私ひとりだけが楽しいブログ
社会人、もしくは主婦として、バリバリ力を発揮しておられる世代の、アラサー以上の女性の皆さん。
その中で、できればセレブではなく、自称庶民の皆さん。
付録つきの雑誌って、好きですか?
女性向けのファッション誌や生活誌に付録がついてくるやつ。
バッグとか、ポーチとか、スカーフとか、クッキング用品とか。
今更ですが私、あれに最近、ハマりつつあります。
買う時にワクワクします。
昔、りぼんやなかよし、もっと前なら小学館の学年別雑誌の付録にときめいた時のように。

数年前なら、ファッション誌の付録は「メイク術の本」「ヘアカタログ」が一般的でした。
主婦向け雑誌なら「料理本」「節約本」が主流でした。
今でもそういう冊子はついてきますが、メイン付録は完全にバッグやポーチになりました。
いつ頃からかメモパッドなど、冊子じゃなく付録自体が「使える」ようになり、その後は紙製じゃないものがどんどん増えていきました。
中には、これが数百円の雑誌の付録か?みたいなのもありますね。

ただ…大きなバッグは、ちょっと外で使うには、恥ずかしいものが多いかも。
自分が気に入っていても、デザインがいくらかっこよくても、いかにも付録ってバレるのイヤだし、実際に持ち歩いてる人もそんなに見かけません。
旅行用や化粧品用のポーチだったら平気で持てるけど、あからさまに見えちゃうものは…ねぇ。

そんな私が、気に入って使いまくってるのがこれです。

「InRed」今年の3月号の付録だったマルチケース。
花柄ペイズリーがかわいらしく、パスポートにちょうどいいサイズです。
海外旅行の予定ないくせに(笑)。

開いたところです。

カードや薄型の手帳、コインやお札も入れられ、ペンホルダーもついています。
仕事先でいただく授業料を入れたり、購入予定の教材メモなどを入れたり…と、カテキョに便利なグッズ。
カテキョじゃなくても、OLさんにも専業主婦さんにも使い道は多そうです。

そんで、これから使い倒す予定のものはこれ。

現在発売中「リンネル」8月号の3ポケットチェックトート。
幅が40センチ弱あって、結構たくさんのものが入ります。
見た目もおしゃれで、かわいすぎないところが気に入りました。
外にポケットがあるとやはり便利ですね。
ファスナーもあって使いやすそうです。
まあ、100均レベルの付録じゃん、と言われたら返せませんが…付録ってとこが魅力なのです。

「InRed」も「リンネル」も宝島社のファッション雑誌ですが、対象年齢層が30歳以上ということもあって、どちらも派手ではなくナチュラル系のファッションが多く掲載されていて買いやすいです。
逆に「30歳も過ぎた女が安物の服なんか買えない!」と思ってるような人には向きませんが、私はそういう人種ではなく安物ウェルカムなので大好きです。
とはいえ、どちらも毎月は買わず、たまに付録が気に入ったら…ですけどね。
あとは主婦向けの「おはよう奥さん」(学研)に、ディズニーの付録がついてたらたまに買います。

たかが月刊雑誌なので、毎月買ったところでそれほどの出費ではありませんが…定期的に雑誌を買うのは転勤族にはよろしくないんですよね。
かなりのサイクルで処分していかないとどんどんたまるし。
ましてや付録つきだったりすると、付録までたまってしまいます。
付録は時々オークションで売るけど(よく売れますよマジで)、欲しくて入手したものだと、あんまり使う気がしなかったとしても売るのをもったいなく感じてしまうし…悲しい貧乏性ですね。

今日のおすすめ★カイテキオリゴ

薬に頼らずスッキリしたい、そんなあなたへ。
2011 06/25 23:59:23 | 趣味 | Comment(1)
Powerd by バンコム ブログ バニー

この記事へのコメント

遅くなって済みません。確かに、子供の頃は付録付きの雑誌を拝見するとワクワクしたものです。男性なので、大人になって付録付きの雑誌を拝見すると、結構イタイです。

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
URL:
セキュリティコード  
※セキュリティコードとは不正アクセスを防ぐためのものです。
画像を読み取り、入力して下さい。

コメント:
タグ挿入

サイズ
タグ一覧
Smile挿入 Smile一覧

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.