私ひとりだけが楽しいブログ

2011年 03月 30日 の記事 (1件)


今夜のおやつは、帰ってきた吉備じいさん(笑)。

岡山県総社市名物・白いさつまいものお菓子です。
今度は自分で、福山SAで買ってきました。
名前が「吉備じいさんと昼の月・芋ムーンケーキ」。
以前食べたさつまいもチーズケーキもそうでしたが、やたら長い名前がお好きなようです、吉備じいさんは。

仙台銘菓の「萩の月」ってありますよね。
味と形はあれにそっくりです。
違うところは、萩の月がカスタードクリームであるのに対し、こちらのムーンケーキはカスタードに芋餡がプラスされております。
さつまいもの風味が好きなら、こっちの方がおいしいかも。

でも、ここ何年かで、萩の月の類似品って増えました。
福山には「鯛の卵」というのがあります。
山口県には「月でひろった卵」というのがあります。
北海道物産展に行くと「札幌タイムズスクエア」というのがあります。
他にもいろいろあります。
どれもベースはスポンジケーキの中にカスタードクリーム、というもの。

かつてお土産といえば、定番は和菓子でした。
戦前から営業している全国の老舗菓子屋は、和菓子屋が多いからでしょう。
洋菓子もおいしいし洋菓子のお土産定番もありますが、所詮は海外の材料や技術で作られており、都道府県名物としてはイマイチ偉大になれないのだと思います。
だからこういう「和洋折衷」ものがウケるのでしょうね。
うちの旦那などは、独身時代はあんこが嫌いで食べられなかったと言いますし(これは嘘だと思う)、日本人でも洋菓子の方が好きだという人も多いですから。

吉備じいさんのお菓子は、他にもあります。
他の種類も近々ゲットして、食べてみたいと思います。
だけどそれ以上に「白いさつまいもきびみどり」そのものが気になります…どんな味なんだろう。
そう思って「きびみどり」をグーグル検索したら、なんとこのブログが1ページ目に出てきて、誰も見てないのにこの恥ずかしさはなんなんよ(汗)。

まだまだ、それだけマイナーってことでしょうか。

今日のおすすめ★萩の月を探せ

「萩の月」の模倣品を調べた個人のウェブサイト。
こんなにあるのは知りませんでした。
2011 03/30 23:59:58 | B級?グルメ | Comment(0)
Powerd by バンコム ブログ バニー