私ひとりだけが楽しいブログ

2009年 10月 22日 の記事 (1件)


ついにかなりの身近で、新型インフルエンザが出ました。

うちには幼稚園や学校に行ってる子供もいないので、学級閉鎖とかそういうのは縁がないし、近所の学校などで出たという話も聞いていません。
勤務先の家庭でも、まだ大丈夫みたいです。
そこんちの兄弟姉妹も大丈夫みたいです。
だからニュースで患者数などを聞いてもピンときませんでした。
私はワクチンに関しても一番後回しの世代なので、日々の予防しかないと思いつつ、あまり現実味がありませんでした。

それが、灯台下暗しな場所からいきなり出ました。
どこから出たのか。
それは
1ヶ月前まで、住んでいた社宅からでした。
まだ交流の続く、お隣さんだった人からのメールでわかりました。

いや、1ヶ月前に私、引っ越しちゃってるし。
関係ないっしょー。
と思ったんですが。
なんとその患者さん(未就学児)は
1ヶ月ほど前に感染していたんだそうです。
そして、喘息持ちだったせいで長引いて、つい1週間前に完治したそうです。
社宅をパニックに陥れないようにするため、また大事を取って実家のある地域で入院をしたため、完治してから発表されたとのことでした。

これって、ウィルスとのニアミス?
結果オーライで感染しなかったからよかったですが、ウィルスがものすごく近くまで来ていた、ってことですよね。
リアルタイムでそれを知らなくてよかったんでしょうか。
知らなくて幸せなまま?引越しを完了できたことは良かったと思いますし、社宅に他に感染者がいなかったんだからそれも良かったんでしょうが…なんか心情的に微妙です。
私は情報過多でノイローゼになるような性質ではないので、ちょっと知っておきたかった、と思ったりしますが。

とりあえず、日々の予防は心がけねば、とは思いましたね。
神経質になる必要はないけど、今も社宅住まいです。
共通の廊下、共通の駐車場、共通の郵便ポスト…感染者がいたらうつってしまう要素はテンコモリですから。
あと社宅だから、住民は旦那の同僚ばっかり。
旦那の職場からの感染にも気をつけないといけません。

住居がド田舎すぎて、満員電車やバスでの通勤をしている住民が皆無(みんな車かバイク)なのはまあ、よかったです。
それにしても危機感が薄いです、自分的に。
新型は当然ですが、季節性インフルエンザすら罹ったことがない私、免疫なんて持ってないからやばいんでしょうけど。

今日のおすすめ★Toppa! WiMAX

フレッツ光で5万円分のギフト券が当たる!
2009 10/22 23:59:54 | 日々雑言 | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー