<< 新しい日記 - 古い日記 >>
8月30日。
もうすぐ10年というところまで頑張ったのに。
亮太が星になりました。
thum_f8fwsgwsunyxtwq.jpg

私自身、出張中だったので、
亮太が最後の最後、苦しんだのかどうか?
その辺りが解りません。

突然、お昼に飼育係から電話がかかり、
「亮ちゃんが死んでるねん」

えっ?!

びっくりしました。
ちょっと調子悪そうだから、今朝まで撫でててんけど…

だったら連絡ちょうだいな!
一瞬そんなことも思いましが、どうすることもできません。

夜に戻った時は、死後硬直が取れはじめた頃。
随分時間が経ったということです。

気持ちよさそうに眠っているようで…

それが何よりのホッとした材料です。


しこりが2つもあったお腹は重かったんでしょうね。
力が無くなった途端に、悪かった後足は外へ向けられ、
腹ばいになった状態で固まっていました。

せっかくならば、ちゃんと寝させてあげなきゃ。
ということで、下半身を動かして足を揃えてみる。

お腹が張っていたのがよく解りました。
長い間足を揃えることが出来なかった亮太は、
久しぶりにキレイな寝姿となりました。

thum_eqe7rq6ubp3b4cz.jpg

なかなか近づこうとしなかったお母さんうさこ。
来実嬢も、ほんの一瞬でしたが顔の傍へ。
これが精一杯の愛情表現なんでしょね。

ここ2年位は、亮太が病気ばかりで一緒に遊ばすことも出来なかったし、ケージ越しに会わせてやっても反応が鈍かったので、ほんの一瞬とはいえ、やはり「おかん」

ちゃんと見送ったんだと思います。


私はというと・・・

葵くんの時と同じく、数珠を持たせてやりました。
日々、財布に入れて持ち歩いていた「指数珠」

thum_8mvr3mskqdmac94.jpg

こうやって、数珠を手にして旅立ちました。

thum_8yq9sxsns31b9zf.jpg

ペットの葬儀屋さんが作って下さった写真。
1年ほど前、お風呂でさっぱりした後のクリクリ眼です。

ここ1年は、私自身が声をかけ、
とても仲良くしていただけに、かなり淋しくなりました。

散々痛みと向き合ってきた亮太にとっては、もう苦しくない訳ですよね。
複雑な気持ちがありますが、痛みに耐える姿はとても男前でした。

5年ほど前、遊んでいる途中にどこかで負傷し、
ギャーーーーーッっと大声を咽喉から出して叫びまわったことがありました。
あの時に、尾てい骨を骨折していたんでしょうね。

表面的には、爪が折れ血だらけの惨事にしか見えなかった。

しばらくしたら、急に片足がうまく動かなくなり、
その足をケージの隙間に挟み、無理に抜こうとしてまた骨折。
それが、右肢全部を失う危機に直面。

1時間半かけ、電車やバスに揺られて病院へ通うこともありました。
そんな状況下の中でも、ご飯の時間には毎日足を引きずってでもお気に入りの場所へ自分で移動し、ウトウトするのが日課でした。

撫でながら一緒に病院に通ったのは私の想い出。

ここ半年は、お皿から水を飲ませたり、食べさせたり。
何度も食べなくなる様子がありましたが、その度に一緒に乗り越えてきました。
だからこそ、良かったとも思う。
ゆっくり眠ってほしいから。

この10年、心の癒しでした。
一緒に成長したんです。
とても愉しかった。とても優しい気持ちになれました。

ありがとうね。箕輪亮太ちゃん。

女の子なのに亮太と名付け、彼氏も作ってやらなかった。
教育係としては、まだまだです。

亮太が星になって、空から見守ってくれるよう、
私は、これからも我が家のうさこたちと頑張ります。
2014 09/07 13:39:39 | ペット日記 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
我が家へ来て11年のお嬢こと立花来実さま。

昨年の夏に我が家へやってきた蛍を相手に
毎日のように追いかけっこしています。

そして、自分の立場を誇示するように・・・
たまに、こんなこともしちゃったりします。

thum_ghhvngsyekx72w7.jpg

う〜ん。
来実も蛍も女子のはずなんだけどなぁ。

まぁ、元気でいてくれるだけで嬉しいもんです。

今後も一緒に元気に暮らしていきますね〜
2014 05/30 00:36:50 | ペット日記 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
箕輪亮太ちゃん。
小さい頃、やんちゃ過ぎて右尾てい骨骨折。
後足だけで立ち上がれなくなり、さらには、乳腺近くにしこりができやすい体質。
何度か調べてもらったけれど、悪性の腫瘍ではないようなんですけどね。
しかも、1年半前に右脚骨折で、危うく後足切断の危機。
折れた骨が、皮膚を突き破ったらおしまいだと言われ…。
体力を考えると、手術に踏み切れなかった。
といいますか、手術して、後足が片方無くなっちゃったら、
もう、遊ぶことも出来ないですから。

その時点で9歳になっていたし、たくさんのしこりもあるので、手術するとそれら全てが問題な訳で。
悩んだあげくに温存を選択した訳です。

あれから1年半。
亮太は、自分で踏ん張りにくいこともあり、うんちやおしっこがしづらいこともありますが、それでも生き抜いてます。

ところが、この数日、急な寒さもあって食欲がなく、痛みを伴ったのか歯ぎしりが始まってしまいました。

葵くんの時に学んだ、歯ぎしりは痛みのサイン。

食べなくなると、水も飲まないので、どんどんお腹が張ってきます。
そして、出にくいうんちがさらにでなくなる。
そう。悪循環ですよね。

なので、乳酸菌を食べさし、残っていた胃腸の動きを整える飲み薬をちょっぴり飲ませることに。
注射器でちょっとずつ。
でも、思ったほかごくごくと口に含んでくれました。

2日経った今日。
おかげさまで朝から元気に大きな緩めのうんちをポトン。
臭くてフレグランスな香りが漂いましたが、これで安心。
thum_h2bt9g3hgcvy3nm.jpg
今日は、食欲が戻って来ています。

あと数日で、10歳超え。
亮太の誕生日が来ます。

この家で生まれ、満身創痍ながら元気で生き続けてくれている亮太ちゃん。
手はかかるけれど、手術しなくて良かったと思います。

今も、不自由になった足を引き摺りながらも、お気に入りの場所まで自分で移動。窓際で日向ぼっこしています。

お嬢の来実は、相変わらず元気。
先日も、70cmの高さのケージから飛び降り、朝からリビングを走り回っていました。
新参者の蛍と毎日ちょっかいを出し合い、日々、追いかけっこをしています。

亮太としては、同じように走り回りたいんでしょうけどね。
こればかりは叶いません。
けれど、自分のペースで1日でも元気に過ごしてもらえたら嬉しいなと思っています。

だって、我が家の一員ですから。
2013 12/23 14:39:10 | ペット日記 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
8月2日。
葵くんがお星さまになってから1年ちょい。

新しいうさこが我が家にやってきました。

その名は、
末広 蛍 (スエヒロ ホタル)

たぶん、男の子。
けれど、女の子っぽい。

まぁ、とにかくやんちゃということだけは間違いありません。
thum_xhd7q6vgkkmus1b.jpg
亮太とケージ越しにご対面。
thum_8xv71pnt9eugtqe.jpg
早速、来実とは、一緒にご飯をモヒモヒ。

そして、うちの子らしく肩乗りうさこです。
thum_1ks3axt4hbqw658.jpg

生まれてちょうど2ヶ月で我が家へ来たけれど、
来実の時より、葵の時よりも人見知り無し!

初日から探検しまくってますよ。

そして、そして。
今しか見れないこの光景。thum_qxh7dxm35wush3p.jpg
来実は、ある意味お母さんをしています。
久しぶりに母性が現れたかな?

おばあちゃんになってしまった来実だけれど、
お嬢の頃の子育てを思い出したのかもしれません。

とにかく、また賑やかな我が家が戻ってきました。

毎日、体温より高い日が続きますが、みんな元気です!
2013 08/12 02:39:47 | ペット日記 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
何故か、最近、こんな感じでオネムの亮太ちゃん。
thum_yfxnqfnv3f3egvg.jpg

右の後足が悪くなってしまったものの、切らずに頑張っています。
おかげで、ちょっと背筋が曲がっちゃった気もしますが、
それでも、器用に走り回っています。
で、お昼寝の時は、何故か大好きなひんやり布に頭を突っ込んで・・・寝ています。

thum_thckwb3u1spp93g.jpg
息がしにくいかも?
なんて思って、ちょっと布をズラしてみると。

こんな感じで気持ちよく過ごしているようです。

9歳。
しかも、我が家は、エアコン付けない。
なので、夏は大変。

ですが、凍ったペットボトルを抱えてお昼寝の季節。
大好きなペットボトルと戯れながら、教育係や飼育係の帰宅を待ちわびる。
そんな日が今年もやって来たようです。
2013 07/06 23:39:25 | ペット日記 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
亮太が名前を改名します!

「諒大」とか「良太」とか

いろんな文字が出てきました。

何せ、いろんな病気や怪我で散々な状態が続き、
手術も考えたんですがね。
もうかなりのお年なので、病院も控えて、
好きなようにさせてやる方向となったもので。

やっぱ、病院行くだけでストレスなんですもの。

足を引きずってでも元気に駆けてくれている方が
私たちとしても嬉しいですからね。

で、最近のご機嫌の様子がこちら。

目をつぶってウトウト。

こんなアップを撮っても動かないくらいに
ゆっくり寝ている姿は久しぶりでした。
2012 08/17 16:30:19 | ペット日記 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
蒸し暑くなってきました。
美味しい?くっさウンチを食べ、
ちょっぴりフレグランスな香りが漂う来実ちゃん。

お嬢としてはあり得ない体臭ですやん?

という訳で、久しぶりに水浴びです。


相変わらず、お尻を温めていると大人しいですねぇ。
じっと三つ指ついてシャワーを浴びていました。
さすがにおばあちゃんになってきたので長時間は禁物。

お尻周りをキレイにシャンプーしたら、
身体をタオルでワシャワシャ。
教育係にしがみつく姿は変わりません。
8年間、お風呂に連れて行くといつも同じスタイル。

けれど、葵くんがいなくなったことで、
寂しい日々を過ごしている感じは否めません。
うさこでも、旦那が無くなるとサミシイんですね。
もう7月。
葵くんが亡くなってからもう4か月も経つのね。

今年も大阪の夏は厳しそうです。
蒸し暑い中で、ペットボトルを抱えてお昼寝。
そんなお馴染みの昼寝姿ももうすぐ。
その前に、水浴びして毛並みを整えておかなきゃね。

娘の亮太も、片足を引きずりながらも元気にしています。

亮太には、手術が良かったのか?と考えることもあります。が、もうそこそこのお年だし。
手術が成功しても、体力が持つかどうか…。
そう考えると本当に難しいものですね。

なるべく身体にメスを入れずにやりたい。
そう思うのは、飼い主の勝手な思いなのかな〜

女ばかりの初めての夏。
とにかく、みんなで元気に乗り切ろうぜぃ〜
2012 07/09 02:05:41 | ペット日記 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
病院、行ってまいりました。

今日は、大人しく『お手回り品』
荷物扱いで電車でゴトゴト移動です。

ラッシュを終えた時間とはいえ、
電車の音と揺れ。いろんな人の声やニオイ。

近所の病院へ行くのとはわけが違います。

それでもこうやって大人しくしてくれました。



そして、病院へ到着してからは、いろんなお友達と出逢い。
しばしの順番待ち。
本当に人気の病院だけあって、たくさんの動物さんたちがいました。

で、診察室に入ったら、早速、体重測定と触診。


あらあら。
骨折した骨が皮膚を突き破って出てきそうだなんて。

ヤバイ、やばいですよ。
だって、亮太はやんちゃくれですから。

レントゲンを撮ってもらって結果報告。

トホホ。
折れた場所が悪い様子。
手術困難、絶対安静ということでありました。

2ヶ月狭い空間でじっとさせるべし!!

出来るかなぁ?
いや、骨が出てきたらヤバイんだからさせなきゃね。

ストレスとの闘いになるかもしれないけれど、
自分の肢を守るためにも、一緒に頑張ろうね。
2012 04/10 15:33:21 | ペット日記 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
はい。いつもの病院へ連れていきました。

触診の末、即
「太もも骨折ですね」

触ったら分かるくらいのはっきりとした骨折だそうな。

元気が有り余るって…良い事なんだけどね。
怪我をしちゃぁ元も子もないな〜

ということで、明日は朝からまた病院。
電車に揺られて大きな病院へ行きます。

手術になるのか?
ギプスつけるのか?
簡単な固定で済むのか?

どうなるかは分からないけれど、
今日の所は、いつもの先生に痛み止めの注射をして貰って帰路へ。

途中、ご機嫌でお花見。
近所の公園は、サクラ満開。ぽかぽか陽気。
春ですね〜

明日、また病院へ連れて行かれるとも知らずに、
気持ちよく風にあたっておりました。

まぁ、開帳肢になった時、この子は下半身を全く使えずに、それでも前肢だけで前進するという元気さをみせていたけれど、先生からは、原因によってはあと数か月かも…
なんて宣告されてましたからね。

脊椎の様子も思ったより軽くて、
元気に春を迎えられたのは本当に嬉しいことです。

元気すぎて、教育係としてはちょっぴり心配だけど。
これ位の方が、いいのかもね〜
2012 04/09 12:34:46 | ペット日記 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
昨日の昼、うちのうさこ亮太がまた負傷しました。
朝ごはんをご機嫌で食べた後、部屋へ帰る時にケージ内の小屋に足を引っかけ…
思った以上に足が入り込んだので、無理やり身体をひねって抜こうとした。

そうしたら、腰からグキッっていった様子。

うさぎって鳴かないはずなんだけどね。
亮太は、やんちゃ過ぎる!
グギャー!
びっくりするような声を絞り出した。
この声を聞くのは、これで2回目。

前は、どこかに足をぶちつけて爪を負傷し、
廊下中を走り回って血みどろの結末。
たぶん、その時に背骨を悪くして開帳肢という病気になっちまった。
肢が外に向いていようが、元気に走り回る様子は圧巻。
大丈夫かいな?と、こっちが気にしちゃっうほどでありました。
で、今朝もそんな元気から起こった事件だった訳。

今は、痛くて触らせてくれないんだけれど、
それでも半日もしたら痛みが落ち着いてきたのか、
残りの肢を器用に使い走り回る始末。
明日の朝、病院へ送還されることが解っていないので、
触らなければ、ご機嫌でこたつ内でこの状態です。

本当に有り余る元気は・・・ある意味恐ろしい。

で、教育係はというと・・・
肢を引っかけバタバタした状態を助けてやろうと手を差し伸べたのだが。

それが、逆効果。
何かされると勘違いして、怖がられるという虚しい有様。
しかも、助けようとして、教育係もどこかで足先を負傷。

1時間くらい痛みを伴った足先は、見事に腫れ上がった。
そして、この紫色のグロテスクなアザです。無念。

うぅぅぅぅ。うさこと一緒にダブルで負傷するとは(・_・
明日朝一で、仲良く病院へ行ってきます!
2012 04/09 01:25:13 | ペット日記 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
<< 新しい日記 - 古い日記 >>

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.