ぶはは≧∇≦ブハハハハハ
海炭市叙景という映画を観ました。景気が悪く混沌とした街でカオスに生きる人々がよく描かれていました。原作者の佐藤がこの街の未来を見通していたような終わり方が気になりました。
 こんな街のありかたから脱却するには、住む人も観光で来る人もワクワクするような仕組み作りが必要です。
みたところ、行政にはその力のかけらさえもありません。まるで敗戦処理しているみたいな組織です。
 年に1回の食のイベントでマスターベーションしているようじゃだめだと思います。
 RVパークの構想がすべてを解決するわけではありませんが、実現できたとすれば、函館という街の、夢の懸け橋の一つになると思います。
面白そうだなと思ったら参加してください。知恵を貸してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=6292983#postVoiceArea



2016 12/16 13:56:57 | 地域情報 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
福山と結婚した美穂は、それが重婚だという事実に気づきます。しかしそれでもなお、新婚旅行に行くことになるのですが、それには福山の両親も一緒に来るらしいということが判明!!美穂は大暴れして、旅行には行けず、おいてけぼりにされるのでした。
 さて、美穂は、なぜ暴れたのでしょうか?重婚という事実に怒ったのか、それとも、福山の両親も一緒に旅行という点に対しての怒りだったのでしょうか・・・・?

以上、昨夜のうちのかみさんの夢の中での出来事を要約してみました。


2016 12/01 06:54:05 | よもやま | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
https://www.vanilla-air.com/jp/

LCCのバニラエアが函館にやってくる!!
なんという朗報でしょ?
これからは、那覇にも気軽に行けるんだ!!うれしいなあ。
いや、いままでも羽田経由でANAやJALを使えばかんたんに行けたんですよ。でもLCCは気軽さが違う。大手航空会社正規運賃の5分の1程度で行けるんですから。高い運賃かけていくとなると、もったいないから5泊6日とかになっちゃうじゃん。
さすがに今の仕事の忙しさじゃそういうことはもう無理。
でも、片道1万円程度の運賃なら、那覇ステイ2泊とかでも惜しくはない。毎週末は那覇で・・・なんてことも夢じゃないのです。もう、うれしくてうれしくて・・・。

ところがです、やはりありました、落とし穴が・・・。
関空0:15→函館13:55/14:35→関空16:45
成田11:55→函館13:35/14:20→成田16:00

なんと、この時間帯の運航では、成田・関空ともにLCC沖縄便の乗り継ぎができないのです。

何かいい手はないものかのう?

あ、あった!!これとの組み合わせで解決します!!

JETSTAR成田18:55→那覇22:30/8:15→成田10:40

ちなみに、成田でのトランジットも余裕で可能みたいです。

以下、参考になるブログです。

http://tano.blog.jp/20150506/narita_t3



2016 11/26 07:17:22 | 地域情報 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
高齢運転者のアクセルとブレーキの踏み間違えを防止する方法2択を提言いたします。一つ目はともすれば暴言に近いかもしれません。

その1
 65歳以上の運転免許条件として、マニュアル車限定として、オートマ車の運転を認めない。もしくは、マニュアル車両の運転を強く推奨する。
 その心は・・・・マニュアル車で免許を取った世代に有効です。マニュアル車の場合、ブレーキを踏む際にはほぼ必ず、クラッチペダルを左足で踏みますよね。そうすると、ブレーキと間違えてアクセルペダルを踏んでも、駆動輪に動力は伝わりません。
 現代の高齢運転者の世代は、ほとんどがマニュアル車で免許を取っていると思います。
 これでかなりの事故を防止できます。

その2
 これは高齢者に限らない方法です。
オートマ車を運転する場合、ブレーキは左足で、アクセルは右足で踏むように法改正、というか、政令等で定め、運転者すべての教育し直し。左足の感覚さえ身につければ、十分安全ですよ。皆さんもやってみてくださいね。
 習慣づければ、踏み間違いはなくなります。
 左足では、アクセル踏まないっしょ?
 踏み間違え事故は、皆無になります。
 あ、ただ、左側にパーキングブレーキペダルがある場合は、ちょっと注意が必要ですが。

 常識を少し変えるだけで、不幸を防ぐことができるのです。



 
2016 11/26 06:15:57 | よもやま | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
 これは、聴いた話ですからね、真偽のほどは・・・ですけど、あまりにも理に適うお話ですのでね。
タクシー用車両といえば、トヨタのクラウンコンフォートや、過去には日産のクルーといった車種が有名ですね。これら、すべて、後輪駆動の2WDなんですよ。安全性を考えたら4WDにすべきじゃないかってみんな考えますよね。じゃ、なんで2WDなんでしょうか?車両の価格が高いから?燃費が悪くなるから?それも理由の一つなんですが、経済性をあとにおいても、安全な方がいいと考えるはずの個人タクシーにも2WDのクルマが多い。
はて?なんででしょうか。
これにはこんな裏話があるんです。
昭和60年ころの話です。函館では大手のHタクシーが、当時はやり始めたFF(前輪駆動)の車種をタクシーに採用した。それまでのFR車種に比べて、冬道に強く、運転手も楽になると考えたわけです。
やがて冬が来て、思った通り、運転手の評判もすこぶるいい。FR車種じゃ登れなかった坂道もぐいぐい登ったとか、FRだったら埋まったであろう積雪でもお客様をお送りできたなどなど・・・。
ところがですよ、事故が増え始めた。
大半がスリップによる、路外逸脱などだが、お客様をケガさせたという事例も多かった。
調べてみると、速度記録計から読み取れる平均速度が2割も上がっていた。

賢明な方はおわかりでしょう。運転のしやすさ=事故件数の増加となったわけです。

同じ時期、FR車両の使用を継続し続けた大手のS交通にあっては、スタッドレスタイヤへの移行時期にあっても事故率は上昇しなかったという実績がありました。FRだからこそ、運転者は限界を超えた操縦ができないわけで、このことが安全につながっていたという良い事例です。

みなさん、現代、一般的になった4WD車両は、けっして安全な車ではないのです。
登れる、埋まらないのと安全は違います。
滑りだしたらただの鉄の箱だということを忘れないで。


2016 11/25 17:04:41 | 地域情報 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
俺は、この11月6日で、54歳を迎えた。少なくとも人生の3分の2を過ぎたわけだ。だが、まだ、目標点に到達してはいない。
それは、人生のアウトプットとしてのメッセージを何らかの形にして残すことにある。
なぜできないのかはおのずとして理解できる。それは自分自身が未成熟であることに他ならない。

同じ年頃の友人たち、君らはどうだい?すでに目標点に到達できたかい?

私はもう少し、あがいてみるよ。
10年前に脳出血に倒れて、一度はあきらめた人生だもの。もらった命は燃焼し尽くしたいと思うんだ。
体が不自由だし、みんなには迷惑をかけることもあると思う。
でも、もう少し、がんばらせてくれないか?

俺たちが青春まっさかりだった昭和59年(1984年)に「娘よ」を大ヒットさせた俳優の芦屋 雁之助さんは、53歳でこの歌と出会い、新人歌手としてこの年のNHK紅白に出たんだぜ。
あ、蛇足だが、裸の大将主演はこれよりも前の話だ。

俺たちもまだまだ、可能性を持ってるし、この世で成し遂げならんことがたくさんあるはずだ。


2016 11/14 07:08:49 | よもやま | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
友人の佐藤氏の提言を聞いてください。まじめに考えたあなたは、得もしますし、徳を積むこともできる立場を目指せます。それ以外の人はとてつもない苦労を背負いますよ!!
佐藤氏の言いたいことは、次に集約されます。↓
【国民のみなさん、我が国の経済が持続可能でない現実に。そのためには、ちゃんと勉強して金融経済の知識を得てくださいよ!知識がなければ間違った投票行動になり、結果として、不幸な未来を子供たちに残すことになるのです。(悪い)円安、株安、債券安(金利高)になったら、生活は苦しくなりますよ!】

だから前から言ってるじゃない。何をいまさら。とんでもないリスクが積まれてきてるんですよ。「チャレンジ」は必要だけれども(ここまでは賛成)、間違ってる、あるいは、実効性がないと気付いたらすぐに改めなくては。ここで、くだらない自己防衛本能が、個人、法人、組織に、出てくる、未成熟な日本。

気が付いてください、国民のみなさん、我が国の経済が持続可能でない現実に。そのためには、ちゃんと勉強して金融経済の知識を得てくださいよ!知識がなければ間違った投票行動になり、結果として、不幸な未来を子供たちに残すことになるのです。(悪い)円安、株安、債券安(金利高)になったら、生活は苦しくなりますよ


経済のわからぬ国会議員は、全員、落選させるべきです。
好きとか嫌いとか、そういう曖昧な投票行動は、やめましょう!

国債で含み損、日銀10兆円に 検査院も懸念示す
2016/11/13 3:30
日本経済新聞 朝刊
[有料会員限定]
保存
印刷
その他
 日銀が金融緩和のために大量に買っている国債の含み損が年内に10兆円を超す見通しになった。長期金利の低下(価格の上昇)を背景に、額面を大幅に上回る高値で国債を買っているためだ。政府機関の決算や会計を検査する会計検査院も「日銀は財務健全性の確保に努めることが重要」と懸念を示している。

 日銀は年80兆円程度の国債を買う。債券市場では国がマイナスの利回りで発行した国債を買った金融機関が、それよりも低い利回り(高い価格)で日銀に売る取引が広がる。国の利払い負担が減り、金融機関が値ざやを得る分だけ、日銀の損失が膨らむ構図だ。
 日銀による国債の購入額と額面の差が日銀の含み損になる。異次元緩和を導入直後の2013年4月末の損失額は約1兆4000億円だったが、今年10月末時点では約9兆3200億円に拡大。法政大学の小黒一正教授は「年末にも10兆円を超す」と試算する。

 日銀は損失を国債の満期までの期間で分割して計上する。国債からは利息収入が得られるため、実際の損失はその分だけ減るが、含み損は緩和が長引けば膨らむ。損失から利息収入を除いた収支は「18年度にも赤字になる可能性が高い」(日本経済研究センター)。

 会計検査院は日銀の財務状況を分析。4〜6月に日銀が買った国債全体の利回りがマイナス水準になったと指摘した。日銀の財務内容が悪化すれば、国への納付金が減り国の財政に響く。将来的に財務健全化のために国の支援を受けることになれば、金融政策の独立性や通貨の信認が揺らぐ事態も招きかねない。
2016 11/13 17:51:50 | 投資・お金 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
夕張市 炭層メタンガス試掘 事業化へ資金確保が鍵 民間投資求め 情報発信 石炭と違い、採掘の安全性が高いのも魅力

との記事がありました。

気付くのが遅すぎなのか?技術がやっと追いついたのかは解りかねるところですが、夕張市にとっては大変な朗報ですよね。実現していただきたい事業です。

今から36年前の、1981年(昭和56年)10月16日のことです。
北炭夕張新炭鉱ガス突出事故という事件がありました。
93名の炭鉱マンがなくなるという悲惨な事故でしたし、最終的には閉じ込められた人々の生死の確認ができない状況の中、坑内に注水を施し、火災を鎮火させたという、痛ましい事件でありました。

 しかし、この時、事故の原因を知った我々は、炭鉱には天然ガスも眠っているということを知ったわけですよ。
 炭鉱が間もなく閉山に追い込まれた時も、石炭がだめでも、天然ガスを採掘すればいいじゃん・・・と思った素人は、私だけじゃなかったはず。
 
 その夢が今、現実になろうとしています。
 どうでしょう、道民のみなさん、エアドゥを飛ばしたときの勢いで、夕張の事業を支えてみませんかっ?
賛同者が集まれば、ファンドを組織することも可能なご時世です。
 北海道に新たなエネルギー源を!!



2016 11/13 08:33:48 | 地域情報 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
本日は、ショートですけど、中身は濃いですよ。
特に函館の皆様、ワクワクしますよ。
年度内に函館空港に就航予定の航空会社、バニラエアの話題です。
この会社、私の記憶違いでなければ、エアアジア国内線が前身で、エアアジアが撤退後にそのプラットホームを利用したLCCです。
2月から函館ー成田、函館ー関空で空路を開設するということで、話題を振りまいています。

では、どんな航空会社なのでしょうか?LCCだから、サービスもそこそこの小さな会社でしょ?とお思いのあなた、
次のリンクを開いてごらんなさいよ。

きっと心躍り、ワクワクすること間違いなしですから。
それでは、どうぞ。↓






2016 11/12 13:14:43 | よもやま | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
10:35 A320 IT236
11:45 A321 GE672
15:35 A321 BR138

これ、なんだかわかりますか?
これ、実は台北から函館に飛んでくる定期便の到着時刻なんです。
函館空港、国際便のターミナルがあります。このことさえ知らない市民も多いんですが、今まで様々な空路が開設されては消えていきました。ユジノサハリンスク、韓国仁川などです。
しかし、同じ出発地から異なる航空会社が3社も競合したのは初めてです。
もう、様子見している段階ではありません。民間も行政もこの好機を逃してはならないのです。台北からのお客様の動向を的確に把握して、きめ細かなサービスを施していくことで、リピーターを確実に獲得すること。とても大切なことじゃないでしょうか?
「中国人はうるさいから・・・」とか「マナーがね」とか言ってるあなた、彼らは中国人ではありません。同じ中華圏ですが、中華民国の人々です。我々と同じ民主主義の教育の行き届いた国民性を持つ人々です。そして、豊かな人々です。

後れを取ると、みんなほかの街へ行ってしまいますよ。
焦ってください!!もう時間はありません。

2016 11/11 07:42:47 | 地域情報 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー