2013年 09月 の記事 (6件)

阪神がヤクルト戦に敗れたため、昨日巨人の優勝が決まりました。

先日もこちらで申し上げましたけど、本当に原監督はチームをうまくまとめて作ってきましたね。

長嶋監督が、巨大戦力と言われてそれでもなかなか優勝できなくて、物議をかもしていたのとは、対照的です。

もちろんまだまだFA制度や、何年か前に行われていた、ドラフト逆指名制度の恩恵はあるでしょうけれど。

ただ最近は以前ほど巨人への思い入れは減った感じです。

もともとドラフト逆指名制度というのは、反対でした。

FA制度は賛成です。

ただしそれは選手達に好きなチームで、思いっきりプレーをしていただきたいからです。

巨人のためになどとは、絶対に考えておりません。

それは野球選手というよりは社会人として、その方がいいと考えるからです。

まあでも昨季も今季も絶対的に巨人は強かったですね・・・。

ただしだからと言って、このような応援はどうでしょうか・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=TMXC2D5FAuE

あんまり・・・いえとんでもない行為ですね・・・。

ヤクルトというチームやヤクルトファンは、個人的に特に怨念や憎悪はありませんが、このような応援はやめていただきたいですね。

そしてその対戦相手チームのファンも一緒になって歌っているらしいです。

こちらの動画もそうですけどね。

巨人が札束攻勢で、いい選手(特に外国人選手)を集めているということもなかったわけではありません。

それからまあ巨人にはG党でさえ嫌っている変な爺さんがついていますが・・・。

でもそれだけで快進撃を続けているわけではなく、選手個人やスタッフの努力も大いにあると思います。

だいたい「くたばれ!」なんて言葉は大変品が無いです。

またこの応援は東京ドームでもやっているのでしょうか・・・。

それならそれで立派かもしれないですが・・・。

ヤクルトは、今季はともかくこれまで優勝一歩手前まで、いった年もありました。

今季だって怪我人が多すぎたと思います。

でも彼らが戻ってくればまだまだ優勝を狙えるチームでしょう。

そして来季優勝したとしも、この歌を歌うのでしょうか・・・。
2013 09/23 22:34:02 | none
Powerd by バンコム ブログ バニー
昨夜は、バレンティン選手の本塁打56号という新記録が、達成されました。

王貞治選手が、55本の本塁打を打ったのは、1964年、東京オリンピックの開催された年だったそうです。

そして今年も2020年の五輪が東京に決定となりました。

へ〜なるほど・・・。

これはまた面白い符合で、興味深い記録ですね。

そして大相撲の優勝記録は、大鵬の優勝32回です。

こちらは、1971年に達成されました。

王貞治選手と大鵬関は、確か生年も同じ、昭和15年生まれだったと記憶しております。

こちらも燦燦と輝いている金字塔で破られることはないだろうと言われてきたのは、前にも話しましたね。

もちろんそれに近づいているのは白鵬です。

現在28歳で、優勝は26回を記録しています。

そして現在開催されている、秋場所も、来場所の九州場所も大本命です。

まあ、もちろん絶対とはいえませんが、よほどのことがない限り、今年中に28回というのは、可能性が高いのではないでしょうか。

連勝記録と違ってこちらは、残りますから、1回負けてもパ〜ということは、ありませんね。

特に大きな怪我や疾患も、ないようですしね。

こちらは、案外対戦相手よりも手強いかもしれませんからね。

こちらの不安もあまりなさそうです。

まあそれでもあと5回、白鵬でも大変には違いないでしょうが、射程距離に入っているのは事実でしょう。

気になるのはワセタイプかもしれない、ということです。

大鵬、北の湖、貴乃花などが、そうですね。

後半はやや成績が下がってきて、負けが増えてくるタイプですね。

オクテといえば、千代の富士、玉の海、栃若でしょうか。

どうなるかは、わかりませんが、こちらも優勝33回は達成されるかもしれないですね。
2013 09/16 21:14:46 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
本日は台風18号接近の影響で天気の変化が激しかったです。

昨夜から今朝のかけては、大雨・・・。

かなり降りましたね。

これは、買い物に行くのにも大変だと考えていたら、一旦雨がやんだのです。

「それ、今のうちだ!」
と考えて近くのスーパーまで行ってまいりました。

それでもパラパラと雨を感じていました。

そして、その後何と雲が切れて、薄日も差してきたほどです。

でもテレビでは
「台風はまだ来ていない」という報道でした。

これからでありましたか・・・。

その後また物凄い雨が降って、いわゆるゲリラ豪雨のような雨でした。

そして今はそれもやんでいます。

今夜開催がかなり心配された、神宮球場のヤクルト-阪神戦は、現在のところ予定通り始まりました。

そして、今確認!

遂にバレンティンが、56号の本塁打を打ったみたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130915-00000007-spnavi-base

いや〜やりましたね〜。

おめでとうございます。

これもやはり明るいニュースの一つではないでしょうか。

トクタサツオのような言葉の足りない文章が下手な男が賞賛しても、足りないくらいですが、嬉しいです。

金曜日は放送がありましたが、硬かったですものね。

昨夜はニュースで見ただけですが、やはり何か体が硬かったみたいです。

まあ、そうなるなと言う方が無理でしょうけれど、これでやっと御本人も落ち着いていつもの状態に戻れることでしょう。
2013 09/15 18:55:23 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
原巨人は、ある意味、川上巨人より強いかもしれないです。

川上巨人というのは、いわゆる全盛期はV9時代です。

V10を達成できなかった1974年以外にも、たまに優勝を逃すことはあったみたいですが、これはあまりにも有名な金字塔です。

そしてさすがにまだ破られてはいません。

セ・リーグ優勝だけでなく、全ての年に日本一にも輝いているのですから、その強さは計り知れないものだったでしょう。

過去にも上田阪急や広岡西武、森西武、野村ヤクルト、など連覇を続けた強いチームもありましたが、日本一までにはなれなかったケース
が多いです。

でもあえて原巨人はこの強さに迫っていそうな気が致します。

強さというか、安定感というか・・・。

川上巨人も全く弱点がなかったわけではありません。

阪神や大洋にもけっこう苦戦し、両チームに負け越した年もあったみたいです。

1973年のV9の年など青息、吐息でまさに血みどろの優勝でした。

1973年は阪神にかなり追い込まれ、最終戦で何とか勝って優勝。

そして阪神ファンが試合後、なだれこみ胴上げができませんでした。

もちろん当時は今ほど野球を観ていなかったのですが。

ONの全盛時代でもあった頃ですね。

そして長嶋選手の力と巨人の強さは、比例していないとはいえないでしょう。

選手、長嶋の力の衰えと川上巨人の成績が・・・。

そして投手力も万全とはいえないでしょう。

けっこう投手は打たれていたみたいだし、開幕戦に弱いとか初物に弱いとかも言われていましたね。

そして現在の原巨人は、先発投手陣は揃っているし、抑えも万全。

もちろん打撃力も抜群の力を誇っています。

一時「落合竜」を、やや苦手としていましたぐらいですかね。

もちろん「FA制度」の恩恵は受けていますが、それでも強いチームを作りました。

また原監督が「巨人は好きだけどおまえは嫌いだ!」などと言われた話も聞きませんし、川上監督ほど評判も悪くはありません。

最初の題名から見ると笑われるかもしれないのですが、本当にこのように考えるきょうこの頃なのです。
2013 09/14 17:08:02 | none | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
これは一体何の話題でしょうか・・・。

スポーツ、特に野球と相撲をお好きな方ならおわかりでしょう。

王貞治選手の1シーズン最多本塁打記録の55本。

もう一つは横綱大鵬幸喜の大相撲優勝32回です。

どちらの記録も大選手と大横綱の二人が達成したおそらく破られることはないだろうと言われてきた大記録なのです。

この大記録を破りそうなのが、東京ヤクルトスワローズのバレンティン選手と、横綱白鵬です。

まあ相撲の方はまだ何場所かありますし、年に6場所しかないのでまだ時間がかかりそうですし、まだ何とも言えませんけれど。

ただ今朝のニュースでは横綱白鵬関は「2020年の東京五輪まではがんばりたい、そして土俵入りをやりたい」とおっしゃっていましたけどね・・・。

それからこちらのニュースで報じられていましたけど、白鵬のお父さんはメキシコ五輪でレスリング代表選手でいらっしゃったそうです。

そして銀メダルに輝かれたそうです。

五輪には繋がりが、あったわけですね。

後白鵬関が7年間がんばれば、優勝33回は、達成されるかもしれません。

さてバレンティンの方は、かなり現実味を帯びてきました。

昨日もまた1本打ちましたので、現時点での本塁打は53本となりました。

そしてまだ20試合近くは残していて、9月中旬です。

幸か不幸か、バレンティンのチームYsは依然、最下位という位置でいますのでマークも敬遠も少ないことでしょう。

最近はどのチームも真っ向勝負しているようなので、この辺りは嬉しいですね。

戦術的な敬遠ならある程度致し方のないことかもしれませんが、露骨な敬遠は嫌ですね・・・。

DeNAは、Aクラスとブランコの打点王がかかっているから、やや厳しいかもしれないですけど・・・。

はるか昔はスペンサーとか、記憶にあるところでは、ローズとか変な敬遠策を取られたようですが。

バレンティンは後3本。

各チームの投手陣のガチンコでの対決に期待したいです。
2013 09/09 21:46:51 | none | Comment(2)
Powerd by バンコム ブログ バニー
何だかんだありましたけど・・・。

やはりとても嬉しいですね・・・。

一時はかなり厳しいのではないかとも、報道でもされておりましたが。

何とか2020年、五輪の開催地が東京で決定です。

さすがに徹夜というわけにはいきませんでしたけど、朝午前9時ごろ起きて、テレビの番組表を見て、この朗報を聞きました。

もちろんまだかなり先ですが、気持ちが引き締まるというか、ウキウキするという感もあります。

驚いたのは、当然の如くライバル視されていたマドリードの方が一回戦で負けてしまったのですね。

これまでのニュースの報道、解説では開催地の選挙では落ちるだろうと言われていたトルコのイスタンブールの方が残ったことです。

このニュースは、本当に意外でしたけど、誰も予想していなかったみたいです。

今回の開催地決定で東京ですと、競技種目が日本得意の野球、ソフトボール、レスリングの復活が期待できるという楽しみもあるみたいです。

まあどれか一種目だけのようですが・・・。

さすがに全部とはいかないみたいですけどね。

そしてむしろ大変で厳しいのはこれからなのでは、ないでしょうか。

安倍総理大臣がおっしゃった福島原発汚染水の問題はぜひ解決していただきたいものです。

もちろん全国民でこの問題には取り組まなくてはならないでしょう。

みんなでがんばって・・・。

そうです五輪開催決定は新たなる旅立ちなのです。

2020年への挑戦なのです。
2013 09/08 21:30:47 | none | Comment(2)
Powerd by バンコム ブログ バニー

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.