、当てることができれば
カードが5枚もらえます。
子は、正解すればカードが1枚もらえますが、
親が人数予想を当てていた場合は
カードはもらえません。

これを全員、親が1度ずつ回るまで繰り返します。
つまり、子で全問正解して、
親でも正解者の人数を当てたら
合計18枚ももらえるわけですかwww

親はしょーせーさんから、
座席順に回っていくことになりました。
ということで、しょーせーさんに渡ったのは
こんな問題。

「九州の県庁所在地は、すべて県名と同じ市である?
 ○か×か」

正解は○で、正解者は11人いましたが、
しょーせーさんは正解者10人と
予想していたためハズレ。
○と書いた11人はカードを1枚ずつゲットです。

もちろん、親の予想を外すために、
自分のポイントを犠牲にしてでも
わざと誤答することもアリなのですw
今回はどうだったんでしょうかね〜


…と、こんな感じで進んでいきます。

毎度のことですが、
誰が正解していたかが分からないので
結果だけ紹介しますw

みっくさん、UFOさん、あいんすくんが
親のときに人数を当てまして、
カードを5枚ゲットしました。

最後に、このラウンドでゲットしたカードが
6枚以下だった人に救済措置として、
1問司会者からの出題がありまして、
その結果で各人がカードを手にしたのですが、
やっぱり最終的に誰が何枚ゲットしたかが
音声に残っていませんでしたw

まあ、枚数は重要じゃないのでいいでしょうw
本番はここからです。
いよいよタイトルにもある「OMOJAN」の開始です。

本来の番組では、親が1枚の牌を出し、
他の人はその牌に言葉をくっつけるように
手持ちの牌の中から1枚を出すのですが、
今回は自分の手持ちの中から自由に2枚を選んで
言葉を作るというルール。

言葉を出した後は、それを補足説明するような
トークでさらに笑いを促すこともできますw

発表順は、司会者の独断www
ってことで、まずはあいんすくんがご指名www

ただいまの決まり手は下ネタ

ほほーう。

外しましたなwww
そういう時は、補足説明で
面白い方向にもっていくんよwww
諦めちゃいかんwww

…ってこれ、例え当日爆笑の渦に包まれたヤツでも
こうして文字にして出したんじゃ、
全然伝わらない気がするwww

文月さん、あおえりさんと来て、私にご指名が。

三人連続ねちょねちょ

うん、当日は結構受けたんだけどなwww
やっぱり文字だとイマイチねwww

他にウケてたのは、みっくさんの
口内炎だよ全員集合!

辻さんの
Shall we?枕営業

ACEさんの
またの名を石原良純

鰤さんの
セミプロのたたりじゃ〜

あたりでしょうかw

一人2票で、一番面白かったと思うものに投票となり、

3位は4票で、「Shall we?・枕営業」
2位は8票で、「三人連続・ねちょねちょ」

1位は12票で「口内炎・だよ全員集合!」
となりました〜!

みっくさんおめでとうございま〜す!!

…めでたい…のか?www


さて、コンくんは
今回が初の企画だったわけですが、
特に大きな問題となるような点もなく、
普通に良企画だったと思います。

とにかく最後に全部持ってかれた感は
ありますがねwww

まあ、強いて言えば上で赤字にもしましたが、
勝ち抜けなどに直接関係するような重要なルールは
なるべくクイズ開始前に全て説明する
ってことを
気をつけて欲しいかなってぐらいですかね。

「サプライズ」の面白さというのもあるので、
一概にすべてが間違いではないのですが、
後で聞いて「ズルい」って思われちゃうようなのは
あまりよろしくないので。
今回のはミニ企画だったからまだ良かったですが。

何はともあれ、面白い企画だったので良かったです。
とりあえず、『Qさま!』が大好きだということは
伝わりましたので、あとはこれをさらに深めていくか、
違う方向の企画を作っていくかですね。
できれば、今後はノーマルな早押しクイズとかにも
挑戦して欲しいかな。

次回以降も大いに期待しておきます!


…ちなみに、この後、
このコンくんの残して行った「OMOJAN」カードが
しばらく、主に私と鰤さんとしょーせーさんの間で
2次会の夕食の後の3次会でブームになったのは
また別の話…www


では、次が本日最後です。
ACEさんが2つ企画を持ってきてくださいました。

…が、文章量の都合で今回はここまでとし、
その模様は次回にまわしますw
次回もお楽しみに!
2017 04/14 22:22:11 | クイズ | Comment(2)
Powerd by バンコム ブログ バニー
バッテンチョイスの画像を探してみたけど
あんまりいいのがなかった
…から。

前→第3回|最初から→第1回


ということで、ここまで3回に渡ってレポートした
佐竹さんの企画、ここから私の個人的な感想を
書き綴っていきたいと思います。


最初の方でも書きましたが、
今回の企画に参加してみて、
佐竹さんは正統派な企画を少し捻って
独創的なものにするのがすごく上手いというのを
再確認しました。

特に感心したのは決勝のトーナメントですね。
普通、予選の1ラウンドの結果を丸々潰す
なんて発想はできませんよw

しかも、潰しつつも理不尽にならないように、
潰された結果は、上位が有利になるようにし、
残った3ラウンドの結果も、ノルマや誤答の
ポイントを増やすのに使用することで、
なかなか上手く予選の結果を決勝での有利不利に
落とし込むことが出来ていたと思います。

早押しを全員同時に行うトーナメント戦
っていうのは、以前にもしょーせーさんが
クイズの扉とかでやっていましたし、
それ自体はそんなに珍しい感じはしませんでしたが、
こういったプラス要素が非常に「巧い」と
感じました。

と、いうように
決勝戦は個人的にすごく良かったと思うのですが、
それだけに予選が若干グダってしまったのが
本当に悔やまれますね…。


順番に見ていくと、まずはペーパー。
これはお試し的な要素もあったようですが、
問題の難易度が高すぎましたね。

いや、でもこれ、すっごく気持ちは分かるんですよ。
自分で問題を作るときって、
思わず難しい問題を作っちゃうものなんです。

だって、私がそうでしたからw

「私めのような者が分かってしまうような問題では、
ここにお集まりの皆々様方にとっては
赤子の手を捻るようなもので、とてもじゃないが
ご満足いただけないのではないだろうか…」

という考えに至ってしまうんですよね。
いや、流石にちょっと言い過ぎかなwww

でも、大体そんな感じの思考が働いて、
今さらあんまりベッタベタな問題は
自作問題の中に入れづらい
っていうのはあると思います。
市販の問題集とかに載っていたら
普通に読むんですけどねw

また、どうしても自作する場合は、
自分でも色々調べていたときに
「おっ、これ面白いな、問題にしたろ!」って感じで、
新たに発見したことを問題にすることが
多くなりがちなんですよね。
で、それが実はベタ問でした、
なんてことはあんまりなくてw
普通に他の人も知らないことである場合が大半なので、
難易度が高くなりがちなんですよ。

これも、私が散々経験したことですwww

だから、私は今では、例えベタ問でもいいので、
誰もが答えられるような問題を
意識して混ぜるように気を付けています。
以前に他の記事でも述べましたが、
やっぱり、早押しクイズは
問題を答えてもらうことが基本で、
難問を出してプレイヤーを苛めるのが目的では
ないわけですからね。


そう考えると、予選2ラウンド目も
同じような問題を抱えていたのかなと。

イントロクイズの場合は特に
「誰もが知っている曲を
いかにイントロの部分だけで分かるか」
というゲームなので、
大半の人が聞いたら「あ〜あれか」って
ならないとダメなんですよね。

古い話ですが、以前にJuniorくんが
「過去3年のヒット曲ベスト100位」から
出題するイントロをやったときに、
下位の50曲超が誰も答えられずに
スルー連発ってこともありましたっけwww

特に今回のような「洋楽」なんてジャンルだと
聞かない人は全く聞かないジャンルですし、
「聞いたことはある」ってなっても
タイトルは知らないって程度では
押せないですしね。

以前に私がアイマスクイズで
やらかしたときのように、そのジャンルに
興味が無い人が全くついていけない
感じになってしまいました。

こういう、若干自分の趣味が入るようなジャンルも、
自分が思っているより知名度が低くて
結果的に難易度が高くなってしまうという、
これも「あるある」だと思いますw

自分は詳しいので「これぐらいは知ってるだろう」
と思っていても、世間では全然
ってことはよくあるんですよw

私も「東方project」の問題をたまに作りますが、
毎回、そういう面でガッカリさせられておりますw
前に「東方キャラを嫁に選ぶ」というのを
やったときも、まさか主人公の2人ですら
鰤さんしか知らないとは思いませんでしたw

まあとにかく、趣味的なものを
前面に押し出すときは要注意ということで。

私も、この点においては
未だにやらかすことがありますので、
自戒の念も込めて改めて書いておきます。
趣味問題って作ってて楽しいしね、
ついやっちゃうんだけどねwwww


また、そうして問題のスルーが
多くなったおかげもあって、イントロ問題なのに
曲が長く流れ過ぎて時間を圧迫し、
後半の第3ラウンドや第4ラウンドが
「巻き」になってしまいました。

この辺の時間配分は、佐竹さんが
予選→決勝という流れの企画をやるのが初めて
ということもあって、仕方ない部分もある
とは思うのですが、大きな問題点の一つでした。

例えば第3ラウンドは、
予定ではオーナーを2周することで
「問題の引き」による運ゲー要素を
ある程度軽減するように考えられていたのですが、
1周に短縮されて、それがなくなってしまいました。

第4ラウンドも問題自体が少なくなりましたし、
前半がグダってなくて、もっと時間に余裕があれば、
「ウンチク」が語られるような空気も
作れたかと思うんですが、この時は
「早く先に進める」という空気が支配していて、
ウンチクを語る人がほとんど出なかったのが
残念ですよね。

ただ、こういうプレイヤーのアドリブに
まかせるような企画は、個人的には好きなんですが、
あんまり成功したイメージもないので、
割とギャンブル度が高かったのかもしれませんwww

私も大昔に「即興で嘘の選択肢を考える」
っていうのをやったら
まさかの「ギブアップされる」という経験があって、
それ以来、プレイヤーのボケセンスに
大きく左右される企画は
コワくてほとんどやってませんwww

場の空気を作るのって大事なんだなって、
改めて思いました。


…ってな感じで、またも長々と語ってしまいましたが、
再三申し上げているように、
別に佐竹さんを非難しているわけではなくて、
次の企画に活かしてもらったり、
他の人の参考にしていただければ
と思って書かせていただいております。

決勝戦以外にも、イントロの最後の
司会者がアカペラで歌いやがる問題とかw、
ちょいちょいツッコミどころのある
早押しのフリとか、佐竹さんらしさは
存分に発揮された企画だったと思いますので、
これからも、その色を大事にして
企画を考えてみていただければなと思っております。

次回を期待しています!



さて、そんな感じで
佐竹さんの企画は終わりましたが、
本日は「企画FREEDAY」ですので、
まだ時間はあります。
続きまして、みっくさんが用意してきた
ペーパーをやりました。

制限時間は20分、全100問でしたが、
すごかったのは、
例えば1問目なら「1」に因んだ問題、
2問目は「2」に因んだ問題…100問目は
「百」に因んだ問題、
と全ての問題が統一されていたことですね。

それでいて、“いかにも無理矢理こじつけた”
という感じでもなく、難易度もいい感じの範囲に
収まっていたのが非常に良かったです。

あと良かったのは、解答用紙をキッチリ回収して、
みっくさんが採点したものと
問題ごとの正解率等を集計したものを
後からネット上で公開された点ですね。

オープン大会なんかだと、後で記録集なんかが出て
割とそういう集計結果も載ってたりするんですが、
少なくともウチの普通の例会でそういうのを見ることは
今まで一度もなかったので、とても面白かったです。

このくらいの問題だとこんな正解率になるんだな〜
という一つの指標にもなりましたので、
これを見られた人は
なかなか参考になったのではないでしょうか?

ただ、私個人としては、正解率の分析だけでなく
全員の解答まで完璧に晒されると分かっていたら、
もっとボケ倒しておけばよかった
反省しておりますwww

ちなみに、トップはあいんすくんで79点。
私は61点で7位でした。

というわけで、このペーパーに関しては
特に言うことはございませんw
次回は、何か企画をやっていただけるのを
期待しております!


ってな感じで、一旦ここまで。
企画FREEDAYはまだ続きますよ!
次回はコンくんの企画をレポートします。
お楽しみに!
2017 04/13 18:38:01 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
私は安定の地蔵だったので、
ウンチクも何も、発言権すらなかったよwww
…から。

前→第2回|最初から→第1回


それでは、予選の結果を踏まえて決勝戦です。
「ほどほど好きにやらせてもらう決勝トーナメント」

全員が同時に参加する、
シングルチャンスの早押しクイズですが、
トーナメントの対戦相手との勝負で負けると
早押しから脱落していきます。
最後に残った人が優勝という寸法です。

さて、トーナメントということなので、
まずは組み合わせを決めないといけませんが、
この組合せ決めが非常に面白かったです。

01──┐
08─┐├┐
   ├┘│
09─┘ │
05─┐ ├┐
   ├┐││
12─┘│││
    ├┘│
13─┐│ │
   ├┘ │
04─┘  │
      ├優勝!!
03─┐  │
   ├┐ │
14─┘│ │
    ├┐│
06─┐│││
   ├┘││
11─┘ ├┘
07─┐ │
   ├┐│
10─┘├┘
02──┘

今日は参加者が14人なので、
形はこんな風になります。
1番と2番がいわゆるシードですね。

で、予選の4ラウンドのうち、
いずれかの結果(順位)の順番どおりに
席が埋まっていきます。

そして、その席順決めに使われたラウンドは、
順位ポイントが破棄されてしまいます!!www

破棄されたラウンド以外のポイントの合計点が
自分の「持ち点」ということになって
トーナメント開始となります。

実は、上記の記事では細かく書いていませんでした
(音声に残っていなかった部分もあって
省略しちゃいました)が、全てのラウンドで、
6位以下の1Pしか入らない人たちも
全てキッチリ順位付けをしていたのです。
それは、このときの為だったんですねw


というわけで、まずは予選トップの鰤さんに
あみだくじを行ってもらい、
どのラウンドが席順決めに使われ、
ポイントが無かったことにされるのかを決定。

4ラウンド万遍なくポイントを取っている人は
いいですが、どこか1ラウンドだけ尖った点を
取っている人は気が気じゃないですね、これw

私ら、オール1P組には
関係ない話ですけどね〜w


で、あみだくじの結果、
選ばれたのは第4ラウンドとなりました。
よって、組合せはこちらとなります。
カッコ内はポイントです。

鰤_(15)──┐
ルド(03)─┐├┐
       ├┘│
しょ(03)─┘ │
AC(06)─┐ ├┐
       ├┐││
文月(04)─┘│││
        ├┘│
原_(13)─┐│ │
       ├┘ │
辻_(03)─┘  │
          ├優勝!!
あお(06)─┐  │
       ├┐ │
UF(07)─┘│ │
        ├┐│
みっ(03)─┐│││
       ├┘││
あい(07)─┘ ├┘
ヤー(03)─┐ │
       ├┐│
海苔(04)─┘├┘
コン(08)──┘


各対戦は、基本的に1○1×で決まってしまいます。
が、手持ちのポイントを1P消費することにより、
対戦相手の正解ノルマを1増やすか、
自分の誤答失格を1つ伸ばすかすることができます。

例えば、私が3Pのうち2P使って、
この対戦を海苔さんは2○1×、
私は1○2×というノルマに
変えることができるというわけですね。

もちろん、海苔さんも使うかもしれないので、
海苔さんのノルマが2○2×とかに
なるかもしれないし、私のノルマが
3○2×とかになるかもしれません。

もちろん、使わずに温存しても構いません。
なお、このノルマ変更が可能なのは
各対戦の開始前だけです。
開始前のタイミングでお互いが司会者に
メモを渡してどうするかを申し出ます。

ということでまずは、シードの2人以外の
最初の対戦でのノルマ変更の申請からスタートです。

私は使わないで温存、海苔さんは2P使って
自分の×と私の○をそれぞれ増やしました。
よって、この対戦は私が2○1×、
海苔さんが1○2×での戦いとなります。

他も同様で、
みっくさん VS あいんすくんは
みっくさんが2○4×、
あいんすくんは1○2×になりました。

あおえりさん VS UFOくんは
あおえりさんは3○2×、UFOくんは2○2×。

辻さん VS 原さんは
辻さんが3○1×、原さんが2○3×。

ACEさん VS 文月さんは
ACEさんが2○3×、文月さんが3○1×。

ルドルフさん VS しょーせーさんは
ルドルフさんが1○2×、
しょーせーさんは3○1×となりました。

というわけで、
私としょーせーさんだけがポイントを温存、
他の人はそれぞれ思い思いに使い、
特にルドルフさんとみっくさんは
いきなり3P全てを使い切る形となりました。

私はとにかく3Pしかないので、
もし勝ちあがれたら、上の方で一気に使う作戦で、
1、2回戦は使わずに、準決勝で1つ、
決勝戦で2つ使うような想定をしていました。

まあ、今の私の実力じゃどう転んでも
上の方になんか行けなさそうなので、
使っちゃっても良かったのかもしれませんがwww


では、いよいよ決勝戦のクイズ開始です。
シードの2人は、隣の対戦が決着して
対戦相手が決定するまでお休みです。

1問目はしょーせーさんが正解。
ノルマは3○1×なので、あと2問正解が必要。
対戦相手のルドルフさんは
その間に1つ正解すれば勝ちです。

2問目はUFOくんが誤答。
こちらは3○2×なので、
もう1回×をつけると失格で、あおえりさんの
勝ちが決まってしまいます。

3問目はスルー、4問目はあおえりさんが正解。
5問目は私が正解します。
私のノルマは2○1×なので、
これであと1問正解で勝ちです。

続く6問目。辻さんが誤答。
辻さんのノルマは3○1×なので、
あっという間に失格
原さんは何もせずに勝ちとなりましたw

原さんは自分の対戦相手が決まるまで
早押しはお休みとなります。

9問目、10問目とルドルフさんが
立て続けに誤答してしまい、失格となります。
しょーせーさんが勝ちあがり、
シードの鰤さんと対決することとなりました。

ということで、2人はノルマの変更を提出します。
鰤さんは15ポイントも持っているので、
結構つぎ込んでも大丈夫ということで、
相手のノルマを4つ増やし
自分の×にも1使いました。
しょーせーさんは相手の○を1つ、
自分の×を2つ増やしました。

ということで、
鰤さんは2○2×、しょーせーさんは5○3×
という戦いになります。

それにしても5○はきっついwww

試合再開。
早速鰤さんが正解してリーチw
12問目はしょーせーさんが正解しましたが、
続く13問目を鰤さんが正解して勝ちが決まりました。
うーん、あっさりwww

鰤さんは次の対戦相手が決まるまでお休みです。

続く14問目、あいんすくんが正解。
ノルマは1○2×だったので、これで勝ち抜け、
みっくさんは敗退です。
4×あったんだからもっと押さなきゃwww

16問目はあおえりさんが誤答。
しかし、続く17問目を正解してダブルリーチ。
が、対戦相手のUFOくんも19問目を正解して
お互いにダブルリーチ状態となりますが、
最後はあおえりさんが正解して
勝ち抜けとなりました。

これで、あおえりさん VS あいんすくんの
2回戦となります。
お互いに全く同じようにポイントを使って、
3○2×同士の戦いとなりました。

25問目、海苔さんに「ジャスミン革命」を
答えられてしまい、私の敗退が決まりました。
1×失格だからって
ちょっと慎重になり過ぎてしまったw
分かったのに押さなかった私のミスです、はい。

何はともあれ、これで
海苔さんとコンさんの2回戦です。
海苔さんが2○1×、コンさんが3○2×の
戦いとなりました。

27問目、ACEさんが誤答しました。
すかさず、深夜時代のヘキサゴンで見かけた
バッテンチョイス的な小道具を取り出す
ACEさんwww
何て用意の良いwww

そんなACEさんがその2問後に正解を出して、
2回戦進出です。原さんとの対戦になりますが、
原さんは3○2×、ACEさんは2○3×での戦い
となりました。

念のため、おさらいしておくと
今の状況はこんな感じです。

鰤_(10)━━┓
ルド(03)─┐┗┐
       ┏┘│
しょ(00)━┛ │
AC(00)━┓ ├┐
       ┗┐││
文月(03)─┘│││
        ├┘│
原_(07)━┓│ │
       ┗┘ │
辻_(02)─┘  │
          ├優勝!!
あお(01)━┓  │
       ┗┐ │
UF(04)─┘│ │
        ├┐│
みっ(00)─┐│││
       ┏┘││
あい(02)━┛ ├┘
ヤー(03)─┐ │
       ┏┐│
海苔(00)━┛├┘
コン(06)━━┘

まず決まったのは
先ほど勝ちあがったACEさんと原さんの戦い。
31問目にACEさんが正解して原さんより先に
リーチをかけましたが、
原さんは、なんと直後の32問目から3連答!!
一気に勝ちを決めてしまいました。

さあ、これで準決勝、対戦相手は鰤さんです。
2人ともまだポイントを多めに所持していますので、
お互いにそこそこつぎ込み、
鰤さんは5○3×、原さんは5○2×となりました。

40問目に弓道の問題を正解して
海苔さんが勝ち抜け決定。
流石元弓道部、これは差し込みですわwww

次の問題をあおえりさんが正解して勝ち抜け。
これで準決勝はもう片方の準決勝は
海苔さんVSあおえりさんになりました。
が、こちらはお互いにポイントが少なく、
海苔さんに至っては0なため、
両方ともポイントの使用はナシ。
1○1×同士のガチンコ勝負となりました。

が、43問目にあおえりさんが
得意の地理問題で勝ち抜け。
そうそう弓道の問題は出ないわなwww
これであおえりさんは決勝進出です。

もう一方の鰤さんと原さんの対決ですが、
両者ともに×がついて、両者とも飛びリーチの状態。
○は鰤さんは0、原さんは1です。
これで両者とも押しづらくなり、スルーが増えます。
49問目とか、お互いに同じ解答が
頭に思い浮かんでいながら押せずに、
後でやっぱり正解だったんじゃん!ってなってますw

そして51問目、原さんが2つ目の誤答をしてしまい、
失格。鰤さんが決勝に進出となりました。

ということで、決勝戦は鰤さん VS あおえりさん。
鰤さんは4ポイント残っているので、
あおえりさんの○を3増やし、
自分の×を1増やしました。
あおえりさんは1ポイントしか残っていなかったので、
これを自分の×に使いました。
すなわち、鰤さんは1○2×、あおえりさんは4○2×
という戦いになります。

…まあ、これでは仕方ないですよねw
最初の問題はあおえりさんが正解しましたが、
次の問題であっさり鰤さんが正解して、
鰤さんの優勝となりました。

おめでとうございま〜す!

鰤さんには愛媛土産の「一六タルト」が贈られました。



…ということで、実に佐竹さんらしい企画でした。

かなり記事が長くなっているので、
感想等は次回にまわさせていただきますw
次回もお楽しみに!
2017 04/12 19:37:35 | クイズ | Comment(5)
Powerd by バンコム ブログ バニー
「ラジオ・スターの悲劇」ってったら
1979年の曲だかんねwww何で知ってんだwww
…から。

前→第1回


それでは第3ラウンドです。
「ほどほど好きにやらせてもらう多答クイズ」

ルールは以下の通りです。
まず、誰か1人が「オーナー」になります。

オーナーが問題番号を選び、
それが読み上げられたら、
全員が一斉にボードに答えを1つだけ書きます。
この際、司会者の佐竹さんも1つ書きます。

オーナーを含め、
正解していれば+1P、不正解なら−1Pですが、
オーナーは誰かと答えが被っていれば
その人から1Pを奪うことができます。
なので、オーナーはなるべく誰かと被るような
答えを書き、オーナー以外の人は
被らせられないように答えを書くわけです。

なお、非オーナー同士が被っていても
何も関係ありません。
また、誤答で被った場合でも、
被ったこと自体はプラスになるので、
オーナーは誤答被りでも
ポイントはプラスになります。
逆に、非オーナーは−2Pで悲惨なことにw

それから、佐竹さんと答えがかぶった場合ですが、
これは+3Pのボーナスになります。
しかも、これは非オーナーの人でも
得られるボーナスです。

佐竹さんの解答が予想できるようなら
積極的に狙ってみてもいいのかもしれません。
予想できるようなら、ねw


問題は1問ごとにオーナーが順番に
全員に回っていき、1周するまでで終了です。
その時点でのポイントが多い順に順位点となります。

オーナーの順番は、たまたま席に座っている順番で
海苔さんから開始されることとなりました。


第1問はこんな感じ。
「スマホ版『ドラゴンクエスト』で選べる、
主人公キャラの職業【正解数9】」

う〜ん、スマホ版は正直知らんけど、
恐らくファミコン版、スーファミ版と
そんなに差はないでしょ。とすると、
あとは以下に佐竹さんと被らせるかだな…。

自分が何て書いたかは忘れちゃいましたが、
佐竹さんの解答は「戦士」でした。一番普通?
そして、なんと
オーナーの海苔さんが書いたのも「戦士」。
他に「戦士」と書いたのは原さんとACEさんで、
海苔さんは
正解1P+2人被り2P+ボーナス3Pで
計+6Pとけっこう稼ぎました。

被らされた原さんとACEさんは
正解1P−オーナーと被り1P+ボーナス3Pで
計+3P。

誤答はUFOさんだけで、−1P、
他は全員正解で+1P、とこうなりました。


予定では、オーナーは全員2回ずつやる
構想だったようですが、
それまでの2ラウンドで時間が押して、
1周で終わることになったため
自分がオーナーになったときの問題の「引き」が
かなり重要になりましたね…w

さて、残りはいつも通り、
ボードだとポイントが正確に追えないので
ダイジェスト&結果だけをお伝えします。

まあ、といっても4問目の
「ローマ帝国の五賢帝」の問題で
私がオーナーと誤答で被るというねwww
しかも、クイズ開始前に
「誤答で被った場合はどうなるんですか?」
って質問したのが、
他ならぬ私だったというねwwww

しかも、最後の問題で
再び誤答被りをやらかすとwww

もう、このコーナーはこれだけでいいでしょwww


というわけで、いきなり結果です。

1位は16PでACEさんと原さんが並びましたが、
ジャンケンでACEさんが勝ちました。
3位は13Pで鰤さん、4位は12PでUFOさん。
5位は10Pで3人並びましたが、
文月さんが勝ちました。

ちなみに、2回も誤答被りをやらかした私は
4Pで13位でしたw

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:15P(+4)
原_:13P(+5)
AC:8P(+6)
コン:8P(+1)
あい:7P(+1)
UF:7P(+3)
あお:6P(+1)
海苔:4P(+1)
文月:4P(+2)
みっ:3P(+1)
辻_:3P(+1)
しょ:3P(+1)
ルド:3P(+1)
ヤー:3P(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


それでは予選最後の第4ラウンドです。
「ほどほど好きにやらせてもらう補足説明クイズ」

全15問、シングルチャンスの早押しクイズ。
正解は+1P、誤答は−3Pとなります。

が、ここからが面白いところで、
正解者は、その問題や正解等に関して
ウンチクや小話などを語ることができますw
司会者がそれを面白いと判断すると、
ボーナスが+1か+2されますwww

また、誤答した場合も、
その誤答に対する言い訳をすることができ、
内容に応じてやはりボーナスが与えられて
マイナスが−1か−2かに軽減されますwww

もう、これは完全に司会者の独断で判断されます。
いちおう、つまらないからといって
正解したのにマイナスなんてことには
ならないそうなので、
何でも言ったもん勝ちでございますwww

うん、実に佐竹さんらしい企画ですなw


とりあえず1問目。
正解が『ソードアート・オンライン』になる問題を
UFOさんが正解。
ただ、ウンチクは何も出て来なかったw
+1Pだけです。

2問目。
正解が『若菜(源氏物語の巻名)』のになる問題を
同じくUFOさんが押しましたが、誤答。
言い訳も何も出て来ずに−3Pでした。

3問目。
鰤さんが「ソフトボールで主将がつける背番号」
の問題に正解。
前フリで監督は30というのは既に出ていたので、
コーチは31という情報を付け加えて、
+1Pのボーナスを得ましたw

と、まあこんな感じで進んでいきます。


が、このコーナーは何と言うか惜しかったですw
せっかく正解しても、あんまりアドリブの効くような
問題(正解)じゃなかったり、
そもそもちょっと時間が押していて、
問題も少なくなっていたりして、
さほどじっくり語るような雰囲気でもなかったので、
正解してもウンチクを語れず、
単に+1P、というのが多かったです。

結局、鰤さんが4問正解し、
ウンチクも一言だけって感じで語って、
それでも+6Pで1位。

正解は1問だけでしたが、
夏目漱石の『こころ』が教科書に採用される際の
ウンチクを語ったコンくんが+3Pで2位。
あおえりさんが+2Pで3位、
辻さんが+1Pで4位、
原さんが誤答で言い訳して−2P。
UFOさんは正解も誤答も3問ずつで
トータルでは−3P。

あとは全員地蔵という結果でした。
結局ジャンケンで勝ったACEさんが5位でした。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:21P(+6)
原_:14P(+1)
コン:13P(+5)
あお:11P(+4)
AC:10P(+2)
あい:8P(+1)
UF:7P(+1)
辻_:6P(+3)
海苔:5P(+1)
文月:5P(+1)
みっ:4P(+1)
しょ:4P(+1)
ルド:4P(+1)
ヤー:4P(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということで予選は終わりです。
今回は予選落ちはなく、全員が決勝に進めるようです。
決勝の模様は次回です。お楽しみに!
2017 04/11 21:46:51 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
みなさま、大変お待たせいたしました。
2016年8月例会の模様をお送りいたします。

まずはいつものように当日の参加者紹介から。
しょーせーさん、原さん、あいんすくん、鰤さん、
海苔さん、辻さん、あおえりさん、佐竹さん、
文月さん、そして私ヤーロウという
レギュラー陣に加え、
コンくん、みっくさん、ルドルフさん、
UFOさんというレギュラー定着を目指す
メンバーも多数ご参加。
さらには、「きなボド!」から2回目の参加となる
ACEさんにも来ていただきました。

というわけで、本日も総勢15人でございます。

今日はいつもの集会室が取れなかったので
和室での開催となるのですが、この人数だと
和室は2部屋取らないと入りきらないですよね…。

これがアレですか、「嬉しい悲鳴」ってやつですかw


さて、今月は「企画フリーデイ」ということで、
当サークルで企画をした経験の少ない方を中心に、
何人かの方にミニ企画をやっていただきます。

過去記事を読んでいただければ分かりますが、
今でこそ、当番制のような感じで
誰かが1日通しの企画を作って来るのを
メインにしている我がサークルも、
最初のうちは、今日のような感じで
誰とは決めずに、思いついた人が、
長くても2時間ぐらいで終わるような企画を
作ってきて、それを順番にやっていく
というスタイルでした。

そういう緩い感じで参加できる回も
たまにはアリですよね。


ってことで、
本日最初は佐竹さんの企画からとなります。
タイトルは…
ほどほど好きにやらせてもらいます

いいタイトルだwww

予選が4ラウンドあり、
それの結果を踏まえて決勝戦という、
少し長めの、いつもの1日企画に近い感じの
構成となっております。

佐竹さんは、それこそ上で述べたような
毎回フリーデイの頃や、クイズの扉などにおいて
単発で企画をされたことは何回かありますが、
こうして、予選→決勝という手順で進む企画は
初めてになります。

過去には歌を歌わせたり、ボケ解答上等だったりと
正統派なクイズにバラエティ色を混ぜて、
「ありそうでなかった」という企画を作るのが
上手い印象がある佐竹さんなので、
非常に楽しみでございますw


それでは早速予選からです。
予選は4ラウンドとも以下の順位点が入ります。
1位=6P、2位=5P、3位=4P、
4位=3P、5位=2P、6位以下=1P

予選第1ラウンドは
ほどほど好きにやらせてもらうペーパークイズ

“いたって普通”のペーパークイズだそうです。

全50問+近似値1問、制限時間は15分です。
近似値も最も近い人に1P入るそうなので、
満点は50点ではなく51点になります。

せっかく解答用紙を作ったのに
持ってくるのを忘れてしまった
とのことで、解答はルーズリーフに書くことにw

“いたって普通”とか言っておきながら、
1問目・2問目がいきなり
「曲を聞いてタイトルを答える」
「曲を聞いて歌っている歌手を答える」
という問題でしたがww
まあ、それ以外は確かに普通。
ただし、問題文の途中にところどころ
テレビのP音のごとく取り消し線が引かれていた
のは謎ですがwww

しかし、それより何よりこのペーパーが
一番“普通じゃない”ところは、その難易度!

良い問題ではあるんだ。
「聞いたことはある、見たことはあるけど、
それについて細かくは知らない」
ってところを絶妙についてくるんだwww

きっと調べれば「へぇ〜、勉強になるわ〜」
ってなる問題ばかりなんだけど、
今の私には強敵すぎたw

結局50問もありながら
正解できたのはたったの3問。

ただ、1位の鰤さんでも16点というところで
全体の難易度を察してくださいませw
2位はあいんすくんで13点、
3位は原さんで12点、4位はUFOさんで11点、
5位はあおえりさんで10点
という結果に終わりました。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:6P
あい:5P
原_:4P
UF:3P
あお:2P
みっ:1P
辻_:1P
しょ:1P
ルド:1P
海苔:1P
ヤー:1P
文月:1P
AC:1P
コン:1P

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


続けて第2ラウンドです。
ほどほど好きにやらせてもらう
イントロっぽいクイズ


基本的には曲を聞いて曲名を答える
いわゆるイントロクイズですが、
ときどき毛色の違う問題もあるとのこと。

解答は1人1回のエンドレスチャンス。
正解すれば+1P、
誤答はその問題の解答権を失います。
また、その問題で最後に誤答した人は
次の問題で最初に押せなくなります。

例えば、ある問題で
海苔さんが誤答、私も誤答、文月さんが正解、
となった場合、
海苔さんは次の問題に参加できますが、
私は誰かが押すまで休みとなります。
その際に誤答だったら、以降は私も参加できます。

これを全35問行い、
終了時にポイントの多い順に順位点が入ります。


さて、それではクイズスタートなのですが、
1ラウンド目に引き続き、
こちらも難易度が非常に高かったですw

まず、1問目から
ひめキュンフルーツ缶
愛媛県のローカルアイドル)」
とか、そら無理やろwww

2問目以降も
「SEX MACHINEGUNS」「Superfly」「加藤いづみ」
「水樹奈々」と
立て続けに愛媛出身者の曲がwww
ってか、ネタバレがなかったら気付かんわwww

とまあ、ここまではネタとして消化できるし、
まだ良かったんですが、6問目から20問目までが
怒涛の洋楽オンパレードw
しかもヒップホップやロックバンドなど、
趣味が合わなければ聞かないジャンルの曲の連続で、
全員がかなり苦戦していました。

「どっかで聞いたことあるな〜」って曲も
確かにあったのですが、(例えば「エミネムさんが
教えてくれるシリーズ」の曲とかwww
あと9問目の「恋のから騒ぎ」のOPの曲とか)、
だからといって曲名を答えられるかと言われると…。

まあ、そのあたりのコメントは後で
まとめてさせていただくとして(暗黒微笑)www

20問目が終わったところで、
トップは原さんの3P、
それをあおえりさんと私が2Pで追うという展開。
いかにスルーが多いか分かるでしょうwww

21〜25問目は、タイトルが同じ曲を3曲聞いて、
分かったところで答える問題。
26〜30問目は、同じく3曲聞いて、
タイトルに共通してつく言葉を答える問題。

と、この10問でここまで0Pだったコンくんが
この形式がよほどハマったのか、
4問答えて一気にトップに! 
特に27問目「ラジオ・スターの悲劇」を
押して答えるとか、
キサマもアレか、年齢詐称か!www

最後、31〜35問目はなんと佐竹さんが
自らアカペラで歌うというイントロクイズwww
斬新wwww
これだよ、これが佐竹さんですよwwww

このコーナーでは鰤さんが2問正解して
トップに並んだところで終了。
ジャンケンの結果、コンさんが1位、
鰤さんが2位になりました。
3位は4Pの原さん、4位は3Pのあおえりさん、
5位は2Pで私と海苔さんが並びましたが、
海苔さんが勝って2Pを取りました。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:11P(+5)
原_:8P(+4)
コン:7P(+6)
あい:6P(+1)
あお:5P(+3)
UF:4P(+1)
海苔:3P(+2)
みっ:2P(+1)
辻_:2P(+1)
しょ:2P(+1)
ルド:2P(+1)
ヤー:2P(+1)
文月:2P(+1)
AC:2P(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ってなところで、今回はひとまずここまで。
次回は予選の3ラウンド目からです。
お楽しみに!
2017 04/10 01:18:25 | クイズ | Comment(5)
Powerd by バンコム ブログ バニー
4マス分に戦艦がいるかどうか分かるレーダーとか
好きな3マスに攻撃できるミサイルとかあったな〜…
懐かしい…から。

前→第4回|最初から→第1回


では、敗者復活の海苔さんを加えた
6人の戦いとなって、9問目から再開です。

9問目はソラーロさんが正解。
「E−6」を指定しますが、これもハズレ。

…これでしょっぱなから
海苔さんの艦が落とされたりしたら
超面白かったのにwww

続く10問目。あおえりさんが誤答。
この場合は、自分の艦の位置を
全員にさらさなくてはなりません。
あおえりさんは「B−8」と表明しました。

これで、誰でも「B−8」を
狙って落とすことが可能ですが、
万が一、他の人が同じ場所に艦を置いてたら
いいとばっちりですねwww

スルーを1問挟んでソラーロさんが正解して
その「B−8」を攻撃。
あおえりさんの戦艦が「どかーん(棒)」といって沈みましたw

14問目。
鰤さんが正解して「なぜ角を取らん」と
「A−1」を攻撃。
それは先月終わったでしょwww

しかし、この攻撃であいんすくんから
どかーん」の声。
初めてシークレットの状態から攻撃が当たりましたね。
それにしても、いい大人が
どかーん」って口で言ってるのはマヌケだwww


その後、5発ほどは外れましたが、
22問目で、鰤さんがまたあいんすくんを
1機沈めます。

まだ、1マスでダブルヒット、
トリプルヒットは発生しませんね。
そもそも被ってないのかもしれませんが…。


24問目、あおえりさんが誤答。
ダブルチャンスなので、これを海苔さんが正解。
あおえりさんがマスを晒して、海苔さんが即破壊w

しかし、次の問題でソラーロさんの攻撃により、
海苔さんの1機が撃沈!
これで海苔さんは残り1機に。
敗者復活の星、頑張れ〜!


38問目。あおえりさんの攻撃で、
ついにトップの鰤さんが「どかーん
と、思ったら同時に
あいんすくんも「どかーん」www

あいんすくんはこれで残り1機です。
何か集中して当てられてますが、
これは、ただただ運が悪いとしか
言いようがないですね〜。
誰もあいんすくんの配置を読み切って
攻撃とかしてるわけじゃないでしょうからw

そして、あおえりさんは初の「回避権」をゲット。
自分が当てられたときに一度だけ
回避ができるという非常に心強い権利です。
これをうまく生かして逆転なるか!


42問目。
ソラーロさんの攻撃で海苔さんが「どかーん」!
なんと、敗者復活から這い上がったのに、
真っ先に敗退してしまいましたw

戦艦が少ないということは
ヒットされる率も少ないということだから
もう少し粘れると思ったんだけどな〜
運がないですなあw

とはいえ、全体を見ると48問が終わって
64マスのうちの半分、
32マスが開けられたのですが、
撃沈された艦が全部で10、
残っている艦が全部で15。

いや、みなさんちょっと
引きが悪すぎやしませんかwww
もしくは複数人が同じところに被りまくってるのか?


55問目にあいんすくんが
鰤さんとあおえりさんをダブルヒットして
あいんすくんは「回避権」をゲット。

あおえりさんは「回避権」を持っていましたが、
最後の1機で使うため、
敢えてここでは使わないという選択。

ただ、仮にあおえりさんがここで
回避権を使っていたら、あいんすくんの攻撃は
ダブルヒット扱いになったんでしょうか?
もし、ならないんだったら、
あいんすくんに「回避権」を渡さないように、
あおえりさんが「回避権」で攻撃を避けても
よかったんじゃないかと思うんですが、
どうなんでしょ?w

何はともあれ、これであおえりさんもラス1。
ラス1の2人が両方とも
回避権を持っているという状況になりました。


その2問後、あおえりさんが誤答。
これで、あおえりさんは
最後の1機を晒さなくてはなりません。
実は晒している状態の戦艦に回避権を使っても、
移動先を晒さなくてはならない
というルールになっています。
なので、結果的に先ほどの作戦は
失敗になってしまいました。

案の定、次の問題を正解した鰤さんは
あおえりさんの最後の1機を攻撃。
あおえりさんは回避しますが、
その移動先も晒さなくてはなりません。
しかし、この攻撃で
実はソラーロさんにもヒットしていたのです。
ソラーロさんも回避権を使用。
こちらは潜ったまま、攻撃済みのマス以外の
好きな場所に移動できます。

次の問題であおえりさんが攻撃したマスが
あいんすくんにヒット。
しかし、こちらも回避権で別の場所へ。
一気に回避権が消費されましたwww

次の問題。あいんすくんが正解。
あいんすくんは敢えてあおえりさんに
トドメを刺しに行かず、未開拓の場所を攻撃。
しかし、これはしょーせーさんにヒット
しょーせーさんは全ての艦を失ったので
これで終了です。お疲れ様でした〜。

さらに次の問題で鰤さんが正解。
今度は容赦なくあおえりさんを潰しに行って、
これであおえりさんも終了。

62問目。あいんすくんの攻撃で、
ここまでずっと神回避を続けてきた
ソラーロさんにようやくヒットw

65問目。あいんすくんと鰤さんが揃って誤答。
あいんすくんは最後の1機の位置を晒しました。
鰤さんは既に晒している艦があったので、
それを自ら破壊しました。

次の問題をソラーロさんが取って
あいんすくんも終了。


さあ、これで鰤さんとソラーロさんの
一騎打ちになりました!
この段階で残りは17マス。
この中のどこかに鰤さんの戦艦が2機、
ソラーロさんの戦艦が4機ありますw

しかし、ここから2人が粘る粘るwww
鰤さんが3問、ソラーロさんが4問答えますが、
全てポチャン。
さらスルーを2問挟んで、鰤さんが3連答。
1つはヒットしますが、2つはポチャン。

これで残りは7マス。
残りの戦艦は2人合わせて5機。
確実に何マスかはお互いに被ってるでしょうねw

ここからさらにソラーロさんが1問、
鰤さんが1問正解しますが両方とも外す。

次の問題を鰤さんが正解して、ようやくヒット。

さあ、これで2対2で並びましたが、
残るマスも4マス。

次の問題。ソラーロさんが正解しますが、
鰤さんの戦艦は落ちず
ということは、お互いに被っているマスが
1つ以上はあるということ。

スルーを挟んで次の問題。
ソラーロさんが正解して、
今度は鰤さんの艦にヒット!

これで、次にソラーロさんが正解した場合、
自分のマスを攻撃する以外なくなってしまいます。
この場合は、そこでゲーム終了となり、
残り機数の多い方が勝ちになるので
1機多いソラーロさんが優勝となります。

鰤さんが正解した場合は、
鰤さんはソラーロさんの艦をヒットでき、
1対1で残り1マスになってしまうため、
こちらもゲームは終了。
ただし、同点で並ぶことになるので、
優勝決定の1○1×が行われます。

さあ、果たして結末は!?


【問題】
「音楽で2つ以上の曲をつなげて演奏することと、
水泳で個人/」

点いたのはソラーロさん!
答えは…「メドレー」

正解!!

優勝はソラーロさんでした〜!!


いやー、すごい激闘でしたwww
まさか全マスが埋まるまで
行くとは思いませんでしたよ。

私は途中から完全に観客でしたが、
楽しかったですwww



そして、戦争は終わり、
上位4人には賞品が贈呈されました。

前回と同じく商品も漢字四文字ですw
「竜攘虎搏」「梁上君子」
「最速列車」「夏炉冬扇」

この中から好きなのを選んでもらいます。

ソラーロさんが選んだのは「最速列車」。
北海道新幹線のグッズでした。

鰤さんは「梁上君子」を選択。
これってネズミのことなんだそうですw
というわけで、ディズニーのゴルフボールでした。
なぜゴルフボールw

あいんすくんは「竜攘虎搏」。
竜だけにドラゴンボールのタオルセット。
…虎はどこに行ったんスかwww

あおえりさんは「夏炉冬扇」。
ウルトラマンのブランケットと
何度でも使えるカイロ。
一瞬錯覚しますが、
これは7月例会のレポートなんでねwww
熟語は間違ってないですw

で、5位のしょーせーさんと6位の海苔さんにも、
「ラッキーピエロ(北海道のハンバーガーショップ
チェーン)」のグッズ、敗者復活で散った人々にも
参加賞的にお菓子をいただけましたw


残りの時間はフリーバッティング等を行いました。

実は、決勝戦の途中で佐竹さんが
入ってこられたのですが、敗復もすでに
終わってからだったので参加してもらいようがなく、
ずっと見学しててもらってたんで、
そりゃもう人一倍張り切って
押してらっしゃいましたw



いや〜、今回も面白かったです。
原さんの企画は、どれも大ハズレがないんですよねw
特に、毎回プレイヤーに「見せる」ということに
工夫しておられるので、新鮮に映ることが多いです。

今回も、最初の語源クイズでは、
問題を印刷してきて全員に見せて解答させたり、
決勝戦でも、マスを印刷した紙に
シールを貼ったりして、プレイヤーの視覚に訴える
工夫がされていました。

こういうサービス精神はぜひ見習っていきたいな
と思う次第でございます。


さて、そんなわけで、年末年始の休みを利用した
怒涛の音声聴き&記事更新期間は終了しましたw

ここからはまた
ゆっくり進行になることと思いますが、
いずれ次回も更新しますので、
気長にお待ちいただければ幸いです。

次はGWにでもラッシュできたらいいかな〜www
それでは、また!
2017 02/11 00:50:40 | クイズ | Comment(6)
Powerd by バンコム ブログ バニー
どうでもいいけど、
全国あまたのクイズサークルで、これほど
カジノチップが活躍するサークルもあるまいw
…から。

前→第3回|最初から→第1回


それでは前回の続きで、
予選最後のラウンド、「取捨選択」の第2組です。

最初のセットに各人が選んだのはこちら。

あ: コ: ざ: ソ: し:

6問目までは1対1の状態であいんすくんが
3○して点を稼ぎました。
が、7問目にソラーロさんが正解して5Pゲット
最後の問題はスルーになりそうなところを
赤の2人が無理矢理答えましたが正解ならずでした。


2セット目。
あ: コ: ざ: ソ: し:

なんと、1問目〜4問目まで連続でスルーと、
赤チップのあいんすくんにとっては美味しい展開。
結局、しょーせーさんが2○したものの、
あいんすくんが8問目を取って5Pゲット
また、青だったざきおさんは
誤答で飛んでしまいました。
2セット目の青は地雷なんでしょうかw

3セット目。
あ: コ: ソ: し:

なんと、今度はソラーロさんが6問目まで単独だw
これは厳しい…。
特に順位争いをしているしょーせーさんにとっては
最悪ですねw

で、ソラーロさんは
まんまと6問目までに5○の荒稼ぎw
しかも、7問目も正解して、
8問目を誤答したものの、
この1セットで10Pを獲得。
一方、しょーせーさんは8問目も誤答で
ポイントが取れず、と明暗が分かれてしまいました。

4セット目。
あ: コ: ソ: し:

やはり3人は最後のセットに
白を取っておく作戦でしたか。
しょーせーさんはどういう想定だったのか
分かりませんが、何やら悔しそうでした。

あいんすくんは3○してポイントを稼ぎましたが、
8問目で痛恨の誤答。
最後のセットは参加できなくなりました。
しょーせーさんは1○でギリギリ失格回避。
コンさんも2○してポイントゲット。
ソラーロさんもキッチリ1○でした。


ラスト。
コ: ソ: し:

ああなるほど、この展開だと
しょーせーさんは自分だけが押しづらくて、
他の人にはバンバン押されるという
辛い展開になるんですなw
だから4セット目で痛がってたと。

で、そのしょーせーさんは
3問目で勝負気味に押しましたが誤答で即トビ。
残りは「仲良く」進みましたが、
お互いに2○ずつして終了でした。

ということで、第2組は
あいんすくん、ソラーロさんが共に20P、
コンさん6P、しょーせーさん5P、
ざきおさん2Pでフィニッシュでした。


さあ、これで予選ラウンドが全て終了しました。
果たして決勝進出者は…

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:58(+22)
ソラ:46(+20)
あい:45(+20)
あお:38(+18)
しょ:33(+5)
文月:23(+2)
コン:19(+6)
ヤー:12(+4)
海苔:9
みっ:9(+3)
ざき:8(+2)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご覧の通り、鰤さん、ソラーロさん、
あいんすくん、あおえりさん、しょーせーさんの
5名が決勝進出を果たしました!


では、軽く休憩をはさんで決勝戦です。
が、先に説明したとおり、
敗者復活戦も、決勝戦と同時進行で行われますw

決勝戦のタイトルは
「五里霧中 爆撃戦」
漢字が七文字に! さすが決勝や!
…違うかwww

みなさん、一度は遊んだことが
あるんじゃないかと思います。
「海戦ゲーム」とか「軍艦ゲーム」とか呼ばれる、
マスに配置された相手の軍艦の位置を、
当たったとか「水しぶき」とかで推理して
全滅させるゲーム。
あれがモチーフです。

私的には、ゲームボーイの
「海戦ゲームNAVY BLUE」を思い出しますね〜。
自分は持ってなかったんですが、友達が持ってて、
通信ケーブルでよく対戦しました。
5マスいっぺんに攻撃できる武器が重宝するんだ…
って何人ついてこれるんだ、これwww


決勝戦のルールは以下の通り。
全員、まずは8×8の64マスのマス目に
戦艦を配置します。
これは、予選の結果に応じて、
配置できる戦艦の数が決まります。

で、その後、ダブルチャンスの早押しクイズです。
正解したら、マスを1つ指定して攻撃します。
自分の戦艦がそこに置いてあったら撃沈されます。

これを繰り返していき、
自分の全ての戦艦が沈んだら負け抜け。
最後まで生き残った人が優勝です。

早押しで誤答した場合は、
自分の戦艦の位置1つを全員に晒すか、
すでに晒してある自分の戦艦を
自爆させなくてはなりません。

それから、特別ルールとして、
1回の攻撃で2人以上の艦をヒットした場合、
要するに複数人が同じマスに艦を置いていた場合に
それをヒットしたら、
回避権」というものがもらえます。
これは、1人1つしか同時には持てませんが、
使うと、一度だけ敵の攻撃が当たった場合に、
戦艦の位置を移動させて回避することができる
という優れものです。


一方、同時に行われる敗者復活ですが、
これは決勝のメンバーの早押しに同時に参加し、
決勝進出者のうち誰か1人でも負け抜ける前に、
3○をすることができた人、先着1名だけが
自分の艦を得て、その時点から
決勝戦に参加することができるようになります。
なお、敗復組の誤答は2休になります。

ただし、決勝進出者の最初の脱落が
クイズ開始から15問目以内だった場合は
「泣きのもう1回」ということで、
敗復はその次の脱落者が出るまで継続、
さらに、その脱落した人も敗復に回って
再復活も目指せるとのことですw


ということでルールは以上です。
で、気になるのは最初に配置できる
戦艦の数なのですが、
予選トップの鰤さんは6機もらえます。
その他の人は、鰤さんの点数と自分の点数との
比率(小数点は四捨五入)で決まります。

すなわち、
鰤:6機 ソラ:5機 あい:5機
あお:4機 しょ:3機

となります。
これを全員が8×8のマスに配置していきます。


では、ようやくクイズスタートです。
なお、上位3名ないし4名には
賞品があるそうですよ。

第1問は敗復組の海苔さんが正解。
第2問も敗復組だけが押して、
両方とも誤答でスルー。
3問目でようやく決勝組のしょーせーさんが
正解しました。

「G−4」を攻撃しましたが、結果はシーン…。

これは悲しいw

第4問はあいんすくんが正解し、
「F−5」を攻撃しますが、
これもシーン…。

まあ、そんなもんですわなwww

と、こんな感じで進んでいきます。

5問目はコンくんが正解。
6問目に海苔さんが正解して、敗者復活にリーチ!
続けて7問目にコンくんが2○目をつけて
追っかけリーチ!

一方、私は安定の地蔵www
ってか、決勝組より敗復組の方が元気ですなw

…なんて言ってたら8問目に海苔さんが正解!
あっという間に敗者復活の1名が決定しました!
海苔さんってば、強いじゃ〜ん!

海苔さんには戦艦2機が与えられ、
その場で配置を決めて、
決勝に参加することとなりました。

私を含めたその他の人は敗退決定です。
あとは、単なる観客と化しますwww

thum_k7r486ar549r385.jpg
ってことでたまには撮ってみたクイズ風景w


では、改めて6人での戦いとなって、
クイズは9問目から再開です。

…といきたいところですが、
また長くなってしまいそうなので
いいところで切って、
一旦CMに入りたいと思いますwww

さあ、一体この6人のうち
優勝の栄冠をつかむのは誰か!?
次回をお楽しみに!
2017 02/09 20:58:31 | クイズ | Comment(3)
Powerd by バンコム ブログ バニー
シングルカットされてはいないが(非売品としてのシングルカットはされた)、曲のイントロ部分や冒頭の歌詞など、ユーミンファン以外にも認知度の高い一曲であり、有線チャートでは1位を獲得した。1988年三菱自動車「新型ミラージュ」CMソング。1989年TBS系ドラマ23『東京ホテル物語』主題歌。
(Wikipediaより引用)
…から。

前→第2回|最初から→第1回


休憩をはさんで、第4ラウンドになります。
タイトルは「減点回避」。

あ、これは分かりやすいw

全員参加のボードクイズです。
問題は全て数字が答えとなる問題で、
全部で15問出題されます。

各プレイヤーは、
持ち点を150点持った状態からスタートします。
正解すればステイですが、誤答した場合は
正解の数字と、自分が書いた数字の差が
持ち点から引かれることになります。

ただし、6問目〜10問目は
3択問題となっており、誤答した場合は、
正解の数字がそのままマイナスとなります。

持ち点が0点以下になったら負け抜けです。
15問終了時に、残り持ち点の多い順、
負け抜け順に順位点がつき、
生き残っていた場合は順位点に+5Pの
ボーナスがつきます。
同時に負け抜けた場合は、ピタリ賞の回数が多い方、
それも同点の場合は、負け抜け前の残りポイント数の
多い方が上位です。


ここも、誰が何を書いたかが
ハッキリ分かりませんので、
ダイジェストでお送りします。

1問目は「日本が国連安保理の非常任理事国に
選ばれた回数は何回?」という問題で、
正解が「11」と少ない数字だったため、
ピタリ賞はなかったものの、
さほど大きいマイナスに陥った人はなし。

第2問目も「中国の省の数」ということで、
大きいマイナスはなし、ピタリ賞も出ました。

…と、序盤はこんな感じで
おとなし目に進んでいきましたが、
第4問が序盤戦の山場に。

問題は「真田幸村が没した年数」。
真田幸村は戦国時代〜江戸初期に活躍した
人物ですが、フワッと江戸時代ぐらいと
考えてしまった人が引っかかってしまい、
一気に100を超えるマイナスが出て
早くも失格になる人が!
一方、それ以外の人はほぼ一ケタの誤差で、
知ってるかどうかで天国と地獄、という問題でした。


第5問は「ショップジャパンの返品保証の日数」
この問題ではなんと、
文月さんがピタリ賞
言われて見れば、通販番組で
見たことがある気がしますが、
利用はしたことはないから思い出せなかったww

この前のリフレインが叫んでるといい、
今日の文月さんは冴えてるなあ。


6問目からは3択になります。
「『南総里見八犬伝』が完結までに要した年数は?
1:8年 2:18年 3:28年」
という問題。

全然分からなかったのですが、
(3択問題の1問目だから
3を正解にしていきなり大きくは削ってくるまい)

という考えで選んだところ、
見事に裏をかかれて3が正解でした。
出題者の心理を読むなんて
邪道なことをした結果がこれだよwww

が、これはまだ序の口でしたw
3択の問題も選択肢の数字が徐々に高くなっていき、
私が飛んだ9問目は
「日本における豪雪地帯の割合
1:31% 2:41% 3:51%」
と、何で間違えても飛ぶという状態w
しかも正解が3という鬼www

10問目が終わった段階でトップは文月さん。
なんと3択問題5問を全問正解し、
1人だけ3ケタをキープ。
このまま逃げ切れるかどうか。

そして、14問目。
「トイレットペーパーの幅のJIS規格」
という問題。

なんと、文月さんは「単位はミリメートル」
という指定だったのに
センチメートルのつもりで書くという大ポカ
誰が見ても飛んでしまう数値で万事休す…

だったんですがw

相手のしょーせーさんも同時に飛んだため、
ピタリ賞の回数で逃げきり勝ちでしたw


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:36
しょ:28(+8)
ソラ:26(+2)
あい:25(+4)
文月:21(+10)
あお:20(+6)
コン:13
海苔:9
ヤー:8
ざき:6(+1)
みっ:6

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


それでは、予選最後のラウンドです。
タイトルは「取捨選択」。

トランプによる抽選で、プレイヤーを2組に分け、
それぞれで1セット8問の早押しクイズを
5セット行います。
早押しはダブルチャンスとなります。

で、プレイヤーは各セットが始まる前に、
チップを提示します。
提示したチップによって、
そのセットでの得点が変わります。

……正解+1P、誤答ペナなし、
   ただし、0○に終わった場合失格
……正解+2P、誤答−2P、2×で失格
……正解+3P、誤答即トビ
……正解+5P、誤答セットトビ、
   ラスト2問しか参加できない
……1セット休み

失格になった場合は、
そこまでのポイントは残りますが、
以降のセットには参加できなくなります。

…ってか、総じて誤答ペナが酷いwww
原さんにドS疑惑が浮上www

このラウンドでは、
上記の早押しルールで取った得点が
そのままラウンドのポイントとなります。


それでは、まずは組みの抽選です。
プレイヤーが11人なので5対6になりますね。
せめて5人の方に入りたいところw

第1組:
鰤、みっく、海苔、文月、あおえり、ヤーロウ
第2組:
ソラーロ、ざきお、あいんす、コン、しょーせー

うん、見事に6人組だw
決勝進出のボーダーラインである
5位と6位の2人と同じ組。
赤チップを有効に使うなどして
得点を+15以上稼ぎ、うまいこと2人が
失格にでもなってくれれば、逆転もワンチャン…
まあ、無理でしょうなあ


さて、ではまず第1組からクイズ開始です。

最初のチップ提示は…?

鰤: 文: 青: 海: ヤ: み:

おっと、いきなり1セット休みを2人が使用w
鰤さんが休みなんだったら
青を出して稼げればよかったんだけど…
最初から休むとは思わなかったなぁ。

まあ、それでも私は鰤さんがいない時ぐらいしか
まともに点が取れなさそうなので、
頑張って押して2○1×という結果。

あおえりさんは3○0×で+6P。
海苔さんは1○1×で±0。
文月さんは赤を活かせず0Pでした。


2セット目。

鰤: 文: 青: 海: ヤ: み:

ギャー、これはあかん!www
鰤さんを入れた3人で2問を争うって、
こんなん完全にノーチャンスだし、
赤3人が休みの間に青の2人に
ゴッソリ点を取られるし、最悪のパターンや!
読み違えたか…。

が、1問目と2問目はスルー。
赤が休みとはいえ、青チップは誤答即トビなので、
分からない問題には飛び込みづらいわけで。
このまま7問全部スルーしてくれんかのうwww

と思ってたらまさかの展開。
なんと、3問目で海苔さんが2択の問題に
引っかかって誤答、即トビ!!
しかも、それを拾ったみっくさんも5問目に
誤答して即トビ!!

これはこれは…。

6問目は誰も答える人がいなくなった問題を
むなしく読み上げましてw

7問目と8問目。
案の定、鰤さんが2連答して
+10Pを稼いでいきました。
考える間もなく前フリで即答された8問目はともかく、
押し負けた7問目は取りたかったな…。


第3セット。
2人失格者が出たことで、戦略がどう変わるか…。

鰤: 文: 青: ヤ:

ここまで、あおえりさんと全く同じのを
出し続けている件www

それにしても、タイマンで白は美味しいなあw
鰤さんの実力なら0○なんてことは
まずないだろうけど、私はその可能性が十分あるので
白の使いどころも少し悩んだんですよねw

1問目はスルーになりそうな問題でしたが、
鰤さんが押してカンで答えて不正解w
誤答ペナなしだからそんなこともできますw

結局、鰤さんは2問目を正解して失格を回避、
以降、5○まで積みました。一方、文月さんも
鰤さんが誤答した問題を拾って、1○しました。


4セット目。

鰤: 文: 青: ヤ:

自分の場合は誤答で飛ぶより
地蔵で飛ぶ方が可能性が高いと思ったので、
上で迷ったと書きましたが、
実は、白を最後に使うということは
最初から決めてました。

が、運が悪いことに、私にとって「答えは
多分アレだけど自信がない」って問題が2問もw
答え聞いたら「あってた〜」って後悔するヤツwww

でも、誤答即トビのルールじゃ押せないよ…。
白だったらバンバン押せたのにw


そんなわけでラストセットのチップは自動的に

鰤: 文: 青: ヤ:

となります。
例え地蔵でも結果的に最後まで
クイズに参加できるので、白の使い方は
これがベストだろうと思うのですが、
他は間違ったかな…とはいえ、
これを読み切るのは相当ムズイよねwww

最後のセットは鰤さんが1○したものの
4問目で誤答。ラストの6問目〜8問目を
あおえりさんが3連答して点を稼ぎました。

が、後から思えば、われわれ2人は問題をつぶして、
あおえりさんが得点を伸ばすのを
阻止しないとアカンかったのかもねw
どうせ5位以内には届かない私はともかく、
文月さんは特にねwww


というわけで、第1組の成績は、
鰤さんが22Pでトップ。
あおえりさんが18P、私が4P、
みっくさんが3P、文月さんが2P、
海苔さんが0Pでした。


長くなってしまったので第2組の模様は
次回に続きます。お楽しみに!
2017 02/08 01:39:17 | クイズ | Comment(3)
Powerd by バンコム ブログ バニー
でつ ←史怒比に見える …から。

最初から→第1回


では、第2ラウンド。
タイトルは「金字塔式」。

40問限定の早押しクイズです。

1問正解すると、こんなようなピラミッドを
1段上にあがることができます。

     □
    □ □
   □ □ □
  □ □ □ □
 □ □ □ □ □
□ □ □ □ □ □
□□□□□□□□□□□

□はその段に入れる人数です。
空きがあれば、すんなりそこに入れるのですが、
なければ、誰か1人を指名して、
1○1×の対決クイズを行うことになり、
下の人が勝てば上の人と入れ替わりになります。

なお、対決クイズの問題は
全体の早押しの問題数消費には含まれませんので、
あくまで、全員参加の状態で行われるのが
40問ということです。

また、お手つき・誤答をした場合、
当然のことながら下に落ちるのですが、
空が無い場合は空きがある部屋まで一気に落ちます。
地べたでの誤答は2休です。

最終的に、40問が終わったところで
ピラミッドのどこの段にいるかで
ポイントが変わり、
一段目は+20P、二段目は+12P、
三段目は+8、四段目は+6、五段目は+4、
六段目は+2で、地べたは0です。

ただし、このラウンドからは
負け抜け」という重要なルールがあります。
ここでは「単独で最下位になってしまったら
その時点で負け抜け」となります。
例えば、誤答で下の段に落ちた時に
開いた部屋が無くって1人だけ再下段になった、
というケースでもアウトですので、
誤答一発即トビのケースもあるというwww
なかなかにおそがい(名古屋弁)ルール
となっております。


ということでクイズスタートです。

開幕、鰤さんの2連答。
で、7問目終了時でこの状態に。

     □
    □ □
   鰤 □ □
  □ □ □ □
 □ □ □ □ □
□ 青 □ コ □ □
ヤ文□ソ□海□あざしみ

あ、各人の横の並び順は適当ですw

鰤さんが一気に駆け上がっていますが、
このクイズでは、トップに立っても
それを維持するのが大変ですからね。
下の人が最後の1問で正解して、
対決クイズで入れ替わっちゃうことも
充分あり得るわけですし。

ただ、その後もあまり波乱は起こらないまま、
半分の20問目まできました。

     □
    □ □
   鰤 ソ □
  □ □ □ □
 □ □ コ □ □
ヤ □ □ あ ざ し
□文青□□海□□□□み

盤上はこんな形で、意外にも(?)
まだ対決クイズは発生していません。

その後、24問目をしょーせーさんが正解して…

     □
    □ □
   鰤 ソ し
  □ □ □ □
 □ 青 コ □ □
ヤ □ □ あ ざ □
□文□□□海□□□□み

ここで、四段目に誰かが来て、
さらに正解をすると対決クイズになりますが…。

     □
    鰤 し
   □ ソ □
  □ □ □ □
 □ 青 コ □ □
ヤ □ □ あ ざ □
□文□□□海□□□□み

そうはならずに、
むしろ上の方で対決が始まりそうな気配にw

そして、この形から28問目を
ソラーロさんが正解して、
ついに対決クイズになりました。

ソラーロさんは対決の相手に
鯔さんを指名
…って、ボラじゃなくてブリですよ
天然でした

しかし、クイズでは間違えません。
キッチリ鯔さんを破って上の段と入れ替わります。

30問目、鯔さんが正解しましたが、
ソラーロさんにリベンジはせず、
しょーせーさんを指名w

しかし、しょーせーさんが返り討ち
そんなに名前を間違えられたのが
効いたのか!?www

しかも、追い打ちで、
数問後に「ボラ」が正解になる問題が出るというw

神ってるわ〜www


さて、クイズの方は35問目。
とうとう、しょーせーさんが最上段に到達。

     し
    □ □
   ソ 鰤 □
  □ 青 □ □
 □ □ コ あ □
□ □ □ □ □ □
ヤ□文□□海□□ざ□み

↑ひそかに1段下がっているヤツwww

しかし、最後の最後、
39問目と40問目を鰤さんが正解。
最上段を賭けた対決クイズになり、
これを制した鰤さんが
トップの+20Pを獲得となりました!

     鰤
    □ し
   ソ □ □
  □ 青 □ □
 □ □ コ あ □
□ 文 □ 海 □ □
ヤ□□□□□□□ざ□み

うーむ、お手つきが痛すぎたw

いやー、面白い形式でしたが、
あまり対決クイズが発生しなかったし、
誤答で2段以上滑落するような展開も
なかったのが残念。

同じルールで問題数を倍ぐらいにするとか、
段数を1〜2段少なくするかして、
もう1回やってみたいですね。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:31(+20)
ソラ:22(+8)
しょ:17(+12)
あお:13(+6)
あい:12(+4)
文月:7(+2)
ヤー:6
コン:6(+4)
ざき:5
海苔:5(+2)
みっ:4

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


続きまして第3ラウンドは
「音問ノ泉」です。

問題を読んだあと、何らかの音声が流れますので、
それを聞いて早押しで答えるという流れの
短文早押しクイズです。
全50問ですが、変化球も多分に
含まれているそうですw

正解は+1、誤答は2休で、
正解数がそのままこのラウンドの得点になります。


それでは行ってみましょう。

1問目〜25問目はTV番組やCMの音声を聞いて、
番組名、企業名、商品名などを当てる問題。

例えば1問目は
ヒューマンヘルスケアの

分かりやすいwww

東方ファンとしては5問目の
お値段以上♪」を取られたのが悔しいwww
理由は…ググれ!

っていうか、それだけに限らず、
ほぼすべての問題で押しても解答権が取れない…。
そして、あいんすくんが鬼のように強いw
元々、芸能が得意なのは知ってますが、
『きょうの料理』のテーマをイントロで
しれっと答えられるあたり、
ひょっとしたら年齢詐称なんじゃなくて
人生2周目なのかも…www

あと、23問目の「城本クリニック」で
みんな誤解してましたが、
あれ、ローカルじゃなくて一応全国でやってますよw
https://www.youtube.com/watch?v=WDSDXUufx7Q
https://www.youtube.com/watch?v=t7-l_tlqaM0
https://www.youtube.com/watch?v=TOF2C2JPcFs
地方によって字幕や音声が若干違うんですがw

さて、25問目までが終わった段階の成績は、
あいんすくんが8○でぶっちぎりのトップw
文月さん、海苔さんが3○で追うという展開。

私はまだ0です。
ってか、本当にボタンがつかないんだよ、
みんなが速すぎて

で、ここからはノンジャンルです。
休み明けの27問目から3連答するなど、
今度はコンさんが強いw

私も鳥の鳴き声の問題で
カンで一発押してみますがハズレ。
で、休んでいる時に
「タラちゃんの足音」の問題が出るw
海苔さんが正解しましたが、
絶対それより早く押せてたよ、モーwww

まあ、でもこのコーナーのハイライトは
35問目でしょうw

その直前の34問目「誰が叫んでる?」という問題で
「元気ですかーっ!!!」という音声が流れて
コンさんが正解。これが前フリw

で、次の問題。今度は「何が叫んでる?」という問題で、
文月さんが
“音声が流れる前に”押して、
見事「リフレインが叫んでる」を正解!!!www

カッコ良すぎでしょwwww


最終的には、以下のような得点でした。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:36(+5)
ソラ:24(+2)
あい:21(+9)
しょ:20(+3)
あお:14(+1)
コン:13(+7)
文月:11(+4)
海苔:9(+4)
ヤー:8(+2)
ざき:6(+1)
みっ:6(+2)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

分かってるのに押してもつかない、
っていうことほど悲しいことはないねw


ということで、今回はここまで。
私は早くも敗色濃厚ですが、果たして…?
次回に続く!
2017 02/06 01:00:33 | クイズ | Comment(6)
Powerd by バンコム ブログ バニー
お待たせしました。
昨年7月の例会の模様をお送りします。

本日の参加者は、原さん、鰤さん、あいんすくん、
海苔さん、あおえりさん、文月さん、
しょーせーさん、そして私ヤーロウ。
ここまでがレギュラー。

コンさん、みっくさん、ざきおさんは、
そろそろレギュラーという扱いにしても
いいかもしれないw

そして、「栄金曜会」という
フリバ会を主催されている
ソラーロさんがご参加くださいました。

ということで、総勢12名でございます。

どうでもいいけど、私、
朝の自己紹介タイムのときに、
「もうすぐ2月例会のレポートが
あげられると思います」とか言ってましたw

その2ヶ月後に行われた例会のレポートが、
年が明けてから更新される
ってのは我ながらどうなんだと思いつつ、
この記事を書いておりますw


と、いうのは置いといてw
本日の企画者は原さんです。

タイトルは
「真夏の『負抜決戦』!
 〜今月一番負けないのは誰だ杯〜」


今回も、全5ラウンドの予選を戦い、
その結果を踏まえて、決勝戦という形ですが、
決勝戦に進出できるのは5名+0か1名です。
後ろにくっついているのは敗者復活で、
これは、決勝戦と同時進行で行われるとのことです。

そして、今回はタイトルの通り、
各ラウンドで何らかの条件によって
負け抜け」が発生します。
「負け抜け」になっても以降のクイズに
参加できなくなるわけではありませんが、
そのラウンドでの得点は入らないということになり、
決勝進出がきびしくなるというわけです。


まあ、とにかく行ってみましょー。
第1ラウンド「語学堪能」

あ、原さんの企画は前回もそうでしたが、
各ラウンドのタイトルを全て
無理やりにでもw)漢字四文字にしているのが
こだわりなので、今回もラウンドタイトルは
全てそうなっておりますw

最初の企画ということもあって、
このラウンドだけは「負け抜け」は発生しません。

25問限定のボードクイズ。
いわゆる「語源問題」を中心に出題されます。

問題は「○○語で××」と書かれた紙を
司会者が提示する形で出題されます。
それを見て、解答者は15秒以内に
ボードに書いて解答します。

2回誤答すると失格です。
ただし、2回までパスが使えます。
得点は正解数×1が入ります。


ではクイズ開始です。
問題は「英語」「ギリシャ語」「中国語」
「フランス語」「ラテン語」と分かれており、
各言語ごとに難易の異なる問題が5問ずつ、
計25問用意されています。

まずは「英語」の難易度1の問題から。
「英語で『独占』」

問題によっては、
上記のほかに「ヒント」が書いてあります。
(この問題に関しては音声に残ってなかったので
忘れてしまいましたw)

1人がパスをした以外は全員正解しました。

1つ飛ばして3問目の「中国語」。
中国語だけは語源問題ではなく、
中国語で書かれた物の日本語訳を当てる問題です。
例えば、
史努比(キャラクター)」

これが日本語で何を意味するかを答えるのですw
ちなみに正解は「スヌーピー」です。

ちょっと難しかったようで、7人がパス、
1人が×になりました。
私も、「しどひ…?」ってなって
全く分かりませんでしたw

と、こんな感じで進んでいきます。
いつものように、ボードクイズは
内容が詳しく追えないので(しかも今回は
問題も口頭の読み上げなしでしたしw)、
以下はダイジェストといたします。

6問目で早くもコンさんとみっくさんが終了。
みっくさんはパスを使わないまま
2×をつけてしまって、もったいない失格でした。

8問目、やっぱり中国語が難しいw
「小林(ドラゴンボールのキャラクター)」

これ、正解はクリリンなんですよw
何となくそうかな〜とは思ったんですが、
自信がなかったのでパスしました。
しかし、これは大失敗でした。

その次の
「フランス語で『胸が隠れる』
(ファッション用語)」

この問題がサッパリ分からなかったw
正解は「カシュクール」。
『ナナマルサンバツ』で出てたそうですが、
私には初耳でした。正解者は鰤さんのみ。
アニメ化もされるそうだし、
今からでも買い揃えるべきかな…。

で、その次の
「ラテン語で『太陽』(元素)」

をド忘れして、私もここで飛びました。
同じ太陽神でもアポロンの方を思い浮かべてしまい、
そこから離れられなかったため、
ヘリオスが出て来なかった…。
ということで正解は「ヘリウム」。

2周が終わったところで残り4名。

最後まで残ったのはソラーロさん。
18問目で終了でした。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

ソラ:14
鰤_:11
あい:8
あお:7
ヤー:6
ざき:5
文月:5
しょ:5
みっ:4
海苔:3
コン:2

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

思ったより難問が多くて、
前半で死屍累々といった感じにw

難易度調整って難しいですよね。
特にノーマルな早押しならある程度大丈夫ですが、
こういう変化球な問題だとなおさらね…www

ただ、何度も言ってますが、
私も未だにやらかすんで大丈夫ですw
たくさん数をこなせば
徐々に慣れていくと思いますんで、
頑張ってくださいませ。


というわけで、まだ始まったばかりですが
今回はひとまずここまでです。
次回をお楽しみに!
2017 02/04 15:50:56 | クイズ | Comment(5)
Powerd by バンコム ブログ バニー
さて、無事に画像を入手できましたので、
「絵心タイムレース」に挑んだ「画伯」たちの
力作を晒してまいりたいと思いますwww

なお、誰がどれを書いたのかは不明です。
また、本当は何を書いたのかも不明ですw

なので、好き勝手なコメントをつけて、
メチャクチャにいじってまいりたいと思います。

作者の方は広い心
笑って許していただけるとありがたいですwww


では、まずは分かりやすいのから行きましょうかw

thum_ar2d27upma7swkz.jpg

これは恐らく「ルーレット」でしょう。
数字からすると、『人生ゲーム』についている
ヤツっぽいですがw


thum_tmdryk2u3dx89vt.jpg

これで何となく分かるってのが凄いよねw


thum_g9yky3q7xz8f6t5.jpg

これは私のですが、
頭文字が「ル」っていう前提がなかったら
焼き豆腐かなんかに見えなくもないw


thum_u182y1b1gux523g.jpg

この辺からだんだん難易度があがってきますw
つぶれたコッペパンにも見えるけど、
多分、くちびるかな?www


thum_53hybp1fghx5rps.jpg

薫製を作ってる最中…じゃなくて
恐らく「釣り鐘」でしょうwww


thum_md354dq2a1rxw1p.jpg

ここからは問題作www
これはサッパリ分かりませぬwww
右に書いてあるのが「羊」じゃなくて
「¥」だと仮定すると「銀行」とかなんでしょうかw


thum_kdqnctnsedb5227.jpg

これはまあ、リンゴなんでしょうけど、
問題は今回は“4文字縛り”があったことだwww
まさか「アップル」?www 謎だwww


thum_v5knprwg9b2x1rw.jpg

毎回言ってますが、
ちゃんと絵を描きなさい、絵を!!www


thum_8wee1sqsphfamvc.jpg

ドーナツに群がるサナダムシかな?www
もう全く推測もできませんwww
自分も参加して絵を描いてたので、
他人の絵を気にしているヒマはなかったwww


では、ここから勝手にベスト3を発表!
まずは銅メダル!

thum_feepnu1g937ddmv.jpg

これも分からんwww
下は車のように見えますが、
こんな風に壁も屋根もなくむき出しで
立って乗る乗り物を私は知らないwww


続いて準優勝!

thum_d6aqayphu6kb76t.jpg

揺れ動くハタキを
優しく見守る謎の生物
www
この優しげな顔が結構好きwww


そして、今回の優勝はこちら!!

thum_a9behs5v96xsvcq.jpg

何だよ、
この悟ったような顔はwwww

妙にムカツクwwww

何か知らんけど微妙に後ろに振り向いてるしwww
「すみません、体が箱になってますよ」
「…ああ、本当ですね」
「大丈夫なんですか?」
「いやあ、別に…」
みたいな一場面なんでしょうかwww



…ということで、画伯のコーナーでしたw

また、お絵かき企画があったら
こんな感じで紹介しますので、
覚悟しておくように!www
2017 01/23 23:51:42 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
珍しくギャンブルで勝ったので有頂天www
…から。

前→第4回|最初から→第1回


ではまず決勝Bです。

「あなた方は今から普通にガチンコで
7○3×を戦っていただきます」

バトルロワイヤル?

ただし、戦っていく中で徐々に
何かが「カウントダウン」、少なくなっていきます。
それが何かというと…。

ボタンが付いた後、解答するまでの時間。
すなわち文字通り「カウント」がダウンします。

普通、早押しクイズでは問題を聞いて
ボタンを押してから「あれ? 何だっけ」となって
答えに詰まったりしても、数秒〜十数秒程度は
司会者が待ってくれて、その後、「5・4・3…」と
カウントが始まって、「0」になっても
出て来なければ「ブー」となるものですが、
このクイズではそのカウントが、
自分が正解するごとに少なくなっていきます。

0○の状態だとカウントは7秒ですが、
1○だと6秒、2○だと5秒…とどんどん
短くなっていき、最後は1秒しかありません。
なので、「分かりそうな問題でとにかく押し、
押してから考える」という
早押しクイズの常とう手段は使えなくなりますw

これが「カウントダウン式7○3×」です。
制限時間は15分でそこまでに勝ち抜け3名が
決まらない場合は、正解数順になります。


ということでクイズスタート。

しかし、問題自体は普通の早押し問題ですし、
序盤は普通に押して、普通に正解したり誤答したり
していきます。

そんな中、28問目でちゃんおつさんが
3×目をつけてしまい、失格。
さらに36問目であおえりさんが3×で失格。
特に先のカウントダウンルールとは関係なく、
普通に誤答を3回しての失格でしたw

一方、その時点で既に6○でリーチをかけていた
てゆーかさんは最後も押して、
カウント1秒も待たずに即答し、
見事1抜けを果たしました。

その後、海苔さんが45問目でリーチ、
私も2×しつつ、51問目にダブルリーチとしますが、
その2問後にタイムアップ。


しかし、他にリーチまで辿りついている人が
いなかったため、海苔さんと私の2人が
先に抜けていたてゆーかさんと共に
決勝Aに進出となりました。

結局、少なくとも私にとっては、
カウントダウンのルールは
あまり重荷にはなりませんでした。

なぜなら、私は
「分かりそうなときにとりあえず押して、
押してから考える」というのが苦手だから、
早押しでなかなかポイントが取れないのであって…w


続けて、決勝Aです。

こちらはお馴染みの形式になりました。
「絵心タイムレース」www

はい、通算4回目ですw
念のためルールを説明しておきますと、
空席待ちの早押しクイズですが、席につくためには
「お絵描きしりとり」をして、判定係の人にOKを
貰わないといけません。
席についている間はドンドン問題が出題され、
どんどん答えます。
次の人が席に来るたびに、最初に席に来ていた人は
強制的に離席させられます。
そうしたらまた、お絵描きしりとりをして、
いち早く判定係のOKをもらって、また席につく、
これを繰り返します。
最終的に早押しのポイントが多い人が勝ちです。

※業務連絡※
今回の画伯たちの作品を写した写真を
いつの間にか紛失してしまいました。

無事に写真をいただくことができました。
画伯たちの力作は、番外編にて
詳しく紹介しておりますので、
よろしければどうぞwww


今回も早押し席は2席しかありません。
早押しで誤答した場合も強制的に離席となります。

絵の判定係は、ジャンケンでざきおさんになりました。
また、今回は時間が短いので、
しりとりは4文字以上の言葉限定となりました。

最初に、ゲームスタート時に早押し席に板付きで
座る人を1名決めるしりとりが行われ、
「つ」で始まる「ツイッター」を
いち早く書いてOKを貰った私が席についた状態から
スタートです。

thum_6qnek1q6cfe7yxp.jpg

我ながら、もっと絵にしやすい単語があっただろうとツッコみたいw



しかし、この企画、
文字では到底追い切れないので、
結果だけを書きますw

最下位は海苔さんで1P、
5位はてゆーかさんで2P。
海苔さんはせっかく席についても誤答ですぐ離席
というパターンが多く、
てゆーかさんはお絵描きに苦戦して、
そもそも席に付けませんでした。

4位は辻さんで7P。
こちらもてゆーかさんと同じで
席につく回数が少なかったです。

2位は私とレンさんが同点で9P。

私は、しりとりが4文字限定だったためか、
思いついて描いている最中に他の人に取られて
描き直し…が何度かあって、
過去の同企画ほど早押し席に着けませんでした。
あと、最初に「つ」で「ツイッター」なんて
書いたことから分かるように、
絵にしにくいものばかり思いついちゃうのも
敗因の一つでしたw
普段の仕事が逆に弊害になった可能性が微レ存www

トップはみっくさんの11Pでした。
しりとりの絵が分かり易くて、
何度も席につくことができたのが
勝因だったようです。決勝も頑張ってください!



では、ようやくラスト。大決勝に参ります。

大決勝では何をやるかというと、
今日のチームの色がヒントとなっておりました。

そう、「(オマケでw)」
といえば…

アタック25」です!

これは詳しいルール説明は不要でしょうw
とにかくひとまずは、
そのまんま番組のルールで進めます。
ひとまずは」…ねwww

1問目を正解したのは赤の鰤さん。
ということで、本日のアタック25は
13番に赤がともってスタートです!


4問目にみっくさんが果敢に押しましたが
残念ながらお手つき。
パッパラパ〜 パパパパ〜 ファン♪
と、全員で口SEを合唱し、
2問の間ご辛抱!」と
全員が児玉清になりきるwww
なんだよお前らwww結婚すっかwwww

少し進んで、
この形から鰤さんが正解して16番を取ります。

┏━┯━┯━┯━┯━┓
01020405
┠─┼─┼─┼─┼─┨
06070910
┠─┼─┼─┼─┼─┨
11
┠─┼─┼─┼─┼─┨
16171920
┠─┼─┼─┼─┼─┨
2122232425
┗━┷━┷━┷━┷━┛

さあ、ここから角を取る戦いが始まります!
客席の中に児玉清が多すぎる件www

その後、鰤さんが誤答で「立ってしまわれた!」
のスキに、ざきおさんが21番の角をモノにします。

┏━┯━┯━┯━┯━┓
01020405
┠─┼─┼─┼─┼─┨
070910
┠─┼─┼─┼─┼─┨

┠─┼─┼─┼─┼─┨
171920
┠─┼─┼─┼─┼─┨
22232425
┗━┷━┷━┷━┷━┛

その後、25番の角は原さんがゲット。

鰤さんにとっては、たくさん答えても角を取れない
キツイ展開。
しかし、ようやくこの形まで漕ぎつけて、
何とか角が抑えられるチャンスに。

┏━┯━┯━┯━┯━┓
01020405
┠─┼─┼─┼─┼─┨
07
┠─┼─┼─┼─┼─┨

┠─┼─┼─┼─┼─┨
19
┠─┼─┼─┼─┼─┨
22
┗━┷━┷━┷━┷━┛

そして、1番、5番の角を共に鰤さんが押さえて、
大量失点を免れました。流石、強いな〜w

しかし、それでちょうど残るパネルは5枚。
アタックチャンスの問題となります。
鰤さんは1番や5番を開けられたら再びピンチですが、
逆に自分が取れば勝ちにグッと近づきます。

それではまいりましょう、
大事な大事なアタック、チャァ〜ンス!


だから、児玉清多過ぎwww
いや、どっちかというと博多華丸かこれ?www


で、そのアタックチャンスの問題を取ったのは
鰤さんでした。強い!
鰤さんは4番を埋めて、25番を開けました。

┏━┯━┯━┯━┯━┓
02
┠─┼─┼─┼─┼─┨
07
┠─┼─┼─┼─┼─┨

┠─┼─┼─┼─┼─┨
19
┠─┼─┼─┼─┼─┨
2225
┗━┷━┷━┷━┷━┛

そして、次の問題ですぐにその25を押さえます。
これで勝ちは決まったかな?

そして、パネルは残り1枚。

┏━┯━┯━┯━┯━┓

┠─┼─┼─┼─┼─┨
07
┠─┼─┼─┼─┼─┨

┠─┼─┼─┼─┼─┨

┠─┼─┼─┼─┼─┨

┗━┷━┷━┷━┷━┛

みっくさんも何とか自分の色を
残すことができましたねw

で、最後も鰤さんが正解。

さ〜ぁ、鰤さん、ラストコォール!

7番

しかし、何も変わらない!
ということでお分かりのように、
見事20枚のパネルをお取りになった鰤さんが
パリ挑戦権、かぁくとく!


…と、いうように
終わるのかと思ったのですがwww


旅行クイズがない代わりに続きが!!www
なんと、ここからが本番だったのでした。

どういうことかというと、今度は逆に、
正解するごとにパネルが1つずつ消えていきますw
そして、既に消えたパネルと消したパネルに
挟まれたところも一緒に消えますwww
いわば、「逆アタック25」というようなルールですw

自分のパネルが0枚になったら失格、
最後まで生き残った人が、今度こそ優勝です。


全員「えーっ!?」と戸惑いながら
クイズスタートw

折り返し最初の問題は鰤さんが正解。
24番を消します。

┏━┯━┯━┯━┯━┓

┠─┼─┼─┼─┼─┨

┠─┼─┼─┼─┼─┨

┠─┼─┼─┼─┼─┨

┠─┼─┼─┼─┼─┨
 
┗━┷━┷━┷━┷━┛

これ、鰤さんはここから21を消して、2を消すと、
ざきおさんもみっくさんも原さんもパネル上に
いなくなるので、要は開幕から3連答できれば
OKってことなんですねw
他の人は、それまでにとにかく鰤さんのパネルを
消していくしかない。

次の問題は原さんが正解。4を消しました。

┏━┯━┯━┯━┯━┓
 
┠─┼─┼─┼─┼─┨
 
┠─┼─┼─┼─┼─┨
 
┠─┼─┼─┼─┼─┨
 
┠─┼─┼─┼─┼─┨
 
┗━┷━┷━┷━┷━┛

ここから3人で協力して鰤さんをつぶせるか!?

次の問題はざきおさんが正解して16を消します。
さらに、ざきおさんが連答して、1番を消します。

┏━┯━┯━┯━┯━┓
    
┠─┼─┼─┼─┼─┨
    
┠─┼─┼─┼─┼─┨
    
┠─┼─┼─┼─┼─┨
    
┠─┼─┼─┼─┼─┨
 
┗━┷━┷━┷━┷━┛

たった2問でこの焼け野原www

この場面、原さんとみっくさんから見ると、
パネルをはさめるときははさむというルールに従うと、
自分が消えて0になってしまうので、
こういうケースに限り、異なる場所を消すことが
許されます。

ただし、これで鰤さんは1問正解して
21を消せば優勝。

そして、次の問題に正解したのは…

鰤さん!!

ラストコールは21番。
これで、鰤さん以外のパネルが全て消えたので…

┏━┯━┯━┯━┯━┓
    
┠─┼─┼─┼─┼─┨
    
┠─┼─┼─┼─┼─┨
    
┠─┼─┼─┼─┼─┨
    
┠─┼─┼─┼─┼─┨
    
┗━┷━┷━┷━┷━┛


今度こそ本当に、鰤さんの優勝、
会長杯2連覇が決まりました。

おめでとうございま〜す!!


優勝者には副賞として、
なぜか「ラ王」の袋麺が贈られましたw
あと、優勝カップねw

残りの時間はフリバなどをして過ごしました。


いや〜、それにしても
最後のどんでん返しはビックリしましたw
ちょっと時間配分のせいで
ドタバタしたコーナーもありましたが、
非常に面白かったです。

毎回クイズの「形式」のバリエーションの豊かさ
という点においてはしょーせーさんの右に出る人は
いないなあと感心して見ていますw

今回も、カウントダウン7○3×とか、SBJとか、
もちろん最後の逆アタック25とか、
なかなか人が思いつかないような、
もしくは思いついても
途中であきらめちゃいそうなものを
よく形にしているなと思います。

最近、私も流石にネタが尽きてきているので
本当にうらやましいですw

ってなところで今回は終了!
次の更新をお楽しみに!
2017 01/19 18:33:23 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
「ラックのたね」がいっぱい必要だな…から。

前→第3回|最初から→第1回


さて、次の企画は白チームが選ぶことになり、
「9 to smoke」がチョイスされました。

これは1VS1の早押し対決クイズを
どんどん繰り返し行うもので、勝った人は席に居続け、
負けた人は順番に次の人に入れ替わって、
対決クイズを続けていきます。

1試合は、先に3○を取った方が勝ち、
誤答は相手の○になります。

誰かが自分以外の9人を
連続で退けることができれば、
そこでゲームはストップ。
その人が1位で、後は勝利数順に順位が付きます。
その場合、チームの2人のうち、
勝利数の多い方の成績が適用されます。

だれも9連勝の人が現れなかった場合も、
一定の制限時間が尽きた際に、
勝利数の多い順に順位がつきます。
制限時間は15分です。


それではクイズスタート。
最初の戦いは海苔さんが制しましたが、
その海苔さんを倒した
てゆーかさんがまずは無双開始
4連勝を上げますが、辻さんがストップ。

しかし、その辻さんはあおえりさんに負け、
そのあおえりさんが鰤さんに負けたところから
鰤さんが無双開始

怒涛の8連勝で、勝ち抜けにリーチをかけますが、
次の対決では誤答もあって辻さんが意地を見せます。
で、今度は辻さんがその勢いに乗って5連勝。

しかし、ざきおさんがそれをストップ。
そのざきおさんと私が戦っている最中に時間切れ。
最後は私が何とか1勝を拾って終わりました。

正直、あまり語ることがないwww

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

(鰤_):85(+10)
(原_):68(+6)
(あお):49(+1)
(あい):39(+3)
(ガヤ):31(+0)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ピラダビの結果はこちら。
:2400→3400
:2800→3800
:1150→1650
:1300→800
:3200→6700

わはは、大儲けじゃwww
なぜかディープインパクトの単勝のオッズが
6.0倍だったという感じですよ。
そりゃ突っ込みますってw

これで何とか、ウチのチームも
点数を加算できそうですね…。



では、続きましては2人で戦う最後の企画
「心太」です。
「しんた」と読むと
DQNネームになってしまいますよw

変則的な空席待ちクイズです。
1F〜3Fまであるビルのような席について
早押しクイズを行うと考えてください。

最初は全員1Fにいる状態からスタート。
早押しで正解した場合は、
1つ上の階に上がれるのですが、
2F・3Fには1人しか入れません。

部屋に空きがある場合は
そのままそこに滑り込みますが、
無い場合は、その部屋にいる人がニュルンと
心太のごとく押し出されて、上の階に上がります。

ただし、3Fで押し出された場合は
1Fに逆戻りしてしまいます。飛び降りたんかな?w
3Fにいるときに正解をすれば勝ち抜けとなります。

メンバー2人ともが勝ち抜けたチームが出たら
終了となります。

なお、早押しの誤答は、
2F以上にいるときは1Fに転落、
また、どの階にいるときでも2休となります。


では、クイズスタート。
1問目は辻さんが正解。2Fに上がります。
2問目はフジイさんが正解。
辻さんは3Fに押し出されます。
ここで辻さんが正解できればいきなり勝ち抜けです。

が、3問目は鰤さんが正解。
辻さんは押し出されて1Fに逆戻り、
2Fのフジイさんが3Fに。

4問目、先ほどチャンスを逃したばかりの辻さんが
正解して再び2Fに。鰤さんが3Fに。
5問目は辻さんが連答、鰤さんが1Fに落っこちて、
辻さんは3Fに。2Fは空きになります。

…と、こんな感じで進んでいきます。

全部を追っかけて行っても長くなるだけなので、
もう結果だけを書きますが、
1抜けしたのは緑チームのみっくさんでした。
2抜けはのあいんすくん。3抜けはの鰤さん。
4抜けはの辻さんで、5抜けがガヤの私。

なんと、全チームが1人ずつ抜けて、
全チームリーチ状態!w

ということで、
どのチームにもチャンスありでしたが、
最後はレンさんが3Fでの正解を出して、
青チームが1位。
残りはそこまでに積んだ○の数で
順位決定となりました。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

(鰤_):86(+1)
(原_):78(+10)
(あお):55(+6)
(あい):42(+3)
(ガヤ):32(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ピラダビの結果はこちら。全チームが外しました。
:3400→3200
:3800→3400
:1650→1400
:800→400
:6700→6500


最後は、昼ごろに
何やら出場者だけに説明をしていた
「多答サバイバー」ですw

実は、その時に、
すでに問題の出題もされていたんですw
あとは、この時間までに、出場する5人が
各々時間を使って答えを暗記しなきゃ
ならなかったんですwww

1人1つずつ、口頭で順番に答えを言っていき、
正解ができないと×が1つつき、2×で失格です。
失格した場合は漏れなく
最下位の点数しか入りません。
最後まで生き残った人は1位の点数が入ります。
正答を全て完答しきった場合は、
その時点で残っていた人全員が
1位の点数となります。


しかしまあ、ここまでずーっと
クイズやりっぱなしで、ほとんどの人は
何も対策できていない様子w

問題は「東海道五十三次の
宿場の名前(起点と終点はのぞく)」。

1巡目は原さんが「品川」、
てゆーかさんが「神奈川」、
コンさんが「三島」、みっくさんが「戸塚」、
鰤さんが「宮」を正解しました。
まあ、流石に1巡目はねw

2巡目、3巡目と全員順調に答えていきます。
必ずしも宿場の順番に答えを言うわけではないので、
正解のチェックで司会者があたふたしておりますw

4巡目、5巡目も全員正解しますが、
6巡目、鰤さんが初の誤答。
7巡目で、てゆーかさんも誤答。
コンさんは「金谷」を「かねや」と言ってしまって
惜しい誤答。
しかし、その時にポロッと
ああ、“かなや”だったか」と
口に出してしまい、
それを鰤さんが「かなや」と掠め取って正解w
クイズってのは非情なものなのサ…。

しかし、8巡目は先ほど誤答した人も
正解を出したのに対し、鰤さんはアウト。
どうもクイズに夢中で、
暗記するのをすっかり忘れていたようですw

9巡目も全員正解。
ここまでで正解53個中の40個が出ています。
みんなすごいなwww

10巡目でコンさんが脱落。
11巡目、原さんが初めての×。
そしててゆーかさんも×で失格。
残るみっくさんは正解。

みっくさんと原さんの一騎打ちで12巡目ですが、
原さんは正解が出せずに、2×目で脱落!
ということで、このコーナーは
みっくさんの優勝となりました!

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

(鰤_):87(+1)
(原_):79(+1)
(あお):70(+15)
(あい):43(+1)
(ガヤ):33(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

全員すごかったのですが、
原さんはなぜ「原」を答えなかったのかwww


そして、最後のピラダビの結果はこちら。
全チームが外しました。
というか、内容も分からないのに
当てられるわけもないので、私は逃げの一手でしたw

:3200→2200
:3400→3000
:1400→1200
:400→0
:6500→6400

ということで、
これもポイントの高い方から順位点が加わり、
以下が最終的なポイント結果となります。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

(鰤_):92(+5)
(原_):87(+8)
(あお):73(+3)
(ガヤ):48(+15)
(あい):44(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

やったー、最下位脱出したぜwww


というところで予選は全て終了です。
ここからはチームは解消、
完全な個人戦へと移行します。

決勝戦は、大決勝、決勝A、決勝Bの
3つに分かれています。

まず、予選1位の赤チームの中で
個人ポイント1位と2位の鰤さんとざきおさん、
及び、予選2位の青チームの個人ポイント1位の
原さん。
この3人が大決勝に進出決定となります。
(実際は、選んでもいいと言っていましたが、
わざわざ下からやる人は出ませんでしたので
その茶番は省略しますw)。

次に予選2位チームの個人ポイント2位、3位の
辻さんとレンさん、及び、予選3位チームの
個人ポイント1位のみっくさんが
決勝Aに進出ということになり、
残りは全員決勝Bへと進みます。

決勝Bの勝者3名が決勝Aに進出。
決勝Aでは先の3名と合わせた6名のうち、
勝者1名だけが大決勝に進出。
最後に大決勝で先の3名と合わせて4名が戦って
優勝者を決定します。


ということで、その決勝戦は次回お届けします。
一体どんな結末が待っているのか、お楽しみに!
2017 01/18 18:31:35 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
「そーなのかー」に気づいてくれる人は
我がサークルにはいない(泣)…から。

前→第2回|最初から→第1回


次は1人で戦う形式の「SBJ」が選ばれました。

「SBJ」の「B」はブラック、
「J」はジャックの略ということで、
基本ルールはブラックジャックです。

早押しで正解するとトランプを1枚引きます。
2枚以上引いて、出た数字の合計を
「21」にすれば勝ち抜けです。
早押しの誤答は2休です。

…というとごく普通ですが、
じゃあ「S」は何なのだという話になりますよね。
これは何と「素数」の「S」なんですwww

つまり、引いて出てくるカードは
数字が素数の物しか出ませんw 
すなわち、
「2」「3」「5」「7」「11」「13」
この6種類だけで「21」を作らないといけませんw

ただし、普通のブラックジャックでは
数字は足していくだけですが、
今回は四則演算を全て駆使して「21」を作れれば
勝ちというルールですwww

例えば、「11」と「13」を引いて
21を超えてしまっていても、
次に「3」を引いてきて、
「11+13−3」で「21」に出来るんですw
あるいは4枚使って、
「2×11−(3−2)」とかねw

その代わり、引いたカードは
全て使い切らないといけません。
3、5、7、11とあって、
「3+7+11」で21としても
5が余っていては無効です。

このようにして、カードが全て消費されるか、
3チームが勝ち抜けるまで行います。
ただし勝ち抜けた人のカードは山札に補充されます。


では、早押しスタートです。
参加者はルドルフさん、辻さん、あおえりさん、
フジイさん、ちゃんおつさんです。

1問目はあおえりさんが正解。
出たカードは「2」です。
このゲームの場合、偶数はこれしかないので
なかなか良い引きだと思われます。

その後しばらくスルーや誤答が続きますが、
フジイさんが「3」、辻さんが「7」を引きました。
もうお分かりかと思いますが「3×7=21」が
最短での勝ち抜けなので、両者ともこれで
リーチがかかった状態になっていますw
ただ、違う数を引いたらその瞬間崩壊しますw

その数問後に辻さんが2枚目を引きますが、
出たのは「7」。7が被ってしまいましたが、
まだ「7+7+7=21」なので
リーチ状態は持続です。
ただ、7は4枚しかないので、
あと1枚をピンズドで引かないといけませんがw

フジイさんも2枚目は「5」で達成ならず。

辻さんが3枚目を引きますが、出たのは「13」。
7・7・13では作れそうにないですね…。

少し進んでルドルフさんが正解。
この時点で5と2を持っており、
3が来れば勝ち抜けの大チャンスですが…
引いたのは「13」。
一瞬、外したと思ったのですが、
13×2−5=21」にいち早く気がついて
ブラックジャックを宣言。見事1抜けとなりました。
これは鮮やかでした。

辻さんは4枚目を引きますが
出たのはまた13。
「7・7・13・13」では21は作れず、
また持ち越し。
連答で5枚目も引きましたが出たのは11。
これでも作れず。

ルール的に、3〜5枚ぐらいが
一番抜けやすいだろうと思うのですが、
なかなかいいのが引けませんね…。

その後、あおえりさんが4枚目に到達。
「2・11・2・3」となったため、
(11−2)×2+3=21」として2抜けしました。

直後の問題でフジイさんが正解、3枚目を引いて
「3・5・7」となりましたが、これでは作れず。

辻さんは6枚目も引きますがまた「11」。
「7・7・13・13・11・11」と
大きい数字ばかりのため苦戦しておりますw

辻さんはここでは「21」を作れませんでしたが、
実は
(13+11)−(13−11+7÷7)=21
という“正解”もあったのですよw

直後、フジイさんも4枚目で11を引いて、
「3・5・7・11」となって
「21」を作れなかったのですが、
こちらも「3×11−5−7=21」という
正解がありました。

まあ、カードを引いてから概ね5秒で
「ブラックジャック」と宣言できなければ
次の問題に進んでしまうというルールだったので
仕方ないといえば仕方ないです。

手持ちの枚数が多くなってきたら、
問題を捨ててでも計算を優先して
何が来れば上がりなのか、待ち牌を把握しておかないと
いけないんですね、これw
麻雀の多面待ちみたいだ…。


その後、ちゃんおつさんにもようやく初日。
相手はカードの枚数が増えて厳しくなる一方なので、
これはワンチャンありますよ!

しかし、辻さんが7枚目に「5」を引き、
13÷13+11÷11+7+7+5=21
を作って3抜けとなりました。

残った2人は、その場で21に近い数字を
作れた方が勝ちなんですが、
ちゃんおつさんは手元に「2」しかないので、
どうあがいても最下位でした。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

(鰤_):65(+15)
(原_):56(+5)
(あお):47(+8)
(あい):33(+3)
(ガヤ):31(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ピラダビは、青と緑が当てて、こうなりました。
:1750→1400
:2000→3000
:800→1300
:1500→1450
:2500→2200


ここで、ルドルフさんは抜けて、
赤チームは2人で戦うこととなりました。
チームに貢献して颯爽と去っていく姿は
カッコ良かったですよw


休憩をはさんで次の企画。
最下位チームが選んでよいとのことだったので、
コンさんが「RENO通過クイズ」を選びました。

ルールは以下の通りです。
早押し3○で、勝ち抜けに挑戦する権利が生まれます。
そこで、「ある条件」を満たせば
勝ち抜けになるのですが…
それは実際にクイズをスタートして、
誰かがその権利を持ったら説明するとのことですw

なお、チームの2人目が抜けた順に順位点が付きます。

2チームが抜けるか、6人が抜けるかした時点で
終了となり、あとは残りの人数とポイントで
順位が決します。


ということで手探り状態のままクイズスタート。
大体の予想通り鰤さんが7問目で3○に到達。
さて、何が行われるか。

これ、「RENO」っていうのが
何なのかを知っている人なら
すぐに想像がつくんでしょうけど、
我々は全然分かりませんでしたw
それは、パチスロ台の名前だったんですw

それのドラムを再現したスマホアプリがあり、
他の人が勝ち抜け席に来るまでの間に、
ビッグボーナスを引ければ勝ち抜け
というルールなんですwww

他の人が通過席に来るまで、
クイズには参加できなくなりますが
何度でもスロットを回すことができます。
また、アプリの設定を操作してあるので、
ボーナス確率は約1/8にアップしています。

「7」が揃うビッグボーナスが出たら勝ち抜け。
「BAR」が揃うレギュラーボーナスだった場合は、
ポイントが1.5に半減したうえで席にお戻り。
連チャン状態から転落してしまった場合は
ポイントも0に戻されて席にお戻りとなります。

一応、全然パチスロを知らない人も多数いるので、
ボーナスに突入しているかどうかの判断と、
その後の目押しに関してはしょーせーさんが
手伝ってくれるそうです。

というわけでクイズ再開。

同じ赤チームのざきおさんが
3○を取って通過席に来ました。
鰤さんの状態を確認すると…
これは行けてますよ!」とのこと。
目押しをすると見事7が揃い
鰤さんが1抜けとなりました。

で、入れ替わりにざきおさんが入って、
次の問題で原さんが3○を達成。
ざきおさんのスロット挑戦は
ごくごく短時間だったはずですが…
なんと、こちらもビッグボーナスを引いて、
赤チームのワン・ツーとなりました。

そして、今度は原さんが挑戦。
運の悪さを散々指摘されている原さんですが、
今回はちゃんとビッグボーナスを
引くことができて3抜けでしたw

続いての通過席はてゆーかさんでしたが、
1問であおえりさんが通過席に。
今回もごく短時間でボーナス状態には
入っているとのことでしたが…
引いたのはレギュラーでしたw

ここで初めて席に戻される人が出ましたw
ポイント半減で1.5になります。
小数点は、もし再度通過席でレギュラーを引いて
戻されるときに合算して1○になるので、
全く無意味というわけではありません。

そこからしばらく通過席に行く人が出ませんでしたが、
てゆーかさんが自力で2○積み直して再度通過席へ。
あおえりさんはボーナス状態には入っていましたが、
引いたのはレギュラーで、ポイント半減で戻ります。

で、その、てゆーかさんもまたもレギュラーw
上で書いたとおりの展開で、2○の状態で席に戻ります。

ここから、数人通過席へ行きますが、
ことごとくレギュラーしか出ませんwww
最初のビッグ連発はなんだったのかwww

しばらくして、みっくさんが
通過席でチャレンジしますが、
こちらは何と転落www

原さんの運の悪さがみっくさんに移った…?www

で、ここからもしばらく続けましたが、
みんながみんなレギュラーを引き続け、
これ以上長引いても…ってことで
とうとう司会者から
ドクターストップが出てしまいましたwww

何という運のない人たちwww


1人抜けていた青チームが2位、
後は通過席に立った回数で、白チームが3位、
緑チームが4位、黄色チームが5位でした。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

(鰤_):75(+10)
(原_):62(+6)
(あお):48(+1)
(あい):36(+3)
(ガヤ):31(+0)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ピラダビの方はこうなりました。
:1400→2400
:3000→2800
:1300→1150
:1450→1300
:2200→3200


というところで今回は終わりです。
次回もチーム戦が続きます。お楽しみに!
2017 01/16 20:14:36 | クイズ | Comment(5)
Powerd by バンコム ブログ バニー
「ガヤ軍団」なる集団が形成される場合、
常に私が入っている気がする…から。

前→第1回


さて、前回決まった5チームでの
戦いがいよいよ始まるわけですが、
その前に、まずは前回の優勝者鰤さんから、
優勝カップの返還が行われました。

写真を撮っておくのを忘れましたが、
カップっていっても手のひらサイズどころか
手の指サイズの極小の物ですw
ま、所詮ただの例会の1企画ですからねw


また、チーム全体の得点とは別に、
個人としての得点が別換算で入っていきます。
これは、最終的にチーム内での比較に使われ、
予選から決勝への進出者を決定する際に
重要になるそうです。

この個人ポイントは企画ごとに
それぞれ異なるポイントが加算されていたのですが、
ちょっと音声で追い切れない部分がありましたし、
上記のように予選最後でのみ使われるものなので、
以下の記事では詳しい数値の変動は
省略とさせていただきます。
何卒ご了承ください。


では、いよいよ予選ラウンドから開始です。

予選ラウンドは、1人で戦う企画が3つ、
2人で戦う企画が3つ、3人で戦う企画が2つの、
合計8つのクイズ企画で戦います。

1人企画
A:オレ達のピラダビ
B:多答サバイバー
C:SBJ

2人企画
A:RENO通過クイズ
B:9 to smoke
C:心太

3人企画
A:アタッキングゲート
B:クイズ☆マイノリティ

1人で戦う企画と、3人で戦う企画は、
以下の順位点がチームに入ります。
1位:15点 2位:8点 3位:6点
4位:3点 5位:1点

2人で戦う企画は、
1位:10点 2位:6点 3位:3点
4位:1点 5位:0点

となります。

1人で戦う企画は、
3人がそれぞれどれか1つに必ず出るということで、
まずはチーム内で話し合ってそれを決めました。
ウチは…どういう風に決めたんだっけかな、
忘れてしまったwww

ただ、先ほど述べたように
どのクイズから順番にやるかは
午前中で抜けてしまわれるルドルフさんに
選ぶ権利があります。
とは言え、途中で抜ける前に
3人揃ってやるクイズから先に消化する、
ということに協力していただき、
まずは「クイズ☆マイノリティ」が
選ばれることになりました。


では、ルール説明。

簡単に言うと「少数派になろう!」みたいな感じの、
クイズというよりゲームチックな企画です。

問題は一問一答形式で全10問。
全員がボードで解答します。
ただし重要なのは、
正解者の人数と不正解者の人数になります。

ここでは、あくまで「少数派」になった方が
「勝ち」という扱いで、
少数派にはポイントがプラス、
多数派はマイナスとなります。

従って、例え問題に正解したとしても、
それが多数派だったらポイントが減りますwww
よって、正解できるかどうかというより
腹の探り合いですw
しかも、チーム内での話し合いはアリで、
正解を教えたり、スマホ等で調べたりするのすら
OKですw

そこまでするんなら、もう無理にクイズにせず、
単なるアンケートにすればよかったんじゃwww

ポイントは、
少数派には人数×5Pがプラス、
多数派は人数×1Pのマイナスとなります。
10問終了時に、メンバー3人のポイントの合計が
チームのポイントとなります。


では、クイズという名のアンケートスタートw
1問目から難しい問題w
各チーム、早速スマホを取り出して
正解を調べつつ作戦を練ります。

チーム戦だからよかったけど、
個人戦だったら、ウィルコムユーザー
死ぬしかなかったですねw

ちなみに、ウチのチームの作戦ですが、
常にどちらかの「2対1にする」でした。

3人で答えをそろえた場合、
残りの12人のうちの4人以下がかぶっただけなら
もの凄く大きくプラスになりますが、
5人以上が被るとマイナスになります。
人数を考えるとプラスよりマイナスの確率の方が
高そうなので、常に答えを分散させ、
なるべく大きなプラスもマイナスも
出ないようにしようというのが狙いでした。

数学強くないから確率は分からないですけど、
これ期待値的にどうなんですかねぇ?
ちょっと数字に強い人がいたら、
各人が正解するか不正解を書くかは
確率半々だと仮定して、計算してみて欲しいところw


さて、全員が解答を発表し、
一応クイズなのでw 正解の発表もあります。
そうすると、いちいち
「そーなのかー」「知らんかったー」
「へぇへぇへぇ〜」の大合唱w
アンタらwwww

1問目は、正解を書いた人が8人、
不正解(ボケ解答)を書いた人が7人
ということで正解は多数派、
1×8で8Pのマイナス。
不正解は少数派、
5×7で35Pのプラスとなりました。

いつものように
ボードで誰が何を書いたかが分からないので
詳細な点数を追えません。よって、結果だけ書きます。
面白かったボケ解答も拾いたかったんですが、
どうにも音声にちゃんと残っていなくってねwww

結果ですが、
青チームが驚異の424Pでブッチギリ1位。
赤チームが300Pで2位。
われわれ黄チームが234Pで3位。
緑チームが212Pで4位、
白チームが205Pで最下位でした。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

(原_):48(+15)
(鰤_):42(+8)
(あお):34(+3)
(ガヤ):29(+5)
(あい):15(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


では、休憩をはさんで次の企画…の前に、
1つ忘れていたということでw

1人企画Aの「オレ達のピラダビ」についての
説明がありました。
これは、クイズではなく勝者を予想するもので、
各企画で1位を取るチームがどこかを予想し、
当たればポイントが増えるという
ギャンブル企画なのでした。

本来なら、先のマイノリティの前に説明して、
その順位を予想しないといけないところが、
忘れていたそうですw
ということで、次の企画からは
その予想も同時に行うことになりました。

また、Bの「多答サバイバー」についても
ちょっと説明があるということで、
休憩中に出場者を集めて説明が行われていました。


それでは改めて、次の企画。
選ばれたのは綾鷹…じゃなくて
「アタッキングゲート」です。

「ナナマルサンバツ」でやっていた形式だそうで。
ルールですが、変則的な早押しクイズです。
3人のうち誰か1人が「アタッカー」となり、
早押し席につきます。
それ以外の2人は後ろで待機です。

早押しでボタンを押す権利があるのは、
当然「アタッカー」のみで、
正解すれば+1P、誤答は1休になります。
ただし、ボタンを押した後、チームメイトの
どちらかに解答を振ることもできます。
アタッカーは3P、後ろの待機者は2P取ったら
「勝ち抜け」となります。
3人全員が勝ち抜けるのが早い順に
順位点が入りますが、時間の都合もあって、
2チーム目が勝ち抜けたところでクイズ終了です。
残りのチームは、その時点での勝ち抜け人数の
多い順となります。

なお、アタッカーが勝ち抜けて、
早押し席が空欄になった場合は
待機者が入れ替わりで入ります。


さて、というようなルールなのですが、
ウチのチームは私が最初にアタッカーを
務めることになりました。
他のチームは鰤さん、辻さん、あおえりさん、
あいんすさん、という面々がアタッカー席に
つきました。

ただ、アタッカー席に座った私ですが、
正直、コンさんとちゃんおつさんが
どういうジャンルが得意で、どういう問題を振れば
答えてもらえるのかが全然分からない状態でして。

まあ、それはまだ
お二人の参加回数が少ないので仕方ないし、
分かってはいたことなのですが、
私の作戦が完全に失敗でした。

というのも、分からないからって
適当にお二人に振っては誤答、
というのを繰り返していたんですよね。
それだったら、自分の分かる問題を
サッサと答えて抜けてしまい、
お二人にもボタンを押してもらえばよかったと
反省しています。申し訳ない


試合展開ですが、
最初に勝ち抜けたのは緑チームのみっくさん。
続いて白チームのてゆーかさん。
さらに、赤チームの鰤さんが
自分で3○まで答えて抜けます。

ウチのチームも、運よく他の全チームが休みで
ウチのチームオンリーだったときに、
ちゃんおつさんに○を付けてもらえたのですが、
全体的に難問が多くて、私自身も押せない
という問題が多くて苦戦していました。

先ほど言ったように、適当に振って誤答させて、
休みになっている間に易問が来たりして、
何もかもダメダメでしたね。

その後、白チームがフジイさんも抜け、
あいんすくんも自力で抜けて1抜けとなりました。
2抜けは赤チームで、クイズはそこでストップ。

3位は1人抜けている緑チーム。
4位は誰も抜けていないものの全体で3○の青。
5位は結局、その後私が自分で1つ増やしただけに
終わった我がチームでした。

ここからは「オレたちのピラダビ」の各チームの
ベット先と結果も併せて発表されていきます。
ウチのチームは私が予想担当でした。

これは、全チーム1000点を持った
状態からスタート。
どのチームが1位になるかを1点で賭けて、
当たったら賭け点が6倍になって帰ってくる
というルールです。
他の企画が全部終わった際に、
何点持っているかによって順位点が入ります。

で、白チームは自分たちに100点を
賭けていたのでポイントを
1000→1500に増やしました。

が、赤も白に150点ベットしており、
1000→1750とし、
青も白に200点賭けて、
1000→2000としました。

そして、私も白チームに賭けておりました。
それほど自信があったわけではないのですが、
300点と大きめに賭けていたので、
1000→2500に増えましたw
白チームありがとうwww

緑チームだけがハズレで
1000→800に減りました。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

(原_):51(+3)
(鰤_):50(+8)
(あお):39(+5)
(あい):30(+15)
(ガヤ):30(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

結果は残念でしたが、
ピラダビが当たったのがラッキーでした。
これで賭け点に困らなくなったので
以降が凄くやり易くなりましたw


ということで、今回はここまで。
まだまだ序盤ですが次回はどうなるのか…。
お楽しみに!
2017 01/15 11:46:44 | クイズ | Comment(5)
Powerd by バンコム ブログ バニー
それでは、昨年6月の例会のレポートをお届けします。

今回も非常に大勢の方にお越しいただきました。

まずはレギュラー陣。
しょーせーさん、原さん、あいんすくん、海苔さん、
鰤さん、辻さん、 あおえりさん、そして私ヤーロウ。

「きなボド!」のレンさんにも
先月に続けてご参加いただきました。

そして、
ルドルフさん、コンさん、ざきおさん、みっくさん、
フジイさん、ちゃんおつさん。
それぞれ2〜3回目の方々です。
1回だけじゃなくて、こうやって複数回
参加していただけるのは本当にありがたいことです。
これからも、時間等の都合がよろしければ
是非ともよろしくお願いします。

ちなみに、ちゃんおつさんは2月が初参加で、
このときは違う名前でした。
また、ルドルフさんは今回は午前中のみの参加
とのことでした。

で最後に、てゆーかさん。
こちらはかつてウチにご参加いただいていた
「King」さんです。
超久々に遊びに来ていただきました。
実に2014年の4月以来になりますねぇ。

今回はその当時の人数の2倍以上ですよwww
随分、風景が変わったように
感じられたんじゃないかなwww

で、そんな大人数をさばく今日の企画者は
しょーせー会長です。


企画タイトルは
『輝け!第2回“会長杯”争奪戦!!』

第1回は2014年9月例会で行われ、
このときは完全に個人戦だったのですが、
今回は予選がチーム戦になるとのことです。

が、その前にまずは個人でのペーパークイズから。
普通とはやや異なり、問題は司会者が
口頭で読み上げ、それを聞いて解答用紙に
解答を記入していくという形でした。

で、この全30問のペーパーの成績上位4人が、
以降のチーム戦企画の
「チームリーダー」となります。


ペーパークイズスタート。
全問つつがなく終了し、
会長が採点を行っている間はフリバタイム。
その後、結果発表となりましたが、
まだこの時点では、細かい点数や順位の発表はなく、
以下の上位4人の顔ぶれだけが発表となりました。

あおえりさん、原さん、鰤さん、あいんすくん

…うん、順当


では、この4人以外のメンバーは
どう決まるかというと、この後行われる、
予備予選第2ラウンドに全てがかかっておりますw

内容は「2○3休早押しクイズ」

上記の4人以外が参加する早押しクイズです。
2○すれば勝ち抜けとなり、勝ち抜けた人は、
キャプテンである4人に対し、
自分をチームに入れて欲しいという
アピールを行いますw

キャプテンの方は、メンバーに欲しいと思ったら
手をあげます。
交渉が成立すればメンバーとして迎えられます。
複数のキャプテンが手をあげた場合は、
逆にプレイヤーがどのチームにいくか選べます。

こうして、「スタ誕」のような感じで
メンバーを決めていき、
1チーム3名のチームが作られます。


おや、今日はプレイヤーが15人だから
4チームでは割り切れないはず…。
そうです、最後まで余った3人は
ガヤ軍団」ということで
その3人で1チームを組んで戦うことになるのですw

よって、自己アピールの結果、
誰にも獲ってもらえなかった場合は
必然的に「ガヤ軍団」行きですwww


ということで、運命の早押しスタートです。

4問目で1抜けしたのはフジイさんでした。
しかし、フジイさんは
ペーパーの開始時刻に遅れてきたので
ポイントが0点なのが確実なんですよねw

メンバー全員のペーパーの合計点が
チーム最初のポイントになるので、
0点なのは非常に不利ですw
フジイさんは、「社会が得意です!」と
必死に自分をアピールw

4人とも悩んだようですが、
最後はあいんすくんが手を上げました。


次に5・6問目を連答して、
てゆーかさんが抜けました。が、この人も
遅刻してきて0点なんですよねwww
そんな人に限って1抜け、2抜けというwww
彼は実績は充分です。
でも0点。

最終的に複数人が手をあげたのですが、
てゆーかさん自身が
あいんすくんのチームを選びました。

うお、0点が2人とも同じチームにwww

次に抜けたのは辻さんです。
まあ、説明は不要でしょう。
我がサークルの最古参でございます。
複数人が手をあげて、原さんのチームに入りました。

続いて抜けたのはざきおさんです。
理系とアニゲーが強いです!」とのこと。
また、ざきおさんは今回が3回目の参加ですが、
初参加の際のあおえりさんの半日企画でも、
先月の企画でも、いずれも予選を勝ち抜いて
決勝戦進出を果たしているんですよね。
全チームが手をあげましたが、
本人は鰤さんを選びました。

お次は海苔さんです。
意外性の男」なんてアピールしてましたが、
それに対して「山倉かよ」という
ツッコミが出るあたりで
ウチのサークルを何となく察せwww
これも複数が手をあげましたが、
あおえりさんを選びました。

次はみっくさんです。
今までアホのふりをしていましたが、
本当は実力があります!

なんて、反応に困るアピールをしておられましたがw
確かに、過去3回の成績を見ると、
3月の初参加時は決勝戦進出を果たされましたし、
ときどきすごく鋭いポイントで
押して答えられてるんで、
本当に実力はあるんだと思います。
少なくとも私よりは
こちらも複数人が手をあげ、
あおえりさんに決まりました。

残るは鰤チームと原チームで1人ずつです。

その次はレンさんです。
得意ジャンルは雑学」とのことですが、
何と言ってもボードゲームサークルの主催者ですから、
もしそっち方面の問題が出たら
無双してくれそうですw
そんな問題、そうそうなさそうですけどw
原さんが手をあげて、原さんチームも確定しました。

残るはあと1人。
先に抜けたのは私でした。
別に今さらアピールするようなこともないので
我を取り給へ」とか
テキトーにぶっこいてたんですが
まさかのスルーで、
ガヤ軍団行きになってしまいましたwww
まあ、充分あり得る展開だとは思いましたがwww

次に抜けたのはルドルフさん。
ルドルフさんは
今日は午前中で抜けることが分かっています。
なので、取った場合は後半は2人で戦うことになります。
その代わり、午前中はどの企画をやるかを
選択する権利がもらえることになっています。
結局、鰤さんが手をあげて、
以下のようにチームが確定しました。

赤(34):鰤(18)、ざきお(10)、ルドルフ(6)
青(33):原(16)、辻(8)、レン(9)
緑(31):あおえり(15)、海苔(10)、みっく(6)
白(14):あいんす(14)、フジイ(0)、てゆーか(0)
黄(24):ヤーロウ(12)、コン(7)、ちゃんおつ(5)

個人名の後ろのカッコはペーパーの得点、
一番左のカッコはその合計点です。


…ということで、ひとまずはここまで。
次回からは、この5チームで
決勝進出を目指して戦っていきます。お楽しみに!
2017 01/14 09:22:30 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
エヌジー、ワ〜ド、ピンコーン♪ …から。

前→第3回|最初から→第1回


予選が全て終わり、
決勝進出者7名が決定したところから続きです。

休憩をはさんで、下位7名による敗者復活戦。
いわゆる「スウェーデンリレー方式」の
早押しクイズです。

1問目は正解すると+1P、誤答なら−1P。
2問目は正解すると+2P、誤答なら−2P。
3問目は正解すると+3P、誤答なら−3P。
と、問題数の数だけ、プラスポイントも
マイナスポイントも増えていきます。
問題は全部で25問なので、最後の問題は
正解したら+25P、誤答なら−25P
というわけです。
最後に、ポイントの最も多かった1人が
決勝進出です。

ただし、下位の中でのポイント順位によって、
以下のようなアドバンテージを持った状態からの
スタートとなります。

ヤー:10P コン:7P 聖_:5P
海苔:3P 藤井:1P UF:0P レン:0P

しかし、先ほど言ったように、
後半は20P以上のポイントが動くので、
こんなアドバンテージは
誤差みたいなもんでしょうwww

というわけで早押しスタート。
ちょっとすみません、
新しい人の判別がつききってなくて
ポイントを追い切れなかったのですが、
ラス前の24問目終了時点で、
私が3○0×の+38でトップ。
他の人は正解もあるのですが誤答もあって、
少し差が開いている状態でした。

が、最後の+25Pの問題を藤井さんが正解。
藤井さんは+13Pの状態だったので、
これで同点に!

そして…



近似値アドバンテージ
藤井さんが決勝進出!!

ざけんなwww


あの近似値が、何でそんなに
度々のしかかって来るんだwww
ある意味ミラクルやでwww


というわけで、
しょーせーさん、原さん、鰤さん、あおえりさん、
あいんすくん、ざきおさん、文月さん、藤井さん
この8人で決勝戦です。



決勝戦も、25問限定の早押しクイズとなります。

今度は、ここまでの順位を踏まえて、

しょ:30P 原_:27P 鰤_:25P
あお:23P あい:21P ざき:20P
文月:20P 藤井:20P

という得点を持った状態からスタートします。

正解すると、
自分以外の全員のポイントが1P減ります。
また、2連答したら2P、3連答なら3P…と
連答した場合は連答の数だけ一気に減らせます。
(連答権は他人の誤答では消えませんが、自分の誤答、
または問題スルーでも消滅します)

自分が誤答した場合は自分だけが2P減ります。

これを25問繰り返して、
最後にポイントが最も多い人が
本日の優勝者というわけです。


ではクイズスタート。

1問目はしょーせーさんが正解。
しょーせーさん以外の全員が1P減らされます。
2問目は鰤さんが押しましたが誤答。
鰤さんだけが2P減らされます。

3問目はあいんすくん、4問目は原さんが正解。
5問目はスルーで6問目はざきおさんと、
バラバラに正解が出るので連答が付きません。

このルールでこういう展開だと
しょーせーさんが俄然有利ですね。

9問目に鰤さんが正解した時点では、
しょーせーさんが26Pでトップ維持。
原さんと鰤さんは誤答があって、
それぞれ21Pと19Pに減っています。

しかし、10問目・11問目と原さんが初の連答。
反撃ののろしとなるか。

が、原さんは焦りが出たか、
18問目で再び誤答してしまい、ポイントが減ります。


この先もなかなか連答ができず、全員、相手を
ゴッソリ減らすことができない状態が続きます。

21問目、原さんが正解した時点で
しょーせーさんが18P、原さんが14P。
鰤さんとあおえりさんが9P。
少し厳しいですが、残り4問で3連答以上できれば…

しかし、22問目はあいんすくんが押して誤答。
23問目は鰤さんがスルーになりそうな問題を
拾って正解。

この段階で、残り2問で差は4P。
原さんが2連答しても3しか減らせませんので
しょーせーさんの勝ちが確定です。

最後は鰤さんが正解。


というわけで、本日の企画は
しょーせーさんが+15Pで
逃げ切り優勝でした!

おめでとうございま〜す!!


決勝進出者全員に賞品が用意され、
成績の上位者から順番に
好きなのを取って良いということで、
しょーせーさんが乃木坂46のCDをゲット。
他の人もそれぞれ小説やCDなどをゲットしましたw
内容はちゃんと音声に残ってなかったので割愛ですw


残りの時間は簡単なルールをつけつつ、
鰤さんの一問多答問題をやったり、
フリバをやったりして消化しました。

そちらはそちらで盛り上がったのですが、
あくまでフリバなので
詳しい内容は割愛させていただきます。

ただ、当日はスルーされていたけど、
しっかり音声に残っていた
あいんすくんの超絶面白ギャグだけは、
もったいないので、ここに記録しておきます。

(問題がスルーになったあと)
「…正解はサッパでした」
サッパり分からん」

といったところで、笑点はお開き、また来週…
じゃなかったw
5月例会のレポートは終わりです。
次回をお楽しみに!
2017 01/11 18:39:07 | クイズ | Comment(3)
Powerd by バンコム ブログ バニー
ルーマニアといえばルー大柴のマニア…から。

前→第2回|最初から→第1回


それでは、小休憩をはさんで第5ラウンドです。

A→「タイムレース早押しクイズ5分間or50問」
B→「早押しボードクイズ20問」

Aの方は、早押しを5分間、
もしくは50問消費するまでひたすら出題し続けます。
正解なら+1、誤答は−1の上、1休となります。

Bは、いわゆる普通の20問限定の「早ボ」です。
押した人は正解なら+3、不正解なら−3、
それ以外の人はボード正解で+1、不正解なら±0の
シンプルなルールです。

A:しょーせー、コン、あいんす、あおえり、
ヤーロウ、UFO
B:文月、原、鰤、藤井、聖、レン、ざきお、海苔

今度はすんなり決まりましたね。
私がAを選んだ理由は
はっきり言って忘れてしまいましたが、
多分、人数が少ない方を自分なりに
推理した結果だったと思います。


ということで、
まずはAのタイムレースからスタート。

…まあ、分かっていたことではあるんですが、
ホント、指の勝負になると全然勝てないですねw
押しても押してもボタンがつきゃしない。

上位陣は何問も正解して激しいトップ争いを
演じていたのですが、勝ったのは、
11○0×のしょーせーさん。
2位は9○1×のあおえりさん。
3位は7○のあいんすさんで、
4位が1○の私w

本来の4位は9○3×のUFOさんだったんですが、
UFOさんは誤答して1問休みのときに
ボタンを押してしまい、ペナルティで−5Pされて、
近似値の差で5位になってしまったのでした。

これは、しょーせーさんがクイズ開始前に司会者に
こういう場合がどうなるのか聞いて、
その場で、1回目は−5、2回目は失格というルールに
決めたものなので仕方ないですね。

と、いうかしょーせーさんのナイス指摘でした。
流石会長!


では、次はBコースです。

やはりボードでの正解者が正確には分からないので
結果のみの紹介にしますが、
「車だん吉はドライブスルーで
買い物できるかどうか」を
「視てた」という鰤さんが1位w

原さんが2位、ざきおさんが3位で、
池田伸子ファンの海苔さんが4位、
聖さんが5位という結果でした。

…手抜きじゃねーよ!
特にこれといった見どころが無かったんじゃ、
文句あるか!www

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

しょ:44(+10)
原_:37(+7)
鰤_:37(+10)
あお:27(+7)
あい:19(+5)
コン:12
海苔:12(+3)
ヤー:11(+3)
藤井:9
ざき:8(+5)
文月:6
UF:6(+1)
聖_:5(+1)
レン:1

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


予選最後、第6ラウンドです。

A→「人間不信クイズ」
B→「アンケートクイズ」

AもBも基本は早押しクイズなのですが、
Aは、各人に設定された「NG行為」を
してしまったら即失格になるというルールですw
分かる人には「内村プロデュース」といえば
分かるでしょうw

Bは、2択のアンケートを行い、
小数派に入った人だけが早押し席につけるという、
変則の空席待ちクイズです。

A:文月、鰤、コン、聖、レン、あおえり、
ヤーロウ、UFO、ざきお、海苔
B:しょーせー、原、藤井、あいんす

Aが大人気www
しかし、定員がありますので、
ここでもざきおさんと海苔さんは近似値によって
強制的にBに回ることになってしまいました。


では、Aの「人間不信クイズ」を始めます。

詳しいルールを説明すると、
全30問の早押しクイズです。
先ほど言ったように、各人にはクジで決まる
NG行為」が設定されています。
自分で自分のNGが何なのかは当然わかりませんが、
他の人は全員が分かっている状態になります。

早押しクイズ終了までに
NGをしてしまった人は失格となります。
クイズ中、クイズの解答時、問題と問題の合間など、
すべての言動が対象となります。

最終的にポイントの多い順に順位点が付きます。


ということで、
まずは各人の「NG行為」をクジで決めます。

まあ、自分以外の人は「ああ〜」とか「エエ〜」とか
「きっつ〜」とか「なるほど〜」とか
いろいろ言うとりますw

その後、ちょっとセッティングに
時間がかかりましたが、いよいよ早押しスタート。

1問目はUFOさんが押して不正解。
2問目はUFOさんが正解。
3問目もUFOさんが正解。

…みんな、うかつなことが言えないので、
しばらくは無言で淡々と進んでいきますw
押すのも若干躊躇気味ですが、UFOさんだけは
ガンガン押して、正解したり間違ったりしてますw

…と、ここで鰤さんがUFOさんに
「今、何ポイントですか?」と訪ね、
UFOさんは「4○3×です」と答えます。

しかし、これがNGだったwwww

UFOさんのNGは
数字を言ったらアウト」だったんですw
これは鰤さんの巧みな誘導尋問…っていうか、
黒すぎwwww
笑点の紫の人といい勝負できますよwww

この後も、本当に無言で淡々と進んでいきます。

20問目であおえりさんが「日本新党」、
24問目で鰤さんが「かまぼこ」と解答して
NGになるのですが、
どちらも何がNGだったのかが
音声に残っていませんでしたw
鰤さんは確か「食べ物の名前を言ったらアウト」
だったと思うんですが、
誰か覚えている方がいらっしゃったら
コメントで補足ヨロ。
他の人のもできれば(丸投げ)www

で、30問目がスルーとなって静まり返って終わり、
全ての問題が終了となりました。

トップは2Pで3人並びましたが、
失格していなくて近似値が上だった
文月さんが1位、近似値が下の聖さんが2位、
1Pの私が3位、コンさんとレンさんが−1で並び、
近似値順
コンさんが4位、レンさんが5位でした。

ちなみに、私のNGは確か
「誤答したら即アウト」だったハズです。

何かね、最初にクジを引いたときの他の人の反応が
私だけどことなく違っていて、
「ゲェーッ!?」みたいな感じだったんですよw
だから、相当厳しい、
または他の人と毛色が違う感じなんだろうなと思って
積極的に押せなかったんです。
最後にスルーになった問題も、一応分かってたんで、
普通なら押してた問題なんですけどねw


で、このゲームやってみた感想としては…
「ちょっと無理があった」かなw

クイズを絡めずに、
ほぼ同じルールでやるゲームは知ってますが、
それだと、「他人からいかにNGを引き出すか」が
テーマになるので、鰤さんがやったように、
相手を誘導尋問でハメようとしたり、
ハメようとしたつもりが、
逆に自分がNGになってしまったりと
そういうのが楽しいゲームだと思うんですよ。

しかし、今回はあくまでクイズは普通
行われているので、途中で急に、
「ところで鰤さん、何かお腹すきません?」
とか言えないしw
その結果、全員が自爆しないように口をつぐむ、
という感じになってしまい、
UFOさん以外は、
ただ運が悪かっただけになってしまいましたw

UFOさんはちょっと引っかかっちゃいましたけど、
「数字」は他と違って誘導させやすいワードでしたし、
鰤さんの誘導尋問も上手かったんで仕方ないですね。

もうちょっとルールを工夫して、
いろいろと会話が飛び交うような状況にしないと
クイズ企画に使うのは難しそうかなと思いますが…
どうでしょう? 誰かチャレンジします?www


ではBコース。

アンケートに解答し、少数派になった人だけが
3問の間、早押しの解答席につくことができます。

アンケートで少数派になればその時点で+1P、
早押しが正解できればさらに+1Pです。
早押しで誤答した場合は、
そのセットの解答権がなくなります。

なお、Bコースの参加人数は6人なので、
アンケート結果が3対3の同点になる場合は、
他の人の投票を加えて集計します。

ってことで、その役には私が抜擢されましたw
よーし、パパみんなを混乱させちゃうぞwww


まず、アンケート第1問。
「とんねるずVSダウンタウン、
好きなのはどっち?」

これはもうダウンタウンですよ。
とんねるずも決して嫌いじゃないですが、
私の世代は「ごっつ」にいかに影響を受けているかw

で、全員の答えですが
なんと、海苔さんをのぞいてみんな同じ答え

海苔さんに+1P、
そして3問の間、単独での解答権をゲット。
大チャンスではありましたが、
残念ながら3問中の1問しか答えられず。
でも、これで海苔さんはこれで+2Pと
幸先の良いスタートとなりました。

アンケート2問目です。
「女性の髪形、ショートヘアVSロングヘアで
好きなのはどっち?」

セミロングが好きな私はどうすればwww
まあ、今回は正式な参加者ではないので
「ロング」と答えておきますw

「ショート」と答えた
原さんとざきおさんが解答席へ。
1問目はスルー、2問目・3問目は
原さんが連答しました。

とまあ、こんな感じで進んでいきます。
以下はダイジェストで。

3問目は「カレー VS ラーメン」で、
ボケて「カレーラーメンがいい」とか言ってたら、
後の早押しで「カレーラーメン」が正解になる問題が
出るというwww
なお、スルーになる模様www

アンケート5問目は
「きのこの山 VS たけのこの里」
何、サクッと
戦争おっぱじめちゃってるんですかwwww
言っとくがたけのこなんて言い出す輩は
殲滅してやるからな!!!
今回多数派になったのもきのこだからな!!

アンケート6問目の「犬 VS 猫」で
初めて3対3で割れて私の回答が役に立ちましたw 
私は昔っから「猫派」なんだニャ。
猫飼ったことないけどニャ〜www

7問目も「ドラクエ VS FF」で3対3に割れ、
私の「ドラクエ」の回答で、
「FF」が少数派になりました。
実は私は、ドラクエは1〜5とSFCの3のリメイクは
買って自力でクリアもしましたが、
FFは、1作もまともに
プレイしたことがないんですよwww

私って、「元祖」をすごくひいきする傾向があるので、
当時は「大作RPG」の元祖をドラクエと認識して、
FFは「邪道」みたいな、
そんな感じに思ってたんですよねw

と、隙あらばどうでもいい自分語りを入れていくww

8問目の
「セーラー服 VS ブレザー」でまた割れましたw
私の回答は「セーラー服」。
特に理由はないけど、何となくw


で、9セット目が終わったところで終了です。
結果は1位が11Pを取ったざきおさん。
9回中、実に6回も少数派が取れたのが
大きかったですね。

次は7Pでしょーせーさんと原さんが並びましたが、
近似値で2位がしょーせーさん、3位が原さん。
4位が6Pであいんすくん。

海苔さんは幸先は良かったのですが、
その後1回しか少数派になれず、
しかもその1回も早押し正解が出せずで
3Pでフィニッシュ。
同じく3Pの藤井さんに近似値で負けて
5位が藤井さん、6位が海苔さんでしたw

ことごとく近似値に泣かされる海苔さんでありましたw


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

しょ:51(+7)
原_:42(+5)
鰤_:37
あお:27
あい:22(+3)
ざき:18(+10)
文月:16(+10)
ヤー:16(+5)
コン:15(+3)
聖_:12(+7)
海苔:12
藤井:10(+1)
UF:6
レン:2(+1)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということで、これで予選が全て終了しました。
上位7人が決勝進出となります。

…7位は同点ですが、
ここでも近似値アドバンテージが炸裂して
文月さんが7位、私が8位ですよ、
チキショウ!!!www

ある意味海苔さんより悲惨www


…と、いったところで続きは次回
敗者復活と決勝戦をお送りします。お楽しみに!
2017 01/10 20:55:21 | クイズ | Comment(6)
Powerd by バンコム ブログ バニー
面白おじさん、大統領になるの巻 …から。

前→第1回


さて、次は予選第3ラウンドですが、
ここから第6ラウンドまでは
「コース別」のクイズとなります。
要するに、先ほどのように全体を2つに分けた上で、
それぞれの組で別のクイズを行うのですが、
どちらに出たいか、自分で選択することができます。

…とはいえ、どちらのクイズも
定員(8人)があるので、最初の近似値の成績が
上位の人から順に席が埋まっていき、
どちらかのクイズの定員が埋まってしまったら
残りの人は強制的にもう片方に回ることになりますw
(※当日は、最初は「現時点のポイント順」と
アナウンスがあったのですが、実際に該当する状況に
なったときは近似値の順で処理がされていましたので、
それに従った記載をしました。
また、定員も「9人」とのアナウンスだったのですが、
実際には8人が正しいようでしたので、
そちらで記載しました)


で、第3ラウンドの形式が発表となりました。
A→「3○2×(岐阜クイズ)」
B→「3○2×(るーまにあクイズ)」

というわけで、どちらも先ほどと同じ、
3○2×の早押しなのですが、
超偏ったジャンルの早押しクイズとなっておりますw

ってか、るーまにあの方は
時間内に勝ち抜け者が出るかどうかすら
怪しくないか、コレ…www

あ、言っときますけど
これ、国のルーマニアじゃないですからね。
辻さんの元推しメン
「加藤るみ」さんのファンを表す呼称の
「るーまにあ」ですからねwww

で、全員の参加希望は以下のようになりました。

A:
原、しょーせー、あいんす、あおえり、海苔、ざきお
B:
鰤、コン、ヤーロウ、聖、藤井、UFO、文月、レン

あれ、意外とBがいるwww
人数が少なくて下位でもポイントが拾えそう
とか思ったのにwww


では、まずAコース、岐阜クイズからです。

5問目にしょーせーさんが真っ先にリーチ。
岐阜県民の海苔さんは、詳しいがゆえに引っかかったり、
逆に岐阜県民じゃないと分からない問題を答えたりして
8問目で1○1×。

そして、次の問題をしょーせーさんが正解して、
1抜けはしょーせーさんでした。
ダメじゃん、地元民www

とはいえ、
海苔さんは12問目で見事に2抜けを果たしました。
やっぱ、ほぼ全問が差し込み
みたいなもんなんだもん、そりゃあねぇwww

残るは、原さん、あいんすくん、あおえりさんが
共にリーチで並ぶ展開でしたが、
1×を背負ったあおえりさんが勝負を制して3抜け。
はらさんが4抜け、あいんすくんが5抜けでした。


続いてBコースの「るーまにあ」

流石に一筋縄ではいかない問題が揃っていますw
一応、「前フリが加藤るみ関係、
後フリで普通に答えられる」
というのが多いのですが、ときどき本当に
カルト問題がぶっ込まれるので油断なりませんww

12問目で鰤さんと文月さんがリーチ、
1○が4人という展開になりましたが、
流石の鰤さんがまずは1抜け。

その後もみんな正解が重ねられず、17問目で
コンさんとUFOさんもリーチとしますが、
UFOさんは19問目に2回目の誤答をしてしまい、
飛んでしまいます。

21問目にコンさんが2抜けを果たし、
次の問題で藤井さんがリーチ。
しかしここからしばらくスルーが続きます。

27問目で聖さんが2回目の×で飛びました。
で、そうこうしているうちに
問題の方が尽きてしまいましたwww

最終的に、文月さん、藤井さん、レンさんが
2○0×で並んだのですが、
「同点の場合は最初の近似値順」というルールが
ここでも発動し、
文月さんが3抜け、藤井さんが4抜け、
レンさんが5抜けでした。

え、私?
1○1×でしたが何か?
ってか、前フリが強烈過ぎて
全然内容が頭に入ってこなかったよ…。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

しょ:24(+10)
原_:23(+3)
鰤_:20(+10)
コン:12(+7)
あお:10(+5)
あい:9(+1)
海苔:8(+7)
藤井:6(+3)
文月:5(+5)
ヤー:5
聖_:4
ざき:3
レン:1(+1)
UF:0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


では、続けて第4ラウンドです。
先ほどと同じく、AコースとBコースがあり、
全員が改めて選び直します。

A→「ビンゴクイズ」
B→「トランプクイズ」

A、Bともに、限定30問のシングルチャンスの
早押しクイズです。

Aは正解すると
1つ数字を指定してマスを開けられます。
正解者以外でも該当する数字があれば開けられます。
1列以上が揃えば勝ち抜けです。

Bは正解するとトランプを1枚引きます。
手元に4つ全てのスートが揃えば勝ち抜けです。

つまり、前者は運が良ければ1問も正解できなくても
ラッキーで勝ち抜けることができるのに対し、
後者は運が悪いと何問正解しても
勝ち抜けられないかもしれないという、
正反対の意味で「運」が絡む2つの形式です。

ちなみに、前者の誤答は1休、
後者は最も枚数の多いスートを
全て捨てなくてはなりません。

A:
文月、しょーせー、鰤、藤井、コン、聖、レン、
UFO、海苔
B:
原、あいんす、あおえり、ヤーロウ、ざきお

Aが9人になってしまいましたので、
近似値最下位の海苔さんは強制的にはじき出され
Bに参加することになりましたw


ではAから参ります。

まあ、もちろん各人の
ビンゴカードの数字の配置は分からないので
ダイジェストになるのですが、
誰かが正解して数字を言うたびに、
別の人から「やったー!」なんて声が上がりますw

文月さんはスタートから5問で3つ開けました。
本人はまだ押してすらいないのにw

そして、次の問題を鰤さんが正解すると、
早くもリーチの声が!
しかも、なんと
しょーせーさんと鰤さんが同時にリーチ

さあ、果たしてどちらが早く抜けるのか!

次の問題…
正解したのはしょーせーさん!
もちろん残る1つを指定してビンゴ達成、
1抜けとなりました〜

と、思いきやwww

同じ番号で鰤さんもビンゴwwww

ちょwwwうせやろwwww

一応、2枚が全く同じではなかったようですが、
数字の違いが1ヶ所しかなかったというw

辻さんが用意したのは「妖怪○ォッチ」の
ビンゴカードだったんですが、
子供向けだからって
適当な作りだったんでしょうねwww

前に私がやったジグソーパズルを使ったクイズで、
同じピースが2つ入ってて、1つ足りなかった
ことがあったのを思い出しましたw

とはいえ、クイズはそのまま続行ということで、
近似値規定により、しょーせーさんが1抜け、
鰤さんが2抜けに決まりました。

その後は、割と普通に開いたり開かなかったりして、
UFOさんが3抜け、藤井さんが4抜け、
文月さんが5抜けとなりました。


では、Bコースに行きます。
こっちは同じカードが2枚ある、
なんてことはないでしょうから、普通にガチンコな
戦いが繰り広げられることでしょうw

こちらは、正解者がばらけたのと、
誤答でカードを捨てるケースが多く、
Aコースと比べてリーチが遠いw

しかし、16問目にようやくあおえりさんが
リーチにこぎつけます。
次の問題で、原さんにもリーチが出ますが、
さらに次の問題であおえりさんが一発ツモ!
見事1抜けとなりました。

しかも、さらに次の問題で原さんが正解し、
こちらも一発ツモで2抜けとなりました。
何かみんな運が良すぎない?www

で、その2人に運を吸い取られたのか、
ここからは引いたスートが被る人が続出。
結局30問目が終わるまでに勝ち抜ける人は出ず、
リーチ状態だったあいんすくんが3抜け。
3枚持っていたけど2種類の私が4抜け。
同じく3枚2種類だけど近似値が低かった海苔さんが
5抜けとなりました。

うむ、人気が少なくて、下位でもポイントが
拾えるんじゃないかと思ってBを選んだんだけど、
一応は思惑通りにいきましたなw

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

しょ:34(+10)
原_:30(+7)
鰤_:27(+7)
あお:20(+10)
あい:14(+5)
コン:12
藤井:9(+3)
海苔:9(+1)
ヤー:8(+3)
文月:6(+1)
UF:5(+5)
聖_:4
ざき:3
レン:1

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上位陣は固定されてきましたが、
下位陣は激しく順位が変動してますね。


果たしてここからどのような展開となるのか…。
それは次回をお楽しみに!
2017 01/08 16:22:19 | クイズ | Comment(2)
Powerd by バンコム ブログ バニー
おはようございます。
5月例会の模様をレポートしていきます。


今日も参加者が多くて賑やかです。

まず、レギュラー陣は
辻さん、鰤さん、原さん、しょーせーさん、
あいんすくん、あおえりさん、海苔さん、
文月さん、そして私ヤーロウ。

コンさん、ざきおさんは先月に引き続いてのご参加。
「きなボド!」のレンさんが2回目のご参加。

前回「愛知の修練賢者10級」というHNだった
“あっUFOがいる”さんも
先月に引き続いてのご参加。
前回は「見学」ということでプレイヤーとしては
参加されなかったのですが、
今回は参加もしていただけるそうです。

それから、過去に1度ご参加いただいた聖さん。

今となってはすっかりレギュラーなあいんすくんと
同じ回にご参加いただいたんですよねw
あの時は、「お姫様っぽく解答」とか
ヘンなこともさせてしまいましたがw
2度目のご参加、ありがとうございます。

最後に、今回初参加の藤井さん。

ということで、総勢15名です。

いや〜ホント、ここ数か月は
毎回嬉しい悲鳴を上げております。
これが続いてくれるともっと嬉しいんですけどね〜。


さて、企画の方は辻さんが担当です。
タイトルは「推しが卒業します杯」

これは、クイズの内容とタイトルに
特に関連性がない予感…!www

いつものように、いくつかの「予選」企画を行って、
その結果を踏まえた上で「決勝」という流れですが、
途中、「コース別」ということで、
全体を2つに分けて
別々のクイズ形式での戦いとなります。
予選の順位7人が決勝進出、
下位7人は敗者復活戦に回り、1名が決勝進出。
合計8人で決勝戦を行って、優勝者1名を決定します。


では、まずは予選を開始いたしましょう。
1Rはボードクイズです。

全体に対して問題が読まれ、
全員が一斉にボードに書いて解答します。
正解なら+1P、誤答のペナルティは特にありません。
先に7P獲得した人から順次勝ち抜けとなります。
問題数は全46問…って何その中途半端な数www

勝ち抜け1位から順に、
10P、7P、5P、3P、1Pが入り、
6位以下は0点となります。
この順位点は2R以降でも基本的には同様です。


で、同時に複数人が抜けた場合の着順確定に使うため、
まずは最初に近似値問題を1問出題。

タイトルにもなっているように、
辻さんの推しメンのSKE48の在籍日数を問う問題w

そんなの分かるわけねぇwww


その後、ボードクイズがスタート。

1問目はビジュアルを見て答えるクイズで、
当然のようにAKB48のメンバーが出てきますw

どなたかが単独正解したんですが、
音声で名前が入ってなかったんで
分かりませんでしたwww
と、いうわけで、
いつものように以降はダイジェストでいきますw

2問目もビジュアル問題。
今度は「スターウォーズ」の
最新作からの問題でしたが、
誰も見に行っていなかったようで、正解者なしw

3問目もビジュアル。
午後の紅茶の公式キャラの作者を答える問題…って、
今となってはすっかり消えてしまって
全然記憶にないね、こいつwww
当時は時事問題だったので正解者も多数いました。
…ごめんね、更新が遅くてw

以下、6問目まではビジュアルでしたが、
ほとんど正解は出ず、1○しか差が付かない状態w

7問目から普通の読み上げ問題となりますが、
ほとんどの場合、正解が出るときは
多数の人が同時に正解、
出ない時はほぼ0人という展開なので、
あまり差が付きませんw
しまった、近似値がこんなに重要だったとはwww

そんな中、原さんが
1ポイントのリードを保ってリーチ。
つっても、この形式だと
他人の邪魔ができるわけではないので、
リーチされたからと言って何もすることないけどw

で、次の問題をあっさり連答して、
原さんが1抜けとなりました。

そして、この時点でリーチの人が6人w
次の問題で3人が同時に勝ち抜けましたが、
近似値順で2抜けがしょーせーさん、
3抜けがコンさん、4抜けが聖さんになります。
同時に抜けたのに4P差はデカいなぁw

さらに、2問後に3人が同時に抜けましたが、
やはり近似値順で、あいんすくんが5位で1P。
あおえりさんが6位、
UFOさんが7位ですが0Pですw

以下は全員0Pなのですが、
このラウンドでの勝ち抜け順で
次のラウンドの対戦相手が決まるということで、
全員の順位が確定するまでクイズが続き、
8位以下は、
鰤さん、私、藤井さん、ざきおさん、レンさん、
海苔さん、文月さんという順位になりました。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

原_:10
しょ:7
コン:5
聖_:3
あい:1
あお:0
UF:0
鰤_:0
ヤー:0
藤井:0
ざき:0
レン:0
海苔:0
文月:0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


では第2ラウンドです。

ここで行われるのは
「3○2×」の早押しクイズです。
問題もごく普通ですw

先ほどのラウンドの勝ち抜け順が
奇数だった人と偶数だった人の2グループに
分けて行われ、それぞれの組で先ほどと同じように、
1抜け=10P、2抜け=7P…が入ります。
高得点のチャンスですね。


では、まずは奇数組、
原さん、コンさん、あいんすくん、UFOさん、
私、ざきおさん、海苔さんの7人の対戦です。

試合は8問目までに
原さん、UFOさん、ざきおさんが2○で並ぶ展開。
しかし、UFOさんは×も1つ付いていて
ダブルリーチ状態です。
そして、9問目。
UFOさんが二択にダイブ気味に
飛びこみましたが失敗。
リーチから一転して最下位が確定してしまいました。

その後、数問はリーチ者以外が答える展開で、
あいんすくんもリーチをかけますが、
13問目で原さんが正解し、見事1抜けとなりました。

それから、15問目を正解したあいんすくんが2抜け。
私が17問目で3抜け。ざきおさんが4抜け。
残るコンさんと海苔さんは2○で並びましたが、
最後は「ドナルド・トランプ」の問題で
海苔さんが抜けました。

…この頃は、どっちかというと
「面白おじさん」的な扱いだったけど、
まさかこんなことになるとはなあwww


続いて偶数組です。
しょーせーさん、聖さん、あおえりさん、鰤さん、
藤井さん、レンさん、文月さんの対戦です。

こちらは5問目で鰤さんがあっさり1抜けする展開。
ちなみに5問目は青問でしたが、
前フリで瞬殺でしたw

続いて、しょーせーさんとあおえりさんが
リーチをかけましたが、しょーせーさんが先に抜け、
藤井さんが追いついてリーチをかけますが、
やはりあおえりさんが先に抜けます。
14問目で藤井さんが4抜けして、あとは
1○の聖さんと、0○のレンさん、文月さんの戦い。
先ほどと違って、5位の1Pが確定したら
6位以下を決める必要はありませんので、
誰か1人が抜けたら終わりになります。

その後、聖さんが2○、文月さんが2○1×で
並びましたが、聖さんが見事「ソワレ」を正解して
5抜けとなりました。


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

原_:20(+10)
しょ:14(+7)
鰤_:10(+10)
あい:8(+7)
コン:5
あお:5(+5)
ヤー:5(+5)
聖_:4(+1)
藤井:3(+3)
ざき:3(+3)
海苔:1(+1)
文月:0
レン:0
UF:0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということで、まずはここまで。
次回から「コース別」が始まります。お楽しみに!
2017 01/07 11:33:05 | クイズ | Comment(2)
Powerd by バンコム ブログ バニー
助けて〜アホアホマ〜ン! …から。

前→第4回|最初から→第1回


では、早速決勝戦…

の前に、敗者復活戦〜!!
ドンドンパフパフ〜!!(古い)

タイトルはその名も
「クイズ・当たって砕けた」www

あおえりさんが実際に参加して「当たって砕けた」
オープン大会の、敗者復活で出された
早押し問題を使っての企画だそうです。


普通に問題が読まれて早押しで答えていきます。
1問でも正解できた人は勝ち抜けということで、
一旦早押しの権利がなくなります。

で、どんどん問題を続けていくのですが、
そのうち、実際にそのオープン大会のときに、
あおえりさん自身が押した問題、
というのが出てきます。
この問題に関しては、実際にあおえりさんが
ボタンをつけた箇所までしか
問い読みが行われませんw

そういう問題が出題された時点で
1ステップが終わりです。
その時点で、まだ正解できずに残っている人は
失格となり、すでに勝ち抜けている人だけが
次のステップへ進みます。
そうして、全員0Pに戻った上で、
また途中までしか読まれない問題が
出てくるまで続けます。

これを3回繰り返して、
最後のセットで最初に勝ち抜けた人が敗者復活です。
最後のセットまでに全員が消えたとしても、
サドンデスを行って、必ず誰か1人が
敗者復活となります。

なお、早押しの誤答は1休です。


では、敗者復活戦スタートです。

1問目は辻さんが正解しました。
これで辻さんは勝ち抜け。
次のステップへの進出が約束されました。
当然、プレイヤーは何問目でステップが終わるかは
分かりませんし、教えてももらえませんので、
なるべく早く正解して楽になりたいところですねw

しかし、焦るとみっくさんのように
誤答して1休することになりますw

3問目はスルー、4問目は佐竹さんが正解。
5問目はざきおさんが正解しました。
6問目は先ほど誤答していたみっくさんがリベンジ。
7問目はコンさんが正解。
順調に勝ち抜け者が決まっていきます。

そして8問目。
日本史問題を海苔さんが正解したところで
ファーストステップ終了。

正解が出なかった夢遊さん、
はるさんはここで脱落です。

セカンドステップの1問目はみっくさんが正解。
2問目はざきおさんが正解。

そして3問目。
「その、あまりにも隣の国と似た国旗の
変更の是非を」
ここで問い読みがストップ。と、いうことは…?
海苔さんが押して「ニュージーランド」を正解。
滑り込みでラストステップへの進出が決まりました。

ラストは、みっくさん、ざきおさん、
海苔さんの3名です。
最初に1問正解した人が敗者復活となります。

最後は「ドナドナ」が正解となる問題で、
ざきおさんが正解し、敗者復活となりました。


ということで、今度こそ決勝戦です。

「クイズ・魔物降臨」

ルールですが、40問限定で、
いわゆる「ナナマルサンバツ」の
早押しクイズを行います。
すなわち、誰よりも先に7問正解すれば優勝です。

ただし、決勝戦に進めなかった敗者7名も、
それぞれ3人と4人に分かれて、
奇数問と偶数問で交互に早押し席について
早押しに参加します。
もちろん、敗者が正解しても何の効果もありません。
ただ問題が1問消費されるだけで、
単なるオジャマ虫ですw

そして、誤答した場合ですが、
「ナナマルサンバツ」なので、
1回の不正解で×が1つついて、3つ×がつくと
失格になる、というのはもちろんのこと、
それに加えて、何らかの別のペナルティが付きます。

これは、全体の1バツ目、2バツ目、3バツ目…で
異なるものとなっており、その都度、発表となります。
一応、「A」「O」「E」「R」「I」「3」という
イニシャルだけが発表になっており、
6バツで一周するようですw


では、早押しスタートです。

1問目。
答えが「アスキーアート」の問題で、
鰤さんが正解したのですが、
わざわざ↓のマモノさんが描かれてましたw

|\_/ ̄ ̄\_/|
\_|  ▼ ▼|_/ フフフ…
   \  皿 /

甲子園からはるばる出張、ご苦労様ですw

今日のマモノさんは
どんな働きを見せてくれるのでしょうかw


5問目。あいんすくんに全体を通じて
初めての誤答が出ました。

誤答ペナ「A」の正体は…
「あまり面白くない。1問休み」

うーむ、マモノの登場はまだ先ということですねww

6問目。続けて原さんが誤答。

誤答ペナ「O」は
「お隣のどちらかに1○をプレゼント」

原さんの両隣は鰤さんとしょーせーさんです。
ここまでにすでに3○している鰤さんに
○をあげるわけはなくw
しょーせーさんに1○が入りました。

7問目は敗者席の佐竹さんが正解。
先ほど説明したように、
これは何のプラスにもマイナスにもなりませんw

10問目。
ここまで順調に○を重ねてきた鰤さんですが、
ここで誤答。

誤答ペナ「E」は…
「選んで、誰かに1○をプレゼント」
これ、なんと敗者も選べるということで、
鰤さんは当然敗者(偶数チーム)を指名しましたw

実質ペナルティなしじゃんwww

11問目〜13問目は原さんが3連答しますが、
14問目、鰤さんが正解してこれで5○、
早くも優勝が見えてきました。
一方私はド安定の地蔵www

16問目、鰤さんが2バツ目の誤答。
そろそろマモノさんにお仕事をお願いしたいところw

誤答ペナ「R」は…
「両隣に1○をプレゼント」

ということで、原さんと敗者チームに○が行きました。
原さんもこれで4○となります。
鰤さんは×が付けられなくなっただけに、
これで状況は五分五分といったところか。

どうでもいいけど、敗者奇数チームも
この○に加えて、佐竹さんが2問正解しているので
3○ですw

19問目。ざきおさんが誤答。
誤答ペナ「I」は
「一問置きにしか解答ができなくなる
(次に誰かが誤答するまで)」

うわー、これはキッツイwww
マモノさん、仕事する人を間違ってますよwww

21問目、原さんが正解して
鰤さんに○の数で追いつきます。
22問目、あいんすくんが正解。
これで3○まで積みました。
23問目、敗者奇数チームの辻さんが正解。
これで4○です。

敗者が強すぎる件www

27問目、鰤さんが正解。
これで6○でリーチとしました。
しかし、2×もしているため、
いわゆるダブルリーチ状態です。
さあ、優勝の行方は果たして!
そして、ヤーロウは1○できるのか!?www

28問目はあいんすくんが正解、これで4○。
29問目はスルー。
30問目、ようやく私にも正解が出ましたw
よかった、これで胸を張って家に帰れるよwww

そして、直後の31問目。
「画家のモネとマネ、先に生まれたのはどっち?」

という問題で、鰤さんがマネを正解!

7○に達しましたので、
鰤さんがこの企画の優勝となりました〜!
おめでとうございま〜す!!


ちなみに、最後まで開かれなかった
誤答ペナ「3」は「3問休み」で、
これ以降は×が出るたびにサイコロを振って
いずれかのペナに決定するという予定だったそうです。

そして、優勝した鰤さんにはサイコロつながり
ってことで、「水曜どうでしょう」のグッズが
プレゼントされました。
実際にはサイコロは使われる前に終わりましたがw


しかし結局、
マモノさんは仕事をしませんでしたね…。

     \.\
       |_|   こんなところで本気は出さんよ
     /  \ /\_
     |    / / ♯\__
     |   ./  /  ※ ♯ ※\____
   / ,\_/  / ♯  ※  ♯   ./ /
  /___/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /


さいでっかw


ということで、あおえりさんの企画でした。

過去2回は完全に「ミニ企画」という感じで
単発で終わるものだったのですが、
今回、初めて半日とはいえ、
「“予選”としていくつかのミニ企画をこなし、
その結果を踏まえて“決勝”を行う」という、
通しでの企画となりました。

あいんすくんと同じように
ザックリ感想を述べさせていただきますが、
非常に面白かったです。

最初のペーパーでのカラクリや、
「アホ」な問題の連発、
「マモノ」のAAを用意してきた部分など、
“参加者を楽しませよう”という意思が
随所に感じられたのが非常に素晴らしいと思います。

私はクイズの企画者っていうのは、
エンターティナーでなければならないと思っています。

「こういう仕掛けにしたら、
後でビックリするだろうな」
「こういうクイズなら、早押しが弱い人でも
楽しく参加できるだろう」
「こういうルールなら、
戦術でどっちをとるか悩むかな?」
などなど、
私が企画を作るときはいつも、
その企画を実際にやったときの参加者の反応を
想像して、ニヤニヤしながら作っています。

…我ながらキモイですねwww

でも、私はそれが、どんな企画でも必須であり、
決して外せない点だと思っています。

特にウチは初心者サークルですから。
フリバだ、7○3×だ、って言って、適度な難問を
ツラツラと読んでれば勝手に盛り上がるような
実力者が集まるサークルとは違うんです
(うーわ、超偏見www)。

やっぱり楽しく参加してもらって、
「クイズって面白いな」って思ってもらえるのが
企画者にとっての一番の喜びですからね。

そりゃ、大成功する企画ばかりではなくて
時には失敗してしまって、
グダグダになったりすることもあるでしょう。
私も何度もやらかしてますw
しかし、これから作る人は失敗を恐れずに、
常に新しいアプローチを考えて、
われわれを楽しませて欲しいなと願います。
それが感じられる企画なら、
少なくとも私は全力で乗っかりますwww


ということで、全体としては
非常に満足だったのですが、
気になる点が1点だけあったので、
老婆心ながら、というか、
障子のフチを指でなぞって嫁に文句をいう姑のごとくw
細かいツッコミを入れさせていただきます。

というのも、後半の方で
焦りなのか疲れなのか分かりませんが、
ルール説明が凄く雑になってしまった
ところがあったんです。
特に決勝戦と、その直前の敗者復活あたりですね。

ちょっと先急いでいる感じで、
自分の頭の中では分かっていることが
みんなに伝わるように
説明できていなかったように感じます。
少なくとも私は、この2つに関しては
実際にやり始めて「ああ、そういうこと」
ってなりました。
前半の方の企画はそうでもなかったんですけどね。

ちなみに、私はどの企画でも必ず
「進行表」を作って持って行き、
それを見ながらルール説明をしています。
その際は、「自分以外の人に急遽司会を
お願いすることになったとしても、
それを読めば問題なく司会進行ができる

といったレベルで細かくルールを書いたもので、
場合によっては、
当日どうしゃべるか、というのを実際に書いた
「台本」と呼べるような状態にしたものを
用意することさえありますw

というのも、私も人に説明するのがやや苦手で、
バイト先なんかでも、口頭で他人に状況を
説明しようとして上手く伝わらず、
もどかしい思いを何度もしているものですから、
そうでないとグダグダになっちゃうんですよw

だから、複雑なルールになった場合は特に、
紙に全てのルールを余さず書いておくことを
お勧めします。

そうやってルールを書き出していると、
「まてよ? このままだと、
こういうケースも出てくるかもしれないから、
処理を考えておかなきゃな」と
ルールの穴に気づくこともあったりしますのでね。
一石二鳥というわけです。


他、問題の構成(前フリ部分で押されたけど
「…ですが、」実はまだ問題は続くんです、
というケースが多かったので。
意図した意地悪でないのなら、誤答を誘引するような
前フリにはしない方がいいかと)や、
誤答ペナのルールのゲームバランスなどに
課題がありそうでしたが、
これらは「慣れ」も必要ですから。
まだ3回目ですし、今後に期待しておきます。


というわけで、今日の企画はこれで終わりました。
残り1時間ほど時間が余っていましたが、
後は鰤さんの用意してきた問題でイントロクイズ。

正解すると曲名の頭文字のカードがもらえ、
最後に、獲得したカードで言葉を作って
長い言葉を作れば作るほどポイントが多く入るという
ルールでやりました。

100問以上たっぷりやりまして、
私は若干調子が悪くて、ゲットできたのは

か・な・た・せ・め・ぶ・あ・た

の8枚。

フルに使って
あなたかぶためせ(貴方、株、試せ)」
という文章を作りましたw 頑張ったwww

しかし、佐竹さんの
あくしゆみなとらや(悪趣味なとらや)」に
1文字及ばずwww

佐竹さんが優勝でした!


ということで、今回も楽しく終わりました。
次回のレポートもお楽しみに!
2017 01/05 20:43:12 | クイズ | Comment(2)
Powerd by バンコム ブログ バニー
パペポTVから。

前→第3回|最初から→第1回


続きまして、3つ目は「C」です。
「コンテスト・オブ・ベストシート
(訳わからんけど)クイズ」

司会者の発言をそのまま載せてみますたwww

ルールは、いわゆる上座争奪クイズになります。
現時点でのポイント順で上位が上座になります。

シングルチャンスの早押しクイズが出題されます。
正解したら、1つ上の席の人と
交代になります(最上位はそのまま)。
誤答はどこにいても末席まで一気に降格
となってしまいます。
最後尾での誤答は1休です。

問題は全部で25問。
14問目に最下位の席にいる人が失格となり、
以下、1問ごとに
最下位の人が失格で消えていきます。
最後の25問目は1対1の対決となるわけですね。


では、早速参ります。
1問目は「ムツゴロウさん」の問題。
夢遊さんが押しましたが、「何だっけー」で
正解が出て来ず。最下位席に下がりました。

2問目はみっくさんが正解。
10位席から9位席にあがります。
3問目は佐竹さんがヒッカケ問題に
まんまと引っかかって最下位転落w
4問目はしょーせーさんが正解。
3位席のあいんすくんと交代。

と、こんな感じで進んでいきます。


一気に飛ばして、最初の失格者が出る14問目。
並びはこうです。

上座 ←原しヤあ海辻みざは佐コ鰤夢
 
なんと、11問目に鰤さんが誤答したために、
大ピンチに陥っています。
他の人はチャンス。
私もしれっと正解を出したりなんかして、
いつの間にかこんな上にいますw

その14問目。
後がない鰤さんが果敢に押して行きましたが、
何と痛恨の誤答
これで鰤さんは最下位に下がり、
同時に最下位が失格なので、
即トビとなってしまいました!

トップを走っていた鰤さんのまさかの失格で
会場がざわつきますw

15問目。
ここからはもう誤答したら即トビなので
全員腰が引け気味ですが、
海苔さんが押して正解しました。
最下位だった夢遊さんは失格決定です。

16問目。
最上位の原さんが正解して順位キープ。
最下位のコンさんが失格。

何気に緊張感が漂いますw 17問目。
辻さんが初日。佐竹さんが失格。

18問目。7番手にいたみっくさんが押しましたが
不正解。即トビしてしまいました。

と、これで残りは8人。
ここで失格しても1Pはもらえることになります。
やったね!w

19問目は、ざきおさんが正解。
はるさんが失格で1P確定。

20問目も、ざきおさんが素晴らしい押しで正解。
あいんすさんが失格。2Pでフィニッシュ。

21問目。
誰も正解が分からず、
最下位席の辻さんがカンで答えましたがハズレ。
これで辻さんは3Pで確定です。

22問目。
海苔さんが見事正解し、ざきおさんが失格。
4Pです。
これでとうとう私が最下位席となってしまいました。

しかし、次の23問目は私の知らない問題でした。
ということで、押して、ボケて散りましたw
答えを聞いても「名前ぐらいは聞いたことある」って
レベルだったので仕方ないね。

24問目。
海苔さんの得意な日本史問題だったのですが、
答えられず。海苔さんが失格となりました。

さあ、残ったのは原さんとしょーせーさん。
最後は1対1の対決です。

最後の問題は、原さんが押したのですが、
何だっけー」と正解が飛んでしまい、
しょーせーさんが何もせずとも勝ちとなりましたw

1問目と最後の問題で同じオチとはwww

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

原_:22(+8)
鰤_:20
しょ:18(+10)
あい:14(+2)
ヤー:12(+5)
海苔:12(+7)
辻_:8(+3)
佐竹:6
ざき:5(+4)
夢遊:2
はる:1(+1)
みっ:0
コン:0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

しかし、この形式で
私がこんなに上位に残れるとは思ってませんでした。
まあ、正解した問題は1問だけで、
それもほとんどラッキーパンチみたいなもんだったし、
棚からぼた餅を口に入れまくった
上位入賞ってとこですねw


さあ、いよいよサイクル最後の「A」です。
サイクルといっても
また「P」に戻ったりはしませんのでご安心をw

「嵐の前の“アホ”クイズ」

アホってwww

○×1問と早押し4問が1セットで、
これを5セット分行います。

最初に○×で正解した場合、
続く早押しの正解が+2Pになり、
誤答は1休となります。
逆に○×で間違えた場合は、
早押しの正解が+1P、
誤答は−1P且つ1休となります。

なお、早押しの最後である4問目に誤答しても
次のセットに休みは持ち越しません。

これだけ聞くとごく普通そうですが、
何が「アホ」なのかというと…。


第1問
「椎名林檎の誕生日は“シイナ”で4月17日である?」

とまあ、このように、
若干バカバカしい問題ばかりが出題される
ということなんですねwww

ちなみに、この問題の正解は「×」ですw
留さんの「なわけねーだろ」というボイスが
聞こえたような気がしましたw

続く早押し、
まずは椎名林檎に絡んだ問題が出題されますが、
辻さんが誤答。辻さんは○×に正解していたため
1休だけで済みました。

次の問題は
「加藤、工藤、近藤、このうち
K’sデンキの社長の「K」はどれ?」
という問題w
誰も押さなかったので、
私がダイブしてみましたが失敗しましたw
でも私も○×正解だったので1休のみです。


…やっぱり、○×の正解・不正解が分からないので、
以下はダイジェストでお届けしますw

2セット目の最初の○×問題は
「スコットランドの歌手、シーナ・イーストンは
「シー」月(4月)生まれである?」
こだわりますなw
正解は「○」。何となく読めたw

続く早押し問題で、
「『たけやぶやけた』などが代表的な…」
と、ここで鰤さんが押して「回文」と答えますが、
「…ですが」
その後に問題が続いて、正解は「怪文書」でしたw
何と言うかwww

このセットでは、自分が過去に作った問題と
丸被りがあったりして、
私が2問ほど美味しくいただきましたw


3セット目は
「人気作家、椎名誠の誕生日は(ry」
またですかwww
正解は「×」。だから、んなわきゃねーってw

続く早押し。
「バルサ、レアル、アトレティコ、このうち…」
ここでしょーせーさんが押して
「レアル」と答えますがハズレw
恐らくですが、ブラジルの通貨単位が正解と
思われたんでしょう。
しかし、実際はナナメ上
「上橋菜穂子の小説『守り人』シリーズの
主人公は誰?」
正解は「バルサ」でした…ってしらねーよwww

さらに次の問題。
「バルサ、レアル、アトレティコ、このうち…」
私が押して「レアル」と解答、今度は当たりwww
なにこのクジ引き感覚www
今度こそブラジルの通貨単位が正解でしたw


4セット目。○×問題はこちら。
「カーリングの本橋麻里は愛称が
“マリリン”なだけに、1986年生まれである?」
椎名じゃなかったwww
というか、まず「1986年のマリリン」という歌を
今の若い子が知っているのか
ということを指摘しておきたいw
でも、年齢詐称しているあいんすくんなら
当然のように知っていることでしょうw
なお、正解は「○」でしたw

続く早押し。
「さとう、しお、す…このうち茶碗蒸しを」
と言う問題。
まあ、ここまで来るとこういう感じにも
慣れてきたのか、鰤さんがすんなり正解。

問題は次w
「さとう」
ここで佐竹さんが押して「さとう!」
しかし、無情にもブーのブザーが鳴るwww
でも、ネタとしては正しい押しだと思いますwww


ラストの5セット目。
「女子アナの大江麻里子は、愛称が
“マリリン”なだけに、1986年生まれである?」
今度はこっちで統一してきたかw
正解は「×」でした。まあ、ですよねw

続く早押し。
「イーピン、スーピン、チーピン」
ここでしょーせーさんが
「チーピン」と答えて正解w
もはやこの手の問題はダイブするのが当たりまえ
と化しております。

だからと言って、
問題が始まる前に押すのはやり過ぎですよ、
コンくんwww

次の問題が傑作で、
「この問題はビートたけし風にお答えください」
と前置きして、
正解は「(日銀)短観この野郎!」www
鰤さんの貴重なモノマネシーンが見れましたwww


というわけで全て終了しました。
結果は、鰤さんが9Pで1位。
私が2位、あいんすくんが3位、はらさんが4位、
しょーせーさんが5位で、
ポイントがプラスだったのがこの5人だけだったので、
後は、最初の近似値の席順でポイントが入りましたw


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:30(+10)
原_:27(+5)
しょ:22(+4)
あい:21(+7)
ヤー:20(+8)
海苔:12
辻_:8
佐竹:7(+1)
ざき:5
みっ:3(+3)
はる:3(+2)
夢遊:2
コン:0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最初の1問目を聞いた段階では、
「アホ」というタイトルの割には
パンチが弱いかなとも思ったのですが、
終わってみたら、確かに「アホ」でしたねw
むしろ解答者の側が
「アホ」にならないといけないとはwww

それにしても、「短観この野郎!」は
結構気に入ったんで、いつかどこかで
オマージュさせていただこうと思いますw


さて、これで予選の4企画が全て終了しました。
ポイント上位5名が決勝進出とのことで、
鰤さん、原さん、しょーせーさん、
あいんすくん、私の5人が
決勝で戦うこととなりました。

さっきみたいな形式だったら
そこそこいけそうだけど、
ガチだったらかないっこないですねwww
まあ、せいぜいあがくとしましょう。

と、いうことで、その模様は次回です。
お楽しみに!
2017 01/04 15:39:39 | クイズ | Comment(2)
Powerd by バンコム ブログ バニー
女優の誕生日に興味津々なのは林家ペーぐらい?
から。

前→第2回|最初から→第1回


では、改めまして。
ここからはあおえりさんの企画になります。

あおえりさんは、過去にミニ企画を2回担当していて、
1回目2回目
今回が3回目になりますね。

そういえば、前回は
私がまさかの優勝を果たしたんでしたw
今回はどうなるでしょうか?


タイトルは「クイズPDCA」。

分かる人には分かるでしょう。
分からない私は自由業w

その名の通り、まずは
P・D・C・Aの4つの企画を予選的に行います。
そして、その結果を踏まえて決勝戦となります。

予選それぞれのルールはその都度説明するとして、
まずは最初の「P」です。
タイトルは「Pで始まるペーパークイズ」!

ただ、ペーパーが配られる前に
まずは近似値クイズが1問出題され、
正解に近い方から順位が出されました。
1位は鰤さんとしょーせーさんが
同じ答えだったのですが、
熱い男気ジャンケンの結果、鰤さんが1位。

3位以下はみっくさん、あいんすくん、
はるさん、佐竹さん、夢遊さん、原さん、私、
海苔さん、辻さん、コンさん、ざきおさん
という順位になりました。

そして、ペーパースタート。
私語禁止というお達しでしたので、
全員、全25問を黙々と解きました。

「残り10秒、9…8…7…」とカウントが
始まりましたが、あおえりさんの
カウントダウンだけが室内に響き渡ります。

3…2…1…0!」
ハッピーニューイヤー!

わ〜〜〜〜
…って違う!www

ってか、本当に当日こういうやり取りが
合ったんだけど、海苔さんがこんなこと言うから、
このレポートの更新が
年明けになってしまったではないかwww
責任とってよね!!


…で、気を取り直して答え合わせです。

問題は省略しますが、
1問目の正解は「パニック」、2問目は「ピタパ」、
3問目は「プロップ」、4問目は「ペルシャ猫」、
5問目は「ポツダム宣言」…
分かりましたでしょうかw

そう、5問単位で、答えの頭文字が
「パピプぺポ」になっているのですw

この後、6問目以降もずっと同じ法則で
続いていきますので、この法則に気づけば、
大きなヒントになります。

私も途中で気づきました。
最後の方の問題に、私がたまたま分かる問題が
固まってたので分かりやすかったですw

ただ、カラクリが分かったところで
必ず正解が導き出せるかと言うとそうではなくwww
得点は13点どまりでした。

とはいえ、法則に気付かなかった人も多かったようで、
私は4位に入ることができました。

トップは鰤さん、しょーせーさんが
16点で同点でしたが、先ほどの近似値の順で
鰤さんが1位。順位点を+10Pゲット。
とは言え、ジャンケンの結果ですからね、
しょーせーさんは悔しいwww

3位は原さん。4位は私、5位はあいんすくんで、
6位佐竹さん、7位夢遊さん、8位辻さん、と
ここまでがポイントをゲット。
9位以下は0Pでした。

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:10
しょ:8
原_:7
ヤー:5
あい:4
佐竹:3
夢遊:2
辻_:1
みっ:0
はる:0
海苔:0
コン:0
ざき:0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

問題用紙に
「○○○○○で始まるペーパークイズ」
って書いてあって、
「実はこの『○○○○○』は半濁点を
意味していたんだよ!」
「な、なんだってー!!」
って名推理を発揮したら、
あおえりさんに否定されてしまって赤っ恥でしたw



では、続きまして「PDCA」の「D」に行きます。
「ダブルジャンル・ベッティングクイズ」

ジャンル別の早押しボードクイズです。
ジャンルは全15ジャンルで、
各ジャンル2問ずつ問題があります。

プレイヤーは、その計30問に対して、
あらかじめ、1問ごとにポイントを割り振ります。

割り振れるのは、1Pから10Pまで、
同じ数字を3回ずつです。
例えば、「赤と黒」というジャンルに対し、
問題Aには4P、Bには6P。
「さくら」には問題Aに6P、Bに9P…
と言った感じで自由に割り振ります。

早押しボードで、自身が押して正解した場合、
その問題に割り振ったポイントが
そのまま入ります。
押して誤答だった場合は
逆にそのポイントがマイナスになります。
ボードでの正解は、割り振りに関係なく+1P、
ボードでの誤答は0Pです。

ジャンルのAB両方の問題を両方とも
押して正解した場合、ボーナスポイントとして、
両方のポイントの平均値(端数切捨て)が
さらに加点されます。

と、ここまでのルールを見るに、
当然、なるべく自分が得意そうと思うジャンルに
大きいポイントを付けた方がいいということですね。

ただ、このジャンルが
「船」「赤と黒」「ハロン」「静岡」「さつき」
「皇帝」「今日」「酒」「武道」「兄妹」
「さくら」「白と黒」「CC」「青」「5人組」
というラインナップになっていて、
分かりづらいことこの上ないwww

私は恐らく、自分の苦手な世界史が出るであろう
「皇帝」を両方とも1Pとし、
あとは適当w
「さつきB」「兄妹B」「5人組B」を
10Pとしました。

青い問題でも出なきゃ、
恐らく早押しはとれないんだけど、
「青」ってのが青い問題だなんてことは
きっとないだろうしwww
そもそも青い問題出るんか?w


さて、司会者のチョイスで
「今日」のAからスタートです。
が、1問目はいきなりスルーボードになってしまい、
正解者もなしでした。
私は「今日A」は1Pに割り振っていたので
幸先のいいスタートでした(?)w

スルーになったので「今日」のBになりました。
「今日の六曜は何?」という問題でした。
私の割り振りは2Pだったので、
カンで6択に飛び込んでも良かったのですが…
まあ、やっぱりわずかとはいえ
マイナスは嫌だったんで動かずw

これもスルーボードでしたが、
流石に何人かが正解して+1Pをゲットしました。

次は「赤と黒」のA。
割とストレートにスタンダールの
『赤と黒』の問題が出まして、
原さんが押して正解、割り振りは+5でした。

次に「赤と黒」のBも
原さんが早押しで押して正解できれば、
はらさんにボーナス点が入ります。

と、こんな感じで進んでいきます。

…相変わらずボード正解者が分からないので、
以下はダイジェストでw

4問目、しょーせーさんが「CC」のAで
押して誤答しましたが、
割り振りが1Pだったため、最小失点で済みましたw
逆に、7問目の「静岡」Bで誤答したみっくさんは
−9Pと大打撃

12問目「さつきB」で
『となりのトトロ』の問題が出ましたが
押せませんでしたw
確かに青いけども…。

半分の15問目。「酒A」で鰤さんが
「蒸留酒と醸造酒、」というところで押しましたw
完全に二択ダイブですやんwww
鰤さんは正解しましたが割り振りは1Pでした。
まあ、でしょうねw
でも、意外にもこれが鰤さんの早押しでの初日でした。

そんな鰤さんでしたが、
24問目に初の10Pで正解を出して
一気にトップ争いに浮上。
そして、これを契機にドドッと正解を重ねます。

結果は、後半追い上げた鰤さんが、
37Pのあいんすくんをわずか3P上回って1位。
3位ははらさんで26P。
途中押して誤答が1度あったのが悔やまれますね。
4位は海苔さんで15P。
8問目、9問目と連答したのはお見事でした。
5位は辻さんで14P、6位は9Pで佐竹さん。

7位が8Pの私。
結局、青い問題は出ず、
他に押せそうな問題も押し負けて
一度も早押しのポイントが入りませんでした…。

ポイントゲット最後の8位は
5Pのざきおさんでした。

ちなみに、最下位のみっくさんは−2P。
押して誤答が3回もあったのでこの結果でしたが、
ちゃんと押して正解も2回してるので、
完全地蔵の私よりは、全然「勝ち」だと思いますw

〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:20(+10)
原_:14(+7)
あい:12(+8)
しょ:8
ヤー:7(+2)
佐竹:6(+3)
海苔:5(+5)
辻_:5(+4)
夢遊:2
ざき:1(+1)
みっ:0
はる:0
コン:0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということで、ひとまずここまで。
次回は予選の残り二つをお届けします。お楽しみに!
2017 01/03 11:38:17 | クイズ | Comment(3)
Powerd by バンコム ブログ バニー
あけおめことよろ、から。

前→第1回


後半の早押し問題は
「書き出し」「歌詞朗読」「ガール」
の中からチョイス。なぜか私が指名されたので
「ガール」を選びました。

1問目は辻さんが正解。
辻さんは原さんのスウェーデン(+12P)を
奪いました。
これで辻さんがトップの21P、
はらさんは3位に後退です。

ね? 前半のリードなんて意味ないっしょ?www

2問スルーを挟んで、コンさんが正解。
トップの辻さんからではなく、
鰤さんから+5Pを奪いました。

続いては、夢遊さんが正解。
辻さんが持っていった
スウェーデン(+12)を選びました。


ジャンルが変わって「歌詞朗読」。
最初の問題はコンさんが正解。
この時点でギリギリトップだった原さんから、
唯一の国であるポルトガル(+12P)を
奪っていきましたw

しかし、次の問題は原さんが正解し、
先ほど奪われたポルトガルを取り返しましたw

次の問題は鰤さんが正解しましたが、
鰤さんはスチールではなく
新たな国を開くことをチョイス。
オーストリアを選びましたが、+10Pでした。

鰤さんは「ユーロ2016」の出場国は
完璧に把握しているようで、
その後も2問連続で正解し、新たな国を開拓。
イングランドで+10、北アイルランド+3でした。


最後の5問「書き出し」の問題です。
1問目はスルーでしたが、
2問目は原さんが押して誤答。
ポイント半減で14→7に。
エンドレスチャンスのため、
同じ問題で夢遊さんも押しましたが、
こちらもハズレ。13→7に減ってしまいました。

3問目はコンさんが正解。
鰤さんから+10を奪いましたが、
まだ鰤さんがトップ。

4問目は、まず原さんが押しましたが、
思い出しきれずにまた半減。
問題が再度読まれた後、
コンさんが見事に正解しました。
コンさんはなぜかしょーせーさんから
+7を奪いますw

最後の問題はみっくさんが正解。
トップの鰤さんからではなく、
コンさんから+10を奪いました。


結果、この「Aコース」での優勝は
29Pの鰤さんとなりました。
2位は16Pでコンさんがキープ。
3位タイは11Pで佐竹さんとざきおさん。
5位に9Pで辻さん。6位7Pで夢遊さん。
7位4Pで原さん、8位2Pではるさん、
9位1Pでしょーせーさん、
地蔵の私と海苔さんが10位タイw
12位に−3Pでみっくさん、
最下位が−4Pであおえりさんでした。


…さて、最後まで誰も分からなかった
国によって入るポイントの「基準」ですが、
これはその国にある世界遺産の数
しかも、全ての国を平均して
平均値に近ければ近いほど高ポイント、
遠いと低ポイントになっている、とのことでしたw

だからイタリアは+1なのに、
イングランドは+10とかになるのね…。
って、分かるかい、こんなのwww


と、一旦終わるような流れになりましたが、
ここまでで約1時間ぐらいしか経過してませんし、
まだまだ時間はあるので、
「Bコース」もやることに。

ルールは同じですが、
選択肢が女性の名前になりました。
今度は、放送開始日が21世紀以降である
「朝ドラ」の主人公の名前を選べば正解です。
「ある基準」の種明かしは
今回も終わってからです。


ルールは同じなので、
Bコースは端折って紹介しますが、

今回は前半がまず鰤さん無双w
正解数7問とぶっちぎったのももちろんですが、
高畑充希と藤澤恵麻で+15Pを
2回獲得したのも大きく、脅威の+60Pを獲得。
他、3問正解の辻さんと2問正解の佐竹さんが
+12Pで追う展開。

しかし、後半1問目で
いきなり鰤さんが誤答してポイント半減、
しかもその問題を正解した辻さんは
鰤さんから追い打ちで+15を奪取w
この1問だけで−45Pという悲惨なことにwww。

その+15は3問目にざきおさんに奪われ、
辻さんは次の問題で正解して
新たな開拓を試みますが、
土屋太鳳は+2Pしかありませんでした。

6問目で佐竹さんが正解。
なぜかはよく分かりませんが、
堀北真紀(+10P)にやたら
こだわりがあったらしく、
わざわざ鰤さんから奪いましたwww

これで鰤さんは、あれだけぶっちぎって
トップだったのが、わずか5Pにw
逆に佐竹さんは23Pでトップ。

次の問題からはしばらく誤答が増えます。
海苔さんの誤答、2休に始まって、
続く問題でコンさんも誤答で半減、
さらにしょーせーさん、あおえりさん、
夢遊さんも誤答。
結局、問題が変わってみっくさんが正解し、
佐竹さんの堀北真紀を強奪wwwナイスwww

しかも、次の問題で
佐竹さんが誤答してポイント半減。
1問スルーを挟んで、みっくさんが正解するも、
新たに開拓した安田成美は正解ではなく−10P。
さらに、ざきおさんも誤答でポイント半減と、
全体的にポイントが減っていきますw

残り3問となったところで佐竹さんが正解。
当然のように堀北真紀を奪い返しますwww

次の問題も佐竹さんが連答、
鰤さんから多部未華子を奪います
ってか、それ+1Pでしょwww
もはやこの人、
自分のハーレムを作ることにしか興味ないよwww

最後は鰤さんが正解。
佐竹さんから堀北真紀を…と思われましたが、
+10Pでは逆転できないのでw
+15Pの倉科カナを奪って逆転優勝を飾りましたw


今回の基準は「演じた女優の生年月日が
12月31日に近ければ近いほど高ポイント」
というものでしたw

う〜ん、分からんwww


〜〜〜〜

さて、というわけであいんすくんの初めての企画、
無事終わりました。

正直、とてもうまくまとまっていたので、
良い意味で非常にビックリしました。

実は、今回1ヶ月前の段階で
「草案」の段階の企画書を
見せてもらってたんですが、ハッキリ言って
あと1ヶ月でどないすんねんな、これ…)
っていうレベルでしたからw

ルールをシンプルなものにして
スッキリさせたのが大正解でしたね。
あいんすさんの努力のあとが伺えて、良かったです。

早押し問題のレベル等も、
概ね問題なかったと思います。
たまにエライ難問がぶっこまれてくるのが
若干気にはなりましたが…。
まあ、アリなレベルでしょう。

何よりもよかったのは、
司会っぷりが堂々としていたことですね。
初めてだし、割とオドオドした感じに
なっちゃうのが普通なんですが、
しっかりハキハキと司会ができていましたし、
ところどころ、場を盛り上げようとする言葉なんかも
入れていたりして、良かったと思います。

以前、どこかの記事で書いたと思うのですが、
一旦企画がスタートしてしまったら、
企画者=司会者=神ですのでw
何か間違っても、不備があっても、
堂々とやりきることが大切です。

そのおかげで、
グダグダ感を感じる場面はなかったですし、
初めてでこれができるっていうのは、
なかなかスゴイことだと思いますよ、マジで。


と、いうわけで、
今回の企画、初めてにしてはよくできていた…
とは思うのですがw
それだけに、ちょっと問題に思う点も
いくつかあるので、ここからは辛口な指摘の方も
させていただきたいと思います。

既にご本人にも、
後日口頭で伝えてはいるんですけどねw
まあ、能力がありそうな人には、
つい言いたくなっちゃうんですよw

また、あの場では私の思うがまま、
整理せずに喋ってしまったので、
伝えたかったことが伝わっていないような
気もしますしw
今回のを見るかぎりは、
あいんすくんには今後も期待できそうなので
敢えてズバズバ行かせていただきますwww


さて、この企画、プレイヤーとして参加してみて
問題に思った点が大まかに2点ありまして、
1つは
「ゲームバランスが考慮されていない点」
もう1つは
「ユーザーフレンドリーさが足りない点」でした。

まずは前者から行きます。
今回、そんなハチャメチャな内容には
なっていないですし、
一見問題なかったように見えますが、
これは「結果的に問題が出なかった」というだけで
ちょっと問題ありだと思っています。

っていうのも、
どうも誤答のペナルティが強すぎるんですよねw

まず、早押しの誤答がポイントが半減という点。
実際、鰤さんが+60Pの時点でやらかして
−30Pされてましたが、
これではリスクが大きすぎます。

しかも、早押しに正解したとしても
その後のチョイスで間違えると、やっぱり
大きくマイナス(最大−20P)となりますよね。
あるいは、正解できたとしても
+1Pとかの場合もあって、正解に見合う
リターンとリスクになっていないんです。

このルールだとある程度ポイントを取ったら
「押さない」っていう方が
断然有利になっちゃいます。
早押しクイズなのに「押さない方がいい」
なんてルールでは本末転倒ですよね。

実際、後半の15問で「スチール」を選ぶ人が
圧倒的に多かったのは、新しく開けようとして
マイナスになるよりそっちの方が安全だからです。
例え「まだ+20が隠されてます!」
なんて言われても「−10も隠されてます!」なら
目に見える「+15」を取りに行きますよ、そりゃw

誤答のときのルールを厳しくするのは、
別に間違いではないんですが、
それは何らかの理由があるとか、
何らかの挽回方法がなければなりません。

例えば、1日企画の決勝なので
より知識を問う形式にしたいとか、
参加人数が多いので失格者を出して
時間短縮できるように、とか。

あるいは、
誤答ペナが大きい代わりに
正解した際のリターンも大きいとか。
後半でもっと大量点を取るチャンスがあって
挽回できるとか。
しょーせーさんの「ハーフイット」のように、
問題やクリア条件は楽だけど、ペナは厳しいとか。

今回はそういった理由や救済措置が特になく、
「なんとなく」で決められていたように感じました。
この点は大きなマイナスですね。

あと、これは好みの問題かもしれませんが、
後半のポイントを奪い合う形式では
トップの人が狙い撃ちされるのは明らかで、
そうすると前半で稼ぐ意味が
あんまりなくなってしまうため、
後半、15問もは要らなかったかもですね。

私なら、前半をもっと増やした上で
後半は5問とかにしますかね。
それなら、前半に稼ぎまくって逃げ切り勝ち
ということができる可能性もあるので。
あるいは前半でスルーが出た問題数分だけ
後半に逆転チャンスとか。

ゲームバランスについてはそんなところです。
ただ、ゲームバランスは実際にやってみないと
分からないっていう要素も多分にあると思いますので、
初めてならある程度は仕方ないかなとも思います。
何回か数をこなして、徐々に掴んでいってもらえれば
良いんじゃないでしょうか。


で、もう1つの
「ユーザーフレンドリーさが足りていない」
という点、実はこっちの方が
より問題かなと思っています。

ユーザーフレンドリーというのは、
1992年のジャパンカップで1番人気だった
イギリスの馬で、英オークスなどを制し、
凱旋門賞でも2着…
あ、間違えたwww

…とまあ、
競馬に明るくない人には難しいボケをしましたが、
今回の企画は、これと同じことを
やっていたのではないかとw
要するに、プレイヤーに対しての配慮が足りなかった
ってことが言いたいんです。


具体的に言うと、例えば
Aコースのパネルを選択する条件と基準。

「正解」となってポイントが入る条件は
「EURO2016の出場国」ってことで、
サッカーの問題じゃないですか。

そうすると、そこに隠されたポイントの「基準」も
サッカーがらみの何かだろうなって思うのが
普通だと思うんですw
実際、ゲーム中も鰤さんから
「強い国が単純に下ってわけでもないし…」といった
発言が出ていました。
「強い」っていうのはサッカーの強さを
指しているのは明らかで、みんな、当然のように
サッカーに関わる問題だと思っていたんですよw

しかし、実際は「世界遺産の数」という
サッカーと何の関係もない基準w
しかも、「平均を取って真ん中に近い方から高得点」
なんてイジワルをされたら、
誰も予測付きませんwww

もちろん、あんまり単純で
すぐわかっちゃうのもどうかと思うんですが、
これはちょっと捻くれ過ぎです。
クイズ企画はあくまでプレイヤー同士の戦いが
メインです。司会者がプレイヤーを苛めてやろう
なんて考えてしまってはダメなんですよ。

実際、「基準」についての種明かしがされても
「お、おう…」ってなってしまい、
あまり盛り上がりませんでしたよね。
これが例えば、
「これまでのW杯での総得点が多い順」とか、
「その国のプロリーグの所属チーム数が多い順」とか、
サッカーにからめた基準だったら、多少難しくても
みんなに「ああ〜」って言って貰えたことと思います。

そういう意味では、Bコースの方がまだ良かったかな?
でも、やっぱり生年月日では
興味を惹くには薄かったかな…。
「誰それの誕生日が何月何日」って聞いても、
「ふーん」としか思わんwww

やっぱ、クイズの問題って、基本的には
答えを聞いて「へえ〜」とか「なるほど〜」って
ならなきゃダメだと思うんですよ。

有名な問題で「なぜ山」とか「魚は眠」ってのが
ありますけど、あれがどうしてこんなに
ベタの代表みたいな扱いになったかっていったら、
やっぱり「良い問題」だからだと思うんです。

「なぜ山に登るのか」と聞かれて
「そこに山があるから」と答えた
っていうエピソードはクイズをやらない人でも
知っているぐらいの有名なものだと思うのですが、
「誰が言ったか」っていうのは意外と誰も知らない。
「木魚」を知らないって人はまずいないけど、
それがなぜ「魚」なのかはあまり知られていない。
だから、問題を聞いたときに「ええ!?」となり、
答えを聞くと「へえ〜そうなんだ〜」となる。
これが「良い問題」だと私は思っています。

だから、このレベルとまではいかないまでも、
聞いたときに納得できるような答えになるよう、
ちょっと考えてもらえると良かったと思います。


それから、まだあります。
今回、記事中には詳しく書きませんでしたが、
後半の15問ではポイントの移動のやり取りの際、
早押しで正解した後、
ポイントを持っている他のプレイヤーに
手をあげさせて、その中から選ばせてましたよね。

それはちょっと横着し過ぎかなとw
誰が何ポイントもっているかとかが
プレイヤーが自分でメモを取らないと
全く分かりませんでしたし、
誰から奪うのが最も効率が良いかが
一目で分からなかったことも、
堀北真紀争奪戦になった原因の一つかな、
とも思いますw

普通の例会では、大きなオープン大会みたく
司会者、問い読み、ポイント・休み管理係を
複数人置いたりはできないので、
司会者がこれらすべてを
1人でこなさなきゃならないんですが、
それでは負担が大きすぎるってことで、
ポイントや休みをプレイヤーの自己管理で
お願いするんです。
だから、本来はそれすらもさせないのが
ベストなんですよ。
プレイヤーになにかを強いるのを
当たり前に思ってはいけません。

今回も、例えば選択肢をカードみたいに作ってきて、
正解した人に渡すとかいう感じにすれば、
誰からどれを奪うべきか、っていうのが
目で見て分かりやすかったと思うんです。
まあせめて、正解者にはチップを渡すとかね…。

何にしても、なるべくプレイヤーに負担や
ストレスをかけないような配慮について、
少し考えてもらえればよかったかなと思います。

特にウチは「初心者サークル」なんで、
「早押し機を触るのも初めて」っていう人が
参加する場合も充分あるわけなんです。
そこで、そういう人にあんまり複雑なことをさせたり、
誤答ペナが大きくて、ボタンが押しづらかったり、
正解を聞いても納得できないような
理不尽な難易度の問題をやらせたりするのも
酷じゃないですか。

上でも少し書きましたが、早押し問題の難易度も
若干難問が多めなように思いましたので、
これ以上「おに」にならないよう、
今後は柔らかい問題も用意してほしいと思う次第ですw


と、まあ長々と講釈を垂れましたが、
決してあいんすくんを凹ませたいわけではなくてw
まだこれから企画をしてみようと考えている人の
参考にもなればいいかな、
と思って書かせていただきました。

繰り返し言いますが、
今回の企画は初めてにしては上出来で、
今後も大いに期待できる内容でした。
へこたれずに、また新しい企画を
作ってもらいたいなと思います。


ということで、長々と語ってしまいましたが、
ここで終わります。
次回からはあおえりさんの企画です。お楽しみに!
2017 01/02 10:17:39 | クイズ | Comment(5)
Powerd by バンコム ブログ バニー
みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

お待たせしておりまして
まことに申し訳ございませんでした。
ようやく、レポートが完成いたしましたので、
昨年4月例会の模様を
レポートしていきたいと思います。

この年末年始に少しでも多くレポートを書いて、
まあ、一気に追いつく
というところまではいかなくても、
何とか「半年遅れ」のレベルまでは戻せたらなあと
考えておりますw

これからも頑張って更新していくので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。


さて、では昨年4月に時間を巻き戻しましょうw

今回も参加者は多めです。
あおえりさん、あいんすさん、鰤さん、原さん、
辻さん、海苔さん、佐竹さん、しょーせーさん、
そして私ヤーロウと、ここまでがレギュラー。

先月から連続で2回目のご参加は、
はるさん、みっくさん、コンさん。

そして、今月も初参加の方が3名です。
夢遊さん、ざきおさん、愛知の修練賢者10級さん。

夢遊さんはコンさんの身内の方で、
サークルがどんな感じかを見にこられたとのこと。
また、愛知の修練賢者10級さんは、
今回は見学ということで、クイズには
直接参加されないそうですが、
もしよろしければ、今度はボタンも押して
帰っていっていただきたいですね。

しかし、今回も参加者15名ですか…。
今後はウチのサークルもこんな人数が
フツーになるんでしょうかねえ?
いや、嬉しい限りでございます。


今日は、最初に今回が初となる
あいんすくんの企画、
後半は、これもミニ企画のみで3回目となる
あおえりさんの企画と、
フレッシュな一日になりました。


というわけで、まずはあいんすくんの企画です。
タイトルは「クイズ運命の選択」

まず、先月の優勝者(勝者のうち最も
ポイントが高かった)である原さんに、
運命のカードをいきなり引いていただくことに。

何も分からないままカードを引いたところ
「A」となりました。

で、「Aコースの選択肢」ということで
35の国と地域の国旗が描かれた紙が配られました。

クイズのルールですが、
前半15問、後半15問の2ステージで行われる
早押しクイズです。
前半戦では、まず全体に対して
早押しクイズが出題されます。
正解すれば、+1P。そして、先ほどの
35の選択肢の中から1つを選ぶことができます。

これらの国には後ほど発表される「ある条件」を
満たす国と満たさない国があり、
前者を選んだ場合は、「あるルール」にて設定された
ポイントがプラスされますが、
後者を選んだ場合は、逆にポイントが
マイナスされてしまいます。

早押しで誤答した場合は、
ポイント半減(端数切り上げ、ただし
1ポイントの場合は0ポイントに減、
0ポイント以下の場合は2休)に加えて、
選んだ国に対応するポイントが
マイナスとなってしまいます。

後半15問からは、正解した場合の行動が増えます。
残った選択肢の中から新たに選ぶという場合は
前半と同じですが、
他に、他人の獲得している国や地域を奪う、
または何もせずにパス、という行動も
選択できるようになります。

前後半とも、早押しは1人1回の
エンドレスチャンス。
全30問が終わった際にポイントが一番多い人が
優勝となります。


では、早押しスタート…の前に、
今度は先月の2位だった鰤さんに
A1かA2のどちらを選ぶかを決めてもらって、
鰤さんが「A2」を選んだため、
早押しが「世界史」「ドラマ」「たまご」の
ジャンルから出題されることが発表されました。

…何だよ、「たまご」ってwww

さらに、先月3位のあおえりさんが
上記3つのうちどの問題をチョイスするかを選び、
まずは「たまご」の問題が
5問出題されることとなりました。

まず最初の問題は鰤さんが正解しました。
鰤さんは国と地域をチョイスすることになりますが、
ここで選択肢の「ある条件」が
以下のように発表となりました。

「サッカーEURO2016に出場する国と地域」

鰤さんは30番のウェールズをチョイス。
見事正解となりました。
この選択肢に設定されたポイントは+5Pでした。
とりあえず、
これが多いのか少ないのかも分かりませんし、
もちろん「ある基準」が何なのかも分かりませんw
ともかく、鰤さんは早押しの+1Pと合わせて
+6Pをゲットしました。

2問目はざきおさんが正解。
34番のベルギーを選びましたが、
何と設定は+10Pでした。
全く「ある基準」の内容が見えないですねw

3問目は原さんが正解。
ポルトガルを選んで、+12Pを獲得。

4問目はあおえりさんが正解。
オランダを選びましたが、
今年はオランダは予選敗退でしたw
ということで、設定された5Pが
逆にマイナスになります。
早押しで+1Pはあるので、トータル−4Pです。

5問目は再び鰤さんが正解。
スペインを選びましたが、+1Pでした。

ここまでを整理すると、
ポルトガルが12、ベルギーが10、
ウェールズとオランダが5、
スペインが1ですか…。
単純にFIFAランク順とかってことでも
なさそうだし…。よく分からんな〜。

6〜10問目は
しょーせーさんが「ドラマ」を選択。
鰤さんがアイスランド+5、ドイツ+1、と開き、
辻さんがクロアチア+7、
しょーせーさんがウクライナ+7を開きました。
最後はみっくさんが正解しましたが
アイルランドは×でなんと−15Pに
なってしまいました。

それにしても「ある基準」が
サッパリ分かりません。
残り5問「世界史」の問題も消化しましたが、
佐竹さんがスイスで+10、
原さんがスウェーデンで+12、
鰤さんがフランスで+1、
はるさんがイタリアで+1と取りました。
最後の問題はスルーでした。

とりあえず、
フランス、ドイツ、イタリアが+1で、
ウェールズとかウクライナとかが
+10とか+7とかなので、
大きい国ほどポイントが低そうに思えるのですが、
その割にはポルトガルが+12だったり、
アイスランドが+5だったり、全く分かりません。
他の人も、分かっている様子の人は誰もいません。

一応、ポイント争いはトップが26Pで原さん。
2位が18Pで鰤さん、3位が11Pで
ざきおさんと佐竹さんですが、
ここからは奪い合い上等になるので、
この時点でのポイントは
ほぼ無意味と言い切ってもいいでしょうw


というところで、後ろが長くなってしまうので
中途半端ですがひとまずここで切ります。
後半戦の模様は次回、お楽しみに!
2017 01/01 15:55:21 | クイズ | Comment(3)
Powerd by バンコム ブログ バニー
各記事の文字配分を失敗したwww
…から。

前→第8回|最初から→第1回


では、ラストラウンドです。
泣いても笑ってもこれで勝者が決します!

ってなわけでここで突然の重大発表。
じつは、今回の企画、
「勝者」は1人ではありません
上位4人までが「勝者」という扱いになります。

まあ、実際のゲームも、
オーディションに合格するのは
1組だけじゃなくて複数組ですので、
そんな予感はしてましたw

ということで、現在最下位のみっくさんでも、
ここで大量に☆を獲得できれば、
まだ逆転で勝者側に入れる可能性はあります。

あと、一応ヒントとして、
ビジュアルの興味値が下がってきていることだけが
全員に告知されました。


では、いってみましょー。
1問目は音ゲーに関する問題。

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:△078:−000:△078:
しょ:−000:−000:○210:
原_:−000:△042:△078:
あお:△047:−000:△063:
辻_:X000:−000:X000:
あい:−000:△031:△031:
みっ:X000:X000:−000:
もち:X000:−000:−000:

しょーせーさんは一発でこの点数だから、
あとは大概Voに専念すればいいんですが、
プレイヤーには何も分からないからなぁ。


2問目は漫画『ナナマルサンバツ』の問題。

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:○150:−000:−000:
しょ:○040:−000:−000:
原_:X000:−000:X000:
あお:△047:△036:−000:
辻_:△036:△031:−000:
あい:−000:X000:X000:
みっ:−000:◎042:−000:
もち:○090:−000:−000:

原さんは、ビジュアルの審査員に帰られたら
せっかく取ってきた「☆」が
ガッツリ減ってしまうので、
あまりビジュアルを積極的に
アピールする必要はないんですよね。
正解の自信がある問題にシングルアピールで
1回入れるぐらいで丁度いいと思うんですが。

逆に、下位4人はビジュアルをアピールして
審査員を帰らせるって手も
かなり有効なんですがね‥‥。

まあ、初見のゲームでそこまで的確に
作戦を立てられる人もいないでしょうw


3問目は「ダブルミリオン」を達成した曲を
当てる問題。

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:▲081:▲059:−000:
しょ:○040:−000:−000:
原_:−000:−000:○150:
あお:−000:○070:−000:
辻_:−000:−000:○100:
あい:−000:△031:△031:
みっ:○070:−000:−000:
もち:−000:○080:−000:

何か、みんな審査員には帰って欲しくないようで、
ダブルアピールをやめて
シングルアピールをし始めましたw

てか、全員思い出ボム未使用だけど、
いつ使うの?www


4問目、今度は「M−1グランプリ」の
準決勝進出コンビw
準決勝は流石に覚えてないわwww

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:−000:△057:△078:
しょ:○040:−000:−000:
原_:X000:−000:X000:
あお:X000:X000:−000:
辻_:X000:X000:−000:
あい:−000:△031:△031:
みっ:−000:X000:−000:
もち:−000:○080:−000:

誰も帰らない!最後まで3人でいくかな?


ラスト問題。プロ野球の背番号の問題。

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:△078:−000:△078:
しょ:−000:X000:−000:
原_:△052:△042:−000:
あお:△047:△036:−000:
辻_:−000:−000:○100:
あい:−000:△031:△031:
みっ:△036:△021:−000:
もち:X−90:X−80:X−40:

ここでもちづきさんが
初めて「思い出ボム」を使用。
しかし、この問題は正解が3つある問題で、
もちづきさんの解答はそのうち
2つしかカバーできていなかったので
思い出ボムは失敗。
全審査員の興味値が減りますが、
これが結果にどう影響を与えるのか…?


名前:Vo_順位:__順位:Vi_順位:☆数

鰤_:387>1:116>3:234>1:10
しょ:120>3:000>8:210>3:7
原_:052>5:084>4:228>2:7
あお:141>2:142>2:063>6:5
辻_:036>6:031>7:200>4:5
あい:000>7:124>3:124>5:1
みっ:106>4:063>6:000>7:3
もち:000>7:080>5:000>7:−2
----------------------------------------------
興味:007__:005__:005

3人とも興味値ギリギリ残ったwww


ということでトータルの「☆」の数ですが、

鰤_:10+06+10=26
しょ:03+07+07=17
原_:10+10+07=27
あお:07+08+05=20
辻_:03+02+05=10
あい:02+02+01=05
みっ:−1+00+03=02
もち:01+02+−2=01

となりますので、
原さん、鰤さん、あおえりさん、しょーせーさんの
4名がオーディション合格=勝者となります!
(※当日は途中計算ミスがありましたが、
勝者4人の顔ぶれは変わっていません)



おめでとうございま〜す!

そして、この4名には賞品として、
リアル脱出ゲーム関連のバインダーなどが
贈られました。


後は時間が押していたので、
いつものようなフリバ等はなく
バタバタと片づけて終わりでしたw



と、いうわけで
まさかのリメイク企画でしたw

私の企画とはだいぶ違って、
より本家のゲームを再現することを
目指した感じですね。

例えば、私の場合は、
「Vo」「D」「Vi」のジャンル自体を
三択の問題のジャンルに当てはめたため、
“「Vo」のアピールをしたいけど、
問題の答えが分からないから他にせざるを得ない”
という状況になったりして、
少し本家とはゲーム性が変ってしまった部分
とかもあったのですが、
こちらはゲームと同様、
自分の好きにアピールできるので、
より本家に近い駆け引きができるようになりました。

私が切り捨てたダブルアピールとかも
しっかり再現されていましたしね。
そういう点では
「im@s オーディションクイズ」
の名を冠するのであれば、文月さんの企画の方が
ふさわしいかと思いますw


ただ、本人も自覚していらっしゃると思いますが
正直、問題点も多々ありましたね‥‥。

まず、やはりどうしても
集計の時間が長くなってしまう。
これは、私が企画したときもそうでした。

こういう複雑な計算、特にプレイヤーに
それが見せられない場合などは、
ちゃんとパソコンを用意して、
あらかじめ表計算ソフトに関数等を仕込んでおき、
全員の解答を集計後、それをダダダッと
入力していくだけで自動的にポイントが集計される、
ってぐらいやらないと、ダメなのかも。

今回も、私のときと同じく、
集計中にフリバが始まってしまってましたw
っていうか、フリバしててくださいって
文月さん自ら言ってましたしw


あとは、複雑なゲームルールを
いかに全員に理解させるか、の部分ですね。
正直、前回の企画者であり、
本家のゲームルールを知っている私でも、
ルール説明を1回聞いただけでは
「ん?」ってところがありました。
で、ルールが分からないので戦術も立てられない、
読み合いも何も起こらない
って感じになってしまってました。

もちづきさん以外は「思い出ボム」
未消費のまま終わりましたしねw

これは、今回だけの問題じゃなくて、
“テレビ番組やゲーム等々のモチーフのあるものを
クイズで再現する”という系統の企画で
非常に起こりやすいことです。

私もその手の企画の作り方が好きなので、
よくやる(やった)のですが、
とにかく再現度にこだわればこだわるほど、
ルールも複雑になっていくし、
様々な処理も煩雑になっていくんですねw

そうすると、どうするのが
「勝ち」に近づく方法なのか、っていう戦略が
立てられなくなって、全員テキトーになり、
グダグダの原因になるんですよ。

とにかく、こういう再現系の企画を作るときは、
「元ネタで面白いところはココだっ!」という
“キモ”の部分だけをうまく抽出して、
それ以外のところはバッサリ省略
ということができないとダメなのだと思います。


また、クイズの途中経過が
完全にブラックボックスで、
ヒントも何もないっていうのも
読み合いが起こらなかった原因かもしれません。

ゲームだと当然のことですが、
ボタンを押せば画面が反応するので、
自分がアピール成功したのか、失敗したのか、
ジャストアピールできたのかどうかは
プレイヤーが完全に把握できるわけですが、
今回はクイズに正解したかどうかも
プレイヤーには知らされない仕様でした。

自分が正解したかどうかが分かっていれば、
(ちょっとVoの点数が足りないかな)とか
戦略も立てられると思うのですが、
正解したかどうかすら分からないので、
最悪、自分が集中してアピールした
と思っていても実は0点ってこともあるわけで、
そうすると、戦略が崩壊しますよね。

また、ゲームだと審査員の台詞で
その時点でのトップと最下位が
分かるようになっていたりもするんですが、
そういうのもほぼなかったので、
作戦が立てづらかったんじゃないかと思います。


あとは、問題がマニアック過ぎたかなw
麻雀とかパチンコとか、
知らないと手も足も出ない問題が多めだったので、
その辺もグダった原因の一つかなと思います。


まあ、今回は失敗してしまいましたが、
文月さんはウチの名物と呼べるような企画も
今までにたくさん作っていらっしゃいますので、
こうして長々と書かなくても
ご自身で分析されていることと思います。

が、今後、他の人、
特に最近になって参加しておられる方々が
もし企画を作りたいと思ったときの
参考になればと思い、
少し厳しめに書かせていただきました。

今回の反省点を次回に活かせるように、
頑張って下さいませ。

私も、人のことを言えないような失敗を
未だに繰り返していますので
心配しなくて大丈夫ですwww

いや、ダメかwww


というわけで、
長きに渡ってお届けしてまいりましたが、
ようやく終わりを迎えました。
いやー、レポートも難産だったwww

来月もなるはやで出せるよう頑張りますので
よろしくお願いいたします。
2016 10/16 22:27:57 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
私もアイドル育てたかった…から。

前→第7回|最初から→第1回


決勝戦です。
ルール説明は前回いたしましたので、
まだ読んでいない方は先に前回をお読みください。

それでは、まずは
全員の能力値の割り振りを紹介しましょう。
実際には、これは司会者と敗者のみが
確認できる数値です。
(※以下の能力値は、計算間違いをしていた
ポイントで割り振っていますので、合計しても
実際の得点とは合いません)


名前:_Vo_:___:_Vi_:ボム

鰤_:0150:0110:0150:1
しょ:0040:0100:0210:1
原_:0100:0080:0150:1
あお:0090:0070:0120:1
辻_:0070:0060:0100:1
あい:0080:0060:0060:1
みっ:0070:0040:0070:1
もち:0090:0080:0040:1
------------決勝進出者のカベ-----------
ヤー:0050:0030:0070:
ハヤ:0040:0050:0060:
コン:0040:0040:0060:
さく:0020:0090:0020:
ユキ:0020:0080:0020:
はる:0050:0040:0030:
海苔:0080:0020:0020:
ルド:0000:0000:0000:
---------------------------------------
合計:0990:0950:1180:


ということで、トレンドは
1位がビジュアル、2位がボーカル、3位がダンス
となりました。

ビジュアルが圧倒的ではないですかwww
あれか、やっぱりアイドルは
顔が大事だってか?www

そして、我々敗者のパラメータは
このトレンド集計にだけしか使われないのでしたw
魔王エンジェルにはなれなかったよ…www


さて、ではいよいよ1stラウンドの
1問目からやっていきます。

まずは最初なので、問題を全部記載します。

【問題】
今年の春のセンバツ出場校のうち、
今年が2回目の出場となる高校はどこか。
・花咲徳栄 ・釜石     ・開星
・青森山田 ・福井工大福井 ・海星

これを聞いて、全員が紙を提出します。

例えば、鰤さんは
花咲徳栄、開星、福井工大福井に○をつけて、
ボーカルのみのアピールで出しました。

上記3つのうちに正解が1つ以上含まれていれば、
鰤さんはボーカルで150P獲得することになります。
もし、○をつけた3つが3つとも正解なら
「ジャストアピール」で157Pです。
しかし、正解がなしなら0点です。

実際には、1ラウンドの5問が全て終わるまでは
答え合わせも集計もせずに
一気に終わらせたのですが、
ここでは答えとポイントの結果を書いておきます。

正解は釜石と青森山田の2つでした。

鰤さんは正解に1つも○を付けられていないので
アピール失敗、0点になってしまいました。

他の人はというと、
流石に「2回目」はチェックしていなかったのか、
高校野球に強いハズのあおえりさんも
福井工大福井にだけ○をして
アピール失敗になっています。
他、しょーせーさん、あいんすくん、
みっくさんも0点。

ポイントを取ったのは、
原さんと辻さんともちづきさん。
原さんはDとViのダブルアピール成功。
辻さんもVoとViのダブルアピール成功。
もちづきさんはVoのシングルアピール成功でした。

ということで、1問目は

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:X000:−000:−000:
しょ:X000:X000:−000:
原_:−000:△042:△078:
あお:X000:−000:−000:
辻_:△036:−000:△052:
あい:X000:X000:−000:
みっ:X000:X000:−000:
もち:○090:−000:−000:

という結果になります。

なお、記号は
◎がシングルアピールのジャストアピール成功、
○がシングルアピール成功、
▲がダブルアピールのジャストアピール成功、
△がダブルアピール成功、
Xは不正解、−はアピールをしていない
ジャンルです。

ということで、1問目は原さん以外の全員が
ボーカルをアピールしました。
こういうことがあると、ボーカルの興味値が
グーンと下がることになるので、これを続けると、
やがてボーカルの審査員が
帰ってしまうことになりますw


2問目は青い問題。

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:−000:−000:◎157:
しょ:X000:−000:X000:
原_:X000:X000:−000:
あお:X000:X000:−000:
辻_:△036:△031:−000:
あい:−000:−000:X000:
みっ:X000:X000:−000:
もち:−000:○080:−000:

またボーカルが人気…このままだと
本当に審査員が帰るかもw


3問目はパチンコの問題。
ストレートなのが来ませんねw

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:−000:○110:−000:
しょ:−000:−000:○210:
原_:−000:△042:△078:
あお:−000:○070:−000:
辻_:−000:X000:−000:
あい:△042:−000:△031:
みっ:△036:−000:△036:
もち:−000:−000:○040:

なぜか正解者多数でした。
アピールは今度は若干ビジュアルに集中。
しょーせーさんの210は美味しいねw
割り振りが極端でしたからねw
でも、このルールだとボーカルで点を取るのが
大変になりそうw


4問目はR−1ぐらんぷりの
準優勝者を答えさせる問題。
やっぱ2位じゃダメなんですよ。
全然記憶に残らないからw

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:◎157:−000:−000:
しょ:−000:X000:X000:
原_:△052:△042:−000:
あお:△047:−000:△063:
辻_:△036:−000:△052:
あい:△042:−000:△031:
みっ:−000:X000:−000:
もち:X000:−000:−000:

鰤さんは2回目のジャストアピール。
流石と言うべきか。
そしてまた押し寄せるボーカルアピール。
なぜに?www


ラスト5問目は「艦これ」の問題。やはり変化球w

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:−000:△057:△078:
しょ:○040:−000:−000:
原_:△052:−000:△078:
あお:△047:−000:△063:
辻_:△036:△031:−000:
あい:△042:−000:△031:
みっ:△036:−000:△036:
もち:−000:○080:−000:

なんと全員正解でございますw
そしてボーカルが人気www


5問が終わったところで、
司会者と、敗者のうちの有志で作るお手伝い斑が
ガーッと集計していきます。

名前:Vo_順位:__順位:Vi_順位:☆数

鰤_:157>1:167>1:235>1:10
しょ:040>8:000>6:210>3:3
原_:104>4:126>3:234>2:10
あお:094>5:070>4:126>4:7
辻_:144>2:062>5:104>5:3
あい:126>3:000>6:093>6:2
みっ:072>7:000>6:072>7:−1
もち:090>6:160>2:040>8:1
----------------------------------------------
興味:041__:054__:055


やはりアピール合戦だったボーカルは激戦。
代わりにダンスはスカスカで、
最下位で並んだ3人は全員☆が−1ということに。

鰤さんはオール1位で☆を10個獲得ですが、
4位、3位、2位のはらさんも、
同じく☆10個獲得です。

そう、これでいいんですよ
必ずしも1位を取らなくていいっていうのは
こういうことで、
1位でも4位でも☆の数が一緒なんだから、
上手くアピールを分散させて
ギリギリを狙った方がいいんですよね。

そういう意味ではあおえりさんは凄く惜しくて、
ボーカルであと11点取れていれば
オール4位で☆10個という、
完璧な試合運びだったんですがね…w

それから、興味値ですが、
これ実はデフォルトが75で、
1問ごとにアピールをした人数によって、
1人なら−1、2人なら−2、3人なら−3、
4人なら−4、5人なら−6、6人なら−8、
7人なら−10、8人なら−15というように
あらかじめ決められた数が
単純に減っていっているだけなのでした。

このラウンドではまだ誰も使っていませんが、
思い出ボムが成功すると興味値が+15回復、
失敗すると−10という仕様のようです。


ちなみに、当日プレイヤーには
5問が終わるごとに、
順位と獲得した☆の数だけが知らされるのみ、
というルールでした。
各人そこから、いろいろ推測を
巡らせないといけませんw


なお、この集計でも計算間違いがあり、
当日は☆の数が正しく配当されていなかったことを
お詫びしておかなくてはなりません。

私も集計のお手伝いをしていたうちの
1人なのですが、
特に1ラウンド目は計算する方も
こなれてなかったせいか、
そこかしこに間違いがありました。

今回の記事を書くにあたっては
Excelを使って計算をしたので、
少なくとも単純な計算ミスはないと思います。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、
何卒ご容赦いただけますようお願いいたします。



こんな感じで2ラウンド目もやっていきます。

1問目は北海道新幹線の愛称という問題。

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:X000:−000:−000:
しょ:−000:−000:○210:
原_:▲054:−000:▲081:
あお:−000:−000:◎126:
辻_:−000:△031:△052:
あい:△042:−000:△031:
みっ:−000:−000:○070:
もち:X000:−000:−000:

こんどはビジュアルが人気w
しかも、ジャストアピールが2人も出ました。


2問目はプロ野球の2015年のドラフトの
外れ1位を当てる問題。

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:−000:○110:−000:
しょ:X000:−000:−000:
原_:−000:△042:△078:
あお:−000:△036:△063:
辻_:△036:△031:−000:
あい:△042:−000:△031:
みっ:X000:X000:−000:
もち:−000:−000:○040:

今度は割とばらけました。


3問目はイチゴの品種名の問題。

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:−000:−000:X000:
しょ:X000:X000:−000:
原_:−000:X000:X000:
あお:−000:X000:−000:
辻_:−000:X000:X000:
あい:−000:X000:X000:
みっ:−000:X000:X000:
もち:−000:X000:−000:

死屍累々www
しかし、なんで君らはそう
示し合わせたかのように固まるのかなwww
あれだね、ほとんどの人が
ダブルアピールするからってのもあるね。
このままだと、本当に審査員が
誰か帰る展開があるかも…。


4問目は欅坂46のメンバーを答える問題。

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:−000:△057:△078:
しょ:△021:△052:−000:
原_:△052:△042:−000:
あお:△047:−000:△063:
辻_:−000:▲032:▲054:
あい:△042:△031:−000:
みっ:▲037:−000:▲037:
もち:−000:−000:○040:

辻さんは流石のジャストアピール成功です。
みっくさんもジャストアピール成功。


5問目は麻雀の点数計算の問題。

名前:_Vo_:___:_Vi_:

鰤_:−000:−000:○150:
しょ:−000:−000:○210:
原_:−000:−000:X000:
あお:X000:−000:−000:
辻_:X000:X000:−000:
あい:X000:−000:X000:
みっ:−000:○040:−000:
もち:○090:−000:−000:

知らない人は置いてけぼりですねwww
ってか、私も符計算はできませんので
出題されてたら無理ですw


名前:Vo_順位:__順位:Vi_順位:☆数

鰤_:000>8:167>1:228>3:6
しょ:021>7:052>4:420>1:7
原_:106>2:084>3:159>4:10
あお:047>4:036>6:252>2:8
辻_:036>6:094>2:106>6:2
あい:126>1:031>7:062>8:2
みっ:037>5:040>5:107>5:0
もち:090>3:000>8:080>7:2
----------------------------------------------
興味:032__:032__:026


原さんは2ラウンド連続で
MAXの10個獲得ですね。
みっくさんはオール5位、
めちゃくちゃ悔しいwww
鰤さんはVoが0点だったのが痛いですね。


ということで、
後はラストラウンドを残すのみですが、
長くなっていますので、ここで一旦終了です。

次回、今度こそ完全決着! お楽しみに!
2016 10/15 21:18:49 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
良いモノを見せていただきました…から。

前→第6回|最初から→第1回


ということで休憩をはさんで決勝戦です。

そういえば、この決勝戦が
今日の企画全体のタイトルでもあるんでしたね。
いったいどんな内容何でしょうか…。



「im@s オーディションクイズ」


!?


そ、そ、それは過去に私がやって
超絶gdgdになって、後で凹みまくって
1〜2ヶ月は引き摺った、
あのダメ企画じゃないッスか!!!

確かに、それをレポートしたときの
記事のコメントで「あげます」なんて言ったけど、
本当にリメイクを作ってこられるとは…www

しかし、まあ当然のごとく、
ルールについては「文月Remix」となっており、
司会者曰く「もはや原型はない」とのことですので、
詳しくルール説明をしていきたいと思います。


タイトルの通り、
ゲーム「アイドルマスター(初代)」にあった
「アイドルオーディション」を
モチーフにしたクイズです。

オーディションは
全部で3ラウンドに分けられます。
各ラウンドで正解が複数ある6択クイズが
5問ずつ出され、
クイズに正解することによって、
審査員に「アピール」しますw

アピールが成功すると
アイドルの能力値に応じたポイントが入ります。
アピールには
ボーカル(Vo)
ダンス(D)
ビジュアル(Vi)
の3種類があり、ポイントも
アピールしたジャンルにのみ加算されます。

各ラウンド終了時に、3ジャンルそれぞれで
上位4名までに入ると「☆」が獲得できます。
また、最下位になると「☆」が1つ減ります。

得られる「☆」の数の細かいルールは
後ほどまた説明しますが、
この「☆」を最も多く獲得した人が
オーディションに合格=本日の勝者となります。


で、肝心のアイドルなんですが、
各プレイヤーがここまで予選で得たポイントが、
そのまま、自分の育てているアイドルの能力値の
総合計と言うことになりますw
みんな、自分でも知らないうちに
アイドルを育成してたのねwww

まずは、各自そのポイントを
VoVi
3つの能力に自由に振り分けることから
企画が始まります。
下限は20、上限は300です。
振り分けは10点単位なので、
全員のポイントの1の位が切り上げになりました。


それから、各プロデューサーは
「思い出ボム」というアイテムを
全員がデフォルトで1つ所持しています。
ポイントを50マイナスするごとに
これを1つ増やすこともできます。
ただし最大でも3つとなります。

「思い出ボム」は本家のゲームですと、
アイドルとのコミュニケーションパートでもらえ、
オーディションのアピール時に使うと、
いつもより大量のポイントがもらえる
というアイテムです。
私の企画のときも、
ゲームに準じた効果で採用しました。


そして、このポイントの振り分けは、
決勝に進めなかったプレイヤーも同様に行います。

ムムム…? 私はNPCとして
「魔王エンジェル」を育てていた可能性が
微レ存…?www


振り分けが終わったら、
全員の能力値をジャンルごとに合計し、
3つの中で最も合計値が大きい順に
トレンド1位、2位、3位が決まります。

「トレンド」は、
オーディションで獲得できる
「☆」の数に影響します。
先に述べた通り、オーディションでは、
3つのジャンルごとに、ポイント上位4名が
「☆」を獲得できるのですが、
トレンド1位のジャンルで貰える「☆」の数は5つ、
2位のジャンルは3つ、3位のジャンルは2つ
と決まっています。

これはポイント1位でも4位でも
貰える数は同じです。
なので、どこかの「R4」じゃないですが、
オーディションでは必ずしも
1位じゃなくていいんですw

これがこのゲームのキモで、
同じジャンルに集中してアピール(正解)して
ポイント1位を取っても、
他のジャンルは捨てることになってしまい、
結局、獲得できる「☆」の数はあまり増えません。

それよりも、3ジャンル全てで
ギリギリの4位に入り、
「☆」を10個獲得するのが理想なんです。
他のプレイヤーがどのジャンルで
何点ぐらい稼いでいるかを予想し、
いかに効率よくアピールできるかが、
勝利のカギとなります。


とまあ、長々と説明しましたが、
これはまだ概要を説明しただけでして、
ここからさらにクイズの細かいルール説明を
しなきゃいけないんですけどもねwww

でも、本家のゲームを未プレイの人に
このルールを説明するのは本当に難しいので
ある程度は仕方ないんですw
本家のゲームでもわざわざニコニコに
「解説動画」みたいのがあるくらいですからwww
私も自分の企画のときは苦労しましたよw
まあ、そんな私も、実はゲーム自体は
未プレイなんですがねwww


ということで、まだ頭上に「?」が
浮かんでいる人が多数いますが、
ケツもあるので、とにかく能力値の割り振りを
済ませてしまいますw



そして、ここからは
実際に行われるクイズの細かいルールの説明
となります。

先ほど述べたように、
1ラウンドで6択の問題が5問ずつ出題され、
合計3ラウンドでの戦いとなります。

ただ、問題によって正解数が変動するのが
面白いところで、
正解が最低1つ、最高3つとなっています。

各プレイヤーには1問ごとに、
問題と選択肢の書かれた小さな紙に、
解答と、「ボーカルダンスビジュアル
どのジャンルにアピールするか」を書いて、
他のプレイヤーに見せないようにして
司会者に提出します。

解答は選択肢に○をつける形で行いますが、
1問につき、○を打てるのは3つまでです。

○を付けた中に、
1つも正解が含まれていない場合は
アピール失敗です。当然点数は0点です。

1つでも正解が含まれていれば、
他で不正解に○をつけていたとしても
アピール成功したと見なされます。
その場合は、アピールしたジャンルについて、
自分のアイドルの能力値と同じ数値のポイントを
獲得したことになります。

例えば、
Vo:50 :30 Vi:70
というアイドルが

A○ B○ C○ D− E− F−

と3つ○を付けて、
ボーカル」と書いて提出し、
そのうちAだけが正解でした、と言う場合、

自分のアイドルのボーカルの能力値=50Pが
そのままボーカルジャンルに加算されます。

仮に、ここでラウンドが終わったとして、
この50Pが、ボーカルでの
ポイントランキングTOP4に入っていれば、
ラウンド終了時に「☆」が
もらえるというわけですね。

ただ、アピールは1つのジャンルだけでなく、
2つに分けてすることもできます。
例えば、上のアイドルが
同じく、

A○ B○ C○ D− E− F−

と3つ○を付けて、
ボーカルビジュアル」と書いたとすると、
ボーカルとビジュアル、同時にアピールが
成功したことになります。

ただし、この場合は獲得できるポイントも
「能力値の50%+5%」ずつに分けられてしまいます。
上のアイドルの場合は、
ボーカルに26P、ビジュアルに36Pが
加算されることになります。
合計すれば100%を超えるので
ちょっとだけお得ですが、
多用しすぎると得点が思ったより伸びず、
4位以内に入れないかもしれません。

なお、通常、同時に3つのジャンルへの
アピールはできません。
それをするためには「思い出ボム」を
使わなければならないのですが、
そのルールは後述します。


また、○を付けた数と正解の数が
ピッタリ一致していた場合は
「ジャストアピール」というボーナスになります。
上の例だと、ABCの3つが正解でした、
と言う場合ですね。

この場合は能力値の5%のポイントが
上乗せされます。
「ダブルアピール」且つ「ジャストアピール」
ということも起こり得ます。

上の例だと、
シングルアピールの場合、50→52に、
ダブルアピールの場合、26→27、36→37に
得点がアップします。


そして、「思い出ボム」です。
これを使用する場合は、○を必ず3ヶ所につけ、
ジャンルを何も書かずに提出します。

この場合、全ての正解に○が付いていた場合のみ
ボムが成功した扱いになります。

正解数が1つの問題なら、
3つ付けた○のうちのどれか1つが
正解していればOKですが、
正解数が3つの問題の場合は、
○3つ全てが正解していないといけない
というわけです。

「思い出ボム」が成功した場合、
3ジャンル全てに、能力値の2倍の
ポイントが入ります。
上のアイドルなら、
ボーカルには100P、ダンスには60P、
ビジュアルには140Pが入るわけです。
これはデカいwww

しかし、ボムが失敗した場合、
逆に、3ジャンル全てで能力値分だけ
ポイントがマイナスになります。
ハイリスクハイリターンというわけですね。


それともう一つ、重要なルールがあります。
それは「興味値」というパラメータです。

実は、Vo、D、Viの各ジャンルの審査員は、
それぞれ「興味値」という
パラメータを持っています。
各アイドルのアピールが同じジャンルに
集中すればするほど、
そのジャンルの審査員の「興味値」が
無くなっていき、0以下になった場合は、
審査員が興味を無くして帰ってしまいますw

そうすると、そのジャンルの「☆」のやりとりが
一切無効になります。
例えば、1ラウンド目、2ラウンド目で
ボーカルで4位以内に入って「☆」を
持っていたとしても、
ボーカルの審査員が帰ってしまったら、
その「☆」は没収されたのと同じになります。

だから、アピールがあまり同じジャンルに
集中しているようなら他のジャンルに変えるなど、
対策をしないといけないのですが、
「興味値」は完全な裏パラメータとなっており、
プレイヤーに公表はされません。
そのあたりも、各ラウンドで、
自分が何点取って何位だったのかを見て
推測する必要があります。

逆に、「☆」の数で負けているプレイヤーは、
あえて同じジャンルに集中させて、審査員を帰らせ、
上位プレイヤーの「☆」を無効にしてしまう、
という戦術もあります。

その辺も、駆け引きが難しいゲームと
なっております。




…とまあ、これがルールの全貌ですが、
お分かりになりましたでしょうか?

まあ、とにかくやってみましょう!
とにかく6択問題に正解すればいいんです!w


では、第1問!

…といいたいところですが、
ルール説明が長くなりすぎたので、
一旦ここまでですwww


次回、勝者決定!
お楽しみに!
2016 10/14 21:28:43 | クイズ | Comment(2)
Powerd by バンコム ブログ バニー
運がある人と、実力がある人と、
両方ある人と、両方ない人の戦い。…から。

前→第5回|最初から→第1回


いよいよ予選最後のラウンドです。
「早押しボード減点サバイバルクイズ」

全員が30点の持ち点を持った状態からスタートで、
全30問の早押しボードクイズを行います。

ボタンが押されると問い読みもストップし、
問題の読み直し等は一切ありません。

ボタンを押した人は正解すれば+1P。
不正解なら−3Pとなります。
押さなかった人は正解は±0P、
不正解なら−1Pとなります。

つまり、地蔵でボードでたまに稼げばいいや
って考えは通用しませんw

しかも、2連続で不正解した場合、
マイナスがさらに1P増えてしまいます。
3連続、4連続‥‥でどんどんマイナスが
1Pずつ増えていきます。
いわゆる「落下傘方式」ってやつですね。

この設定だと、
仮にボタンを押さずに間違い続けたとすると、
8問で飛んでしまいますねw

こうして持ち点が0以下になると、失格となります。
残り人数が7人以下になったところで、
問題が残っていてもゲーム終了となります。

後は、ポイントの高い方から順番に
順位点がつくというわけです。


間違わないことが重要で、
知識量が試されるこのクイズ。
この前の2ラウンドが割と運の要素が強かったので、
実力重視の企画でバランスを取ったんでしょうね。
どう考えても私に勝ち目は薄いですが
いってみましょうwww

と、その前にここでルドルフさんが到着して、
早速このラウンドから参加することとなりました。
流石にもう予選最後なんで勝ち抜けは
絶対無理なんですが、楽しんでいってもらえればw


ということでゲームスタートです。

第1問は鰤さんが押しました。
割と易問だったようで、
鰤さんを始め、ほぼ全員が正解。
押した鰤さんは+1。
得点に上限はないので持ち点は31点に増えます。
他、ボードで正解した人は±0。
誤答した人は−1です。
次の問題で続けて誤答した場合、
減点が−2に増えてしまいます。

…と、ここもいつも通り、
ボードで誰が何を解答したのかが
音声で分からない上に、点数が自己管理だったため
誰が何ポイントなのかが全く分かりませんwww

まあ、これだけ人数が多いと、
1人1人のボードの解答を
いちいち紹介する訳にもいかないし、
点数管理も大変になるしで、しかたないですね。


なので、以降はサクッと飛ばしていきますねw

まず最初に9問目で海苔さんが終了。
1問目を正解して以降、
8連続不正解で、急降下でしたw

っていうかね?
途中から上位陣の押しが早すぎて
全くついていけてないんですよw
天津飯に置いて行かれた
チャオズ状態なんですよwww

いや、出てきたばかりの頃の
ミスターサタンの心境かなあ?w

とにかく、問題の前フリだけで
バンバン押されるもんだから、
最後まで聞けば分かる問題でも
全然正解できないんですよw
ってか、みんなむしろ早めに押して
我々を殺しに来てるよね!?

まあ、これが実力ってことか…。


その間にもどんどん失格者が出ていきます。

私が死んだのが17問目でしたが、
この時点で7人がいなくなっています。

あと2人脱落したらこのラウンドは終了です。

さあ、第18問目。

【問題】
「芥川賞作家のきよ…」

ポーン!

ここで原さんが押す! ウソォ!?

そして原さんは
「猛打賞」を見事正解!!

あなた本当に「初心者」なんですかwww


しかも、この問題で2名の脱落者が出たので、
このラウンドはここで終了となります。


1位は、さきほど凄い押しを見せた原さん。
なんと持ち点は30点で原点をキープです。
2位は、28点のあおえりさん。
3位は、26点で辻さんと鰤さんが同点。
5位に、24点であいんすくん。
6位に、18点でしょーせーさん。
7位が、5点でみっくさんでした。
一応、それ以外は全員0点で
8位タイということになります。

それにしても、実力差があまりにもハッキリと出た
ラウンドでしたw


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:528(+86)
しょ:341(+60)
原_:322(+100)
あお:286(+93)
辻_:235(+86)
あい:196(+80)
みっ:195(+16)
もち:162(±0)
------決勝進出ライン-------
ヤー:155(±0)
ハヤ:144(±0)
コン:134(±0)
さく:127(±0)
ユキ:126(±0)
はる:119(±0)
海苔:117(±0)
ルド:000(±0)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということで、決勝進出者の8名が決まりました!
(※なお、途中計算間違いがありましたが、
上位8人の顔ぶれは当日と同じとなっています)


私はその前のラウンドまで
何とか上位8位以内を
キープし続けてきたのですが、
最後の最後に落っこちてしまいましたw

まあうん、あの原さんの押しを見せられたら
仕方ないです。
あれは素晴らしかった。掛け値なしに。


今回も短いですが、
決勝戦が長いのでここまでですw
さあ、この8名で行われる決勝戦は
一体、どんな形式なのか!?
次回をお楽しみに!
2016 10/13 20:43:03 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
こうなったら『マインドシーカー』で
鍛えるしかwww …から。

前→第4回|最初から→第1回


少し休憩をはさんで第5ラウンドに行きます。
タイトルは「ポーカーチャレンジ」。


このラウンドも早押しです。
40問限定でシングルチャンスです。

いつの間にか各プレイヤーに
2枚ずつトランプが配られていますw
(まあ休憩中に配ったんですけどw)

そして「場」にもオープンにされた
5枚のカードがあります。

各プレイヤーは、
自分の手元の2枚と場の7枚のなかから
5枚を使って、ポーカーの役を作ります。
いわゆるテキサス・ホールデムってやつですね。

早押しで正解した場合、
場のカード(コミュニティ・カード)の中から
1枚を選んで捨てて、新たに1枚補充する、
もしくは、自分の手札を開いて役を確定させる。

このどちらかの行動ができます。

役を確定させると役に応じたポイントが入ります。

ワンペア・・・・・・・・・・・・・+1
ツーペア・・・・・・・・・・・・・+2
スリーカード・・・・・・・・・・・+3
ストレート・・・・・・・・・・・・+5
フラッシュ・・・・・・・・・・・・+7
フルハウス・・・・・・・・・・・+10
フォーカード・・・・・・・・・・+15
ストレートフラッシュ・・・・・・+25
ロイヤルストレートフラッシュ・・+50

役を確定させても、プレイヤーは
そこで終わりではなく、
引き続き早押しに参加できます。
その場合は、オープンした手札と場のカードが
全てリセットされ、
新たな手札と場でリスタートとなります。

それから、
早押しで誤答をした場合のルールですが、
誤答した人以外の全員に
「役の確定」ができる権利が発生します。
別にしなくても構いませんが、
権利を行使すれば、正解しなくても
「役の確定」ができます。

ただし、この際に
複数の人が同時に権利を行使しようとした場合は
一番強い役を作った人だけが
「確定」ということになります。


さあ、これはとにかく、ですねw
もちろん、最低1問は答えて
「役の確定」をしないと、
手の中でどれだけ高い役が出来ていても
宝の持ち腐れになるんですが、
1問のみの正解でも、
フラッシュあたり以上が出せれば
かなりいいところに行けるじゃないでしょうかw

っていうか、誰かの誤答に便乗すれば、
このラウンドも1問も正解せずに
上位に入れるかもしれないwww


では、早押しスタートです。
1問目は今まさにやろうとしている
「テキサス・ホールデム」の用語に関する問題で、
しょーせーさんが正解しました。
っていうか、ほぼ差し込みでしょこれwww

しょーせーさんは早速「役の確定」を選択。
実はコミュニティ・カードの5枚の中に
「5」の札が2つあって
ワンペアは確定してたんですw
しょーせーさんの手札はバラバラでしたが、
これでしょーせーさんは+1となります。

せっかく正解して「+1」だけってのは
もったいない気もしますが、
万が一、他の人が「5」を2枚持っていたら
フォーカードになるところだったわけですし、
こうやって「流す」ことで、
他人の大物手をつぶせるというメリットもあります。

早押しにたくさん正解できるなら、
こうして細かくポイントを稼いでいくのも
全然アリですね。
たくさん正解できるならwww

…私にはできない作戦でございますw


で、しょーせーさんが役を確定させたので、
場のカードが総とっかえになったのですが、
今度はなんと、あと1枚で
ストレートが揃うという状況!

これをあおえりさんが美味しく拾って、
+5Pを獲得しました。

せっかく流したのにねwww


次も場でワンペアができている状況で、
海苔さんが正解しましたが、
海苔さんはカードを変えることを選択。

続けて鰤さんも場のカードを1枚変えましたが、
さほど場の状況にドラマは起こらず。
結局、鰤さんが連答してさらに1枚変えた後、
あいんすくんが正解して、
ワンペアで役を確定。+1Pとしました。

以後も、わりと場のカードを交換するよりは、
ワンペア、ツーペアで役を確定して
細かくポイントが入る状況が続きます。

8問目では辻さんが誤答して、
4人の人が役の確定権を使うと宣言。
4人ともがワンペアでしたが、
Aのワンペアだった人がポイントをゲットという
何とも小粒な展開www

まあ、人数が多くて
そもそも正解をするのが大変だし、
0点で終わるよりは1点でも取っておけば、
最終的な順位点でもらえるポイントが変わるので
仕方ないですね。

でも、やっぱ男はロマンっしょw
ド本命を蹴って、夏の上がり馬から
総流しで買って見事に撃沈するのが
ツウってもんでしょ(何の話だ)www

ってことで、私は少ないチャンスを待ち続けます。
流石に何の手札を持っていたかは忘れましたが、
確か、互いの数字が近くて、頑張れば
ストレートができそうな2枚だったので。


そして、14問目にやってきましたビッグチャンス!
コミュニティ・カードで既に2ペアが揃ってる!
そのどちらかが手札にもう1枚あればフルハウス!

見事、正解してフルハウスを完成
+10Pをゲットしました!!!

しょーせーさんが


もう、何というか、ハイw


20問目。もちづきさんが誤答。
今度は私も役を確定することを選びました。
一応、ツーペアが出来てたんでねw
しかし、スリーカードという人がいて、
ポイントは入りませんでした。
なんでや!!www

25問目にまたまた大チャンス。
なんと場に、同じ数のカードが3枚!
4枚目を持ってればフォーカードだし、
手札でもうワンペアができればフルハウスだし!

この問題は原さんが勝負の押しで正解!
しかし、そう都合の良い手札は持っておらず、
場にできたスリーカードのみをゲットw
まあ、他の人の大チャンスをつぶしたってことで
OKでしょう。

が、27問目にあおえりさんがサラッと
2度目のストレートw
うーん、このwww

31問目。今度は
場があと1枚でフラッシュ完成というチャンス!

これをモノにしたのは…
何と鰤さん!www

これまでも圧倒的な正解数で
少しずつポイントを稼いできましたが、
とうとう大きいのを持って行ってしまいました。
これ以上ポイントを稼がれたくは
なかったんですけどね…。

っていうか、私のところには
チャンスが来ないなぁ…。


最後の1問前、39問目。
もちづきさんが誤答。
最後なので、例えブタでも手札を交換したい
っていう意味で、大勢が権利を行使しましたが、
なんと、その中で原さんがストレート
本人は気付いてなかったようで、
2ペアとか言ってましたがw
これは大きい!

…と、思いきや、
なんと海苔さんがフルハウス!!www

何と言うことかwww
ストレートをつぶされた原さんはガックリ。


最後の問題も
もちづきさんが勝負に行きましたが、誤答。
最後なので全員が手札をオープンし、
ストレートがあった人が勝ちでした(誰だったかが
音声に入ってないww)。


ということで結果ですが、
1位はフルハウス1回、
他ツーペアでもガシガシ稼いだ
ギャンブラーしょーせーさんの+20P。
2位はフラッシュ1回、
あとは正解数の多さで稼いだ鰤さんの+14P。
3位はフルハウス1回、スリーカード1回の
2つだけでこの位置、海苔さんの+13P。
ストレート2回のあおえりさんが+10Pで4位、
ツーペアやスリーカードを
複数回で稼いだ原さんが+9Pで5位。
辻さんが+8Pで6位。
コンさんとみっくさんが+4Pで7位タイでした。

以下は、あいんすくんが+3Pで9位。
ハヤシさんともちづきさんが+2Pで10位タイ。
私を含めた他4名は0Pでした。

最後までチャンスもなければ、
正解もできませんでしたよ、ええw


〜〜〜ここまでの結果〜〜〜

鰤_:442(+80)
しょ:281(+100)
原_:222(+45)
あお:193(+50)
みっ:179(+20)
もち:162(+10)
ヤー:155(±0)
辻_:149(+40)
------決勝進出ライン-------
ハヤ:144(+10)
コン:134(+20)
さく:127(±0)
ユキ:126(±0)
はる:119(±0)
海苔:117(+65)
あい:116(+15)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ロマンは成就しないからロマンなんだよね…。
ってことを再認識したところで今回はここまでw
次回「このパラシュート穴があいてますがwww」
お楽しみに!
2016 10/12 20:44:25 | クイズ | Comment(4)
Powerd by バンコム ブログ バニー
< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >