私ひとりだけが楽しいブログ
早いもので、あと2ヶ月もすればF1開幕です。
昨年シューマッハの引退で幕引きしてから、月日が経つのは早いものですね。

シューマッハのあとを継ぐライコネンも、やっとというか今更というか、イタリアのコースをフェラーリで走りました。
だんだんと、あの赤いレーシングスーツにも慣れてきました。
男前なので何を着ても、それなりにサマになりますね。
しかし、某スポーツニュースで「フィンランド人初のフェラーリドライバー」という誤った紹介をされていたのが悲しかったです。
そして、あとでお詫びと訂正が入るかと思いきや、なんと入りませんでした。
F1中継をもう何年もやり続けているテレビ局なのに、その程度の認識・・・なんか情けない。

正解は「フィンランド人2人目」です。
1人目はフル参戦ではありませんでしたが、1999年にシューマッハが負傷した時、代役として出てきた人です。
レース中盤で自身初のトップに立ちながらも、チームオーダー上の事情でエディ・アーバインにトップを譲って2位になった人です。
その後いろいろなチームを渡り歩き、いろいろな車を駆り、そこそこの活躍をして知らぬ間に引退してた人です。

実力は非凡なものを持ちながらも、何度かの転機の中で適切なタイミングで適切なシートを得られなかったのは、ある意味不幸と言えるんですが、政治的な面でF1業界に向いていなかったんでしょうね。
でも、今現在のF1の状況を見ていると、マジで業界は惜しい人を失ったんじゃないかと思います。
現在のメンバーに混じっても、間違いなくいい成績は残せる人です・・・チームによるけど(笑)。

さて、そのドライバーとは誰でしょう?
なんてクイズにするまでもなく、わかる人ならすぐわかり、わからん人には思い出せもしない、そんなドライバーです。
私はこの人、好きでしたよ。
歴代フィンランドドライバーは全員、かっこええですから(笑)。

今日のおすすめ★キレイナビ

全プレ付き!ダイエットレシピを投稿して豪華賞品もらっちゃおう!
2007 01/26 23:42:12 | F1グランプリ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー

この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
メールアドレス:
URL:
セキュリティコード  
※セキュリティコードとは不正アクセスを防ぐためのものです。
画像を読み取り、入力して下さい。

コメント:
タグ挿入

サイズ
タグ一覧
Smile挿入 Smile一覧

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.