直接来局の方、あるいは電話のお問合せで、漢方薬販売をお断りした事例集

2006年 02月 の記事 (6件)

これも数年以上前のことだったが・・・・・

重大な疾患でご本人には御高齢ゆえか、実際の病名を言われていない。

医師の許可ももらって御家族が当方の漢方薬を購入して、入院中の病院でも服用させてもらえる、という話にまでなっていたのだが、最終的にはどうもかみ合わない。

ご家族の御質問が、どうしても当方には理解に苦しむ本末転倒の内容で、これはまずいと思ったから、ご病気のご本人自身がみずから漢方薬を望んでこられたわけでもないのであるから、あとあとトラブルになっても困ることでもあり、途中でお断りせざるを得なかった。

それまでには、相当な時間をかけて説明もし、また医師の見解も何度も確かめてのことだから、ご家族さえしっかりしていたら少しでも楽に、延命等が可能になるようにと漢方薬の配合をアドバイスしていたのだが、噛み合わない。

この期におよんで、ご家族の出される質問の内容に、当方数十年間にわたる経験から、申し訳ない事ながら、ご本人、ご家族、あるいは主治医等の板ばさみに合う可能性が大きいと判断せざるを得なくなった。

ご家族には診断された医師の見解をもっと深く理解し、臨機応変の心構えが欲しかった。

心痛でやや混乱状態かもしれない。
だから、深くご同情申しあげるものの、極めてデリケートな重大疾患である。

卑怯と取られても、当方とて保身をせざるを得ないのであった。
2006 02/27 22:01:57 | 途中からお断りの事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
大分以前のことになるが、重度の生活習慣病による体調不良と合併症の循環器系の疾患などをかかえられて、わざわざ遠方から複数の方達と直接御来局された方。

諸検査のデーターや、病気の経緯等を熱心に話されるので、当方もテッキリその重度の疾患に漢方を使用されたいものと思い込んで、相当に繊細な神経を酷使して適切な漢方薬を模索していると、しばらく前からはじまった腸の不調が治る漢方薬だけが欲しいとのこと!

その程度の問題なら、すでに数日前から病院で出されている整腸剤をしっかり服用して、主治医におまかせすればよいレベルの問題である。

どうしても所望するので、桂枝加芍薬湯のエキス剤を出しかけたものの、病院の薬と併用することの問題点や、医師に許可を得てからなど、当然の疑問や心配ではあるが、そうであるなら最初に主治医に許可を得て来られるべきであった。

しかも、十分に病院で治療できるレベルの腸の不調程度で、しかもその病院からは八味丸などの漢方薬も出されており、この地黄という大便を軟化させかねない方剤では、不都合は感じないと言われるから、この点でもやや疑問は残る。

持病の問題に比べれば遥かに軽症の腸疾患のことだから、なおさら八味丸を長期間出されているその病院でよくよく相談して、腸の漢方薬を出してもらうなりすべきで、当方の漢方薬を用いるには及ばない問題である。

結局、当方からは漢方薬はお渡ししないことにした。

本来の持病と、遠方からワザワザ来られるご苦労にしては、漢方薬を求められる内容と、あまりにも落差が大きすぎて、時々思い出しては、なぜ?と思う不思議な事例だが、案外似たような事例は毎年、何度か経験することではある。

わざわざ、遠方から来られなくとも、内容的にはビオフォルミンなどでも十分に治療可能な内容に思えるものだっただけに、病院にかかりながら、その程度の問題で、しかも医師の処方した整腸剤を数日間しか服用しないうちに、何をいまさら、急に焦って遠路はるばるやって来られたのか、やっぱり、不思議でならないのであった。

このあと、疲労困憊!
2006 02/24 23:32:30 | 途中からお断りの事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
当方は漢方専門薬局だから、滅多に漢方処方の指名買いで来られる方はいない。

それでもタマには、不妊症を治したいとて当帰芍薬散を指名されてきた方に、熱心に相談される方に、より適切な芎帰調血飲第一加減に切り替えてあげて、半年で念願の不妊症が治癒したということもある。

しかしながら、おおむねあらかじめネットや本、雑誌などで調べて漢方処方を指名されて来られる方には、当方の知識とキャリアよりも、それらの情報の方を信用されることが多いので、間違った方剤を選択されて来られた場合に、いくらこちらから親切に適切な漢方薬方剤をアドバイスして差し上げても納得されないことが多い。

だから、最近は説得するのを殆ど諦めてしまっているのが現状である。

50歳を過ぎた頃から、徒労に終わる懇切丁寧な説得とアドバイスを行う体力と気力も失せてしまった。

だから、風邪に葛根湯と言って指名された場合は、多くの場合、不適切な指名であるから(首の真裏が凝るかを確かめるだけでも殆ど見分けが付く)、販売しないに限るので頑固に販売を拒否する。

拒否するとはおだやかならぬ言葉に聞こえるかもしれないが、明らかに不適切な指名買いだから、販売する側の薬局薬剤師の権限および義務として販売しないのである。

咽喉が痛く、じんわりと汗ばんでいようものなら、発汗作用のある葛根湯ではもはや不適切な時期である。

中医学的には明らかに銀翹散製剤が適切なのだが、それこそ「一見のお客様(いちげんのおきゃくさま)」は、なかなな納得されないので、販売しないに限るのである。

このような場合にうっかり葛根湯を使用すると、発汗し過ぎて体力を消耗し、却って風邪を悪化させることさえ無いとは言えないのである。

だから間違った漢方処方を指名されて来られる方には、売らないに限るのである。
2006 02/19 12:54:36 | 必ずお断りするべき御相談事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
アガリクスは健康食品とは言え、日本全国広しといえども、このアガリクスを販売しない薬局というのも、滅多に無いのじゃないかと思われる。

ところが、自慢じゃないが当方ではアガリクスを5年以上前から置いてないし、どんなに依頼されようが断固としてお断りし続けて来た。

ものすごいブームの到来で、毎日複数のお問い合わせが続いた時期が長かったものだが、頑固にお断りし続けてきた。

幸か不幸か、小生の予感は当たって、出版社の体験談捏造事件による逮捕騒動から、こんどは発がん性問題の勃発である。

アガリクスブームに乗らないで、本当によかったと安堵の胸を撫で下ろしている。

第一、7年前くらいだったかS大学のM農学博士が派手に宣伝したバイブル本を信用された一般消費者の方々の要求に負けて、当時、依頼されるがままに各一流メーカーと思われるところから取り寄せては販売した時期があったのである。

ところが、皆さんあれだけ熱望して購入されながら、不思議と帰り客が無い。

これはダメだと思い、その後はどんな依頼があろうとも、当方の信用にもかかわることゆえ、仕入れと販売をすべて、頑固にお断りし続けることとなった。

そうこうするうちに、アガリクスを派手に宣伝されていたM教授が胃癌でお亡くなりになったという記事を当時の『週刊新潮』で見つけたものである。

こういう事実がありながらも、アガリクスブームにはますます火がついて、お問い合わせや取り寄せの依頼は、一時は殺到したことがあるくらいだが、相変わらず頑固にお断りし続けた。

一流と思われる漢方メーカーさえアガリクス・ビジネスに参入して当方に強い売り込みに来たが、ケンモホロロにお断りし、悪態をついたくらいであった。

一流の漢方メーカーさんが泣きますよ、といった皮肉な発言もしたものだったが、常にアガリクス嫌いの小生は、変人扱いされるし、一般消費者の方々には、アガリクスも置かない薬局なんてという、やや軽蔑的な言動を受けることさえ稀ではなかったのだ。

だが、ここに至ってトウヘンボクのヒゲ薬剤師の面目が保てたというものである。

過熱気味の健康食品ブームに伴って、こういう問題の繰り返しのようだが、まだまだ懲りずに、手を変え品を変え、第二第三のアガリクスが登場することは、ほぼ間違いないだろう。

くわばら、クワバラ

参考記事:アガリクス問題
2006 02/15 20:04:41 | 必ずお断りするべき御相談事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
漢方専門薬局としてのホームページを運営して一年数ヶ月が経過した。

その間、お陰さまでメインサイトは大手検索エンジンでも上位で検索される関係上か、ほどほどのクリック数を得られている。

ただし、厚生労働省が強く自粛を求める医薬品のインターネット販売は全く行っていない。
それでも、お問い合わせだけは、メール以上にお電話ではかなり頻繁にあるが、多くの方が多数ある選択肢の中の一つとしてのお気軽なお問い合わせであるから、地元で適切な有資格者の経営される漢方専門薬局あるいは医院で御相談して、適切な漢方薬を得られることをお奨めすることが断然多い。

また、お電話だけで、あるいはメール相談だけで漢方薬を出してもらえないかというお問い合わせもかなり多いが、一度は御来局頂かなければ、お出しできないとすべてお断りしている。

そしてこれまで、少数の方が直接来局されたが、やはり多数の選択枝の中の一つとしか思われて無いのだろう、一回のみで続かない方、数回で音信不通となった方など、当方の薬局としては従来では考えられないことが目立つこととなった。

HPを見て来られた方は、総じて諦めが早いということである。

だから、ますますお断りする率が断然高くなるのだが、その中でもごく少数のかたが熱心に頑張っておられる。

ほんの少数の方である。

そういう方でなければ、なかなか満足のいく結果は得られないのは当然であろう。

長年悩まれ、西洋医学治療でも不十分、漢方薬も各専門薬局や医院で続けても効果が無かったという段階になると、なおさらお互いの根気と努力が要るものであるが、諦めの早い方が目立つのであった。

もともと10あるお問い合わせの9まではお断りする専門薬局であるだけに、従来なら直接来られて御相談されるとなれば、ほとんどの方が熱心に頑張られるので、問題解決率は相当に高かったはずだが、どうもHPを御覧になって来られる方には、結局のところ及び腰であったというのか、根気のない方が多いな〜〜〜というのが、いま現時点での印象だということである。
2006 02/10 10:06:16 | お断りの事例
Powerd by バンコム ブログ バニー
お電話で犬の腎不全の漢方薬のお問い合わせや、幼児のアトピーなどなど、相変わらずお断りせざるを得ないご相談ばかりが毎日あるが、当方の専門の対象外なので、お気の毒ならがお断りの連続である。

でも、こんなお断りの話ばかりのブログというのも、我ながら何ともイヤミなブログなことかと、今頃になって気がついても遅かったのだった。

でも、皆さんの反面教師?としてくらいの役には立つかも知れませんよ。

きっと、そうあって欲しいと念じています。
2006 02/02 18:52:10 | お断りの事例
Powerd by バンコム ブログ バニー

バンコム ブログ バニー HOME - 新規登録 - HELP
Copyright (C) 2004-2005 bancom All Rights Reserved.