プロが教える、本当のリフォーム 自然派大工のひとりごと

2005年 09月 の記事 (2件)

 イペ  非常に腐れにくく、虫害にもつよいですが....
     購入するなら、こちらから

イペ材(55×50×3000mm)約8kg
 



木といっても、いろいろありますが、今日は、水に強い木についてです。

やっぱり、むかしから、風呂なんかに使われてきた、ヒノキ、ひば、さわら、なんかが有名ですね。

輸入材では、ウェスタンレッドシーダーや、レッドウッドなんかもよく使われます。

あと、最近、公共工事なんかでよく使われる、イペやウリンやイタウバなどの南洋材もあります。

何に使うかって?

ウッドデッキですね。

快適になりますよ、庭が。なんせ、水たまりができずに、すぐ乾く。手すりにふとんが干せる。

ヒノキで土台を固めて、赤身の強い、足場板を床に貼る。

余裕の厚みで、10年くらいはいけそうかな?

メンテ次第ですが、まあ、大丈夫でしょう。

外国産の木材ばかり使わず、国産材を使いましょう、みなさん!!







バンコムBlog-Ranking 
ベスト10まで、もう一息!! クリックお願いいたします。


下のBLOGランキングには自分で建てた人がいっぱいいます。
プロもいっぱい。勉強しよう。
人気blogランキングへ






腐りには、絶対強いです。セランガンバツー!!
デッキにはぴったりです。値段も手頃!!

セランガンバツー デッキ床材 1010×15×65ミリ
2005 09/23 14:42:58 | 建築 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
夏休みが終わり、朝晩過ごしやすくなってきました。

体を動かすのも楽しい季節ですね。バリバリリフォームしましょう。


1部屋まるごとリフォームとか、広告でありますよね。

6畳間、和室から洋室へ、12万円とかいうやつです。

今お住まいの家によって、値段が全然違います。

また、仕上がりによって、全然違います、当然ですね!


なぜ、まるごとか? 床を貼って、壁をはって、天井をはる。

業界用語で”にげられる”といいますが、きっちりした寸法で

貼らずに、小さめにして、巾木や廻りブチで”にげる”ことです。

たとえば、敷居があったら、にげられないでしょう?

壁は貼り替えないで、今ある巾木を交換しなかったら、それに

あわせて、床を削りあわせて、貼らなければなりません。


部屋をまるごとリフォームしたほうが、別々にリフォームするより、やすくなるのは当然です。

家一件になったら、っていうのも、当然の論理ですね。

もっといえば、リフォームより、新築の方が安いって言うことも

できます。

でも僕は、資源の有効活用のため、使えるものは使ってほしいと

思いますね。使えるものを、気に入らないから、と捨ててしまう

人のいかに多いことか。できるだけ、そう言う仕事はお断りして

います。でも、たいていは、これは使えるから、つかいましょう。

これだけ、やすくなりますよ、っていえば、喜んでくれますので、やっぱり、業者の提案の仕方が悪いんでしょうね。

必要なところだけ工事する。見栄えはしないかもしれませんが

それも工夫しだいですよ。









表札は訪問した方すべてが、かならず、見るものですね。
こだわりをもって、選んでみてはいかがですか?

ステンレス表札1
2005 09/01 11:17:52 | 建築 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.