ぶはは≧∇≦ブハハハハハ
egb9hrzu3h7gtn4.jpg
青森市浅虫温泉にある鶴亀食堂のマグロ丼です。


2z9u2nzhpkdqep4.jpg
函館市亀田港町の長寿庵の大盛です。


bzb9c8s6tque5wt.jpg
札幌市大通の大番の大盛冷やしたぬきそばです。


3caa5u65d2cpvwf.jpg
函館市末広町のカリフォルニアベィビーのシスコライスです。


v4uuz5eduka347f.jpg
沖縄県名護市の宮里そばの沖縄そばです。


vgkdx4d9c79tupx.jpg
函館市松風町のまる金やきそばです。




2016 12/19 08:04:24 | 食いしん坊 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
この冬、沖縄に行ってみたい人のための沖縄情報です!!

↓札幌出身、沖縄在住の法学博士佐藤先生主宰の講座があります。個人事業主さん必見!!沖縄旅行費用を事業経費化できるチャンスかも!!

金融経済ミニ・セミナー
Schedule
12月10日(土) 13:30〜15:30
12月17日(土) 13:30〜15:30 ←2016年ラスト
1月からも随時開催です。


「金融基礎講座」

日本経済新聞マーケット欄などに出ている様々な数字の中から重要なものについて、その意味をやさしく解説します。

株式、債券、金利、為替の相互の関係性の理解を通じ、経済や景気の先行きへの予想能力を高める機会になります。

今まで、農家、会社経営者・幹部職員、自治体職員、小中学校高校の教師、政治家、個人投資家など、幅広いご参加を頂いております。

人の意見の受け売りでなく、自分の頭で経済を読み解くようになりたい方に、お勧めです。



場所:当研究所会議室

定員:4名

参加費:2,000円

お申込締切:前日午前10時



・ご要望にお応えし、講義時間を120分に拡大しました。





お申込み:

masa.okinawa@gmail.com までメールにてお申込みください。もしくは、Facebookにてメッセージをお送りください。

Access
沖縄県糸満市新垣94番地
Email: masa.okinawa@gmail.com
Tel&Fax: 098-851-4901


a1trn9ygrd4a9bb.jpg
名護市にあるヒンプンガジュマルです。とてつもないパワースポットです。逢って幸せになってください!





良質な沖縄の音楽とぜひ出会ってください。このライブを観られるのは本島中部の北谷町です。

トランジットのご注意です。↓
那覇から北海道に帰るときに、こんなトランジットの例がございます。
那覇11:00→成田13:40
成田14:55→札幌16:40

これ、ピーチアビェーションの乗り継ぎなのですが、一見、何の変哲もない乗り継ぎに見えるでしょ?
実はとっても危険な賭けなのです。
成田でのインターヴァルが1時間15分。十分ありそうでしょ?どこかで一杯飲めそうな気になりますよね。
ところがです。ピーチには乗り継ぎという概念が存在しません。
成田では、一度、預けた荷物を通常通り引き取り、再度、チェックインの手続きをしなければなりません。3階にある手荷物引き取り所から1階にあるチェックインカウンターまでは相当の距離があります。その上、チェックインは搭乗時刻の20分前でクローズします。(追記:その後向かう搭乗口は2階にあります。)そして、その掟は冷徹なまでにかたくなに守られます。何があろうと待ってはくれません。乗り遅れた場合、次の便への振り替えなんて絶対にやってはくれないのです。
先日、このトランジットを体験しました。
この日、那覇からの出発が20分遅れました。
想像してみてください。この時の私のあわてぶりを・・・。

LCCの乗り継ぎには十分な時間調整が必要です。
安いから・・・と安易に考えてはいけませんよというお話でした。
s4rkvyf485ewcfp.jpg

ywvsf7ygkkeynhy.jpg
この場所へは畏敬の念をもって行かれてください。ここは、観光地などではありません。


a7mmv5sxsqfw9e9.jpg
個人的には、那覇市内で一番面白いのはここだと思います。
国際通りから徒歩20分、栄町市場です。
でも、ここ、ひめゆり学徒隊の母校の跡地にできた市場なんですよ。意外と知られていないのですが・・・





那覇に行ったら、せんべろ!!
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/gallery/70913?ph=2






沖縄は、ステーキ天国だっ!!
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/70849





石垣島では、ここは外すな、喫茶ゴードン、喫茶じゃねえわ。
https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470501/47008568/







http://bany.bz/ceo_ing/
沖縄のホテル情報満載です。参考にしてね。





このページ、まだまだ増殖します。時々チェックしてね。





2016 12/18 00:27:20 | 地域情報 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
2edegrb7ep4sf4k.jpg
札幌のソウルフード:みよしの餃子カレー


xe67ecwdse6gf5g.jpg
三重県津市:東洋軒の黒カレー


dze1b5cytz55uab.jpg
北海道豊富町、丸勝亭のカツカレー


a51y9utexx1up1c.jpg
函館市ラーニキッチンのネパールカレー


4u3e1u4217zr26g.jpg
函館市小いけのインドカレー


q3s6gvyvr5z3yzp.jpg
沖縄県名護市・たんぽぽのビーフカレー


esn1gmw5ccqehrp.jpg
番外編 青森市大西のミソカレーラーメン




さて、今夜はこんなとこで・・・。




2016 12/17 19:30:53 | 食いしん坊 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
 落ちましたと書きましたが、正確には不時着のようですね。
2016年12月13日未明、訓練中の米海兵隊所属のオスプレイが県北部の海上浅瀬に不時着しました。
 この件で、真っ二つに割れているのが、墜落か不時着かというくだらない論争です。いずれにしろ、事故なのだからどっちでもいいじゃない?と思いますが、左翼側は墜落事故として、オスプレイの完全否定を狙っているようです。
 実際は、搭乗員5名が生還していることや、機長がその浅瀬まで機体を操縦、誘導していることから、不時着とみるのが妥当だと思います。

 左翼側は、この事故を待っていたかのように声を上げ始めました。最終的な狙いがオスプレイの配備の中止であるのは明白ですが、オスプレイが沖縄からいなくなったら何が起きるのでしょうか?

 虎視眈々と、沖縄諸島の帰属をもくろむ大国中華人民共和国・・・強硬姿勢に出ないのは、オスプレイを配備した米海兵隊がそこにあるからです。中国は、オスプレイの機動力が怖いのです。仮に尖閣を占拠したとしても、オスプレイに搭乗した米海兵隊の急襲にあえば、一個大隊程度は半時で殲滅させられるでしょう。そのことを知っている中国の軍部はおいそれと手を出せません。

では、なぜ、沖縄県内の左翼勢力はオスプレイ配備という事実を排除しようとするのか?

それは、沖縄県民のうち、かなりの数の人々が、大陸出身者を祖先に持つからではないでしょうか?沖縄に住む人々の中で、どちらかというと、和人に近い顔つきの方々がけっこういますよね。最初、私は彼らは、和人との交わりの中で生まれた人々だと思っていましたが、違うんですね。彼らは、祖国である中国への帰属を求めているのかもしれません。

以上、私の暴論ですので、ご批判があればお受けしますが、沖縄県民には大別して琉球王朝組と、中国大陸からの移民組とが共存しているのは紛れもない事実です。
和人たる内地の人間が沖縄は日本の領土とする風潮が、実は現地沖縄の考え方とはずいぶんと乖離しているのかもしれません、というお話でした。



2016 12/17 17:16:41 | よもやま | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
海炭市叙景という映画を観ました。景気が悪く混沌とした街でカオスに生きる人々がよく描かれていました。原作者の佐藤がこの街の未来を見通していたような終わり方が気になりました。
 こんな街のありかたから脱却するには、住む人も観光で来る人もワクワクするような仕組み作りが必要です。
みたところ、行政にはその力のかけらさえもありません。まるで敗戦処理しているみたいな組織です。
 年に1回の食のイベントでマスターベーションしているようじゃだめだと思います。
 RVパークの構想がすべてを解決するわけではありませんが、実現できたとすれば、函館という街の、夢の懸け橋の一つになると思います。
面白そうだなと思ったら参加してください。知恵を貸してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=6292983#postVoiceArea



2016 12/16 13:56:57 | 地域情報 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
福山と結婚した美穂は、それが重婚だという事実に気づきます。しかしそれでもなお、新婚旅行に行くことになるのですが、それには福山の両親も一緒に来るらしいということが判明!!美穂は大暴れして、旅行には行けず、おいてけぼりにされるのでした。
 さて、美穂は、なぜ暴れたのでしょうか?重婚という事実に怒ったのか、それとも、福山の両親も一緒に旅行という点に対しての怒りだったのでしょうか・・・・?

以上、昨夜のうちのかみさんの夢の中での出来事を要約してみました。


2016 12/01 06:54:05 | よもやま | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
https://www.vanilla-air.com/jp/

LCCのバニラエアが函館にやってくる!!
なんという朗報でしょ?
これからは、那覇にも気軽に行けるんだ!!うれしいなあ。
いや、いままでも羽田経由でANAやJALを使えばかんたんに行けたんですよ。でもLCCは気軽さが違う。大手航空会社正規運賃の5分の1程度で行けるんですから。高い運賃かけていくとなると、もったいないから5泊6日とかになっちゃうじゃん。
さすがに今の仕事の忙しさじゃそういうことはもう無理。
でも、片道1万円程度の運賃なら、那覇ステイ2泊とかでも惜しくはない。毎週末は那覇で・・・なんてことも夢じゃないのです。もう、うれしくてうれしくて・・・。

ところがです、やはりありました、落とし穴が・・・。
関空0:15→函館13:55/14:35→関空16:45
成田11:55→函館13:35/14:20→成田16:00

なんと、この時間帯の運航では、成田・関空ともにLCC沖縄便の乗り継ぎができないのです。

何かいい手はないものかのう?

あ、あった!!これとの組み合わせで解決します!!

JETSTAR成田18:55→那覇22:30/8:15→成田10:40

ちなみに、成田でのトランジットも余裕で可能みたいです。

以下、参考になるブログです。

http://tano.blog.jp/20150506/narita_t3



2016 11/26 07:17:22 | 地域情報 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
高齢運転者のアクセルとブレーキの踏み間違えを防止する方法2択を提言いたします。一つ目はともすれば暴言に近いかもしれません。

その1
 65歳以上の運転免許条件として、マニュアル車限定として、オートマ車の運転を認めない。もしくは、マニュアル車両の運転を強く推奨する。
 その心は・・・・マニュアル車で免許を取った世代に有効です。マニュアル車の場合、ブレーキを踏む際にはほぼ必ず、クラッチペダルを左足で踏みますよね。そうすると、ブレーキと間違えてアクセルペダルを踏んでも、駆動輪に動力は伝わりません。
 現代の高齢運転者の世代は、ほとんどがマニュアル車で免許を取っていると思います。
 これでかなりの事故を防止できます。

その2
 これは高齢者に限らない方法です。
オートマ車を運転する場合、ブレーキは左足で、アクセルは右足で踏むように法改正、というか、政令等で定め、運転者すべての教育し直し。左足の感覚さえ身につければ、十分安全ですよ。皆さんもやってみてくださいね。
 習慣づければ、踏み間違いはなくなります。
 左足では、アクセル踏まないっしょ?
 踏み間違え事故は、皆無になります。
 あ、ただ、左側にパーキングブレーキペダルがある場合は、ちょっと注意が必要ですが。

 常識を少し変えるだけで、不幸を防ぐことができるのです。



 
2016 11/26 06:15:57 | よもやま | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
 これは、聴いた話ですからね、真偽のほどは・・・ですけど、あまりにも理に適うお話ですのでね。
タクシー用車両といえば、トヨタのクラウンコンフォートや、過去には日産のクルーといった車種が有名ですね。これら、すべて、後輪駆動の2WDなんですよ。安全性を考えたら4WDにすべきじゃないかってみんな考えますよね。じゃ、なんで2WDなんでしょうか?車両の価格が高いから?燃費が悪くなるから?それも理由の一つなんですが、経済性をあとにおいても、安全な方がいいと考えるはずの個人タクシーにも2WDのクルマが多い。
はて?なんででしょうか。
これにはこんな裏話があるんです。
昭和60年ころの話です。函館では大手のHタクシーが、当時はやり始めたFF(前輪駆動)の車種をタクシーに採用した。それまでのFR車種に比べて、冬道に強く、運転手も楽になると考えたわけです。
やがて冬が来て、思った通り、運転手の評判もすこぶるいい。FR車種じゃ登れなかった坂道もぐいぐい登ったとか、FRだったら埋まったであろう積雪でもお客様をお送りできたなどなど・・・。
ところがですよ、事故が増え始めた。
大半がスリップによる、路外逸脱などだが、お客様をケガさせたという事例も多かった。
調べてみると、速度記録計から読み取れる平均速度が2割も上がっていた。

賢明な方はおわかりでしょう。運転のしやすさ=事故件数の増加となったわけです。

同じ時期、FR車両の使用を継続し続けた大手のS交通にあっては、スタッドレスタイヤへの移行時期にあっても事故率は上昇しなかったという実績がありました。FRだからこそ、運転者は限界を超えた操縦ができないわけで、このことが安全につながっていたという良い事例です。

みなさん、現代、一般的になった4WD車両は、けっして安全な車ではないのです。
登れる、埋まらないのと安全は違います。
滑りだしたらただの鉄の箱だということを忘れないで。


2016 11/25 17:04:41 | 地域情報 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
俺は、この11月6日で、54歳を迎えた。少なくとも人生の3分の2を過ぎたわけだ。だが、まだ、目標点に到達してはいない。
それは、人生のアウトプットとしてのメッセージを何らかの形にして残すことにある。
なぜできないのかはおのずとして理解できる。それは自分自身が未成熟であることに他ならない。

同じ年頃の友人たち、君らはどうだい?すでに目標点に到達できたかい?

私はもう少し、あがいてみるよ。
10年前に脳出血に倒れて、一度はあきらめた人生だもの。もらった命は燃焼し尽くしたいと思うんだ。
体が不自由だし、みんなには迷惑をかけることもあると思う。
でも、もう少し、がんばらせてくれないか?

俺たちが青春まっさかりだった昭和59年(1984年)に「娘よ」を大ヒットさせた俳優の芦屋 雁之助さんは、53歳でこの歌と出会い、新人歌手としてこの年のNHK紅白に出たんだぜ。
あ、蛇足だが、裸の大将主演はこれよりも前の話だ。

俺たちもまだまだ、可能性を持ってるし、この世で成し遂げならんことがたくさんあるはずだ。


2016 11/14 07:08:49 | よもやま | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー