直接来局の方、あるいは電話のお問合せで、漢方薬販売をお断りした事例集
< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >
間違いだらけの漢方と漢方薬漢方とは中国から伝来した医術や薬術であり、漢方薬は漢方で用いる草根木皮や動物類を原料とした医薬(治療薬)である。

漢方薬を有効に利用するにしても、西洋医学的な諸検査に基づく正しい診断、および標準治療などを受けずに、安易に漢方療法に走るのは、ちょっと考えものです。
重大な疾患が基礎にある場合、発見が遅れたために、あとで後悔することにならないとも限らないからです。
東洋医学と西洋医学は、医薬・薬学大系がまったく異質であるとはいっても、高度に発達した西洋医学を無視することは間違っていると思います。

但し、諸検査および諸治療によっても、西洋医学治療では限界を感じるというときにこそ、中医学と漢方医学を合体させた「中医漢方薬学」が本領を発揮する場でもあります!

ともあれ、漢方専門薬局を経営しながら、多くの患者さんのご相談を受けながら、販売を手控えるケースが大変多い理由を、具体的な事例を見ながら検討する目的で開設したブログというわけです。:
 

        漢方薬のMKDYネット 

      漢方薬専門・漢方相談/村田漢方堂薬局  漢方と漢方薬の村田漢方堂薬局の近況報告
2019 12/31 20:00:12 | 必ずお断りするべき御相談事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
2歳になるクロちゃん
2歳になるクロちゃん posted by (C)ボクチンの母


 もっとも忙しい半ドンの土曜日にかかったお問い合わせの電話。

 奥様からのもので、ご本人は七十代のご主人のことで、若いころからの頻尿とて、どのようにして行ったらよいかとのお問い合わせ。

 少ないスタッフだから、発送注文の荷造りを中断しての電話の応対ながら、できるかぎり丁寧にお断りしているが、今回も難航している模様。

 あまりに長い電話なので、通って来られている人の相談を聞き取るのに集中力が途切れてしまう。

 ともあれ、この忙しい時間帯の土曜日に、申し訳ないことながら、若いころからの頻尿に悩まれているご高齢者の相談に時間を避けるほどの余裕がない。

 もっともっと難病でお困りの人が多いので、申し訳ないことながら、当方にとってはお断りせざるを得ないご相談内容なのである。

悲しそうな顔の割にはお転婆娘のトラちゃん
悲しそうな顔の割にはお転婆娘のトラちゃん posted by (C)ボクチンの母
2014 02/01 17:01:19 | 必ずお断りするべき御相談事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
久しぶりの投稿だけど・・・息抜きに猫ちゃんの写真でも。

2007年2月5日のボクチン2歳
2007年2月5日のボクチン2歳 posted by (C)ボクチンの母
2013 09/30 20:35:27 | 漢方のお茶でもどうぞ
Powerd by バンコム ブログ バニー
 最近は顔が見えないことをよいことにして、若い男性の意味不明な問い合わせ電話が急に増えている。

 おそらくネットばかり見て運動不足気味の連中が、からかい半分に電話をかけてくるのだろうが、電話で答えるべき内容でもないし、貴重な時間を奪われてまで、暇人の相手をしている余裕は無い。

 だから受付嬢も早々に切り上げようとすると、なんとなんと見ず知らずの縁もゆかりも無い見知らぬ電話の主が発する言葉は「お客に対して失礼ではないかっ!」と来るっ。

 そのような無礼者に二度と電話をかけさせないために電話をかわってケンモホロロに叱り付けるに限るが、そうも行かないので歯軋りしながら・・・やっぱり結局はケンモホロロに言ってしまっているっ(苦笑。
2008 12/31 23:09:41 | 必ずお断りするべき御相談事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
漢方と漢方薬の質疑応答集H20年3月10日のブログより

 今日はたまたまだろうか、ご高齢者を持つご家族からのお問い合わせが、電話や直接のご訪問により、しかも同じ時間帯に続いた。
 偶然とはいえ、ご高齢者人口が増え続ける我が国の現状では、当然あり得ることであろう。

 しかしながら、常連さんやお馴染みさんのご家族でもない限りは、まったく初めてのお問い合わせでは、残念ながらすべてお断りせざるを得ない事情がある。
 その理由は、お馴染みさんや常連さんこそよくご存知のことで、この繊細・綿密な弁証論治の方法では、神業的な名人芸を施すわけではないので、ご自身がみずから望んで積極的に行動できる状況ではないご高齢者にはとても馴染まないのである。

 同様に子供さんの場合でも、お馴染みさんや常連さんのご家族でもない限りは、お断りするケースが多いのも同じ理由からである。

 みずからの御意思で積極的に望まれて直接来られる気概のある成人男女だけを漢方相談の対象とさせて頂いているので、初めてのご高齢者や初めての子供さんは、お断りせざるを得ないのがここ数十年年の村田漢方堂薬局の実情である。

 ご自身が村田漢方堂薬局の漢方に賭けてみようという強い意志表示が出来る成人男女でなければ、その後のヒゲジジイ特有の臨機応変の配合変化に即応できないことが歴然としているからである。

 ご高齢者や子供さんや、あるいはご家族に強く奨められてシブシブ利用されるような服用者ご本人の自覚と知恵を発揮してもらえない場合は、付き添いのご家族が、こちらの流儀をある程度知っておいてもらうことが必須となるが、これは常連さんやお馴染みさんのご家族でなければ不可能であることは目に見えている。
 
 中途半端な漢方販売を行って、後々遺恨が残るようなことはしなくないし、気心も知れないご家族を巻き込んでの板ばさみにも会いたくない。それだけ自分の身の丈に合った仕事以外には手を出さない方針に徹しているが、よくぞこれほど徹底した長年の方針を墨守して経営が成り立つものだと、我ながら不思議である。
 みずからの熱意と真摯さで、ヒゲジジイの繊細な弁証論治の漢方に賭けてくれる奇特な人達が絶えないお陰である。

 かくのごとく本日のお問い合わせも、上記の理由からお断りさせて頂いたのだが、店頭に訪れた同年代の男性は、事情と説明に不本意ながらも納得されて大人しく引き下がられた。
 ところが、同じ時間帯に電話で問い合わせられた女性っの場合は、こちらの言っている意味が分らない!とばかりに強く食い下がられるのである。
 ネットで当方のHPを見たという割には何も読まれてない証拠であろう。

 こちらの言う意味が理解できないようでは、ナオサラごめんだな〜と内心困っていたら、話の途中で一方的にバシャリと電話を切られた。
 このような失礼な電話の切り方は男性ではお目にかかったことがないが、親を心配するお気持ちは十分に理解できるものの、やはりお断りすべき相手であったと安堵の胸を撫で下ろすのであった。
2008 03/11 00:46:48 | お断りの事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
 お電話でのかなりお気楽なお問合せである。
 一般の風邪薬の価格と漢方薬の風邪薬は同じくらいのもので、実際にそれほど高価なものではない。価格的にはあまり変わらないのではないかと思うが、その時期に応じた適切な処方を選ぶのはそうそう簡単とも言い切れない。
 だから、わが薬局に限っては常連さんやお馴染みさん以外は、お気楽やお気軽なお問合せに関しては、たとえ単なる風邪であっても丁重にお断りしている。
 一般の治療方法ではうまくゆかず、漢方でなければならない尤もな理由がない限りは、新しい人の漢方相談にはそれほど慎重である。
 第一、最初からお気軽なのやお気楽なのが性に合わないのだからどうしようもない。
 死ぬまでこの頑固は押し通すことだろう、多分。

 たとえ大した病気ではなくとも、もっと真剣な態度と真面目な雰囲気で漢方治療を望んで来られる人は多いのだから・・・初対面の場合はそのくらいのポーズをするのがマナーというものである
2007 01/17 19:03:15 | お断りの事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
 月の中ごろだからか店頭のほうはヒマな分、余計な電話が際立って多い。
 最初は、病気の御本人の代理のお問合せで、しょっぱなから当方の受け付けの女性薬剤師の応対が不遜であると噛み付く中年女性のアリガタ迷惑な説教にうんざりしているところへ、次の電話は関東の某漢方専門の薬局で購入した漢方薬と同じものがあったら売って欲しいと若い女性の声である。
 もちろんお断りである。どういう経緯で購入されたか不明であるが、他所様で調子が良い?ものまで横取りする気は毛頭ない。
 そこでは適切な漢方薬を提供してもらえなかったので、御相談を移りたいという尤もな理由があるわけでもないのに、最初に購入された薬局さんに失礼ではないだろうか。
 小生は、こういう不義理を平然と行う社会風潮には付いていけない。その漢方薬で調子が良いのなら、やはり最初に購入された薬局で購入し続けて欲しいと思う。
 逆の場合でもそう思うから・・・それが人情というだけの問題でなく、今後の変化があったときに対処するにも、最初にピントのあった漢方薬を提供してくれた薬局さんにご相談されるのが能率的でもあるので御本人のためにも有利なはずである。
2007 01/15 11:31:27 | お断りの事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
 夕方、慌しかった月曜日の仕事も一段落して、ようやく遅い昼食を終えたと思った矢先、ちょっと煮え切らない直接来局の若者に、迷うなら止めときなさいと説得中に、またまた意味不明な電話。

 ネットで調べたんですが、メシマコブの菌子体が云々との男性の声。
 すかさず女性薬剤師がキノコは子実体と菌子体があるのは当然ですが、それがどうかされましか?
 という返事に、じゃ〜〜もういいです、という返事で奇妙な電話は終わった。

 こういうのを仕事のお邪魔虫というのである。
2006 11/06 17:03:39 | 漢方のお茶でもどうぞ
Powerd by バンコム ブログ バニー
 これもお電話でのお問合せである。
 中国から買って来た薬(漢方薬かどうかは不明)の説明書が中国語で書かれているので読めない、だから翻訳して欲しいという依頼である。
 もちろん、懇ろにお断りする。そこまでの余分な労力を必要とするサービスをするいわれはないし、第一、危険が伴う問題でもあり得る。
 日本の厚生労働省が認可した医薬品ではなく、海外で購入された医薬品に、どんな問題が隠れているか分かったものではない。

 以前も、肥満用に一時ネット上でブームになっていた天天素のこともある。中国関連の薬や健康食品には、これら天天素被害に限らず、しばしば問題になることが多いので、くわばらくわばらである。

 県の薬務課や保健所で相談して欲しいといって電話を終わる。
2006 11/03 13:13:40 | 漢方のお茶でもどうぞ
Powerd by バンコム ブログ バニー
 アトピー性皮膚炎は得意分野のはずだが・・・、母親に連れらて直接来局された御相談。
 漢方薬が飲めますか、という当方からの基礎的(笑)質問に、そんなに苦いですか?と母親。
 美味しくはありませんよ。第一飲めないことにはお話にならないし、それを最初から躊躇されるようではとっても漢方薬は続かないでしょう。見たところ大してひどいようには見えないが・・・と問えば、ステロイドは一切使用せず、病院にも行っていないと言われる。

 それじゃ〜〜ということで、信頼できそうな皮膚科を御紹介してお帰り頂くこととなった。
 ややずるいように思われるかもしれないが、美味しくもない漢方薬を服用する自信もないまま来られたのでは、弁証論治の適切な漢方薬をアドバイスするには邪念が入り過ぎて専念できない。
 こういう場合に決まって飲める飲めないの問題で、将来時間を奪われ続け兼ねないのである。三十数年の経験知は、それを避けよと命令する。

 もっともっと重症のアトピー性皮膚炎で自費の漢方薬に救いを求め、遠近入り混じりで来局される人は後を絶たないのである。
 若い頃なら腕が悪いのを棚に上げて、「よくぞお出でなさいました!」の体力と気力があったものだが、貴重な時間の浪費を避けよともう一人の自分が命令するのだから止むを得ない。

 第一、服用に自信のない子供さんを連れて来られても、当方には説得したり、宥めすかしたりのエネルギーが無いのである。それを若い頃のように薬の相談以外のこのような服用できるかどうかの問題に説得の時間を費やした挙句、保険はききますか?、と来られた場合には絶句する以外に何も言え無くなるだろう。
2006 10/23 20:06:53 | 漢方のお茶でもどうぞ
Powerd by バンコム ブログ バニー
< 新しい日記 | トップ | 古い日記 >