かつて題名のなかったBLOG

2010年 06月 の記事 (10件)

あう。
また更新を忘れてしまった。

昨日はパクロス8月号の発売日でした。
いつものように、私が作ったクロス&スケルトンが
掲載されておりますので、よろしくお願いします。

例会のレポートのほうは、
いつも通り、まず音声を聴くのに時間がかかってますので
もうしばらくお待ちいただけたらと思います。

あー忙しい。
2010 06/27 12:04:58 | 近況報告 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
何という真逆の結果w

恐れ入りました。

今日の勝因はやっぱり松井ですね。

実は松井は最終メンバー決定前の試合までの集計で、
16試合で884分の出場なんですが、
その884分の中で、チームがわずか2点しか失点しておらず、
失点率は0.20という驚異的な数字。

松井が出場している時間中の得失点を
勝ち負けに換算した“影響勝率”も
8勝0敗で勝率1.000という
恐ろしい数字を残しているのですよ。


…まぁ、この結果では何を言っても私の負けですねw


このように、ちゃんとデータの集計はしてたけど、
今回は選ばれたメンバーが堅実すぎて
突っ込みどころがなかったのです。

あーあ。
2010 06/15 01:18:53 | データ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
4年前に予告しちゃったんで、一応やるw

本田の1トップではダメでしょう…。

本田の岡田ジャパンで取った4得点は、
1点勝っている状況で2点、
3点勝っている状況で1点、
4点勝っている状況で1点
ですからねぇ。

野球でいったら、7−0で勝ってるときに
8点目のソロホームランって感じ?

そんな選手に何故1トップを任そうと思うのか…
理解不能ですな。


ちなみに、
岡崎は16点中7点が決勝点、6点が先制点、
玉田は7点中3点が決勝点、2点が先制点、
森本は1点中、2点リードの状況で1点
矢野は1点中、3点リードの状況で1点

中澤は6点中2点が決勝点、2点が先制点
中村俊は4点中1点が決勝点、2点が先制点
大久保は3点中1点が決勝点


…と、こんなデータが出ております。

いっそ中澤の1トップが一番いいかも?ww
2010 06/14 21:09:23 | データ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
全員が企画を終えました。
改めて得点経過を示すと以下の通りです。

     辻 す 春 佐 ヤ Jr し 文 
ゴチ   − 0 3 5 1 2 0 0
インスピ 0 − 5 0 1 3 0 2
議席獲得 2 0 − 5 0 1 0 3
神経衰弱 5 0 2 − 3 0 1 0
パラレル 5 0 3 0 − 1 0 2
ごった煮 5 0 3 1 0 − 0 2
Hカット 1 0 3 0 0 2 − 5
知体運  5 0 3 1 0 2 0 −

合計   23 0 22 12 5 11 1 14


あとは三賞の発表です。
全員の投票によって
「企画が斬新で賞」
「企画が面白かったで賞」
「司会がスムーズで賞」
を決めます。
選ばれた人は+3点なので、
文月さんまでは優勝の可能性があります。


前回と同じく、時間がギリギリだったので
外での発表になりましたが…


「企画が斬新で賞」は…しょーせーさん!

「企画が面白かったで賞」は…Juniorくん!

「司会がスムーズで賞」は…
文月さんとしょーせーさんが同票!
(2人ともに+3が入ります)

ということで最終結果!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

辻さん(23P)
春雨さん(22P)
文月さん(17P)
Juniorくん(14P)
佐竹さん(12P)
しょーせーさん(7P)
ヤーロウ(5P)
すざんぬさん(0P)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4企画で1位の5点を取った辻さんがそのまま優勝、
全ての企画で点数を取った春雨さんが2位
三賞で点数を伸ばしたものの届かず、文月さんが3位
という結果になりました!

私は、
今回もそれぞれの個性ある企画で
楽しくすごすことができました。

しかし、こうしてフルメンバーで8個も企画をやると、
どうしても時間が足りなくて困りますねぇ。
次回やるとしたら2日に分けるとか、
ちょっと工夫が必要になるかもですね。

また、解答者が7人になると、
早押しボタンが1つ足りない
という事態が生まれるんですが、
近々、みんなでお金を出し合って
新しく早押し機を買おうという運びになりましたので、
秋の遠足の頃ぐらいには、
その問題は解決できていそうな気配です!

そんなわけで、新人の方が増えても
当面はボタンの心配をしなくてよさそうなのでw
参加希望の方はこちらの掲示板まで
ジャンジャン参加希望の旨を書き込んでください。


来月は文月さんがメイン企画を
予定されているようです。
私も秋の遠足に向けての企画作りを
本格的にスタートさせていきます。

みなさま、今後ともよろしくお願いします。
2010 06/08 00:45:49 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
さあ、いよいよ最後です。
最後は文月さんの企画、「知力体力時の運クイズ」

まず「知力ステージ」を行います。
その結果によって
「体力ステージ」での有利不利が決まります。
さらにその結果によって
「運ステージ」の有利不利が決まるという、
3ステージを連続で行う企画です。

あくまで、
最後の「運ステージ」の順位が最終順位であり、
知力、体力ステージの順位は
最終結果には考慮されません。


さて、知力ステージは「先読みクイズ」
…って、私ともろに被ったー!!ww

とはいえ、私の企画でやった「先読み」とは
内容も、ポイントの増減も全然違います。

まず、「ですが」の以前(フリの段階)で
ボタンを押した場合でも、
「ですが」のところまでは必ず読みきられます。
その上で、
・その時点で答える(正解なら即勝ち抜け、
不正解の場合は×が1つ付き、2×で失格
さらに後半部分を読み問題続行)、
・全部読みきってから答える(正解+1、不正解−1で
Wチャンスあり)、
のどちらかを選ぶことができます。

「ですが」以降まで読まれてからボタンを押した場合は
正解+1、不正解−1ポイントです。

問題は10問限定です。

前半部分からフリを予想して答え、当たれば即勝ち抜け、
…なのですが、
文月さん自身が、フリが「ヒドイ」のがある
(文月さんが以前やった「100択クイズ」と同様に…)
ということをほのめかしていたので、
全員、いかんなくチキンっぷりを発揮。
特攻したのは春雨さんとJuniorくんが1回ずつ、
しかもどちらも失敗。

結局、運良くWチャンスのゴッチャンを
2回とれた私が+3でこのステージの首位、
次いで春雨さん、辻さん、しょーせーさん、
Juniorくん、佐竹さんという順位になりました。


続いて体力クイズです。

ボタンを押して解答した場合は、
それが正解であろうが不正解であろうが、
決められたトレーニングメニューを
こなさなければなりません(当然、その間は
解答権なしです)。

正解+1、2ポイントで勝ち抜け、
誤答のペナルティは特にありませんが、
トレーニングメニューを余分にやらないといけないため
キツいという話ww

私は運良く前回1位でしたので、
トレーニングメニューも
腕立て10回なんて軽いものでしたが、
最下位は腕立て50回、または腕立て20回+腹筋15回
という悲惨なことに…
2問正解でストレートで抜けても、
腕立てオンリーなら100回、
腹筋とのミックスなら腕立て40回、腹筋30回、
どこのブートキャンプですか!?ww

文月さんは、「ちょっと広い場所を使いたいから、
午後、隣の部屋が出て行った後にしたい」
と言って、企画の順番をラストで希望したのですが、
こういう理由だったんですねw

さて、試合の方は、
圧倒的有利だったにも関わらず、
誤答1回と、こんな形式でも
他の人に押し負けたこと(TT
が響いて私は4位に転落、
春雨さん、辻さんがそのまま上に上がり、
3位にJuniorくんがジャンプアップ、
佐竹さん5位、しょーせーさん6位
という順位になりました。

しょーせーさんが最後に答えた問題が、
「1画で書くことのできる常用漢字、『一』と何?」
「乙!」

ホント、たくさんトレーニングをこなした皆さん、
乙でした。


さて、最後は時の運ステージ。
25問限定の早押しクイズ。
正解するとサイコロを振って、
出た目の人のライフを−1します。
自分が出た場合は自分が−1です。
もちろん誤答は自分が−1です。

体力ステージの順位によって、
以下のようなハンデがつきます。

1位:初期ライフ10、サイコロ振り直し券5枚所持、
サイコロを常に2個振る
2位:初期ライフ8、振りなおし券5枚所持
3位:初期ライフ6、振りなおし券3枚所持
4位:初期ライフ4、振りなおし券1枚所持
5位:初期ライフ3、振りなおし券なし
6位:初期ライフ2、振りなおし券なし

また、連答をした場合
・サイコロを振る数を1つ増やす
・振りなおし券を1枚獲得
・自分のライフを+1できる(ただし1回のみ)
の中から選んで行うことができます。

さらに、この25問の正解には、
「ある法則」が隠されています。
それをいかに早く見破るかにも勝負がかかっています。


さあ、1問目。
四字熟語で「あとかたもなく消えること」と言えば何?
答え:雲散霧消

2問目。
デンプンを加えると反応を/
答え:ヨウ素液

3問目。
日本語で「興奮」、英語で言うと?
答え:エキサイト

さあ、どうでしょう?
私は2問目で「もしや?」と思い、
ここで完全に法則が分かりましたw
さすがにまだ気付いている人はいないと思いたいw
なるべく他の人が気付くまでに
法則を利用して正解を重ねたいところです。

4問目。
昨年、安達裕実と離婚した/
答え:井戸田潤

5問目。
昔はタモリが、現在はイチローがCM/
答え:ユンケル

6問目。
京都市と姉妹都市になっている、ライン川中流/
答え:ケルン

この6問目、私の素の知識では
こんなところでは絶対に押せませんw
そして、こんな状況でもまだ
4問目と5問目で押し負けているw

7問目。
テレビ朝日系列で放送されたアニメ『花の子ルンルン』、
主人公の名前は?
答え:ルンルン・フラワー

ここで私が連答して、サイコロは「6」。
早くもしょーせーさんが失格になってしまいますが…
あんまり早すぎるんで、
わざわざ振り直して救出したりしてみましたw

法則が分かってるのが自分だけっぽくって余裕
っていうのもありましたし、
どうせ、私自身の総合優勝の目は
消滅してるわけですから、盛り上げていかないとね!

8問目。
2国間の協定に基づいて/
答え:ワーキングホリデー

むむっ、この押しは気付いているな!?
余裕こいてる場合じゃなかったww

9問目
来日して、初めて行ったダジャレが「住めば都/
答え:デーブ・スペクター

10問目
青色から緑色の色を持つ不透明な鉱物/
答え:ターコイズ

11問目
男子の大学駅伝としては、全日本大学駅伝、箱根/
答え:出雲駅伝

この問題でしょーせーさんが失格、6位が決定。

12問目
携帯電話にURLなどを転送するQR/
答え:DENSO

13問目
沖縄で、豚の/
答え:ソーキソバ

このあたりまでくると、
少なくとも春雨さんと佐竹さんは分かってるっぽい感じ。
ただ、Juniorくんの頭には
まだ「?」が浮かんでますw

14問目
そば粉に熱湯を加え、かきまぜ/
答え:そばがき

15問目
山上たつひこのギャグマンガで/
答え:がきデカ

16問目
序盤に、ボッカチオによる/
答え:デカメロン

辻さんが私のマネをして?
私を助けてくれようとしましたが、
振りなおした結果も同じ数字で、私が失格となりました。
5位となったのでポイントも入りまへんw
真っ先に法則に気付いたはずなのに、おかしいなw

17問目
田村淳と田村/
答え:ロンドンブーツ1号2号

18問目
反対などを押し切ってむりやり/
答え:強引

19問目
首都はジャカルタ/
答え:インドネシア

佐竹さんが正解するも、自分の目を出して
自爆で失格、4位が確定しました。

20問目
カラー印刷でのインクトナーに/
答え:シアン

ここでJuniorくんも失格、
残るは辻さんと春雨さんの一騎打ちに。

21問目
2007年よりゲームセンターで稼動した、
キャッチフレーズは「国民/
答え:Answer×Answer

22問目
沖縄の方言で砂糖のことを/
答え:サーター

23問目
その意味は末端、各種の輸送形態において/
答え:ターミナル

春雨さんが正解、最初のサイコロの目は
自分と辻さんでしたが、振りなおして
両方とも辻さんの目になることに賭けた結果…
両方とも自分の目でした。ちーん。

24問目
自己の容貌や肉体に異常なまでの/
答え:ナルシスト

辻さんが答え、春雨さんの目を出したことで優勝決定。

25問目
カプコンの対戦型/
答え:ストリートファイターU

最後は意地で春雨さんが正解。


法則については分かったでしょうか?
このステージは「運ステージ」でしたよね。
で、第1問の答えが「ウンサンムショウ」、
次が「ヨウエキ
その次が「エキイト
その次が「イトダジュン」…

そうです。2文字しりとりってやつですね。
しかし、後でご本人も仰ってましたが、
「ルンルン・フラワー」は苦しかったですなw


〜〜〜この企画の順位〜〜〜

1位=辻さん(5P)
2位=春雨さん(3P)
3位=Juniorくん(2P)
4位=佐竹さん(1P)

〜〜〜ここまでの総合点〜〜〜

辻さん(23P)
春雨さん(22P)
文月さん(14P)
佐竹さん(12P)
Juniorくん(11P)
ヤーロウ(5P)
しょーせーさん(1P)
すざんぬさん(0P)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さあ、ついに8人の企画が全て終了しました。
前回と同じく、
「企画が斬新で賞」
「企画が面白かったで賞」
「司会がスムーズで賞」
の3賞に全員が投票し、
それぞれの最多得票者に+3が入って
最終的な得点が決定します。

現在3位の文月さんまでが優勝の可能性を残しています。
さあ、優勝のゆくえはっ!?

第9回に続く
2010 06/06 10:05:34 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
「クイズの扉 早押し編」もいよいよ大詰め。
7人目はしょーせーさんです。

以前、しょーせーさんは
クイズに正解したらダーツを投げる
「ダーツクイズ」をやりましたが、
今回は逆に、ダーツのルールをクイズに変換して
作った企画だそうです。

全員40点を持ってスタート。
1ラウンド9問限定の早押しを行います。
1ラウンド目は1問正解で10点が加算されます。
2ラウンド目以降は15点、20点、25点…と
もらえる点数も5点ずつ増えていきます。
ただし上限は50点で、
ラウンドを重ねてもそれ以上は増えません。

ただし、そのラウンドの9問中に
1問も正解ができなかった場合、
持ち点が半減してしまいます。

これを繰り返し、点数の一番高い人が優勝です。

Wチャンスありで、誤答は2休です。

1ラウンド(1問10点)
佐竹さんがハーフカット、他は2○か1×で
割と静かな立ち上がりか?

  ヤ 文 春 佐 辻 J
  50 60 50 20 60 60


2ラウンド(1問15点)
Juniorくんと辻さんがハーフカット。
春雨さんが4○でスタートダッシュ。他は1○。

  ヤ 文  春 佐 辻 J
  65 75 110 35 30 30


3ラウンド(1問20点)
春雨さんはハーフカットで逆噴射。
Juniorくんは2連続ハーフカットでピンチ。
文月さんが3○、私はまた1○。

  ヤ  文 春 佐 辻 J
  85 135 55 55 70 15


4ラウンド(1問25点)
春雨さん、連続ハーフカットでションボリ。
辻さんが3○。
このあたりから私にキャッチフレーズができますw
「いつも1○」ヤーロウですw

   ヤ  文 春 佐  辻 J
  110 160 27 80 145 65


5ラウンド(1問30点)
だんだん1問の価値が重くなってきます。
佐竹さんが2度目のハーフカット。
そしてお約束、「いつも1○」ヤーロウですw

   ヤ  文 春 佐  辻 J
  140 220 87 40 175 95


6ラウンド(1問35点)
Juniorくんが3度目のハーフカット。
辻さんが3○でトップの文月さんを猛追。
そして私は「いつも1○」の
マニフェストを守りましたが、誤答も1つありました…。

   ヤ  文  春 佐  辻 J
  175 290 122 75 280 47


7ラウンド(1問40点)
前のラウンドの誤答でリズムが狂った…
のかどうかは分かりませんが、
私がマニフェストを守れずハーフカット。
私と同じくハーフカット未経験だった文月さんも
初のハーフカットで、全員がハーフカット体験済みに。

  ヤ  文  春  佐  辻  J
  87 145 162 155 320 127


8ラウンド(1問45点)
何せ1問で入る点数も
ハーフカットで減る点数もデカいため
目まぐるしく順位が入れ替わります。
辻さんがハーフカットで首位転落。
春雨さん、佐竹さんが3○で急浮上。
私は連続でハーフカット。後半でやるのはマズイ…。

  ヤ  文  春  佐  辻  J
  43 190 297 290 160 172


9ラウンド(1問50点)
これ以降は1問50点で固定となります。
このラウンドはハーフカットも出ず、
順位の変動もおとなしめ。
私を除く全員が接戦を繰り広げる(涙)。

  ヤ  文  春  佐  辻  J
  93 290 347 390 210 222


10ラウンド(1問50点)
辻さん、Juniorくん、そして私の
3人がハーフカット。
私は残り時間と点差を考えてのチャージ押しでしたが
ことごとく失敗、
2×で計4問休みになったのが痛かったw

  ヤ  文  春  佐  辻  J
  46 390 447 490 105 111


11ラウンド(1問50点)
文月さんが4○で一気に他を引き離す猛スパート!
一方、トップだった佐竹さんはハーフカットで1歩後退、
さあ、最後の12ラウンドはどうなる!?

  ヤ  文  春  佐  辻  J
  96 590 497 245 155 161


12ラウンド(1問50点)
最後の2問は誤答すると休みに加えて−50点になります。
私は最後なので、超早いポイントで
ガンガン押しましたが1個も実らず、
且つ8問目に誤答して-50もいただいた結果、
まさかのマイナス点ww
春雨くんの猛追を、その8問目と最終問題に正解して
凌ぎきった文月さんが優勝でした。

  ヤ  文  春  佐  辻  J
  -2 690 597 122 205 311



クイズサークルに所属してて、
早押しが苦手っていうのはどうなんですかね?w

それにしても、点数の変動が大きくて、
順位が目まぐるしく変わる、スリリングなクイズでした。
その割りにはバランスの崩壊もしてなくて良企画でしたね。

〜〜〜この企画の順位〜〜〜

1位=文月さん(5P)
2位=春雨さん(3P)
3位=Juniorくん(2P)
4位=辻さん(1P)

〜〜〜ここまでの総合点〜〜〜

春雨さん(19P)
辻さん(18P)
文月さん(14P)
佐竹さん(11P)
Juniorくん(9P)
ヤーロウ(5P)
しょーせーさん(1P)
すざんぬさん(0P)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いよいよ文月さんの企画を残すのみとなりました。
私は…もう完全に脱落ですが、
優勝のゆくえやいかに!?

第8回に続く
2010 06/05 10:35:11 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
さあ、いよいよ大詰め
6人目の企画者はJuniorくん!

企画名は…音声を聞く限り言ってなかったんで…
「ごった煮クイズ(仮)」ということでw


抽選で色んな形式のクイズが選ばれます。
そのセットで勝ち抜けた人は☆を獲得します。
☆を5つ集めた人が企画の優勝です。


オープニングの企画は1○1×で
ある音楽を聴いて答える問題でしたが…

こwwれwwはwwww

フルで聴いたことはなかったわw
こんなのなら見たことあったけどw


こんなもん分かるかい!
と、チキンレースがスタート。
結局、全員が間違えて
最後までボタンを押さなかった
文月さんが☆を獲得!www


勝ち抜けた文月さんがクジで選んだ次のセットの問題は…
「アタック風10Pサバイバル」

全員持ち点10Pでスタート。
自分が答えれば他の人全員を1P減らすことができます。
連答すればその分減らせます。
誤答は自分のポイントが誤答数分マイナスです。

私は完全地蔵プレイで真っ先に失格…。
佐竹さんが終盤に正解を固めてリードしましたが、
最後の最後に3回目誤答で3P失って失格となってしまい、
1ポイント差で辻さんが☆を獲得しました。

〜〜途中経過〜〜
文☆ 辻☆
〜〜〜〜〜〜〜〜

続いての企画はオーソドックスな「4○2×」

ここも佐竹さんが真っ先に3○1×で
ダブルリーチ状態としますが、誤答で自爆…w
続けて辻さん、私がリーチとしますが、
結局辻さんが2個目の☆を獲得でした。

〜〜途中経過〜〜
文☆ 辻☆☆
〜〜〜〜〜〜〜〜

次に選ばれたのは「ゲーム音楽2○2×」
アレンジされたゲーム音楽を使った
Juniorくんお得意のイントロクイズ。

こういうジャンルの問題なら、
是非とも取りたいところ…!

「迷宮組曲」「魔界村」「ボンバーマン」は
逃しましたが、
「忍者ハットリくん」と「ベースボール」を答えて、
見事、☆を獲得することができましたw
これが、私が今日最も輝いた瞬間だったwww

〜〜〜途中経過〜〜〜
文☆ 辻☆☆ ヤ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


5セット目は「3分間タイムレース」
3分間ひたすら問題がでます。
正解は+1、誤答は−2ポイントで、
3分終了時に最もポイントが多かった人が☆を獲得です。

ここでは佐竹さんが6問正解で、
ようやく念願の☆を手に入れました。

〜〜〜途中経過〜〜〜
文☆ 辻☆☆ ヤ☆
佐☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次は「封鎖クイズ」
正解すると、他の誰か1人を封鎖して、
以降の解答権を奪うことができます。
誤答は自分が封鎖されてしまいます。
最後に残った人が☆を獲得です。

1問目に文月さんが正解して辻さん、
2問目に春雨さんが正解して佐竹さんと
当然のことながら強い人2人はあっという間に封鎖。

3問目に私が正解して文月さんを封鎖しましたが、
4問目を誤答して自分が封鎖。
残ったのは、どちらも現在☆なしの
春雨さんとしょーせーさん。

ここはしょーせーさんが勝って☆をGETしました。

〜〜〜途中経過〜〜〜
文☆ 辻☆☆ ヤ☆
佐☆ し☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんだか凄く接戦。

お次は「1○1×ゲームイントロ」
ゲームのイントロクイズですが、今度は一発勝負です。

今度は「ドラゴンクエスト」が出て
文月さんが正解。主に佐竹さんが悔しがることに…w

〜〜〜途中経過〜〜〜
文☆☆ 辻☆☆ ヤ☆
佐☆  し☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今度は「ビッグウェーブクイズ」
全員持ち点3Pでスタート、正解+1、不正解−1ですが、
3P持った状態で正解すると
「ビッグウェーブ」が起こって
自分以外の全員のポイントが−1となります。
0ポイントで失格、最後まで残った人が☆を獲得です。

ここでは順当に(?)辻さんと佐竹さんが最後まで残り、
ここから勝負が長引くかと思われましたが、
辻さんが3連答、3連続ビッグウェーブで
一気に勝負を決め、
トップ独走となる3つ目の☆を獲得しました。

〜〜〜途中経過〜〜〜
文☆☆ 辻☆☆☆
ヤ☆ 佐☆ し☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

続いて出たのはオーソドックスな2○2×。
ここは春雨くんが☆を獲得。

〜〜〜〜途中経過〜〜〜〜
文☆☆ 辻☆☆☆
ヤ☆ 佐☆ し☆ 春☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

続いて10セット目もオーソドックスな3○1×。
ここでも春雨くんが☆を獲得。

〜〜〜〜途中経過〜〜〜〜
文☆☆ 辻☆☆☆
ヤ☆ 佐☆ し☆ 春☆☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして、ここでタイムアップ!

1位は☆3つで文句なしの辻さん。
☆2つで春雨さんと文月さんが並びましたが、
正解数−不正解数のポイント差で
2位が春雨さん、3位が文月さん
春雨さんは8セットまで☆0からの大逆転。

4位は、☆1つのうち
最も正解数の多い佐竹さんとなりました。


〜〜〜この企画の順位〜〜〜

1位=辻さん(5P)
2位=春雨さん(3P)
3位=文月さん(2P)
4位=佐竹さん(1P)

〜〜〜ここまでの総合点〜〜〜

辻さん(17P)
春雨さん(16P)
佐竹さん(11P)
文月さん(9P)
Juniorくん(7P)
ヤーロウ(5P)
しょーせーさん(1P)
すざんぬさん(0P)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


私はここまでなかなかポイントが取れず、
優勝の可能性を残すためには、残り2戦とも優勝して
10ポイントを取ることが必須となってしまいました
(その上で、最後の投票のポイントがあれば、ですが…)。

次は勝負の7人目…!
パ、パ、パ、パイプカットて!!www

第7回に続く
2010 06/04 11:45:02 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
ここから、すざんぬさんが用事のため抜けます。
4企画が終わって、いよいよ後半戦です。

後半戦のトップバッターは私です。
名づけて「パラレルワールド」

「パラレル」というと、
クイズ屋さんにはお馴染みでしょうが、
「○○は××ですが、では△△は何?」
というような問題のことをいうクイズ用語です。

この形式に特化した問題を3セット行い、
トータルでのポイントの最も高い人が優勝です。


1セット目は「同時にパラレル」。
いわゆる、二重音声クイズです。
「AといえばBですが、Cといえば?」という問題と、
「CといえばDですが、Aといえば?」という問題が
同時に読まれます。
2つとも正解で+1ポイント、誤答は2休です。

そうです。このためにカラオケで
音声を録音しようとしてたんですねー、失敗したけど…。
片方はあらかじめ録音した音声(ボイスチェンジ済)、
もう片方は私がその場で読む生音です。

このセットの問題数は10問です。

ところで、このクイズ…。
良く考えれば分かると思いますが、
2つの問題でそれぞれ、もう1つの問題の答えを
「フリ」にしています。
つまり、答えを言ってしまっているようなものです。
ちゃんと聞き取ることさえできれば、
誰にでも答えられるんです。

ということで、
若干問題の難易度自体は高めに設定していましたが…。

なかなかどうして、
その「聞き取る」というのが難しかったらしく…。
誤答・スルーも多く、地蔵な人も出てしまいました。


2セット目は「先読みパラレル」。
問題として問われる(変化する)部分を強調して読むので、
先を予想して答えるクイズです。
例えば、
「日本で一番高い山は富士山ですが」というフリで、
「一番」を強調したら
「では、日本で『二番目』に高い山は…」となり、 
「高い」を強調して読んだら、続きは、
「では、日本で一番『低い』山は…」となる、
という具合です。

これは、早押し上級者が実戦で行っている
テクでもあるそうなので、
この機会に練習という意味もこめて作りました。
(私にとっては、問い読みの練習でもあります)

「ですが」を言う前に先読みで正解できれば+2
「ですが」以降まで読んだ上で正解なら+1
誤答は先ほどと同じく2休です。

このセットも、問題数は10問です。

ここでも
結構、先読みに特攻して失敗
という問題が多かったのが反省点…。

2セット終わって、
春雨さんと佐竹さんが4ポイントで同点。
Juniorくんと辻さんが3ポイント、
文月さんが2ポイント、
しょーせーさんが0ポイントです。

ね?
20問消化したのにポイントが低い…。


しかし、勝負はこれからです!

最後のセットは「やっぱりパラレル」。

問題は普通に
「AといえばBですが、Cといえば何?」という
パラレル問題ですが、
少なくない割合で、
これに対しての答えが「やっぱり、B」
となる問題が含まれています。

このセットは正解すれば無条件で+2ポイント、
誤答は、その時点でのトップ(同点でのトップを含む)は
−1ポイント、それ以外の人は2休となります。

このセットは時間が許す限りとしましたが、
結局用意した50問を使い切ることとなりました。

ここは高確率で「やっぱり」といえば
正解になるため、ある程度ギャンブル的に、
分からない問題でも押して「やっぱり」に賭けるという
展開を期待しましたが…

これがなかなか成功しないw
「やっぱり?」と言ったときに限って普通の問題、
スルーした問題に限って「やっぱり」の問題…。
まあ、「やっぱり」になる問題が
簡単に分かっちゃつまらないので、
これも少し難しめに設定したつもりですが…。

そんななか「やっぱり」も含めてキッチリと当てていた
辻さんがトータル25ポイントでブッチギリ優勝、
2位は16ポイントで春雨さん。
3位は10ポイントで文月さん。

Juniorくんと佐竹さんが
9ポイントで同点4位でしたので、
1○1×の同点決勝、
「先読みパラレル」の予備の問題を出しました。
結果、Juniorくんが勝利、
4位の1ポイントを得ました。


う〜ん、私の企画はいつもですが、
全体的に問題の難易度が高すぎたかもしれません。
私にとっての永遠のテーマになりつつある…。


〜〜〜この企画の順位〜〜〜

1位=辻さん(5P)
2位=春雨さん(3P)
3位=文月さん(2P)
4位=Juniorくん(1P)

〜〜〜ここまでの総合点〜〜〜

春雨さん(13P)
辻さん(12P)
佐竹さん(10P)
Juniorくん(7P)
文月さん(7P)
ヤーロウ(5P)
しょーせーさん(1P)
すざんぬさん(0P)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


6番手はJuniorくん!
オープニングテーマだと思ったら問題だった…の巻!!

第6回に続く
2010 06/03 00:34:20 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
続きまして、本日4番手の企画者は佐竹さんです。
企画は「神経衰弱イズ」

基本は1問正解で1ポイント、誤答は−1ポイント。
ですが、今回は早押し席6に対して
7人の解答者がいるので、1人余っています。
誰かが誤答をした場合、その余りの人に解答権が移ります。
もちろんその場合も同様に、
正解で1ポイント、誤答で−1ポイントです。

で、「神経衰弱イズ」ですので、
1問正解ごとに、裏返しにして並べられたカードのうち
2枚をめくることができます。

ただし、めくるのはトランプではありません。
このカードには裏に人名が書かれています。
見事、ペアになる人を揃えれば、
5ポイント獲得することができます。
さらに、揃ったペアのユニット名が答えられれば
2ポイント獲得することができます。

問題は1セット28問で2セット行われますが、
1セット目はお笑いコンビ、
2セット目は音楽デュオになっています。

しかし、どちらのセットにも
ペアを作れないダミーが混ざっていますので、
注意が必要です。


1セット目はお笑いコンビ。
当然のことながら、「松本人志」「浜田雅功」なんて
簡単なカードが含まれているはずもなく、

「高橋健一」「池谷和志」「滝沢秀一」
といったカードに大苦戦。中には、
「長友光弘」みたいに、コンビ名は分かっても、
相方なんて名前だっけ…??
なんてのもw

結局、辻さんが「鈴木崇大」と「三浦敏和」、
春雨さんが「近藤春菜」と「箕輪はるか」を
当てたのみで終了。

裏返しのカードがたくさん残ってもったいないので、
急遽、1順に限り
問題に答えずに神経衰弱のみをやることに。

ここで、分かってたのにクイズに正解できなかったという
すざんぬさんが「今野浩喜」と「高橋健一」を、
しょーせーさんは「隅田美保」と「馬場園梓」を当てて、

1セット目は以下のような点数となりました。

ヤ:2 文:−1 し:8 す:8
J:1 辻:14 春:6 


2セット目は音楽デュオ。

先ほどと同様、カードは相変わらず難しかったのですが、
今回は辻さんが1問目でいきなり
「吉田良一郎」と「吉田健一」を当てたのを皮切りに、
まぐれ当たりでペアができることが多く、
春雨さんが「石野文敏」と「瀧正則」、
私が「北川悠仁」と「岩沢厚治」を当て、
グループ名は分からなかったものの、
文月さんが「阿久津博子」と「三宅光幸」を当て、
同じく、辻さんが「岸田繁」と「佐藤征史」を当てました。

さらに、1セット目と同様に行われた
神経衰弱タイムでも、
私が「大橋卓弥」と「常田真太郎」を、
辻さんが「渡辺慎」と「小宮山雄飛」を当てて、
結果は以下の通り。

ヤ:13 文:6 し:1 す:0
J:−1 辻:22 春:7 


トータルすると、
神経衰弱タイムも合わせて2セットで5組のペアを作った
辻さんが、36ポイントでブッチギリのトップ。
私が15ポイントで2位。
春雨さんが13ポイントで3位。
ペア1組のしょーせーさんが9ポイントで4位。
僅差の8ポイントで同じくペア1組のすざんぬさん。
誤答の多さが響いた文月さんが5ポイントで6位。
ペアが作れなかったJuniorくんが
0ポイントで最下位。

と、なりました。


今回も佐竹さんの企画は、
今までに比べれば、おとなしい方でしたがw
いきなり歌い出したり、体操をさせたりと
バラエティに富んでいて面白かったです。

「問題が面白いで賞」がもしあったら、
迷わず投票していたと思いますw


〜〜〜この企画の順位〜〜〜

1位=辻さん(5P)
2位=ヤーロウ(3P)
3位=春雨さん(2P)
4位=しょーせーさん(1P)

〜〜〜ここまでの総合点〜〜〜

佐竹さん(10P)
春雨さん(10P)
辻さん(7P)
Juniorくん(6P)
文月さん(5P)
ヤーロウ(5P)
しょーせーさん(1P)
すざんぬさん(0P)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここで、すざんぬさんが早退ということになりました。
以降の企画は早押し席は人数ピッタリになります。

これが今後にどのような影響を及ぼすのか?
注目の5人目は…私なんです。

第5回へ続く
2010 06/02 10:55:26 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
どんどん行きますよー!

お次は春雨サラダさんです。
題して、「衆議院、議席争奪クイズ」

あらかじめ、ある法則にしたがって、
都道府県を暗号化した表が渡されました。

早押しで正解したら、この中から1つを選びます。
そして対応する都道府県の小選挙区の数が
獲得ポイントになります。
例えば、東京なら25区まであるので25点入りますが、
富山なら3区しかないので3点しか入らない…
という具合です。

まあ、暗号化されているので、
どれが何県なのかはさっぱりなんですがw

なお、早押しの誤答は1休です。

そして、テーマに合わせて、
問題のジャンルが全て「政治・経済」となっています。


都道府県は「23」とか「110」とかの
2〜3桁の数字になっていますが、
「74N」とか「74S」とかいうのもあります。
「N」とか「S」は北とか南ってことなんだろうけど…
これは分からんなぁ。

佐竹さんが好調でどんどん正解を重ねますが、
やっぱりどこを取っていいか分からないため、
表の四隅に配置された数字を言ってみたり…

「アタック25」じゃないっつーのww

他の人(特に文月さん)も、
隅にラインを作られるのを阻止しようとしてみたり…

だからぁwww


そして、私はというと…
選ぶような状況じゃありませんでしたw

47ものチャンスがありながら、
正解できたのはたったの1問!
(それもおまけみたいな正解だったしw)
分かる問題は全部押し負けるし、
分からない問題はやっぱり分からない(そりゃそうだw)

政治・経済はどちらかというと
苦手なジャンルなのですが、
時事問題や、日本史といってもいいような問題も多々あり、
もう少し勝負に行ってもよかったかなぁ〜
と、今聴くと思いますが…時すでに遅し、ですね。


結局、16問正解の佐竹さんがトップ、
2位は8問正解の文月さん。
辻さんは12問正解で文月さんより多かったのですが、
獲得した数字が少なくて3位。
なんか、辻さんは1つ前の企画と同じ展開ですねww
運が悪いですな〜
4位は6問正解、33ポイントのJuniorくん、
5位以下は少し離されて、
5位に2問で8ポイントのしょーせーさん、
6位に2問で7ポイントのすざんぬさん、
最下位が1問で6ポイントの私、という結果でした。
(6/2順位が間違っていたので修正しました)


で、暗号なんですが…
都道府県をローマ字表記にして、
それぞれの文字をアルファベット順の順番で数字化、
それを合計したものが答えでした。

だから、合計が同じ数字になった場合は
「N」とか「S」とか付けていたんですね。

…うん、さっぱり分からんww
これじゃ予想するのも無理だわなぁw
法則が分かったとしても、
早押し中に計算してる暇なんかないしw


〜〜〜この企画の順位〜〜〜

1位=佐竹さん(5P)
2位=文月さん(3P)
3位=辻さん(2P)
4位=Juniorくん(1P)

〜〜〜ここまでの総合点〜〜〜

佐竹さん(10P)
春雨さん(8P)
Juniorくん(6P)
文月さん(5P)
辻さん(2P)
ヤーロウ(2P)
しょーせーさん(0P)
すざんぬさん(0P)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回、佐竹さんがジャイアンになる!?

第4回に続く
2010 06/01 01:46:47 | クイズ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.