私ひとりだけが楽しいブログ

カテゴリ[ F1グランプリ ]の記事 (40件)

< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >
今、草木も眠る丑三つ時…よりももっと夜中。
F1カナダGPやってます。
スタートして間もなく、大雨によって中断されました。
もう1時間になろうかというところです。
再開の見込みが、まだなさそうです。
そしてテレビは生中継されたまま。

寝れんじゃん。
朝、起きるの大変そう。
ここまで来たら、全部観たいやね。
戦う日本代表のカムイくんが、2位走行中ですし。
このまま再開されたら確実に、上位を狙えます。
再開されずに流れても、2位で表彰台に上れます。
どっちにしても最後まで目が離せません。

一応録画予約はしてましたが、録画予約時間はとっくに終わり、VTRは止まっちゃってます。
録画にお任せしてさっさと寝ちゃってたら、今の展開を知らぬまま、途中で切れたVTRをあとから観て欲求不満に陥っていたことでしょう。
だってレース映像、始めの方のちょこっとだけですよ。
あとの残り延々、雨降りのコースの様子や、右京さんと塩原さんの雑談が放映されてるという…これあとから観たら絶対腹立つわ〜。

最後まで中継あるのか心配になってきました。
このままじゃ、めざましテレビが始まってしまう。
そして私は寝不足に…お肌に悪いですわね。ほほ。

今日のおすすめ★B&H SATO

佐藤製薬グループが辿り着いた90年目の答えがココに。
2011 06/13 03:50:15 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
F1シンガポールグランプリやってます。
ポール獲得した赤い車が頑張ってるところです。

シンガポールは、海外渡航経験の少ない私が、小学4年の時に約2ヶ月滞在した国です。
父の仕事関係で行ったので、長期間いた割にはあまり観光できていず、しかも昔のことなので記憶も曖昧です。
それでも周辺の景色などにリアリティを感じられる数少ないF1グランプリなのです。
数少ない…今なら鈴鹿とシンガポール以外はアンリアル。
ずっと以前なら岡山のTIがあったけど、それ入れても3箇所。
少なすぎました。
失礼しました。

まあ、ナイトレースなので景色は見れません。
だけど3000ルクスの照明と、コース周りの夜景がいかにもシンガポール!なのが懐かしいです。
ああいうコースをステラで滑走してみたいものですね。
セルボモードでは、TIサーキットは走ってみました。
レースじゃなく(あのポンコツでそりゃ無理)、いわゆる体験走行だったんですが…ステラでもいつか、どこかのレーシングコースを走ってみたいと思います。

うーん、カムイくんがリタイアしたのをネットで見ちゃったので気合が入りませんが(笑)、景色も楽しみつつ見れるグランプリはレース以外の見どころがあるからいいですね。
モナコとか、上海とか、F1はやらないけどマカオとか、好きです。
カナダやドイツは森の中コースなのでレース集中ですが。
このまま赤い車が頑張ると思われます。
あれは誰が乗っても速いに違いないです。
カムイくんでも多分。
シューマッハは別格でしたけど。

スポーツの秋です。
最近は見るばっかりなので、スポーツ観戦の秋でしょうか。
イチローさんが記録達成したり。
ソフトバンクが優勝したり。
カープは…んん、カープは、あんな順位です(爆)。
でもまだ個人タイトル獲りそうな選手が何人かいるので、残り試合は少ないけど引き続き応援。

今日のおすすめ★プレゲットオン!


メールアドレスの簡単応募で豪華プレゼント情報が毎週届く!
2010 09/26 23:59:18 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
なかなか面白い伝統のグランプリでした。
とはいうものの、なんとなく不完全燃焼です。
面白かったけど、あのレースをF1グランプリと認めていいものか。
それも伝統のモナコと認めていいものか。
レースというより娯楽作品?
あくまでも私的にですが。

マーク・ウエバーは強かったと思います。
セーフティーカーが4回も出てこなければ、ぶっちぎりのトップでチェッカーを受けていたことでしょう。
事故しまくり、クラッシュしまくりはモナコのウリでもありますが、ちょっとウエバーかわいそう。
最後のパレードランもどきにはちょっと笑いましたが、あれこそ娯楽作品の締めくくりにはふさわしかったですね。
シューマッハがこっそりとアロンソを抜いちゃったのも笑えました…王者になるには、友達なくしてもいいぞ!という気構えが必要なんだと、改めて教えてくれました。
審議にかけられて順位は下がったらしいですが。

う〜ん、やっぱり不完全燃焼、というか、レース的になんともいえません…。
例えて言えば数年前、香取慎吾主演の月9ドラマ「西遊記」を観た時の感想に近いでしょうか。
面白かったから毎週観てましたが、どう考えてもあれはドラマじゃなかったと思うんです。
バラエティ番組の中の寸劇、みたいな。
ストーリーの大元がしっかりしているからごまかされてた、みたいな。

モナコグランプリも、伝統あるしお祭り気分だから結構何でもありだぞ、と、無理やり納得させられた感じです。
でも、ウエバーが嬉しかったらそれでいいです。
あんな形のモナコマイスターでも、マイスターには変わりなし。
コースも面白くて見ごたえあるから、それでいいです。
いつか私が観戦に行く時に、白熱したものが観れたらそれでいいです。
壮大なる野望ですが…。

最後に。
カムイ君、モナコの1コーナーは簡単ではないよ。
この人、相変わらずダメですねぇ。
力はあると思うんですが…性格がかなり幼いというか。

今日のおすすめ★お宝ステージ


簡単応募で豪華賞品が当たる懸賞サイト!
2010 05/17 01:40:06 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
録画準備ができたので、明日は早いしもう寝ようかと思ってました。
でも、うっかり「結果だけでも…」と、ネットで結果を見てしまいました。

…寝れないじゃん(爆)。
何、この順位。
気になる。すごい気になる。

というわけで。
この後、起きてます。
ブログ書き終わったら、テレビの前で正座です(笑)。

正座=おじんじょ。
安芸弁(広島弁)では、そう言います。
備後弁で「べべちゃんこ」と言われて、困惑したのは昔の話。

今日のおすすめ★[KOJI] OFFICIAL SITE

人気モデル愛用コスメもココで買えちゃうよ♪
2010 03/14 23:31:42 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
私が公式テストなんて書くと大半の方は「模試か何かか?」とお思いでしょうが…これはF1の公式テスト。
今季初の合同公式テストがありました。
4季ぶりに復帰するシューマッハが、なんと3番手タイムを出したそうです。
帰ってきたオヤジ、頑張っています。
さすが皇帝と呼ばれた男。
優勝候補のニコにコンマ5秒勝ち。

正直、皇帝復帰のニュースを知った時、過度な期待は禁物と思いました。
サッカーのキングカズみたいな燃えカスだったらどうしようと。
実際、テストの映像も少し見たけど、スタートで戸惑うような初々しい感じがしたので、やばいんでは…と。
でも心配ありませんでしたね。
切れ味もスピードも、以前のまんま。
ブランクなんて関係なさげです。

今年は久しぶりにF1観る人が増えそうですね。
ジャパン代表のカムイくんも活躍しそうだし。
プロ野球よりちょっぴり早い開幕ですが、来月が待ち遠しいです。
それまではバンクーバーオリンピックを楽しみます。
楽しみます、というものの…時差がすごいですよね。
まあいいや、大ちゃん出てる時だけは起きていよう。

だけど。
シルバーアローのシューマッハ。
はっきり言って似合わねぇ
あんたは赤だろどう見ても。
ライコネンは銀も赤もよく似合うのに…。
まあレースは顔じゃないんですがね。
女性ファンにはそこもすごく重要。

今日のおすすめ★ホワイトピクシィ リ・アイズ

コンシーラーはもう古い?目元のクマは隠すケアより消すケアを!
2010 02/02 23:59:06 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
ジェンソン・バトンが念願のチャンピオンになりました。
前半、圧倒的に勝ってたので余裕と思いきや、後半ではチームメイトに圧倒的に負け続け…そりゃひどいわーと思ってました。
結局、前半のポイント貯金のおかげでチャンピオン。
レースで表彰台にも上らずにチャンピオン決定って、なんかダサいような彼らしくていいような…少なくともシューのようなカリスマ性はないのは確かです。

ああ、バトン大好きなんだけど。
なんか小物感が否めません。
セコさが目に付いていけません。
やっぱり「勝ち」で飾って欲しかったですかね。
どんな戦略でも、年間通して勝ったことには違いないんだけど、どうにもスケールが小さいです。

ハミルトンは、ペースの作り方がうまいチャンピオンでした。
ライコネンは、冷静沈着な走りが特徴のチャンピオンでした。
アロンソは、攻撃的でいてミスの少ないチャンピオンでした。
シューは、言うまでもなく完璧なチャンピオンでした。
もっと昔のチャンピオンを見ても、セナとかマンセルとかヒルとかハッキネンとか、とにかく技も性格も濃ゆい人ばっかり。
バトンにはなんかそういう特性が見出せないんですよね。
うまいドライバーではあるけれど、それだけ。
あとかっこいいから好きだけど、レースは顔じゃないし。

まあ、真価を問われるのは来期でしょうね。
あと1戦残ってるけど、これでバトンが優勝するとは思えないし。
小さい男で終わって欲しくないです。
本当に頑張っていただきたいです。

そういえば、バトン、チャンピオンになったら結婚するかもって言ってましたっけ。
道端ジェシカさんと。
この2人、誰が見ても美男美女なのはわかるけど、なんだか素直に美男美女って見れないんですよね。私だけ?
ツーショットだと怪しいです。
中途半端なホストと情婦に見えてしまう(笑)。
F1ドライバーって昔から、日本のモデル女性が好きですよねぇ。
以前はアレジ&後藤久美子や、サロ&ノリコさんとか。
この方々も美男美女だけど、マフィアと愛人にしか見えんかったよのう(爆)。

今日のおすすめ★保険のgift

保険エコは家計エコ!保険のプロが無料相談に対応。
2009 10/19 23:59:54 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
シューマッハが参戦を予告していたヨーロッパGPですが、結局シューは出ないことになりました。
代わりにバドエルおじさんが参戦。
完走したし、いい思い出になったでしょう…という程度の微妙な走りを見せてくれました。

実はシューが出ないと聞き、朝から働いた私は多少眠かったので、VTR予約の準備をしてました。
でも結果は気になるから、ヤフースポーツで順位だけ見て、それでもう寝るつもりだったんですが…どっひゃ〜ん。
なんですか、この順位は。
思いっきり過程が気になるじゃないか。
結局、内容も見たくなって起きててしまいました(爆)。

バリチェロ、よかったですね。
表彰台の真ん中で5年ぶりのシャンパンファイト。
5年ぶりってのもすごいけど、5年間ずっと第一線で走り続けてチャンスを狙える力が持続してることがもっとすごいと思います。
他のプロスポーツと比べると、明らかに浮き沈みの激しい世界ですし、いったん頂点を極めても忘れ去られるのも早い世界ですから(シューは別格でしたけど)。
特に結構昔からF1ファンをやってる私としては、ハミルトンやライコネンなどのヤングの活躍もいいけど、やっぱりベテランが頑張ってくれると嬉しいのです(バトン様は別。かっこよすぎるから)。

ところで、いらんことですが。
バリチェロさんずいぶんと不細工になっちゃった(爆)。
いや、前からイケメンではなかったけど。
若い頃からオヤジ顔で、スケベっぽい顔でしたけど。
なんか、年を食って顔が老けた、とかの種類じゃないです。
渋くなったんでもないです。
笑える顔になってしまいました(ごめん)。
でも優勝はよかったですね。おめでとう。

ピットでドボンしたハミルトンには本気でかわいそうに思ったけど。
こういうこともたまにはあるんですよ、ハミルトンくん。
あなたにはまだまだ先があります、頑張りましょう。

今日のおすすめ★PMSサポート

イライラや体調不良で悩む女性へ「PMSサポート」
2009 08/24 02:31:44 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
ミハエル・シューマッハがF1復帰するみたいです。
前回のGPでクラッシュして負傷し、復帰未定となったフェリペ・マッサくんの代役を務めるみたいです。
代役って…なんつー豪華な代役なんでしょう。
さすがフェラーリお金持ち。
テストなし、たった1戦(3日間)で約5億円。
…シューマッハ、3日間で私の生涯賃金の何倍稼ぐんだ(爆)。

彼、1回引退したし、ブランクあります。
感覚的には、定年退職したお父さんが隠居生活に飽きたからアルバイトでもする…みたいな感じでしょうか。
いや彼はそんなジジイじゃないんですが、まあ、たとえです。
しかも彼が現役の頃から比べると、マシンの性能もシステムも大きく変化しています。
でも、そんなんでもきっと、マッサくんより速いんです。
そのくらい凄いドライバーでした。
何かやってくれそうな気がします。
普通に速そうな感じがします。

スポット参戦のドライバーは今までにもたくさんいましたが、おそらくシューの参戦は史上まれに見るインパクトでしょう。
実力は十分だし、フェラーリ的には5億円出しても安いと思われます。
彼が出る!それだけで次のF1は観よう!!そんな人は多いでしょうね。

心配なのはマッサくん。
怪我の具合も心配ですが、彼は無事にフェラーリに戻れるでしょうか。
速い走りをするとともに、代役を終えた時にマッサくんが何も問題なくチームに復帰できるよう、KYにならない雰囲気作りを心がけるのもシューの仕事です。
それ以外は、ただ走ってるだけでよさげです。
完走すれば、それでよさげです。

簡単に完走できるなら、ですが。
もし私がジェンソン・バトンだったら、シューの参戦が嬉しすぎます。
嬉しすぎておそらく「記念体当たりクラッシュ」してしまいます(爆)。
シューの単独スピンアウトなんて、もったいなくてさせられません。
…そんなこと考えてるドライバー、マジでいそうだから怖いです。

おそらく、今期のF1で最大に面白い話題です。
って、なんだか情けないですね。

今日のおすすめ★ドクター100%開発化粧品【フラセラ】


洗顔後、これ1つで ぷるるんつやつやに!
2009 07/30 23:59:39 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
F1が開幕しました!
この話題、久々ですね。
まあ久々でも、この話題を出せることがなんか幸せです。
いろいろありましたから。
もうさすがにヤバイと思ってましたから。

フリー走行2発目、トヨタが3位と頑張っています。
我らがカズキくんも7位です。
そして、イケメン・バトン様はなんと5位!
いや、フリー走行だから。
この結果は全然、関係ないから。
それでも順位として記録は残るので嬉しいですね。

ちょっと気になるのは、フェラーリとマクラーレンが全部10位以下…ダメすぎです。
一体何があったんでしょうか。
調整がうまく行ってないのか、チーム事情がアレなのか。
ハミルトンなんかビリから3番目です。
ええのか。
まあ、開幕の、しかもフリー1日目の順位なんてあてにならないとは思うんですが、それでも「ええかっこしい」のマクラーレンにあるまじき結果ですよね。
土曜、日曜、どうなるのか楽しみではありますが。

今年は少し、勢力図が変わりそうな予感がありますね。
新旧交代というより、ごちゃ混ぜな感じ。
いろいろあってホンダは撤退し、なぜかカーナンバー18と19が空いてしまってるのも違和感がありますし。
そういえばF1カーには「13」がないんですよね。
命を張ってレースしてるから、不吉なものはなるべく避けたいのはわかりますが、だったら日本でいう4とか9とかはどうなるん…とも思ったり。

開幕戦の開催地は夏も終わりかけのオーストラリア・メルボルン。
キャッチフレーズは「燃えよ!メルボルン」だったんですが…先月、メルボルンは前代未聞の山火事に襲われたため、あまりにも不謹慎ということで使用禁止になったそうです。
そりゃそうだ。
不謹慎すぎますね。
「Melbourne fires up」じゃ、洒落になりませぬ。
でも、なんとか開催にこぎつけられて、本当によかったです。
そういう意味じゃなく、ドライバーの皆様には「燃えて」いただきたいと思います。

今日のおすすめ★お米生まれのマッサージ洗顔石鹸

毎日頑張るお肌へのご褒美!マッサージで毛穴もお肌もひきしめる!
2009 03/27 23:57:25 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
ホンダがF1撤退を発表しました。
世界的な金融危機の影響で、という理由でした。
あと、チームが今年振るわなかったから、とも言ってました。

後者の理由は情けないですが、よくあることなので納得できますし、お金がかかりすぎるスポーツジャンルだってことくらい多くの人が知っています。
でも、前者の理由だったら…ちょっと怖いですね。
ホンダのファンとしてじゃなく、F1そのもののファンとして。
開催存続の危機が、来ているように思います。

ホンダは一流企業です。
世界的に見ても、超大手と言ってもいいくらいです。
当然、お金も持っています。
F1チームとしてのホンダも、今年はダメだったけど基本的には伝統と実力を持っています。

そんな企業が金融危機を理由に撤退するなら、他の参戦企業はどうしろと言うのでしょう。
フェラーリやマクラーレンなどはまだいいですが、ホンダよりも大赤字のチームはいっぱいあります。
亜久里さんのチームも、金銭的理由で途中撤退を余儀なくされました。
私がF1を見始めて約20年ほどですが、その間にも資金繰り困難で多くのチームが消えていきました。

まあ、ホンダはいつもやることが早いというか、決断が早い(早すぎる?)んですが、それにしてもお金に余裕がありそうなチームが真っ先にそんな発表をするとショックです。
お金がかかりすぎるからやめるんじゃなく、お金をかける価値がないと判断したからやめる…このあたりはさすがと言わざるを得ません。
純粋に技術力の追求をしたかったのに、エンジンが標準になり、マシンは安全性を重視しすぎて不細工になり、その上相変わらずコストはかかるんじゃ、チャレンジャーのホンダとしては参戦そのものがオモロナイですわな。

判断としては、賢いんだと思います。
だけど、ホンダ所属のジェンソン・バトン様はどうなるんですか?
それだけがものすごく気がかりです。
バトン様は現在のF1を支える、数少ないイケメンドライバーです。
引退なんかさせちゃならんのです。

私の個人的感情がかなり入った文章ですね。
撤退が決まっちゃったのはもう仕方ありません。
あとは私の深夜の楽しみが奪われないよう祈るのみ。
ホンダに代わるチームが出現するってのはリアリティがありませんが、バトン様が引退せずに済みますように。

今日のおすすめ★ミナト製薬「プラセンタ・プラス」

30代からの女性におすすめの潤い系サプリ。
2008 12/05 23:59:45 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
F1最終戦が終わりました。
史上最年少チャンピオンが決定しました。
もっと早く決まるかと思っていたんですが、最終戦までもつれ込んでなかなか楽しかったです。
最終戦の、最後の最後まで。
ブラジルのスコールはグッジョブ。
ドライバー達には申し訳ないけど。

私の中で、今年から急上昇しているマッサくんが大活躍してくれて、しかも母国で優勝までしてチャンピオンになれないってのは残念でしたが、彼はよく戦ったと思います。
目頭を押さえるマッサくんに心が熱くなりました。
いつぞやのブログで「かっこよくスマートにチャンピオンになろうとしていて執念がない」みたいな書き方をしてしまってすみませんでした。
彼には十分、執念はあるみたいです。
さすがシューの最後のチームメイト。
来年、頑張ってください。フェラーリのポカにめげず。

それにしても、普通に2位でゴールするアロンソが来年かなり怖い。
それにしても、どんどんやる気をなくしていくホンダが情けない。
それにしても、意外と見掛け倒しのカズキくんが悲しい。
それにしても、引退レースのクルサードが超カワイソス。

あと、せっかくの最終戦なのにまたツッコミ所満載。
右京さん、気持ちはわかるけど、ハミルトンをボロクソにけなしすぎ。
せめて中継は中立でやってもらわないと。
擁護したらいけませんが、ハミルトンは若いから素行も悪いんです。
セナだってシューだって、右京さんだって若い頃は決して素行よくなかったですよ。
現役時代の右京さんは、あの若さ(というより青さ)が好きだったんですが、さすがに現役引退して10年経つんだからもっと大人になって欲しいですよ。
来年はもっと大人の解説を聞かせてください。

私が隔週日曜深夜に大騒ぎする暮らしも、しばし終了です。
また半年経ったら復活するけど。
F1は野球などと違って観客としての敷居が高いんで、実際に観に行かなくなったら飽きるだろうと踏んでいたんですが、とんでもございません。
半年騒いで、半年黙る、これを毎年繰り返す私。

今日のおすすめ★OPCサプライズ

ビタミンCの20倍天然素材サプリ!
2008 11/03 23:59:15 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
昨日は日中に時間が取れず、F1生中継を観れませんでした。
結果も、経過も、F1に関するあらゆる情報を意識的にシャットアウトし、先ほどVTRをやっと観ました。

アロンソよく頑張りましたね。
彼はあまり好きじゃないですが、今年はいろいろと不遇な感じがするのでちょっとだけ応援したくなってるかも。
今回のは作戦といい、走りといい、全盛期を思わせる見事なものがあり、少し彼を見直しました。
もちろん、なるべくライコネンよりも先に出ないことが前提ですが。

レースの結果については出たまんまだし、あれこれ言っても仕方ないので、観ていて印象的だったことをいくつか挙げておきます。

■富士なのに雨が降らず、スムーズなレースでよかった。
■スタートでいきなりカズキくんがトラブって、ちょっと観る気なくした。
■マッサがハミルトンにぶつけた時の、チームクルーのものすごいガッツポーズが超ウケた。
■でもペナルティは厳しすぎると思った。
■ホンダの2人はやる気がなさ過ぎると思った。
■それでもバトンはクビにしちゃいけません。
■スペイン人はなぜ年取ると顔が長くなるの?
■中継が「富士はすばらしいサーキット」を連呼するのがウザかった。
■カズキくんのオヤジが疲れきっていた。
■ピケ子はいつも自滅が得意。
■川井さんがめずらしくいいこと言った。

なんか、あまりいいことがありませんね。
シューが引退して、レースそのものもアレなんですが。
「何が何でもタイトル獲る!」っていう執念を感じるドライバーが消えてしまい、かろうじてアロンソだけがそのオーラを出している気がするから今年は応援したくなるのかも。
ハミルトンもマッサもライコネンも実力はあるんですが、どうも彼らには執念とか感じないんですよね。
かっこよくスマートにチャンピオンになりたい、そんな雰囲気。
だからレースを斜に構えて観てしまうんでしょうね。

ともあれ、残りは2戦です。
スポーツマンシップはギリギリ守っていただいて、面白いレースを見せてほしいですね。
文句言いつつも、楽しみに観てますから。

関係ないけど、黒田チーム連敗ストップおめでと〜〜。

今日のおすすめ★エブリカード

三井住友カードのローンカード「エブリ」。
金利優遇キャンペーン実施中!
2008 10/13 22:53:04 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
日曜日にはよくあることですが、F1をチラチラ観ながら更新しています。
今週はイタリアGPですがものすごい悪天候のため、去年の日本GP以来のセーフティーカースタートとなりました。

この「セーフティーカースタート」ってどうなん?といつも思うんですが(雨がマシになるまで開始時刻を少しずらしたらいいじゃん、て考えなんです)、セーフティーカーそのものはかっこよくて見るの好きです(なんじゃそりゃ)。
まあ、テレビに映る回数が多いのを見越して、かっこよくデザインされてるらしいので当然といえば当然なんですが、カーマニアじゃない私でもあれはイケテルと思いますね。
メルセデス社が宣伝のために提供していると言われるセーフティーカー、モータースポーツはこんなところにまでお金が絡んでくるのが、なんともいやらしい世界ですが・・・。

このメルセデスのセーフティーカーに乗ってサーキットを駆るのって、レースしてるドライバーよりも断然、気持ちよさそうです。
かっこいい高性能な車に乗って、著名なマシンとドライバーたちをぞろぞろ引き連れて周回する・・・考えただけで私はドキドキします。
走行に命が懸かってるレーシングドライバーになりたいと思ったことは1度もありませんが、セーフティーカードライバーには何度なりたいと思ったことか(変だとよく言われます)。
できればF1じゃなく、インディのになりたいですね。
ベンツよりもシボレーやフォードの方が好みだから。

現実は、私の愛車はオンボロ軽自動車。
ベンツだのシボレーだの、夢のまた夢です。
別に高級車を所有してみたいとは思いませんが、やはり運転サルとしては走行に憧れはあるんですね。
それも、交通標識とか気にしなくていいサーキットでの走行に。

そんな夢を少し叶えるため、岡山国際サーキット(旧・TIサーキット英田)に、走りに行ったことがあります。
当時は2000円ほど払ったらマイカーでコースを走行できるというのをやっておりまして、あのセナも走ったコース・・・ということで感動で魂が震えましたが、今思えばインストラクターみたいな人が横でゴチャゴチャ言うのがなんともウザかったものです。
そういうのなしで、それも高性能の車で、悠々とレーシングコースを走行してみたい・・・この野望はまだ捨てていません。

そんな思いを馳せ、セーフティーカーに心を熱くしながらイタリアGPは走行中です(テレビで、ですね。実際にはもうレース終わってて録画を見てるんですが)。
天気悪いっすねー。
こういう時ってドライバーはもちろんですが、観客も辛いんですよね。
経験ありますが、傘をさすのは禁止だし、ポンチョ着てたって濡れるし、高い金払ってなんでこんな目に・・・って思うんですよ。
それでも国際映像なんかじゃなく、ナマで観たい気持ちが強いから辛くても観てられるんですけどね。

私も久々に、ナマで観たいです。
もちろんセーフティーカーも込みで。
雨降っててもいいから、行けないかなぁ・・・。

今日のおすすめ★日本一安い 半セルフ式ポスター出力
ポスター印刷
日本一安い大判ポスター出力のサイトです。
個人、法人どなたでもご注文できます。
2008 09/14 23:30:40 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
たまには主婦っぽい時間帯に更新してみたりして。

いや、昨夜モナコGPを見終わったらすぐに寝ちゃいましてね。
しかも夕方から仕事だし・・・全然主婦っぽくなかったですね。

モナコ面白かったですね!
ああいうコースは雨が降ったら、露骨に作戦がモノを言うというか。
しかもブルジョアのモナコなのに、優雅に船上で観戦してる人がほとんどいないし(笑)。
いつかはモナコ船上観戦が夢です・・・って、叶うのか?

あまりツウなことはわかりませんが、チームごとのタイヤ戦略がいろいろでなんともいえない見ごたえがありました。
同じ雨でもハード用とソフト用があって、もちろんドライ用もあって、装着をミスるとスピードが全然違うんですね。
ドライバーの実力以上に、今回はチームごとに雇っている気象予報士が大活躍したと思われます。

大クラッシュはなかったですが、マシンのあちこちがボロボロ壊れたり、マシンのカケラが常にコース上に落ちてたり・・走る側はやばくて大変でしょうが、観てるだけなら楽しいったらない。
これで完走台数が少なくて半分くらいウヒョ〜ンだったらツマランのですが、そうでもなかったですし。

モナコは毎年、本当に楽しみなGPです。
レースそのものも本格的で面白いけど、コースの景色が飽きません。
ドイツやカナダだと完全にコースが森の中で、延々と中国自動車道をグルグル回るようなものですが、モナコは海に街にトンネルに・・・と、テレビで観るだけでリゾート気分です。
そういう意味では日本開催も、富士より鈴鹿が断然好みですが・・・遊園地の鈴鹿に対し、富士の景色も山と森と霧でしたし。

去年はなぜかHEROキムタクが招待されて、不思議コメントを連発するのが興ざめしましたが、今年はそれもなし。
(キムタク自体は好きですよ。CHANGE面白いし。だけど彼にはF1知識が皆無なんです。)
カズキ君も心配したけど、大活躍でした。
来週はカナダの森の中・・・時差がかなりつらいけど、景色も眠くなるけど、それでもやっぱり観るんだろーなぁ。

今日のおすすめ★Nexyz.BB新規加入キャンペーン
プロバイダ
Nexyz.BBで格安ブロードバンド。
今ならキャッシュバックがついてさらにおトク!
2008 05/26 10:56:16 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
先ほど、F1トルコGP決勝の、地上波放送が始まりました。
約2時間、本腰入れて観ようと思ってますが・・・。

やっぱりね。
20台じゃ、淋しいね。
スターティンググリッドはフル22台がいいよね。
たとえ、それがどんなにショボイ遅いマシンであっても。
たとえ、リタイヤや最下位が運命づけられた、完成度の低いマシンであっても。
これはスーパーアグリに限ったことじゃありませんが。

撤退するしかなかった、それは納得してます。
だけどこの状況を見るとですね。
スタートさえできない、スタートランプの合図と同時にエンジンがウヒョ〜〜ンとなる残念なレース結果であっても、せめてグリッドにいてくれるだけで華だったんだなぁ・・・なんて今更思ったりしてます。

こんなことを書いたから?カズキくんがスタート直後にウヒョ〜〜ン。
見どころが5割減くらいになりました(泣)。
私のせいじゃないぞ。
2008 05/11 23:59:46 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
「次、無いんだよ」
鈴木亜久里氏がF1ドライバーを引退する時に言った名言です。
日本GPで大クラッシュして救急車で運ばれ、なんとか怪我が治って会見、インタビューの人に「今回残念でしたが、次は頑張ってください!」と言われた時発せられたこのセリフは衝撃でした。
そしてまた今日、同じような発言があったわけで。
今度はドライバーとしてではなく、チーム運営者として。

オフシーズンじゃなく、シーズン真っ盛りの時期に「撤退」したチームは今までにもたくさんありました。
どのチームも、結局のところ資金難が原因でした。
そしてどのチームも、まともなマシンを完成させることすらままならず、志半ばで去っていきました。
運営開始からなんとなく存在が危ぶまれていたから、ある程度の覚悟はしていたんですが、日本で生まれた日本のチームがそんなことになったのは本当に残念です。

鈴木亜久里氏はよく頑張ったので、それに関してとやかくは言いません。
しかし、ホンダ!ありゃなんですか。
撤退会見に来てなかったらしいじゃないですか。
設立会見には来てたんだから、終焉も見届けるのが筋でしょう。
そんな薄情だったのかホンダ。
なんとか言ってよ、バトン様(は関係ないか)。

よく考えたら、佐藤琢磨をクビにした時点で、ホンダには血も涙もなかったんですね。
で、日本のチームが日本人ドライバーを追い出したら体裁が悪いから、亜久里氏に後を任せたんですね。
会見の亜久里氏、涙を流しながらも淡々と語って頭を下げてましたが、F1ファンになら判ったはず。
おそらくニック・フライ氏(BARホンダ代表)に対して相当頭に来てるであろうことが。

夢は簡単には叶わない。
弱者は強者に絶対勝てない。
努力をしても無駄。
とにかくお金が全て。
F1とは、そういうミもフタもない世界です。
そんな世界と知りつつ、サムライ亜久里氏は挑戦したのです。
ポイントを獲っただけでも、万々歳だったのです。
アロンソをぶっこ抜いたあのシーンは最高でした。
将来性など感じなかったけど、妙にわくわくしたものでした。

亜久里氏には、本当にお疲れ様でした。
しかし琢磨とデビッドソンはどうなるのでしょう。
どちらも、いい車で走れば成績は残せるドライバーですし、適切なシートを得て欲しいと思うんですが・・・。
琢磨が走らないと、この秋の日本GPのチケットをすでに持ってる人の大半は怒りますよ。
私はどうも行けそうにないんで持ってないですが(泣)。

チームは消えてもドライバーには、次がありますように。

今日のおすすめ★ABCポイント

ポイント還元率が圧倒的に高いポイントサイトです。
2008 05/06 23:59:34 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
今、チェッカーフラッグを見届けたところです。

なんかすごいグランプリですね。
大クラッシュ、パーツ飛びまくり、ぶつかりまくり。
やばかったスーパーアグリが参戦できて、本気でよかったですが。
予選順位はダメダメでも。

スペインじゃ、フェラーリチームとスペイン人ドライバーがヒーローで、それ以外のドライバーはオマケみたいなもん・・・って、以前スペインGPを現地観戦したB'zの松本さんが言ってました。
そういう意味じゃ予選は最高だったですよね。
決勝の結果も、一部を除いて大満足ですよね。
私も、結構満足です。

イケメン・ライコネンが優勝。
我らがバトン様も、今季初ポイントの6位。
ジャパンパワー中嶋も大健闘7位。
佐藤琢磨・・・はチームがあっただけで大ラッキー、それに加えてビリだったけど完走。

ヨーロッパラウンドは、どれもなんか燃えます。
アジアやアメリカ開催のF1とは一味違います。
これから5月に入り、トルコ、モナコ・・・と続きます。
その後はカナダを挟んで、仏→英→独→洪・・・まだまだヨーロッパラウンドが続きます。
いろいろと楽しくなってきました。

野球もF1も、シーズン中はしっかり楽しみますよ!
シーズンが終わる頃から、仕事が地獄に突入するから。
毎年(爆)。

今日のおすすめ★青汁【乳青】リアルメイト公式通販

生きて腸まで届く植物性乳酸菌配合青汁「乳青」
2008 04/28 01:30:56 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
中嶋一貴、すごいじゃん。
フル参戦デビューが6位とは。
久々に(というかここまでのは初めて?)気持ちいい日本人ドライバーが出てきました。
かなり今シーズンが楽しみになってきました。

中嶋一貴のオヤジ・悟がデビューした時は、初の日本人フル参戦ということでワクワクしましたし、私がF1を観始めた時でもあったんですが、イマイチ奮いませんでした。
その次の鈴木亜久里の時は、中嶋よりは派手ではあったけど衰退も早くて悲しかったです。
その次の片山右京も、期待のわりにぱっとしないまま終わりました。
その次世代の中野と高木、彼らもチームが弱すぎて芽が出ないまま潰れました。
インテリ佐藤琢磨が出てきて、やっとこさ国際レーシングの域に日本がたどり着いた・・・と思いました。

あ、タキ井上を忘れとった・・・まあ、陰も活躍も薄かった記憶しかないので置いとこう(笑)。

さて、中嶋ジュニアですが。
23歳2ヶ月とは若いですね、日本人のデビュー年齢としてはかなり。
父親がデビューした34歳と比べてもかなり。
23歳か・・・私はまだ免許とって4年のヘボドライバーだったよな・・・私と比べるなって。
でも、中嶋は若いのに語学が堪能だし、インタビューの受け答えも片山右京みたいにしどろもどろじゃないし、技術だけじゃなく車やレースの知識、F1の政治的な知識も完璧ですね。
これからのスポーツの世界、特に国際市場では、やはりインテリでないと成功は難しいと思われるから勉強した、と本人は言いますが・・・そういうことをさらりと言っちゃうのもすごいです。
右京さんはあのちょっとおバカなところがご愛嬌でもあったんですが、今の時代じゃ無理ってことで。

こんなにインテリで硬派な中嶋なのに、実はタレントもどきもやってて月9ドラマに毎週出てたというギャップも現代人ぽくていいですね。
まあ、あの時はほとんど顔はわかんなかったですが・・・。

ぶっちゃけ、私の今年の見どころは主に中嶋じゃなかったんですね。
イケメンのバトン&ライコネン、去年大活躍ルーキーのハミルトン、中嶋と同じく上質DNAのピケジュニア、3年目のスーパーアグリ・・・などなどの次くらいのランクだったんですが、かなりランクアップしたことは間違いないです。
すでに来週が待ち遠しくなりました。
また時差が少ないから、おそらく夕方放映でしょう。
間違えないようにしないと。

今日のおすすめ★パクロスオンライン

クロスワード、ロジック、ナンプレがそれぞれ毎月60問配信!
お楽しみの懸賞も充実しています。
2008 03/16 23:59:43 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
F1引退後、DTMに参戦していたミカ・ハッキネンが、レーシングドライバー完全引退を発表しました。
まだおったんか、と思わなくもないですが(けなしてるんじゃないです。そんなにレースが好きで力もあるのに、早々にF1を去ってしまって惜しかったという意味です)、とにかくお疲れ様でした。

全盛期のハッキネンの走りは、とにかくしびれる走りでした。
好調な時の彼はあのミハエル・シューマッハですら抜くことができなかったほど、切れ味がすごかったです。
私、彼のVTRをいくつか保存してるんですが(ファンだったのです。イケメンだから)、速いとかかっこいいとかを超越してとにかくしびれます。
ガッツポーズはちょっとダサかったけど、ご愛嬌です。

私のお気に入りのシーンのひとつはこれです。
魔法のようにシューをかわすハッキネン様。

おそらくポルトガル語なんですが、分かると思います。
スパ・フランコルシャンサーキットにて。
この頃のF1が最高に好きだったなぁ〜〜。
日本人は全然ぱっとしなかったけどね。
今も好きですけどね。

真面目で努力家なのに、なぜかクレイジー。
負けん気が強いのに、なぜか泣き虫弱虫。
ポーカーフェイスを装いつつ、実は感情かなり豊か。
シューマッハが神様なら、ハッキネンはド人間でした。
最近の速いドライバーはそれなりに魅力的ですが、神様的でもド人間的でもなく、なんか中途半端です。
男前は増えましたがね。
もっとみんな頑張ってほしいですね。

ハッキネンは今後、あの恐ろしい嫁さんと過ごす時間が増えると思われますが(笑)、そうやって尻に敷かれる恐妻家のイケメンというのもなかなか素敵です。
暇があったらぜひ来日して、CMか何かに出てください。
きっと彼を知らない人にも人気が出ると思います。

今日のおすすめ★利尻ヘアエッセンス 新・髪フサフサお試しセット

抜け毛、薄毛でお悩みの方!まずは一度お試し下さい。
2007 11/04 23:59:18 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
F1最終戦が終わりました。

ライコネン、おめでとう!
ライコネンにとって理想的過ぎるレースでした。
移籍最初の年にチャンピオンになれてよかったです。
マクラーレンがどんだけ相性悪かったのか。

フェラーリ、おめでとう!
すごく強い1年でした。
マッサも、これからも頑張ってください。

ハミルトン、優勝逃したけど、間違いなく最強ルーキーです。
まだ最年少チャンピオンは狙えるので頑張ってください。

中嶋一貴、完走おめでとう!
あなたは間違いなくデビュー戦で親父を超えました。
いろんな意味で(笑)。

佐藤琢磨、完走おめでとう!
来季もスーパーアグリをしっかり盛り上げてください。

アロンソ、なんで3位であんなに嬉しそうなのかワカランがおめでとう!

片山右京さん、あんたライコネン嫌いじゃろ?
前からそう思ってましたが、今日、確信しました。
トリハダ立ったとかぬかしたけど「漫画のような展開」言うなよ〜。
あんなすばらしいレースはめったにないですよ。

しばらく日曜深夜はおとなしく寝ます。
今日は余韻に浸りつつ、寝ます・・・。

今日のおすすめ★【元気印】のこだわり食品

野菜不足になりがちな食卓に!
ミネラル・食物繊維たっぷりの十穀米をおすすめ。
2007 10/22 02:45:31 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
私が行きたかったのに行けなかったから言うんじゃないですが。
結果が気に入らないから、言うんじゃないですが。
いえむしろあの順位に文句は全くないんですが。

自分的には日本GPはノーカウントです。
つまらなかったわけじゃないけど、不完全燃焼です。
だいたい、スタートと同時に、タイヤ限定でセーフティーカー導入って、どういうことですか。
F1は競馬などと違って、スタートの順位はあとあとまでかなり影響があり、だからこそスタート直後のあの攻め合いがものすごい見どころだというのに。

クラッシュが理由のセーフティーカーは仕方ないです。
でも、悪天候が理由なら、スタート時刻を少し遅らせるとか、できるじゃないですか。
遅らせたからって参加チームも観客も大半は怒りません。
それよりはレースらしいレースのほうがいいですから。
このあたりにスポンサーやテレビ中継との談合が垣間見えていやらしいんですよね・・・結果的に多少の放映延長にはなりましたけど。

野球やサッカーの試合だって、テレビなどとは談合しています。
でも、あくまで試合進行を重視した段取りで、大雨やアクシデントの場合はいさぎよく中断したり遅らせたりします。
F1だってそれはできるはずなのに、セーフティーカー導入で強引にスタート・・・開始して何周か、それはそれは観ていてオモロナイ状況が続いてしまいました。

まあ、開催そのものにかなりの不手際はあったみたいですね。
私が購入予定だった6万円ちょっとの席、レースが観れないって苦情が相次いで、5万円の払い戻しがあったようです。
返金はありがたいけど、それで全て解決ってワケじゃないですからね。
その席を得るために早々から抽選に参加し、遠方から時間とお金をかけて仕事なども休んで入場して、悪天候にも耐えて観戦する労力までは払い戻しされないんですから。
しかも決勝直前のシャトルバスが遅れ、開始までにサーキットに着けなかったファンが100人弱もいるらしく・・・もっとちゃんとしろって言いたいですよ。

そんなこんなで現地観戦の方々の中には、私以上に不完全燃焼の方も多くおられると思うんですが、それを考えると今回の日本GPをちゃんと納得して観れた人って相当少ないような気がします。
充実して観戦できたのはHEROキムタクぐらいでしょうか(笑)。
(あれだってHEROとトヨタ自動車が密接に関係しているからあのようなプロモーションになっただけで、その割にはおいしくないってハタから見れば思うんですがね。)

激戦を制したハミルトンと、2位3位のフィンランド人好走は祝福し褒め称えたいと思いますけど、それだけです。
来週開催の上海では、観る側として完全燃焼したいものです。

今日のおすすめ★哲也@東風荘 無料会員登録

史上最高のリアル4人対戦型ネット麻雀。
期間制限ナシの無料会員制度でずっと遊べちゃいます!
2007 09/30 23:59:14 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
もうすぐF1サーカスが日本にやってきます。
1977年以来の富士開催です。

1977年、ジャック・ビルヌーヴの父であるジル・ビルヌーヴがコーナーでクラッシュし、観客2人に激突して死亡させたのを機に、F1は開催されていなかったという富士。
私も富士には行ったことがなく、どんなコースなのかはフォーミュラニッポンの中継(ここ何年かはやってないです)や図面でしか知りませんが、長い直線の次にあるバンクがいかにも恐ろしそうです。

私、今年は久しぶりにF1観戦に行きたかったんですよね。
それで結構早い時期に、仮予約というかネットとハガキでの抽選に申し込んだんです。
そしたら、当選した席はあまりよくない、というかすごく見づらくて遠い場所でした。
その分価格は安かったですが・・・贅沢と言われるかもしれませんが、初めてのサーキットは高くてもなるべくいい場所で!と思うのは私だけじゃないと思います。
ひどい席だと、入場してから1時間ほど歩かないと着かなかったりするし、はっきり言って冒険というかハイキングになってしまい、そういうことはある程度コースになじんで余裕ができてからしたいです。

そして「安い席」とはいえ、F1チケットは高いです。
しかも鈴鹿と違って、富士は広島県から遠いです。
東京よりは近いけど、交通の便が最悪なため、東京に行くよりもお金がかかります。
時間はもっともっとかかります。
こんな数々の大量リスクを背負い、仕事も家庭も放り出して、同行の連れもなく、見づらい席にお金を払うか否か・・・あんまり悩まなかったですね、ははは。

そんなわけで、今年も家で観戦です。
HEROキムタクがいろいろと宣伝をやって盛り上げてますが、あれはF1の宣伝ではなくてF1中継という番組の宣伝と受け止めています。
そう思えば、大してF1知識もないくせにこの役得野郎が、などと下品な感情も沸かずにすみます(笑)。
去年もそう思えばよかったですね。
小倉智昭さんに(爆)。

今日のおすすめ★音楽SNS faam

アナタのミュージックライフがもっと充実!
登録無料!動画無料!ラジオ無料!サイト。
2007 09/19 23:59:51 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
F1を観ていたら寝てしまい、気づけばこんな時間です。
といっても観ながら寝ちゃったのではなく、アロンソとハミルトンとライコネンが表彰台にいたのや、ライコネンの妙に浮かない表情はばっちり覚えてますんで、放送終了後に寝てしまったようですね。

フェラーリの聖地で、マクラーレンがワンツーフィニッシュという気持ちいいのか悪いのかわかんない結果です。
現地で観戦していたティフォシの皆さんはつまらんかったかも知れませんが・・・大昔、フェラーリにベルガーとアレジがいた頃、2台ともリタイヤした瞬間に観客が一斉に席を立って帰り支度をする様子が中継に映っていて、そのわかりやすさについ笑ってしまったモンツァのサーキット。
赤一色のフェラーリファンには、カープファンとどこか重なる部分が感じられます。
もしもフェラーリに日本人ドライバーが在籍したら、大ハマリする自信があるのは私だけじゃないはず。

まあ、マクラーレンも内情がいろいろ言われていますが、もともとスポーツマンシップギリギリみたいな業界だし、今回の結果はよろしいんじゃないかと思います。

それにしても、今年、目が離せません。
例年よりもすごく面白いF1かと聞かれたらそうでもないんですが、見逃せないレベルがかなり高いです。
ワールドチャンピオンと、スーパールーキー。
この2人が同じチームで、互角に戦っている。
さまざまな確執や問題を絡めつつ。
性質が正反対っぽい2人ゆえ、見ているだけなら楽しいです。

それにしても、ハミルトンの活躍を見るにつけ、今更かなわないことを私は思うのです。
シューマッハがいるうちに、デビューしてくれてたら、と。
それはそれは壮絶な戦いを見せてくれていたでしょう。
世代交代は確実にあるものですが、たった1年だけでも、一緒にレースに出てるのを観たかったですね・・・惜しかった。
セナとシューはちょっとの間だけど一緒に出てますし。

もうすぐ日本GP。
F1今シーズンも終盤です。
とりあえず今回のマイフェイバリットは、バトン様が8位で1ポイント獲得・・・こんなしょぼい結果でも満足するようになってしもうたらいけん、と思いつつ(笑)。

今日のおすすめ★博多やきとり・もつ鍋 若杉
博多やきとり・もつ鍋 若杉
お取り寄せ人気bPもつ鍋★本場博多より直送!
2007 09/10 04:06:49 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
新人なのに、チームメイトのチャンピオンを出し抜いてポールポジション。
新人なのに、2戦連続で楽々の優勝。
新人なのに、デビューから6戦連続で表彰台、落胆知らず。
新人なのに、現在ドライバーズポイント首位。
新人なのに。

ルイス・ハミルトン、一体何者?
F1初の黒人ドライバーは妙に紳士的で冷静で、まるでタイガー・ウッズのようです。
チームメイトのアロンソがキャラが濃くて血の気が多い感じなので、余計にそう見えてしまいます。
てか、アロンソすごい怒ってなかったか?
チャンピオンのプライドが、新人によってコテンパンにされてるので無理もないですが。

11年前、ジャック・ビルヌーヴがデビューで表彰台に上ったときも驚きましたし、その年のビルヌーヴの快進撃にもすごく驚きましたが、それをはるかに上回る強烈なルーキーです。
シューマッハ不在の今年、こんなに簡単に新旧交代しちゃっていいものかどうかわかりませんが、これからのF1を盛り上げてくれる存在であってほしいと思いますね。

ああ、しかしF1ロートル?の皆さん、情けないぞ!
期待してるのにスーパーアグリはふがいなかったし。
期待してるのにホンダは上昇志向に欠けるし。
期待してるのにレッドライコネンはイマイチだし。
ルーキーにやられっぱなしじゃつまらんので、もっと頑張りましょう。

輪をかけてひどいのが右京さんの解説・・・。
この人、自分の現役時代のていたらくを棚に上げすぎ。
いえ、それでもファンだったんですけどね。
現役時代はもっと、分相応に謙虚でしたし。
そのくせアグレッシブで好感持てたし。
だけど解説は偉そう&ツマラン・・・頼むよー。

今日のおすすめ★トウキョウフォレックス 口座開設キャンペーン

安心の信託保全で貴方の大切な資産を守ります!
デイトレーダーの強い味方!デイトレード決済手数料無料。
2007 06/18 23:59:41 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
また、なんか許せん役得ですのう〜〜・・・。
カンヌ終わったら、モナコですか。
香取慎吾は帰国したのに、キムタクはモナコですか。
くそうらやましい〜〜〜!!

いや、私、SMAP全員すごい好きです。
中居くんほどじゃないですが、キムタクも好きです。
だけど人気あるからって、いきなりモナコゲストはないでしょう。

F1モナコGPと言えば、世界中のF1ファンが生涯一度は生で観戦したがっている夢のGPです。
ややこしい市街地コースで繰り広げられる激闘の模様を、海に浮かぶ船上から優雅に眺める・・・というシチュエーションも最高だし、そんな贅沢な見方じゃなくてもとにかくモナコGPは特別のレースなんです。
ドライバーにとっても、ファンにとっても。
シンガーになった人が、いつかその舞台でのコンサートに憧れる日本武道館みたいな開催地です。

そんな夢のGPに、そこまでモータースポーツファンじゃない人を招待したらもったいないおばけが出ます。
有名人を招待することは別に反対ではありませんが、どうせなら常日頃からF1ファンを公言していて、それなりの知識がある人を呼んであげたほうが絶対にいいと思うんです。
その人にとっても有効かつ貴重な時間だし、ファンにとってもいろいろとファン目線の話が聞けて面白いはずです。

日本GPに小倉智昭やモデル美女を招待した時も、おいしすぎる役得や理不尽な人選について文句をたれた私ですが、今回はそれ以上に納得が行きません。
実際、すぽるとに出演して佐藤琢磨にいろいろ質問していたキムタクの素人くささには涙が出ましたですよ。
素人くさいこと自体は別に構いませんが、せっかく皆の憧れの開催地に招待されたんだから、もっと勉強しておけと言いたかったですよ・・・。

スポーツ観戦ファンのタレントさんはたくさんいます。
陸上好きの織田裕二さん、格闘技好きの藤原紀香さん、巨人ファンの中居くん、競馬好きのさんまさんなどなど。
皆さん、いい仕事をされてると思います。
F1好きだったらマッチとか光一くんとか、B'zの松本さんとか、役得をしっかり受け止めてきちんと仕事をしてくれそうな人を選ぶべきです。

予選が終わり、明日は決勝。
決勝までにいっぱい勉強しておいてくれたら許します。
もちろんキムタクに責任はなく、選んじゃった側に責任があるんですが・・・それでも選ばれたからには頑張ってもらわんとね。
予選結果はポールがアロンソ、モナコ2年連続PPの快挙は素直に褒めますが、2位の新人ルイス・ハミルトン、あれはやはり只者じゃありませんね・・・日本勢も頑張れ!

今日のおすすめ★ドル箱

ゲームコンテンツや豊富な換金先が人気のポイントバックサイト。
2007 05/26 23:59:11 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
昨日は日記の通り、プラチナライン電話に忙殺されて野球観戦には行けませんでした。
黒田が見れなかったのは残念ですが、カープ負けちゃったので、ま、いっか。
黒田・高橋・大竹が投げて合計8失点はちょっと情けないですが・・・おーい、開幕近いぞ!!

それはそうと。
F1グランプリのテーマが変わりました!
今年からクィーンのギタリスト、ブライアン・メイです。
クィーンは大好きですが、もうええかげんにして・・・って感じ。
スポーツのテーマ曲ってクィーン多すぎませんか?
Tスクウェアもすごく多いとは思いますが。
要するに、スポーツのテーマにできるような名曲を生み出す人が少ないんでしょうね。
だから偏ってしまうんでしょうね。

ドラマなどのテーマ曲はドラマにマッチしていれば名曲でなくてもいいんですが、スポーツや祭典のテーマ曲はやっぱり名曲でなければならないと私は思っています。
曲を聴いただけで、そのイベントを鮮明に思い出せるような、印象の強いものを選んで欲しいものです。

ここ何年かは、バレーボールとジャニーズのタイアップがとても多いですが、イベントを活性化させる意味ではすごくいい企画だと思います。
だけど悲しいかな、曲がそこまで印象に残りません。
決して曲の出来は悪くないんですが、スポーツイベントのテーマ曲としてやっぱり弱いです。
ジャニーズの存在の方が立ってしまって、ミーハーな印象を受けます。

そんな私がいつも「センスがいいなぁ」と思うのは、日本中央競馬会のCMです。
タレントを使ったキャンペーンのCMと、曲と映像で魅せるブランド広告のCMの2種類が中心ですが、どちらもお金がかかっているのか(笑)、すごく芸術的かつ娯楽的に作ってあります。
現在のイメージキャラクターは織田裕二さん、イメージソングはレミオロメン、どちらのCMもよく出来ていると思います。
毎年のキャッチフレーズもいい感じですね。
GOOD LUCK、サプライズ、ビッグタイム・・・ときて、今年は「FEEL LIVE」いかにも馬券が当たりそうです(笑)。

さて。
F1の新しいテーマ曲は、開幕を前にして流れ始めました。
だんだんと耳になじんできたので、これはこれでいいかも。
TスクウェアだとF1を含め全てのモータースポーツ象徴っぽい雰囲気もありますが、ブライアン・メイはF1オリジナルでいけそうですね。
個人的には7〜8年前のテーマ曲「GO FURTHER」(B'zの松本氏作曲)が好きなんですが、あれは不評で2年ほどでまたTスクウェアに戻っちゃったし・・・また戻ったりするんでしょうか(笑)。

今日のおすすめ★リッツ スパークリングジェルパック

キレイへ直行だ 頼むよ、炭酸ガスパック!
2007 03/12 23:32:47 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
HondaレーシングF1チームの新マシンが発表になりました。
テーマは「環境・地球・エコロジー」。
そのコンセプトには賛同します。
すばらしいことです。

しかし・・・このデザインはちょっと・・・。
というより、あからさまに汚くない?

海の青と大地の緑を、こんな悪趣味なカラーリングに仕上げて欲しくないんですけど・・・。
なぜ、去年までの白黒マシンじゃダメなんですかぁ!
エンジン性能が上がっても、これは全然速そうじゃないです。

ちなみにわかりづらいけど去年まではこれ。

私だけ、ですか?
今年のマシンにセンスを感じないのは。
今年のマシンに、バトンが乗るのが微妙・・・。

今日のおすすめ★職業ブロガー募集

進路選択に悩む高校生に!いろいろな職業で活躍中のブロガー大募集。
2007 02/26 23:59:24 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
早いもので、あと2ヶ月もすればF1開幕です。
昨年シューマッハの引退で幕引きしてから、月日が経つのは早いものですね。

シューマッハのあとを継ぐライコネンも、やっとというか今更というか、イタリアのコースをフェラーリで走りました。
だんだんと、あの赤いレーシングスーツにも慣れてきました。
男前なので何を着ても、それなりにサマになりますね。
しかし、某スポーツニュースで「フィンランド人初のフェラーリドライバー」という誤った紹介をされていたのが悲しかったです。
そして、あとでお詫びと訂正が入るかと思いきや、なんと入りませんでした。
F1中継をもう何年もやり続けているテレビ局なのに、その程度の認識・・・なんか情けない。

正解は「フィンランド人2人目」です。
1人目はフル参戦ではありませんでしたが、1999年にシューマッハが負傷した時、代役として出てきた人です。
レース中盤で自身初のトップに立ちながらも、チームオーダー上の事情でエディ・アーバインにトップを譲って2位になった人です。
その後いろいろなチームを渡り歩き、いろいろな車を駆り、そこそこの活躍をして知らぬ間に引退してた人です。

実力は非凡なものを持ちながらも、何度かの転機の中で適切なタイミングで適切なシートを得られなかったのは、ある意味不幸と言えるんですが、政治的な面でF1業界に向いていなかったんでしょうね。
でも、今現在のF1の状況を見ていると、マジで業界は惜しい人を失ったんじゃないかと思います。
現在のメンバーに混じっても、間違いなくいい成績は残せる人です・・・チームによるけど(笑)。

さて、そのドライバーとは誰でしょう?
なんてクイズにするまでもなく、わかる人ならすぐわかり、わからん人には思い出せもしない、そんなドライバーです。
私はこの人、好きでしたよ。
歴代フィンランドドライバーは全員、かっこええですから(笑)。

今日のおすすめ★キレイナビ

全プレ付き!ダイエットレシピを投稿して豪華賞品もらっちゃおう!
2007 01/26 23:42:12 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
今年のF1が全て終わりました。
こんなに見ごたえのある最終レースは久々でした。
ミハエル・シューマッハ、本当に感動をありがとう。
そして、お疲れ様!

タイヤがパンクして最後尾に落ちながらも、全く手を緩めようとしない、その走りに脱帽しました。
1台、2台・・・前の車を抜くたびに、いちいち鳥肌が立ちました。
大好きなライコネンを捕えたその瞬間でさえ、なぜか私は「頑張れ!」と思い、手に汗握ってしまいました。
彼は今回勝たずとも、すでに有終の美は飾っているのです。
タイヤがパンクした時点で「もう死なずに引退できたらそれでええわー」と思ったって誰も責めはしません。
今までの戦績や獲得賞金を考えれば、みんな納得します。
それでも全然手を抜かず、4位まで上がる・・・やはり史上最強のドライバーです。

結局いろいろあってチャンピオンにはなれなかったけど、レース後の彼の満面の笑顔を見て、本当に悔いのない充実した戦いをしたのだと思い幸せな気分になりました。
彼の心の中で、勝利者に与えられるチェッカー・フラッグは間違いなく振られたのですね。

そのほかにも、見ごたえ十分のレースでした。
ブラジル人がブラジルで優勝。
スーパーアグリの驚くべき躍進。
バトン様の大健闘。
あと、意外に控えめだったチャンピオンのアロンソ(笑)。
来年に多くの楽しみを残してくれました。
ああ、春まで、つまらんのう・・・。

ところで。
シューマッハには、同じF1界にラルフという弟がおります。
とても優秀なドライバーで、何度も表彰台に上っているし、優勝経験もあります。
にもかかわらず、すごすぎる兄の陰に隠れまくり、存在がイマイチ薄いです。
メディアでは「ミハエル」「ラルフ」と区別することが多いですが、姓の「シューマッハ」のみだとその大半は兄のほうを指す呼び方となっており、弟はだいたいフルネームになります。
別の業界で例えれば、競馬の武兄弟のようなものです。
そこそこ優秀な弟が、偉大すぎる兄の陰に完全に隠れているのです。

兄ミハエルの引退後もやっぱり、弟はなんとなくフルネームで呼ばれたりしちゃうんでしょうか。
兄が引退したらシューマッハはラルフだけなのに。
常に超人の兄を持つプレッシャー、これはレース中に真後に赤い影を背負うプレッシャーの比ではないかもしれず、そう考えるとラルフってすごい偉いなぁと思うわけです。

病み上がりなのに、結局最後まで観てしまいました。
朝は7時半起床・・・寝るべきか起きてるべきか。
あ、そろそろカウンタが8万です。
早ければ1〜2日中には・・・踏んだら教えてねっ!!

今日のおすすめ★オンラインDVD CDレンタル「ぽすれん」

巷で話題のオンラインDVDレンタル【ぽすれん】
ネットで借りてポストに返却、新しいスタイル!
2006 10/23 04:30:36 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
鈴鹿ラストランで期待されていたシューマッハ、先頭を走っていたのに、まさかのエンジンブロー。
アロンソにやられちゃいました。
アロンソはかさねがさね好きじゃないんですが、この抜きつ抜かれつの争いはやはりアロンソあってのもの。
引退レース(ブラジルGP)はいろいろと楽しいものが観れそうです。

私のごひいきのライコネンとバトンはそれぞれ5位と4位、スーパーアグリも2台とも完走と、ミーハー日本人にとってはなかなかいい結果でして・・・ああやっぱり現地に行きたかったよ〜〜!!!
今更ですが。

そしてまた、今日もやっぱりメディアにむかつく私。
いやまあ、結果や経過は他の方がいっぱい書くだろうし、ここは私の観点で書かせていただきます。
小倉氏は無知なりに、応援を頑張っていたので許します。
まあ、無知な人は実際レース始まったらコメントできないんで、おとなしく観戦に集中していたものと思われます。
今日の許せん人、それは片山右京
私、マジで現役時代はこの人のファンだったんですよ。
引退してからも、物腰の柔らかさとか、好きだったんですよ。
それなのに、今日はがっかりしました。

シューマッハがリタイアした時、貴方はこともあろうに「くそ〜〜〜」を連発しましたね。
いえ、それ、思っていてもテレビで言っちゃいかんでしょ。
他の解説者の方々は、応援するドライバーが不調でもそんなこと言わないですよ。
以前から、この人は解説の時、割と言いたい放題でした。
歯に衣着せぬというか、辛口というか、まあ今までは私も好意的に聞いていました。
川井一仁氏がミナルディ(右京氏が最後に所属した最弱のチーム)を悪く言った時、中継中にもかかわらず右京氏は食ってかかり、一触即発状態だった時も「よくぞ言った!」と思ったものです。
だけど辛口と暴言の区別が最近、ついていません。

ドライバーを辞めてからメディアがちやほやするから、天狗になってしまってるんでしょうか。
本当ならドライバーのうちにちやほやされる方が偉いのに、なんか勘違いしちゃってるんでしょうか。
どうか、昔のひたむきで不器用なカミカゼウキョウに戻ってください。
私の夢がどんどん壊れます。

次はブラジル。
シューのラストラン。
そして、シルバーライコネンも見納め。

今日のおすすめ★楽天ブックス株式会社


本なら何でもある楽天ブックス。
全商品送料無料キャンペーンは続行中です!
2006 10/08 23:24:12 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
予選が終わりました。
フェラーリ2台が大健闘です。

それにしても、シューマッハって人はすごいですね。
引退宣言のあとは何か吹っ切れたのか、全戦全勝。
予選で3列目スタートだった前回も、結果は優勝。
赤いマシンに赤いスーツ、赤ずくめで敵をバッサバッサとなぎ倒すその姿は、まさに実在する某アニメの「赤い彗星」(笑)。
赤は「シャア専用」ならぬ「シュー専用」みたいな。

予選の内容は報道各社がしているのですが、私はまたまたメディアに腹が立っています。
小倉智昭、あんた、おいしすぎじゃ〜〜!!

私の記憶が正しければ、この人はここ1〜2年ほどの新参F1ファンです。
少なくとも、佐藤琢磨以前の日本人ドライバーはライブで観ていません。
当然、シューマッハの成し遂げた数々の歴史的記録も、最近のデータ以外は付け焼刃の学習に過ぎず、観ているわけではないのです。
それなのに、鈴鹿サポーターか何か知らんけど、あのおいしすぎる扱いは一体どういうことなん???

別にそういう新参ファンがF1を観たらいけないって事じゃないです。
熱意は認めますし、どんな形でも応援は素晴らしいです。
だけどそういう人に数十万円もするパドックパスを与えたり、重要なコメントをさせたり、トップドライバーにインタビューをさせたり・・・というのはなんか違う気がします。
近藤真彦や堂本光一など、昔からのF1ファンで知識のあるタレントがいくらでもいるのに、と思います。
どんな番組であっても、知識の浅い人のコメントは薄っぺらですから・・・。
実際、小倉氏、たいしたコメントもせずはしゃぎすぎです。

鈴鹿でのラスト開催、シューの日本ラストランを観に行けなかったから私、こんなに卑屈になってるんだきっと。
小倉氏、うらやましいのう。
せめてはしゃぎすぎずに仕事をやってください。
私のような多くのファンのためにも。

さあ、明日は決勝です。

今日のおすすめ★ショッピング通販オンリースタイル


最新携帯電話が激安!SoftBank先行4機種発売です。
10月5日のブログネタつながりです?ぜひご覧ください。
2006 10/07 23:52:56 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
F1の中国グランプリ予選結果。
雨が明暗を分けたようです・・・。
結果はコチラで見れます。

ポールポジションはアロンソで、2番手がフィジケラ。
ルノーの実力派2人が頑張ったということで、通常なら別に納得いかない結果ではないんですが(アロンソは好きじゃないけどね)、たまたま雨足が弱くなった時にタイムアタックしたドライバーが得をしてるというのが腑に落ちません。
土砂降りの中で走ればそれだけ危険も増すし、事故も増えるし、なんとなく安全運転になるでしょうし。

路面の濡れはどうにも仕方ないのはわかりますが、大雨で視界不良だったり田んぼのような状態だったりした場合でも、予選はどうしても時間内にやらなければならないのでしょうか。
土砂降りというのは通常、そんなに長時間は続きませんから、1時間程度なら待ってもよろしいんじゃないでしょうか。
それか、昔みたいに午前と午後の2回予選をやって、タイムのいい方を順位とするとか。

タイムのことだけ不満を言ってるんじゃないですよ。
ただでさえ危険なF1、車の安全性が飛躍的に向上したことは認めますし、アイルトン・セナ以降は全く殉職者が出ていないことは功績だと思っていますが、天候だけはいつまでも神様任せというのはどうにも・・・。
私は素人ですが、それでも危なっかしくて見ていられません。
雨は危険、それで事故車が出れば後続車は危険、事故が派手ならオイル漏れや破片によるスピンもありえます。
決勝レース中はそういうのもスリリングな醍醐味ではありますが、出走順位を決める予選が不公平であってはならないと思うのです。

前回GPのあらゆる意味での主役・シューマッハは予選6位でした。
手抜き・・・とは言いませんが、最悪なコースコンディションの中で彼なりに大事を取ったのでしょうね。
もう引退も決まったし、有終の美を飾ったも同然だし、これからの人生を遊び倒しても有り余る財産は持ってるし・・・事故で寝たきりにでもなったらアホくさいでしょう。
シューがそんな俗っぽいことを考えているかも、と思う私はめちゃめちゃ俗っぽい人間です。はい。
まぁ〜おそらく手抜きなんてせずに全力で走ったと思われるスーパーアグリの2台はビリ&ブービー・・・この事実はかなり情けないかも(笑)。
琢磨さん、左近さん、故郷に錦を飾る日は間近ですぞ。

今日のおすすめ★結婚情報サービスなら「婚活貴族」

比べて納得!理想の結婚相談所に出会おう!
2006 09/30 23:53:20 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
先ほど、F1イタリアグランプリが終了しました。
予想通り、シューマッハは今季限りの引退を発表しました。

シューマッハの偉大な功績は私ごときが語るにはあまりにもすごすぎるので、ここはただひたすら、お疲れ様でしたと言いたいと思います。
そして、10年以上もの長きにわたって、F1を本当に面白くしてくれてありがとうと言いたいです。

彼の日本での勝利の何度かは、この目で現地でしっかり観ることができました。
最も印象に残っているのは、1997年の日本グランプリで、この時はシューマッハとビルヌーヴとのタイトル争いが大詰めでした。
鈴鹿を得意とするアーバイン(当時シューマッハのチームメイト)が1周目に首位に立ち、最終的にはシューマッハをアシストして優勝させたんですが、フェラーリの応援に行ったわけじゃなかったのに終始鳥肌が立ってしまいました。

他にも思い出は尽きませんが、どの場面を思い出しても彼は超人でした。
今日のレースだってそうです。
レース後に会見をする、と公言しておいて優勝するなんて、常人の技ではありません。
自分のための舞台は自分で用意する・・・さすがです。
さらに、F1の世界では、有終の美は飾れないのが普通です。
中堅や下位クラスの大半のドライバーが、実にひっそりと消えていきます。
一世を風靡したと思われるデイモン・ヒル、ミカ・ハッキネン、ジャン・アレジなどなどですら、最後は半ば燃えカスとなって消えていきました。
シューマッハは現時点でしっかりと今年の優勝争いをしており、万が一あと3戦全部負けても「有終の美」と言えるでしょう。
間違いなく歴代最強ドライバーです。

しかし、今日も私は中継にひとこと言いたい。
解説の片山右京さんと、実況の西岡孝洋さん。
あんたら、アロンソがリタイヤした時喜びすぎ!
現地のフェラーリファンが喜びすぎるのとはわけが違います。
私もアロンソは好きじゃないので、軽く喜んでしまいましたが、メディアは中立であってください・・・頼むよ。

今日のおすすめ★ナタデウォッシュ

23万本突破の、激売れスーパー洗浄液で[口臭解消]!
2006 09/11 00:39:46 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
今日はモナコグランプリ決勝。
先ほどスタートしたところですが、ポールポジションのシューマッハが違反をやらかして最後尾スタートとなり、私的にはかなり出鼻をくじかれ、テンション下がりながら見ています。
しかもそのせいで佐藤琢磨がシューマッハに捕まっちゃいまして、もうこの後の展開がある程度見えた・・・とは行かないまでも、大変暗示的な出来事にさらにテンション低下しています。

モナコマイスターとは、モナコのコースを得意とするドライバーのこと。
過去には、4人のドライバーがそのように呼ばれています。
グラハム・ヒル、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、そして我らのミハエル・シューマッハ。
これらのうち、グラハム・ヒル(デイモン・ヒルのオヤジですね)の現役時代は私の記憶にはないので、私にとってもっともメジャーなモナコマイスターは今のところシューマッハです。

メジャーなのはシューマッハですが、一番記憶に残っているのは1998年、マクラーレンで優勝しその後ワールドチャンピオンにもなったミカ・ハッキネンです。
フィンランド出身のハッキネン、実に私好みの、はかなげで美しいルックスをお持ちでいらっしゃいました。
・・・すいません、最初は顔から好きになりました。
(私、大抵の好きなスポーツ選手は顔から始まってます。オヤジなくせにミーハーなもので。)

実力も人気も相当なものを持ちながら、精神面がかなり弱いとされ、その点でドライバーとしてシューマッハに劣ると言われていた彼ですが、私は逆にそういう彼の人間くささがとても好きでした。
彼のモナコ優勝は1度きりで、マイスターとして名を連ねるには及びませんが(3回以上モナコで勝たないとそう呼ばれないみたいです)、私にとって忘れられないグランプリとなったことは言うまでもなく、表彰台で涙を流さんばかりに感動していたハッキネンの姿は今も心に残っています。

さて、現在、サッカーのワールドカップが盛り上がっています。
ドイツに観戦に行くファンも多いことでしょう。
しかし、私はこんな時でもモナコに行きたいです・・・。
モナコで、船上で、ライブでF1を観ることと、四万十川でカヌーをやること・・・私が死ぬまでに必ず一度はやりたいと思っていることはこの2つです。
という話をすると、この2つにギャップがありすぎると言う人がいますが、私もそう思います(笑)。

今日の小梅報告★
現在、山梨県上空。
2006 05/28 23:12:14 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
F1開幕戦が先ほど終わりました。
昨年のチャンピオン・アロンソが優勝です。
我らが佐藤琢磨はビリ完走・・・まあ、よかろう。

個人的な完走じゃない感想。
去年よりは、確実に面白いです!
3月9日の日記には、なんとなく無難な期待しかしてないようなことを書きましたが、蓋を開けてみると・・・毎年大枚はたいて鈴鹿に足を運んでいた頃の面白さが復活しています。
これは1戦も見逃さず、ビデオなどに頼らず観なければ。

まず、タイヤ交換復活、やはりこれですよ。
ピット作戦は重要なんですが、私はタイヤ交換の場面そのものにものすごくそそられる変わった奴でして、この場面を見たときに懐かしさと緊張感でゾクゾク来ましたねぇ。
また、そのピットストップを1回しかしないで、予選最後尾から3位になるライコネン、顔に似合わず今年は大胆不敵です。

他にもなかなか期待できそうな新顔ドライバーも多く、これだけ若手の粒が揃っていればシューマッハも安心して引退できるんじゃないでしょうかね(まだ、せんけど)。
シューが引退できなかった理由の中に、自分が去ったあとの盛り下がり懸念が絶対あったと思いますから。
まだまだ活躍し続けて欲しい気持ちもいっぱいありますが。

ところで、アグリさんには申し訳ないけど。
完走はしたものの、4周遅れはやはり遅すぎでしょう。
新人の井出も不慣れな雰囲気がありありだし、チームのメカニックもなんだか要領悪いし。
これからのチームって事で静観しますが、正直、琢磨はもったいない。
というか、ホンダがもったいない!

琢磨はホンダにとって安上がりでそこそこ走る、理想的なドライバーとは言えないまでもまあ、クビにしなくてもよかったんじゃないですか。
バリチェロがあまりにも情けなかったからそう思うんですが。
バリチェロを雇うのには少なくとも、数10億円要ります。
琢磨ならおそらく、その10分の1で雇えます。
それを放出してまで、バリチェロを入れる必要があったのかどうか・・・今日のレースを見る限りでは、ないです。
なんともったいない。

過ぎたことを言っても仕方ありませんね。
もったいないものは目立つけど、昨年よりは面白いのは確かです。
興味なかった方、ぜひご覧になってください・・・って、プロ野球を勧めるみたいにはいかないんですよねぇ。
放映時間がヤクザだから。

今日の小梅報告★
新潟あたり?

今日のおすすめ★【LicenseWorld】各種スクール・学校の資料請求

各種スクール、資格情報、セミナー・特典情報など。
資格取得テクニックなど楽しいコンテンツが盛りだくさん。
2006 03/13 01:52:00 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
F1グランプリが、明日開幕します。
開幕戦開催地は、西アジアのバーレーン。
イスラム教国なのに飲酒が自由で、サッカーが人気で、マイケルジャクソンが住んでる国です。
あいのりで、3人の個性的な女性が玉砕した国です。

事前の予想では、昨年チャンピオンのルノーとBARホンダの一騎打ち・・・だそうですが、今年の私の楽しみはそういう上位のところにはないと思われるので、せいぜい注目の車と人が少しでも長くテレビ画面に映っていられるよう応援することに徹したいですね。

注目の車と人そしてチームは、いくつかあります。
まずは正式参戦まで時間がかかった日本チーム「スーパーアグリ・フォーミュラ1」と、ドライバーの佐藤琢磨&井出有治です。
佐藤はともかく、井出有治は新人で未知数、しかも新参チームは下位低迷が当たり前の世界なので、順位の期待は全くできませんが、温かく見守りたいと思います。
見守れるだけの最低限の活躍だけ、期待します。
チームが貧しすぎて途中で解散するとか倒産するとか、すごくよくある話なので、それだけはないようにしていただきたいですね。

それから、昨年惜しくもチャンピオンを逃したガラスのマクラーレンにも注目です。
ドライバーは美青年と野獣の最強コンビ(笑)。
なにげにこの美青年、キミ・ライコネンは結構好みでして・・・北欧系の男性って儚げな王子様みたいでなんであんなにかっこいいんでしょうかねぇ
シルバーアローの車デザインも、繊細な感じがしてすごくいいんですが、性能も繊細すぎてすぐに壊れるのが難点でしょうか・・・。

あとですね、今年からフェラーリに入ったマッサと、そのせいでフェラーリから追い出されてBARに入ったバリチェロにも注目してまして・・・なんだ結局見るところいっぱいあるんじゃん。
やれやれ、また隔週で日曜日、定期的な夜更かしが始まりますねぇ。
ちなみに鈴鹿開催の日本グランプリは10月8日決勝です。
チケットが取れたかどうか不明ですが、お金貯めとかんといけんよね。
楽しみなような気が重いような・・・。

今日の小梅報告★
目的地に着いて、半分ほど帰ってきてます。
今回はたくさんのお友達に会ったようです。

今日のおすすめ★「pHCare」フェミニンウォッシュ

【TVCM放送中】女性専用デリケートゾーン専用石鹸。
2006 03/09 23:59:14 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
やっと決まりました!
昨年秋、佐藤琢磨がホンダを解雇になってから、ここまでヤキモキしながら待っていました。

また日本人ドライバーが、世界最高峰の国際レーシングで見られるのが嬉しいです。
日本人ドライバーおらんかったら、はっきり言って日本人にとってF1の魅力は半分以下です。
どんなにヘタクソで遅いドライバーであっても、存在することに意義がある、と私は思っていますから。
まあ、速くて上手に越したことはないですが。

鈴木亜久里と佐藤琢磨、この組み合わせは、考えうる歴代日本人ドライバーの中で最強です。
F1で表彰台に乗ったのは、この2人だけです。
他にもっと著名なドライバーはおりましたが、誰も大した結果は残しておらず、名前だけの人ばっかりです。

F1の歴代日本人ドライバーは、総勢16名です。
この数には結構驚きなんですが、その中には単発参戦やら予選落ちやら補欠やらが混じっておりまして、実際にレースに出てない人もいますので、年間フルシーズン契約で出場した人は7名。
その初代が1987年の中嶋悟です。
以下、鈴木亜久里、片山右京、井上隆智穂、中野信治、高木虎之介、佐藤琢磨と続きます。

こうして並べると、姓がありきたりで名が珍しい人が多い・・・。
しょうもないことに気づいてしまいました。失礼。

これらのドライバーの中で、佐藤琢磨はひとり全然違うオーラを放つ不思議なドライバーです。
育ちのよさげなボンボン風の顔立ち(他の人はどこか庶民くさい)。
英語とフランス語ペラペラ、常識も政治力も抜群のインテリ(他の人は頭はそうよくなかった)。
にもかかわらずできちゃった結婚(他の人は女性の噂はほぼなかった)。
腰が低くて控えめ(他の人はキャラ濃すぎ)。
そして・・・バリバリの国際派でありながら、フンドシが似合いそうな純和風のたたずまい!

言いたい放題ですみません。
これでも私、歴代ドライバーを一生懸命応援してきたんです。
時には鈴鹿で、旗を振りつつ。
時には深夜の自宅で大騒ぎしつつ。
全てのドライバーの大ファンです。

話を戻します。
最強コンビのF1チーム、ついに参戦です。
肝心の車に対する不安はありますが、とりあえず気の抜けたようなシーズンにはならずにすみます。
アロンソやシューマッハやライコネンの速さもおもしろくて興奮しますが、遅くても日本人は居なくてはなりません。

もうすぐ開幕。
野球もその直後に開幕。
私のオヤジライフも開幕です。
その前に、トリノオリンピックがあったぁ〜!!
今年のオヤジライフは、いつもより早く開幕しそうです。

今日、1月28日は佐藤琢磨の誕生日です。おめでとう。
29歳の誕生日に、参戦発表とはめでたいですね!

今日のおすすめ★全国18店舗・エアーリンクの「レア旅」バリ島

人気のリゾート・バリ島で優雅なプランをお楽しみ。
2006 01/28 01:35:17 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
仕事も入れずに自宅待機して、F1生放送を観ました!
結果は・・・佐藤琢磨にとって不本意なものとなってしまいました。
スタート直後と中盤、2度も接触・・・。
結局何とか完走し13位フィニッシュでしたが、接触事故審議の結果、琢磨はレース結果から除外されてしまいました。
文字通り成績抹消、失格です。
母国日本でこんな目に遭うなんて、予想だにしなかったことでしょう。

私、彼、頑張ってると思いますよ。
今季は成績不振が続いたとはいえ、それでも歴代の日本人ドライバーに比べたらはるかにマシな走りをしてくれています。
今までの日本人は、せいぜい予選で15位以下、決勝でも同じく15位くらいでゴールすればまだいい方で、完走できずリタイアしたレースが山ほどあります。
そんな中、予選でほとんど一桁番手のグリッドを確保できてるんだから立派です。

彼の実力には、今までの日本人にない非凡なものがあることは当然ですが、それ以外にも今の地位に至った決定的な理由のひとつとして「英語がペラペラ」ということがあります。

F1の拠点は多くはイギリスなどヨーロッパで、BARホンダもイギリスが拠点です。
車をセッティングするメカニック等のスタッフも、ほとんどが英語圏の人です。
今までの日本人は英語が満足にできなかったため、英語圏スタッフと意思の疎通ができず、そうなると車が不調でもうまく伝えることができないわけですが、琢磨はその点は問題ありません。
レーサーになると決めた時点で、日本でひたすらドライビングテクニックを磨くのではなく、単身海外に乗り込み英語を学んだという琢磨、他の日本人にはないインテリな雰囲気がそこはかとなく漂っています。
(通訳なしで生きられなかった高木虎之介は見た目からしてヤンキーでしたが・・・。)

来季のシートは未だ確保できておらず、今回の鈴鹿の結果によりますます厳しいものになってきてるんじゃないかと思いますが、こんなところで終わってしまうにはあまりにも惜しい人です。
第一、私がまだナマで彼の走りを見ていません(関係ねぇってば)。
F1ドライバーの、速さと技術のバランスが円熟味を増すのは35歳前後だといいます。
まだ28歳の琢磨、ぜひとも来季のシートは確保してください!
そしたら私、久々に観に行っちゃいますよ、鈴鹿まで!

今日のおすすめ★eライフナビ
elifenavi.net
サーバー安定が嬉しいリードメール。広告配信多し!
2005 10/09 23:59:48 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
タイトルに順位を書こうとして、慌てて消しました。
テレビでの放映は深夜2時過ぎからで、それを楽しみにしてる人も現時点では多いかもしれないので・・・。
でも、本文には書いちゃいます。
得意の鈴鹿で、予選5位です!

知ってる人は知ってますが、佐藤琢磨は来季、BARホンダのシートを失っています。
新チームからオファーがあるとのことですが、現在は来季のF1参戦は確定していません。
もし、このまま確定しなければ、来季は日本人ドライバーがF1に存在しないことになり、日本人ファンとしては気が抜けたようなシーズンとなります。

私はかつて、毎年のように鈴鹿の日本GP開催を観に行っていました。
鈴木亜久里、片山右京、井上高千穂の現役時代から通いはじめ(わかりにくい?シューマッハのチャンピオン時代が始まる少し前から・・・ですね)、中野信治のF1国内レースは全て生で観ました。
その後、最後の日本人ドライバー(高木虎之介でした)が途切れた時にチケットを取り損ね、それ以来は観に行っていません。

私の知る限り、そういうF1ファンは結構います。
日本人が走らないからテンションが上がらない、だったら大金払って現地で観る価値がない・・・そういう人たちです。
もちろん、それでも観戦したい人たちはたくさんいたと思いますが、近年の佐藤琢磨の活躍開始まではツマンナイ思いでテレビ観戦していた人は多いです。

もし鈴鹿が近くて、なおかつ観戦料金も安かったら、まがりなりにも世界選手権ですから、日本人ドライバーが途切れようと私も毎年通い続けたと思います。
しかし以前の日記に書いたことがありますが、バカ高い観戦料金と鈴鹿への遠さが躊躇させました。
・・・まあ、遠さのほうは、ある程度の我慢で何とかなるんですが、観戦料金はマジ高いんです。
料金にケチをつけるのは筋違いなんですが、やっぱり庶民としては、高いなりに自分にとっていいものを観たいという気持ちがあるわけで・・・。

日本人ドライバー不在が続いたせいかどうかは知りませんが、地上波放送(フジテレビ)のF1への姿勢も近年はどうもいただけないものがあります。
タレントを起用したり、わかりにくい解説と実況を入れたり・・・。
本格的なスタッフはCSフジの方に行ってしまい、地上波はレース場面以外はバラエティ番組と化しました。
昔は甲高い声がウザいと思っていた「川井ちゃん」のピットレポートや、うんちくがエラそうだと感じていた「土屋さん」の解説は相当質が良かったのだと、今更ながら思います・・・。
川井ちゃんと土屋さん、もうCSから戻ってこないんでしょうか。
マッチのレポートでは物足りません・・・。

さて、今年の決勝当日、EXILEが国歌斉唱やります。
私が一番印象に残ってるF1での国歌は、B'zの松本さんが例の黄色いギターで君が代を「斉唱」ならぬ「演奏」した時ですね。
幸運にも松本さんのステージは私の目の前で、今まで聞いたこともないソウルフルな君が代に感動しました。
EXILEはやっぱりダンスしながら?まさかねぇ。

今日のカード報告
ついに4枚目のカープ選手!「広島・前田」ヤッター

今日のおすすめ★豆腐の盛田屋

絶賛好評販売中!豆乳よーぐるとぱっく「玉の輿」
2005 10/08 23:59:17 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
昨夜(今朝か?)、眠いのに起きてF1グランプリ観ました。
去年のUSAでは佐藤琢磨が表彰台に立ち、起きててよかったと実感したんで、今年も期待しながら観たのに、なんのこっちゃない。
あんな深夜に我慢して観る価値のないグランプリでした・・・。

深夜に我慢してご覧になった方はおわかりですよね。
観てなくて事情わかんない方に簡単に説明すると、タイヤ異常の問題で、20台中なんと14台が出走しなかったのです。
その中に我らが佐藤琢磨も含まれてました。

私、かつては毎年鈴鹿サーキットでF1観戦するほどのファンでした。
日本人ドライバーが途切れてしまった数年前から、鈴鹿までは行かなくなりましたが、佐藤琢磨が現役のうちに1回は行きたいと考えています。

でも、ご存知の方もいるでしょうが、F1って野球やサッカーのように簡単に観に行く事ができないんです。

まずチケット入手が容易ではありません。
年に1度の開催、限られた販売期間、世界中から観戦客が来るのですぐ売り切れ・・・などなどで、チケットが仮に取れても自分の希望する席である可能性は3割程度です。

そしてチケット代がバカ高いのです。
一番安い席(自由席エリア)で9000円します。
もちろんそんな安い席では大変見づらいので、せっかくだから多少はいい席を・・・と思うのですが、指定席は最安で2万円、最高で5万6千円です。
私が行っていた頃は大体、3万円前後の席を確保していましたが、やはり多少見づらい割には高いと感じていました。
ちなみに広島市民球場は最安だと1500円、最高が4000円、3万円も出せば年間指定席が買えちゃいます。

これに鈴鹿まで行く交通費がかかります。
開催は3日間なので、宿泊費や食事代もかかります。
鈴鹿は交通の便がよくないので、私も含め車で現地に行く人が多いんですが、節約のため車で寝泊りしたり、食事も自炊してる人が多くいました(駐車場だけはやたら広かったので、そういうことは可能です)。

そんなにまで苦労して観戦に行って、14台がボイコットで出場しない、なんてことになったら、私絶対怒りますよ。
きっとアメリカのF1観戦だって、日本と同じくらい苦労を要するでしょうに、やりきれない思いで皆さん観戦されたのだろうと思うと切なくなっちゃいます。
眠いのを我慢して観る価値がなかった、どころの騒ぎじゃないですよ。

走れなかった人がもっともつらいのは十分承知しています。
だけど観戦者だって、異なる次元とはいえ、つらいです。
ショービジネスの側面を持つスポーツ、そういう点にも配慮が欲しいものですね。

今日のおすすめ★スルガ銀行ANA支店
1枚でOK
給与振込みや住宅ローンでもANAマイルが貯まります。
2005 06/20 12:46:30 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー
< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >